ダイエット基本の知識、痩せるメカニズムとは?

スラリとした美しい身体はすべての女性の目指すところですよね。最近太ったと人に言われた、確かに体重が増えて何とか痩せなきゃとあせっている。そんな時にはどのようなダイエットがより効果的なのか気になりますね。

ダイエット前にまず知っておきたいことは、どうすれば痩せるのか…痩せる為のメカニズムです。こちらではダイエットに必要な基礎知識について、痩せるメカニズム、痩せやすい身体を作る為の基礎について、わかり易く説明しています。

ダイエットの前にこれだけは知っておこう!

痩せる為には食べなければよい、と考えていませんか。確かに摂取するカロリーがなければ消費するばかりなので体重は落ちていきます。でも、それでは必要な栄養素もまったく摂取できないという結果になってしまいます。

それどころか、美しく痩せる為に必要な筋肉までも痩せてしまい、身体自体が飢餓に備える体質となり、体脂肪を貯える結果に繋がってしまいます。

正しいダイエットの為にこれだけは知って欲しい基礎的なことについて挙げてみましょう。

  • バランスよく食べて痩せる
  • 有酸素無酸素運動を上手に取り入れて痩せる
  • 無理なく少しずつ綺麗に痩せる

何といっても断食して痩せるというのはお奨めできません。摂取カロリーが消費カロリーを超えないように気を付けることは大切ですが、バランスよい食事が美しい体型を作ってくれるのです。

摂取カロリーをほんの少し抑えることと、適度な運動を行うことがダイエットの基本です。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動、ストレッチやジムでの部分に特化した無酸素運動、それを無理なく行うことがメリハリのある美しい体型を作るもとになります。

無理なダイエットはストレスのもとにもなり、せっかく痩せても病的な痩せ方になってしまったり、リバウンドのもとになりやすいのです。無理なくきれいに痩せるのが、ダイエットで最も必要なことですよね。

ダイエットの基礎!痩せるメカニズムとは?

美しく無理なく痩せる為には痩せるメカニズムを知る必要があります。それではここでダイエットの基礎である痩せるメカニズムについてお話ししていきましょう。

甘いものは太る?糖質制限ダイエット

摂取カロリーが消費カロリーを超えた場合人は太ります。甘いもの=高カロリー、と捉えるなら、糖質制限ダイエットは確かに有効なダイエットかもわかりません。

例えば糖質制限でカロリーを1500Kカロリーに抑えたとしましょう。甘いもの、お米、パン、それらはすべてタブーです。あれもこれもダメでは何だかストレスが溜まってしまいそうではないですか。

それなら、同じ1500Kカロリーを糖分も含めてバランス良くとるようにした方が、ストレスにならないのではと考えます。バランスの良い食事のお話しの前に摂取カロリーと消費カロリーについて考えてみましょう。

摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ太る

摂取カロリーとは文字通り身体の中に取入れた食べ物のカロリーとなります。消費カロリーは基礎代謝量を含む運動などで消費するカロリーのことですよね。当然のことながら摂取カロリーが消費カロリーを上回ればその分が脂肪として蓄積され、体重増加につながるのです。

それでは摂取カロリーを限りなく少なくすればよいかというと、そうとばかりはいえないのです。まず、人間が何もしない時であっても消費されるカロリー(基礎代謝量)について確認してみましょう。基礎代謝は男性、女性、そして年齢などによって違ってきます。

基礎代謝量の計算方法

男性の場合…66+13.7×体重+5.0×身長-6.8×年齢

女性の場合…665+9.6×体重+1.7×身長-7.0×年齢

例えば30歳の女性で160cm、60kgの人の基礎代謝量は、665+576+272-210=1303…一日に1303kカロリーがじっとしていても消費されるということになります。

反対にいえばこの基礎代謝量は絶対に必要な摂取カロリーであるともいえますよね。無理なダイエットでこの基礎代謝量を下回るカロリー摂取となると、身体に何らかのダメージを与える結果になってしまいますよ。

基礎代謝量と一般的な運動量とで、平均どのくらいの摂取カロリーが必要なのかを年齢別に見て行きましょう。

女性の場合

  • 18歳~29歳…1950kカロリー
  • 30歳~39歳…2000kカロリー
  • 50歳~69歳…1900kカロリー

男性の場合

  • 18歳~29歳…2650kカロリー
  • 30歳~39歳…2650kカロリー
  • 50歳~69歳…2450kカロリー

160cm、60kgの30歳女性がダイエットするのなら、2000kカロリーから1303kカロリーを引いた697kカロリーの中で摂取カロリーを抑えなくてはいけないという事ですよね。

