自分に合うのは無酸素運動か有酸素運動か?!これぞダイエット成功法

ダイエットを行う方法、色々ありますが、運動を取り入れている人はとても多いと思います。

ダイエットに効果的な運動と言うとジョギングやウォーキングなどを想像する人も多いと思います。しかし中にはウェイトトレーニング等、筋肉をしっかりと鍛える方法でダイエットをしている人も多くいますよね。

いわゆる有酸素運動と言われるものと無酸素運動と言われるもの、この二種類の運動方法があると言われています。

この二つの違いは何なのか、ダイエットにはどちらの運動方法が良いのかその辺りについてまとめてあります。

これからダイエットをしようと思っている方は是非、参考にしてほしいと思います。

有酸素運動?無酸素運動?まずはわかりやすく説明!

さていきなりですが、有酸素運動と無酸素運動の違いをしっかりと把握している方はどれぐらいいるでしょうか。

ただ漠然と、運動を取り入れることはダイエットに効果的だということだけで体を動かしていませんか。

運動をするならば、ダイエットに非常に効果的な有酸素運動と無酸素運動の違いをしっかりと把握しておきましょう。

それを把握することで、今、行っている運動はどれぐらいダイエットに効果的なのかが分かると思います。

簡単に言うと、有酸素運動は酸素を利用しながら行う運動方法になり、負荷が少なく、時間をかけて運動するのが基本となります。

反対に無酸素運動は酸素を利用せずに、短い時間で行う負荷の高い運動のことを言います。

有酸素運動は体に溜め込んでいる体脂肪をガソリン代わりとする運動になります。

比較的、誰もが出来る運動が多く、ジョギングやウォーキング、水泳などが挙げられます。これらはおなじみの運動で、日頃から取り入れている人も多いのではないでしょうか。

そして、無酸素運動は基礎代謝量を増やすために筋肉をしっかりと増強するための運動となります。有名なところでは筋力トレーニングやウエイトリフティングになります。短い時間内でしっかりと筋肉に負荷をかけることで鍛えていきます。

これで有酸素運動と無酸素運動の違いがおわかりいただけたのではないでしょうか。

どちらも毎日きちんと継続して行えば、必ずダイエットにつながる方法ですよ。

有酸素、無酸素…ぶっちゃけ、どっちが良いの?

さて、有酸素運動と無酸素運動正直どちらの方がお勧めなのでしょうか。

どちらも毎日継続して行うことでダイエットにつながりやすいという話をしましたが、どちらにも一長一短があります。

比較的、自分のペースで行うことができ、楽であるけれども長時間行わなくてはならない運動と、短い時間だけれども筋肉への負荷が大きく効果大、ただし、次の日に筋肉痛などを経験することになる運動、どちらを選んだら良いのか正直迷うところではあると思います。

ただ、これに関してはその人の体質や性格、色々な要素を検討しながら選んだ方が良いでしょう。

とかく運動を取り入れたダイエットは長続きしない人がとても多いんです。

運動することが昔から大好きな人にとっては、運動を取り入れたダイエット方法はさほど苦にはならないのですが、そうでない人にとっては、運動するということが結構辛かったりするんですよね。

有酸素運動の方が向いているのか、無酸素運動の方が向いているのかに関しては、できるだけたくさんの体験談などを読んで判断するしかないでしょう。

ただ無酸素運動の場合に関しては、ウエイトトレーニングなどをする人が多いですので、一人でできないこともあると思います。

インターネットなどを見ると一人でウエイトトレーニングに取り組む方法などがアップされていたりしますけれども、トレーニング道具などが必要になる場合もありますので、その点においても非常に重要になると思います。

道具無しでも行うことができるウエイトトレーニングなどが見つかれば、そこからやっていくのも良いかもしれませんね。

有酸素運動も無酸素運動も、一番最初から欲張って目標を高く掲げすぎると失敗に終わってしまいます。

必ず、目標を立てて毎日頑張るようにしてください。

第一印象が大切!あまりにも疲労しすぎると一日で頓挫!

有酸素運動も無酸素運動も、運動不足な人にとっては結構しんどいと思います。

そして大事なのは運動に対する第一印象です。

ダイエットのために今日から頑張ってやろう!と挑んだ運動あっても、あまりにも疲労困憊した状態になってしまうと、一日で計画が頓挫してしまう可能性があります。

これぐらいの運動ならば長く続けていけるだろうなという印象を持つことが出来れば、モチベーションを保つことができます。

しかし、自分に向いていない運動を行うと、これじゃ絶対に無理!これだけ疲れるのならば明日からやることは難しい!という判断になり、ダイエットに対するモチベーションが極端に下がってしまいます。

運動選びは思っている以上に難しいと思います。

そう考えると、無酸素運動は短い時間ではあるものの非常に筋肉に負荷をかけることになりますので、次の日疲れきって起き上がれなかったりすることにつながる可能性もあります。

運動を始めようと思ったら無酸素運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動から始めた方が失敗がなく、長続きするかもしれませんね。

無酸素運動は特に注意!体調不良や高齢者の方は慎重に!

さて、無酸素運動は短時間で筋肉に負荷をかける運動になります。

短い時間に筋肉に相当な負担を強いることになりますので、高齢者の方や体調が悪い方は慎重に行うようにしなくてはなりません。

短い時間で筋肉を鍛えることができますので、早くダイエット効果が現れやすくはなるものの、体を壊してしまったり、重篤な病に繋がるようなことになってしまっては絶対にいけません。

有酸素運動はゆったりとしたペースで長く続けられますので、自分の体調の変化を感じやすいのですが、無酸素運動の場合は短い時間での急激なトレーニングとなりますので、体調の変化がすぐに重篤な状態に繋がる場合もあります。

自分の体調をしっかりと考慮して行うことが非常に大切ですよ。

家で行う事が出来るのもダイエット成功ポイントの一つ!

有酸素運動も無酸素運動も、家で行うことができる運動を取り入れることが、ダイエット成功のポイントとなります。

有酸素運動にしても無酸素運動にしても家でしっかりと行うことができるトレーニング方法が一つでもあると、無理なく継続することができます。

例えば、いつもは外で有酸素運動を行っている場合、天候が悪い日は外でのランニングやウォーキングは難しいですよね。

そんな時、家の中で有酸素運動ができる方法を学んでおくことで、毎日継続して有酸素運動を行うことが可能です。

そして無酸素運動をジムなどで行なっている方、非常に多いと思います。

ジムならば無酸素運動に必要なトレーニング道具が揃っていますのでらそちらで頑張っている方も多いのではないでしょうか。

しかしこちらも自分の都合でジムなどに行けなかった場合、家で簡単に無酸素運動を行う方法があれば、それを習得することによって毎日継続して行うことができます。

無酸素運動も有酸素運動も家で継続できる運動方法を見つけておくことが、モチベーションを下げないダイエット成功への鍵となりますよ。

結論!自分に合うのは有酸素運動か無酸素運動かの見極めが肝!

いかがでしたか。

自分に合うのが、有酸素運動であるのか無酸素運動であるのかの見極めがとても大切だと思います。

自分に合った運動方法が見つかると、運動することがとても楽しくなりますし、継続することが可能となります。

そうなるとダイエット成功は間違いないと言えるでしょう。

しかし自分に合っていない運動を続けると必ず長続きはしませんし、ダイエット成功には繋がりにくくなります。

必ず自分に向いている運動があると思いますので、色々と試して見つけるところから始めてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.