黒にんにくは太る!?体への効果や白にんにくとの違いを検証

太る体質で、日々悩んでいる方は多いと思います。

一生懸命ダイエットをしても、反映されなくて努力が報われない方、結構多いですよね…。

日頃の食生活も気を付けている人は多いと思いますが、なんと料理ににんにくを加えるだけで、痩せ体質に変わりやすいと言われています。

しかし今、普通のにんにくではなく、黒にんにくというものに注目が集まっているのをご存知でしょうか。

この黒にんにく、成分的に身体に良いものがふんだんに含まれていて、好んで食べている人もたくさんいるんです。

黒にんにくを食べることで、痩せ体質に改善することができるのでしょうか。白にんにくと何が違うのか…調べてありますので参考にしてほしいと思います。

黒にんにくVS白にんにく、一体何が違う?!太る体質改善は可能?

さて、にんにくには太る体質を改善する効果があると言われているのですが、一体どういうことなのでしょうか。

にんにくはビタミンB1と結合すると、アリチアミンという成分に変化をします。

このアリチアミンという物質は糖質を効率よくエネルギーに変換するため、新陳代謝が上がり、痩せ体質を作ることができると言われているんです。

ですので、日頃から代謝が悪くダイエットしてもなかなか反映されないという方は積極的にニンニク料理を食べることで体質が変わってくると言われているんです。

しかし、これは一般的に私たちがよく食べるスーパーなどで売っているあの白いニンニクのことを指します。

ところが黒にんにくになると、その成分は残るものの…どちらかというと熟成することによって生じる、SアリルLシステインという物質に焦点が当てられることが多くなるんです。

白にんにくについての記述を調べるとダイエットについてとてもたくさん載っているのですが、黒にんにくになるとその内容はガラリと変わり、体の免疫力に関しての話の記述の方が多くなります。

黒にんにくの効能で有名な事として、癌の抑制効果が高かったり、脳の血管障害などを防いだりする効能が高くなりますので、そのような病気を気にする方に非常に向いているんです。

白にんにくが代謝を上げることに特化した成分内容であるのに対し、一方の黒にんにくは免疫力を上げたりする効果の方が高いようです。

ただ、黒くてもにんにくですので、代謝アップ成分が無いわけではありません。

ただ、黒にんにくで基礎代謝を上げるということに関しては、記載されていない事も多いですので、ダイエットという点を見るとやはり白いにんにくの方が向いているということになるでしょう。

糖質制限中には向かない!黒にんにくは糖質が多い!

さて、白にんにくはダイエットに非常に向いていると言われているのですが、黒にんにくの方は、体の免疫力を上げたりする疾患系の病気を防いだりする効果が高いと言われています。

そしてここで知っておかなくてはならない事実として、黒にんにくは白にんにくに比べてなんと炭水化物が1.7倍に膨れ上がるんです!

糖質制限ダイエットが巷で流行っていますが、糖質をできるだけ取らない生活を送っている人にとって、黒にんにくは非常に大敵ということになります。

黒にんにくが白にんにく並みに基礎代謝量が上がるとしても、糖質が白にんにくに比べてほぼ2倍近くあるのならば、話は違ってきます。

しかも黒にんにくに関しては、皮をむいてそのまま食べたりすることが多いですので、糖質は結構な量になると考えられます。

つまり、代謝をあげつつ、糖質を気にするのならば、普通のにんにくを使った方が無難と言えるでしょう。

にんにくも熟成させて黒にんにくになると、かなり成分が変わるということになりますね。

良い部分も倍増するのですが、ダイエットする人にとってNGな部分も倍増する可能性があるということになります。

割と多い!食べ過ぎによる、胃腸障害に注意!

白にんにくに続き、黒にんにくも同時に摂取しようと思っている方、胃腸障害に気をつけてください。

白にんにくはダイエット効果のために、そして黒にんにくは他の気になる疾患を防御するために摂取したいと考える方は多いのですが、ニンニクの成分はとても強く、食べ続けると胃腸障害が出る可能性がありますので、日頃から胃腸が弱い方はにんにくの強烈な成分に気をつけなくてはなりません。

ダイエットをするために、そして弱い体を強くするためににんにくを摂取しているのに、結局その成分がもとで体調を崩してしまっては、全くお話になりません。

胃腸障害に関しては白にんにくよりも黒にんにくの方が起こりにくいと言われてはいるものの、やはりにんにくですので黒にんにくの熟成された成分が自分の体と合わず、胃腸障害や激しい下痢や吐き気などを伴うことがありますので、そのような症状が出てきたら無理して継続することはせず、にんにくの摂取を暫く中断することをお勧めします。

それでもどうしてもにんにくの効能を取り入れたい場合は、時間を空けて摂取したり、食べる量を極端に減らしたりするなど、工夫が必要になってきます。

いずれにしてもニンニクの成分で胃が荒れてしまったりする事に関しては、インターネットなどを検索してみてもたくさん出てきます。徐々に増やしていくなど、自分の体と相談しながら摂取するようにしてください。

効果倍増!にんにくを食べつつ、軽く運動も取り入れよう!

太る体質を改善することが期待できる白いにんにく、そして免疫力アップを期待することができる黒いにんにく、どちらも素晴らしい効能があるのですが、日頃から軽い運動を生活に取り入れることで、その効果はもっと高まると言われています。

新陳代謝を活発にするにも、免疫力を高めるにも適度な運動を取り入れることで、より一層効果が期待出来るんです。

ただし、免疫力を高める方はあまりにも激しい運動をすると免疫力を下げてしまう可能性もありますので、本当に適度な運動、例えば、ちょっとした散歩や家の中で少し体を動かす程度の運動を毎日続けることがベストです。

カロリーを制限したり、糖質制限を行ったりする方法で減量する人が大半だと思うのですが、本当はそこに運動を入れるともっと効果的です。

わかってはいるものの、仕事が忙しかったりすると疲れてしまって、なかなか運動をしようという気持ちが起こりませんよね。

しかし、運動を取り入れる事で、痩せやすい体質になることは間違いありません。

にんにくの持つ基礎代謝を上げる効果をもっと引き出すためにも、家の中で構いませんのでラジオ体操をするなどして、少し体を動かしてみましょう。

それだけでも全く体は変わってくると思いますよ。

結論!免疫力等も上げたい場合は黒にんにくも取り入れよう

減量だけでなく、体の免疫力もしっかり上げて病気に強い体質になりたいのであれば、白にんにくを使った料理と共に、黒にんにくも食べるようにすれば二つの効能を一度に摂取することができるでしょう。

ただし、ダイエット中の方は黒にんにくの食べ過ぎには気をつけなくてはなりません。

白にんにくに関しても食べ過ぎることで胃腸障害が出たり、お腹が痛くなったりする場合も結構ありますので、様子を見ながら摂取するようにしてください。

黒にんにくと白にんにくを同時に摂取すると、体の中にすごい成分が大量に流れ込むことになります。

慣れないうちは気持ちが悪くなる可能性もありますので、できれば周りに匂いなどで迷惑がかからない程度で増やしていくと良いでしょう。

特にダイエット中は食事を減らすために免疫力が下がって、風邪などをひきやすくなったりすることが多いです。

そんな時、黒ニンニクの力で免疫力を上げて体調を大きく崩さないように工夫しましょう。

二つのにんにくの効果を上手に取り入れることで、健康な体と引き締まったボディを手に入れることができるかもしれません。

白にんにくも黒にんにくもドカ食いだけはしないようにして、体にどのような変化があるのかしっかりと様子を見ながら、徐々に量を増やして継続していってくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.