通常のダイエットが、1日の摂取カロリーを100から200kカロリー抑えるのが標準的なのはこういった理由からなのだとお分かりいただけたでしょうか。

2000kカロリーから毎日200kカロリーを引いた1800kカロリーを摂取し、適度な運動を組み合わせることで。30歳女性の身体は痩せるメカニズムが整うということになるのです。

これを守れば必ず痩せる

消費カロリー、摂取カロリーについてはお分かりいただけましたか。ただ単に甘いものや糖に変わるご飯類は食べないというだけではなく、ダイエットは無理なく楽しみながら行うのが一番良い結果を出すために必要なのではないでしょうか。

これが最も必要、こうすれば楽しく痩せることができる。そのヒントになることをいくつか挙げてみますね。

  • 減らすカロリーは200kカロリーほどで良い
  • 上手に置き換えメニューを作る
  • 食べたいものはがまんしない

減らすカロリーは多ければ良いという訳ではありません。1日に100から200kカロリーを減らすだけでも、充分ダイエット効果は得られます。

毎日200kカロリー減を3ヵ月続ければ18000kカロリー減、脂肪でいえば2.4kgに相当します。

もちろん単純計算なので、実際に落ちる体重は運動量などによりもっと多くなる場合もあるし、少ない場合もあるでしょう。それでも必ずマイナスの体重は約束されると考えても良いでしょう。

ごはんを半量にし、豆腐やコンニャクに置き換える。麺類も今は白滝を使ったものや春雨を使ったものも市販されています。

そういったものを上手に取り入れるのも良いですね。とにかく食べたいものは我慢しない。ケーキを食べた日は他のものでカロリー調整する。それで良いのです。

無理なく美しいボディを手にいれる為に

痩せる為のメカニズムについてお話ししてきましたが、体重減ということではお分かりいただけたと思います。ただ体重を減らすということだけでなく、メリハリのある身体、女性なら豊かなバストとくびれのあるウェストなど、美しい身体もダイエットの目的といえます。

メリハリのあるボディについては体重を落とすことに加えて、部分的に力を加える、筋肉を鍛えるなどの方法が必要となります。これには無酸素運動が適しているといえます。ストレッチを行う、ジムなどで筋力を鍛える運動が必要になるということですね。

筋力を鍛え筋肉を貯えることは、基礎代謝量を上げることに繋がります。

無理なく美しいボディを手に入れるには、基礎代謝を上げ、痩せやすい体質を作ると共に、バランスのよい食事を摂ること。

そして摂取カロリーを通常より100から200kカロリー落として摂取すればよいだけなのです。

痩せるメカニズムに基づくダイエットが成功のもと

決して無理なダイエットはしないこと。基礎代謝量を超えて消費カロリーを落とさない。

毎日100~200kカロリーを落とす努力をすること、我慢するのではなく、置き換えメニューや甘いものを食べた時には別のものでカロリーを落とす、など工夫して長く続ける努力をすること。

バランスの良い食事に適度な運動をあわせて行うことで、メリハリのある美しい身体は必ず手に入ります。決して焦らず、毎日続けることがダイエットを成功に導き、そうして手にした身体はリバウンドしにくくなることも実証されていますよ。

ダイエット中の貧血は鉄分不足?栄養の偏りはリバウンドの元!

過度な食事制限は貧血を引き起こし、痩せにくい身体になります。ダイエットを成功させたいなら、まず大切なのは貧血にならない事です。貧血になると、身体が危機感を感じて、貯め込むセンサーが働きますから痩せません。では、どうすれば上手に痩せる事ができるのでしょうか?ここでは、貧血にならずダイエットを成功させる方法をご紹介します。 ダイエットを成功させるには貧血にならないこと! ダイエットというと、運動よ

ダイエットが風邪の原因に?栄養の偏りやストレスが免疫力を下げる

夏目前!水着やノースリーブを着る機会もこれから増えていくというなかで、ダイエットに取り組んでいる女性も多くいると思います。 自分のことを「太っている」と思っている女性はなんと約50%にのぼるといわれています。そして、「今ダイエット中」の女性と「今後、ダイエットをしたいと思っている」女性を合わせると70%以上というデータもあります。 「ダイエットをしたら体調が悪くなった」「風邪を引きやすくなった

