食欲を抑える食べ物は何?食べ過ぎを防いでくれる食材はコレ!

毎日ダイエットを頑張っている方、男性も女性も本当に多いですよね。

食べることが大好きな方はダイエットを続けるのは非常に辛いと思います。

いっそのこと、食欲がなくなってくれたら嬉しいのに!…お腹そう思う方も少なくないでしょう。

ダイエットには食欲が一番の敵となると言っても過言ではありません。

食欲がなくなれば、ダイエットが成功する確率が高くなります。

それでは食欲を抑える食べ物はこの世の中に存在しないのでしょうか。

もしもそのような食べ物があればダイエット中に積極的に食べることによって、過食を抑えることができます。

そのような効果がある食べ物があるのか調べてきましたので、是非、参考になさってください。

どうして食欲がこんなにあるの?まずはそのカラクリを知ろう

ダイエットを頑張ってしようという気持ちはあるものの、どうしても食欲に負けてしまう…それはある意味人間らしい感覚だと思います。

美味しいものを目にしたら誰でも食べたくなりますし、我慢しようと思っても、お腹が空いてどうしようもないときも多々あると思います。

しかしお腹が空くのも規則正しく空けば良いのですが、幾ら食べても食べてもお腹が空いてしまうのはちょっと問題です。

そうなると何とかして食欲を抑えなくては、際限なく食べ物を食べてしまうことにつながります。

食欲を抑える上で最も重要なのは、血糖値なんです。

主食、つまりはご飯やパン、うどんなどの食べ物は食べてすぐに糖分が体に吸収されます。主食系を食べると急速に血糖値が上がりますが、勢い良く上がった血糖値は、急激に下がるという特徴があるんです。

血糖値が急激に下がると、体は飢餓状態だと錯覚して、激しい空腹感を感じることになります。

つまり急速に血糖値が上げてしまうと、急速に下がって空腹感を覚えるのですから、緩やかに血糖値を上げることが一番大切になるんです。

さっき食べたところなのに、二時間ぐらい経過するとすぐに食べたくなる方は食欲を抑えるようにしないと、近い将来、糖尿病なる可能性が高くなります。

糖尿病になると合併症が非常に恐ろしいんです。

目が見えなくなったり、人工透析をしなくてはならないようになる方も非常に多いです。

糖尿病を甘く見ている人が多いのですが、この病にかかるとちょっとしたケガでも治りにくくなったり、手術の予後が悪くて悪化したりと、合併する病気が多く、非常に厄介ですので今、過食気味だなと感じている方は食欲を抑える工夫をしてたくさん食べないようにしましょう。

食欲が無くなるパターンは概ね二つ!後者がポイント!

食欲を抑えることができる食べ物が見つかれば、ダイエットには絶大な力を発揮するでしょう。

しかしここで勘違いをしてはいけないのが、どんなに好物の食べ物を見ても食欲がわかない状態と、お腹いっぱいだからもう食べたくないという食欲減退とでは全く意味合いが違ってきます。

前者の方は肥満外来などに行って、お医者様に食欲が減退する薬を処方してもらってそれを飲むことで起こる現象です。

後者の方は食欲はあって、何かを食べた後、既にお腹いっぱいになっている状態だから食べられないという現象です。

前者の方がお薬で食欲を抑制していますので、ダイエットとしての効果は抜群と言えるでしょう。

もちろん個人差がありますので、薬の効果があまり感じられない人もいるのですが、あまりにも体重過多で内臓に負担がかかっている人は、肥満外来などで処方してもらえる薬を飲むことで食欲減退することができます。

しかし悲しいかな、この食欲抑制剤はお医者様が判断して内臓に相当負担がかかっていると診断された人のみが処方されますので、誰でも彼でも処方してくれるわけではありません。

それならば、この薬を処方されていなくてダイエットをしたい人はどのようにして食欲を抑えたら良いのでしょうか。

そこで頼りになるのが、食物繊維なんです。

食物繊維を侮るなかれ!ダイエットに絶大なパワーあり!

