ビリーズブートキャンプのダイエット効果。脂肪燃焼型に体質が変化

ダイエットを目指したことがある方は一度はこの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ビリーズブートキャンプ、一世を風靡したダイエット方法です。

かなり前にブームになったわけですが、今でもこのダイエット方法をずっと行なっている人もたくさんいるんですよ。

ビリーズブートキャンプはきちと行うと必ず痩せると言われていて、引き締まった体型を手に入れることができるダイエット方法だと言われています。

正直、名前は聞いたことあるけれども内容がわからない…そういう方もおられるかもしれません。

ビリーズブートキャンプについて改めて調べてみました。やってみたいと思う方は是非、最後まで読んでみてくださいね。

ビリーズブートキャンプって何だった?まずはおさらい!

さて、ビリーズブートキャンプってどんなものだったのか、おさらいです。

ビリーズブートキャンプとは、アメリカ軍の新人訓練をベースにした短期間エクササイズの事を言います。

日本でも一斉を風靡し、あちらこちらの体育館等で人を大勢集め、ビリーズブートキャンプの体験があったりしました。

基本はDVDの中に全てのエクササイズが収録されているものを購入し、それを見ながら自宅でレッスンする形になります。

日本で発売されたのは2005年で、ずいぶん前になります。しかし、今もまだ愛されているエクササイズなんですよ。

30分から1時間の間、ずっと休みなく筋トレと有酸素運動で体を動かし続けるのが特徴で、体の全ての筋肉を使いますので、効率よく体を引き締めてくれることで有名です。

効果的な動きが集まっていて効率的!

ビリーズブートキャンプの中で、特にたくさん盛り込まれているエクササイズはスクワットと腕立て伏せの筋力トレーニングと言われています。

実はきちんとした正しい腕立て伏せをすると、全身の筋肉が鍛えられて、ダイエットに繋がります。

しかし腕立て伏せは慣れていないと回数をこなすことが難しくなります。

膝をついてしまったり、お腹が落ちてしまったり、腕立て伏せの綺麗な姿勢をずっと保ちながらトレーニングをするのは相当疲れるはずです。

しかし、ブートキャンプはやり抜くことをポリシーとしています。

きつい腹筋プログラム…ここで挫折する人多し…

さて、ビリーズブートキャンプはスクワットと腕立て伏せがきついと言われているのですが、実はプログラム中に腹筋を徹底的に鍛えるエクササイズがあり、これが本当にきついと噂になっているんです。

30分、腹筋を動かし続けるエクササイズになり、あまりのきつさにここで脱落する人が結構いるんですよね。

これだけきついからこそ体に反映されやすいのですが、あまりにも辛いのでビリーズブートキャンプを買っても、やらないようになってしまう人が多くいます。

また腹筋を徹底的に鍛えるやり方は、当然お腹が引き締まってくるものの、次の日の筋肉痛が悲鳴を上げるほど痛いんだそうです。

特に慢性の運動不足で、なかなか運動してこなかった人は、30分間の腹筋プログラムを体験すると、次の日は会社に行けなくなるほどの体の痛みを感じる人も多いようです。

少々の筋肉痛ならばどんな人でも経験したことがあると思いますが、ブートキャンプの場合はエクササイズが過酷ですので、筋肉痛の度合いも相当きついようです…。

ここもポイント!慣れないうちは毎日行わない!

ビリーズブートキャンプはエクササイズの中でも特にきついことで有名なのですが、きちんと行うことでダイエットにつながりますし、女性ならセクシーな、そして男性ならばかっこいい引き締まった体を作ることができます。

しかしあまりにもきつく、筋肉の疲労が半端ではありません。

基本的には毎日行うことが理想なのですが、体があまりにも疲れ切ってしまっているときは、敢えてやらないようにするのも大事なポイントとなります。

筋肉は疲労してしまうと、きちんとしたエクササイズを行えなくなりますので、当然、筋肉への負荷をあまり感じられない動きしか出来なくなります。

そうなると運動能力が上がらず、ダイエットに繋がりにくくなります。

体が重度の筋肉痛で痛い状態であるのに、その状態でブートキャンプを行っても本能的に体を庇うような動きになってしまい、ブートキャンプの良い部分を吸収できなくなってしまいます。

従って、筋肉疲労が次の日も取れなかったり重い筋肉痛に襲われた時は、ブートキャンプを休むようにしてください。

効果が発揮できないような状態でブートキャンプを行っても、意味がありませんので、きちんと体の痛みを取ってから再びエクササイズをするようにしましょう。

無理に継続して怪我をする場合、体調を壊す場合あり!

先ほど筋肉が疲労している場合はブートキャンプを行わないようにしてくださいという話をしました。

ダイエットに効果的な十分なエクササイズを行えないばかりでなく、ブートキャンプの場合は激しい運動も多いですので、筋肉疲労が酷い状態でブートキャンプを行うと思わぬ怪我に結びつく人がいますので要注意です。

ブログなどを見ていても体が疲れ切っている時にブートキャンプをやり、その結果転倒して骨折をしてしまったという方もおられます。

慣れていないと体力的にも非常にきつく、ふらふらになる人もたくさんいますので、体調が万全じゃない時にブートキャンプをする事は避けるようにしてください。

徐々に行い、慣れてきたら体もふらつきませんし、ちょっとのことでは筋肉痛になったりしないようになります。

そういう時にがっつりとブートキャンプをやって体重を大幅に減らしていきましょう!

最初のうちは焦らず、様子を見ながら、そして自分の体をいたわりながらブートキャンプを少しずつこなしていくようにしてください。

一週間プログラムというもののやるからには一ヶ月は続けよう

ブートキャンプには一週間プログラムというものがありますが、一週間ぶっ続けでブートキャンプをやったからといって劇的に変化があるわけではありません。

一週間プログラムという名前で騙され気味ではあるのですが、一週間ではほとんど変化がないことが多いでしょう。

激しいブートキャンプであっても最低でも一か月は続けることをおすすめしたいと思います。

長年蓄積してきた脂肪などが、一週間激しい運動をしたからといって、すんなり落ちるほどやっぱり甘くはないです。

一週間はブートキャンプの世界に慣れる期間だと思っていた方が良いかもしれません。

おそらく一週間プログラムを行ったとしても、なかなか結果に現れない人が多いですので、どうしても途中でリタイアする人が多いんですね。

激しい運動の割にはさほど結果が伴わない方も多くおられるので割に合わないと判断し、やらなくなる人が多いようです。

ただ、ブートキャンプの内容はとても理にかなった内容ですので、非常にハードではあるもののそれを続けていくと必ず体は変わると言われています。

ブートキャンプの激しい動きに対して苦痛を伴う方もたくさんおられると思いますが、繰り返し行うことで必ず体がその動きに慣れるようになってきます。

そうなるとその先はスルスルと体重が落ち出すでしょう。

要は最初の頃に訪れるブートキャンプの辛さをうまく乗り越えることができたら、引き締まった綺麗な体型を作り出すことができるでしょう。

結論!ビリーズブートキャンプは根性と体力が無ければ難しい…

いかがでしたか。

正直、ブートキャンプはかなりの根性と体力が必要になってくると思っていて間違いないでしょう。

但し、そのエクササイズをやり遂げることができた時、スリムな体を手に入れることができていると思います。

辛い運動に挑戦してでも、絶対に水着が似合う体を目指したいと思っている方は是非、挑戦してみてほしいと思います。

せめて一ヶ月は絶対に続けて、体に変化があるかどうかを確認してくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.