ダイエット中抜け毛がすごい…毛周期のサイクルが崩れる原因と対処法

女性にとって最大の関心事はオシャレではないでしょうか。 オシャレな服やアクセサリーは、女性をさらに魅力的にしてくれます。そのためには、スタイルをキープしたい!ダイエットをして○○キロまで体重を減らしたい!そんな願望は女性にとって普通のことですよね。 ダイエットをしたい!と思っている女性や、ダイエットをしている女性は70%を超えるというデータもあります。 しかし、無理なダイエットのよって「最近

ダイエット中の口臭が気になる。それは代謝低下と唾液不足が原因かも

ダイエットをしていると口臭がキツくなることがあります。それは「唾液の不足」と「ケトン体の発生」が大きく関係しています。 食事回数や食事量を減らすと唾液の分泌量が減り、口内が乾燥しやすい状態となってしまいます。口内が乾燥すると細菌が繁殖し、口臭が発生してしまいます。 食事制限のみのダイエットを行い、基礎代謝力が低下してしまうと「ケトン体」が発生してしまいます。このケトン体の特徴は甘酸っぱい臭いで

ダイエットでニキビが増えた…無理な食事制限は栄養バランスが崩れる

過度な食事制限によるダイエットはニキビができやすくなってしまいます。間違った食事制限により体内の栄養バランスが崩れ、健康的な肌を作り出すことができなくなり、肌荒れを引き起こすためです。 また、強いストレスもニキビの原因となります。ストレスを感じると皮脂の分泌が増え、毛穴が詰まりやすくなってしまうためです。 食べる量を減らせば簡単に痩せることができます。しかし身体の内側も外側も不健康な状態で、は

ダイエット中の長い停滞期で心が折れそう…乗り越える方法ある?

ダイエットを始めてもう1ヵ月近くにもなるのに、全然やせない!停滞期は案外長いといわれてたけど、こんなに長引くのは予想外!ダイエット方法に何か問題があるの?ダイエット挫折の大きな原因の一つ、停滞期。ここを乗り越えられるかが成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。 とはいえ、停滞期は必ずやってくるもの。あまり重く考えすぎることもありません。停滞期の原因を知れば、打開方法も見えてきます。停滞

ダイエットは挫折して当たり前!?目標や計画より大事なこととは

ダイエットはすぐに結果がでるものではないので、継続するのが難しいですよね。目標を具体的に決めても、思うように体重が減らなかったり、どうしても食欲がとまらなかったり…。 ところで、何が原因で挫折したかを具体的に考えたことはありますか?すべてを『意思が弱いから』の一言で片付けていませんか? そもそも、ダイエットは意思だけでつづけられるものではありません。挫折の原因を理解して、対処方する必要がありま

過剰に溜まった水分撃退!むくみ解消を考える!

むくみで悩んでいる人はたくさんいますよね。 朝は何ともないのに、昼過ぎぐらいからだんだんとむくみだし、夕方になるとパンパンになってしまい、靴が入りにくくなってしまったり、靴下の痕が付いたりする場合があり、厄介ですよね。 そしてなんと言ってもむくむと太って見えたりしますので何とかして解消したいものです。 むくみを解消する方法はいろいろあるのですが、効果的なものは一体どんな方法があるのでしょうか

そのむくみ、放置していて大丈夫?むくみが現れる病気を知ろう

体のむくみが気になっている人って、案外たくさんいるんですよね。 体がむくんでしまうとどうしても太って見えてしまいますし、気にする人が多いんです。 靴下の跡などがなかなか消えずに、苦労している人も多いのではないでしょうか。 すぐに解消されるむくみなら良いのですが、そこにもしかしたら病気が隠れている可能性も捨てきれません。 むくみが原因となる病気は、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

効果絶大なケトン体ダイエット!その内容と危険性を知ろう!

ダイエットに興味がある人ってとても多いですよね。 過去に何らかのダイエット方法を試したことがある人は、とてもたくさんいると思います。 しかし効果がないとすぐに辞めてしまって、長続きしないんですよね。 今では色々なダイエット方法が確立されていて、これからダイエットをやっていきたいと思っている方はどんな方法を試したら良いのかわからない人もたくさんいると思います。 今、ケトン体ダイエットというも
1 / 3123
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.