食物繊維が非常に豊富な食べ物は、ダイエットを目指す人にとって心強い味方となります。

食物繊維をしっかり体の中に取り入れることで血糖値を上げにくくし、脂質の吸収を抑えます。

また、水分をたくさん一緒に摂ることで腸内環境を整えてくれたりしますのでデトックス効果も高く、そして何と言っても食物繊維が多い食品はよく噛まないと飲み込めないものも多いですので、過食抑制に繋がるんです。

そして、非常に腹持ちが良いですので、お腹に溜まると自然とお腹が空かないという効果もあるんです。

ここが一番大切なポイントですよね。

食欲抑制剤が処方されていない人は食物繊維をしっかりと摂取して、胃の中で膨らませ、後の食事が入らない状態を作るのが天然の食欲抑制となるのではないでしょうか。

お医者様がこぞってダイエットをしたい人は食物繊維を積極的に取ってくださいというのは、このような効果があるからなんです。

食物繊維の多い食材はこれだ!積極的に摂ろう!

食物繊維の多い食材は本当にたくさんあります。

日頃、よく食べるものからあまり食べないものまで色々あると思います。

有名な食材をいくつか挙げてみましょう。

  • 玄米や麦など、主食に混ぜる雑穀類
  • バナナなどの果物各種
  • ゴボウ、レンコンなどの根菜類をはじめとする野菜各種
  • キノコ類全般
  • 海藻類全般
  • ナッツ全般

これらを積極的に摂ることで、過食を防ぐ事が出来ます。天然の食欲抑制に繋がりますので、食事の際に出来るだけ取り入れるようにしましょう。

食欲を抑えても自分の大好物は別腹…そんな時はこうしよう!

食物繊維もいっぱい食べて、お腹の中が結構膨らんで食欲は落ち着いていると自覚しているのにもかかわらず、自分の大好物なものを目の前に置かれたり、それを食していないと満足せず、食べたくなってしまう方、結構いると思います。

心当たりはありませんか。大好物はどんなにお腹がいっぱいでも別腹なので食べることができる!…そんな方が多いのではないでしょうか。

そういう時はできるだけ、自分の好物になるものを目の前から排除するようにしましょう。

例えば家の中にスナック菓子を買い置きしたりすることはNGです。

またご飯のお代わりをしたくなる大の炭水化物好きな人は、いつもより少な目にご飯を炊くようにしてください。

また、糖質の多いデザートなどを冷蔵庫の中に入れて置くのもやめるようにしましょう。

誘惑に勝てないのであればコンビニの前をなるべく通らないように気をつけてください。

スーパーなどに買い物に行くとついついデザートのコーナーで甘いものを買ってしまう方、自分の目的さえ果たせばその前を通らず、迂回しササッとレジを済ませて帰るようにしましょう。

自分の目の前に大好物の対象物がなければ、その食べ物にさほど執着はしなくなると思います。ましてやお腹か膨らんで満腹状態ならは、尚更です。

大好きなものを敢えて目の前に置かないことで、今の満腹状態に満足し、無駄な食欲は抑えられる筈ですよ。

結論!血糖値を急激に上げない様にすること!ここがポイント

いかがでしたでしょうか。

食欲を抑えるには血糖値を急激に上げないこと、ここが一番のポイントになります。

それを手助けしてくれるのが、食物繊維だということがおわかりいただけたと思います。

いつもより積極的に食物繊維の量を増やして、そしてよく噛むこと!これを繰り返しているうちに、自分に合った食事の量というのが決まってくると思いますので、徐々に過食から遠ざかると思いますよ。

毎回食物繊維が入ったものを積極的に食べるのは難しいかもしれませんが、さほど金額的にも高いものではありませんので、今までより多く食物繊維を摂ることを念頭においてダイエットに励んでみてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.