青魚の驚異的なダイエット効果、EPAという成分に注目!

皆さんはダイエットと聞くとどういうイメージがあるでしょうか。

辛くて苦しいもの、目標を達成できないもの、そんなイメージがあるのではないかと思います。

ただ、ダイエットも効率よく行うことで、さほど苦になるものでもないかもしれません。

例えば、食べる物に気をつけるだけでダイエット効果はかなり変わってくると言えます。

例えば青魚を積極的に食べることで、ダイエット効果が非常に高まると言われています。

青魚を食べると体にどのような影響があるのか、ダイエット効果とはどのようなことを言うのか大変気になりますよね。

その辺りについて詳しく調べてあります。興味がある方は是非最後まで読んで、参考にしてほしいと思います。

青魚はEPAの宝庫!血液サラサラ効果で代謝もアップ!

現代人は青魚の摂取が減っていると言われています。青魚は非常に栄養価が高く、健康的にそして長生きをするための栄養素がたくさん詰まっているんです。

特に注目されているのが青魚に含まれているEPAです。

EPAが不足すると人間の体にどのような影響があるのか調べてみました。

まずEPA自体は体の中で作ることができません。従って補わなくてはならないんです。

EPAを摂取すると体の中で様々な影響があります。

有名な所では血液がサラサラになる効果です。

血液がサラサラになるということは血液循環がスムーズに行われるということになります。

血液循環がスムーズに行われるということは、血管の中で血液が固まりにくくなり、心臓病や脳梗塞のリスクを減らせるということにつながります。

循環器系の病気は非常に恐ろしいのものですので、積極的にEPAを取ってリスクを未然に防ぐことが大切になります。

そして血液がサラサラになるということは、血液の巡りが体中の中でスムーズに行われるということになります。そうなると必然的に体の体温が上昇します。

体の体温が上昇すると、代謝がアップし、体の中に脂肪が蓄積しにくくなるんです。

脂肪が蓄積しにくくなるということは、当然太らない体質を維持できるということになります。つまりEPAを積極的に摂ると自然とダイエットにつながるということになるんです。

血液がサラサラになるということは成人病の予防につながるだけでなく、肥満を防ぐことにもつながりますので、非常に重要なことだということがわかります。

最近太り気味で困っているという人は、是非青魚をしっかりと食べるようにしてみてください。

そうすることによって自然と体重が減っている可能性がありますよ。

早めの対処が肝心!青魚でメタボリック症候群を撃退!

さて、ダイエットをする人たちの理由は非常に様々です。

綺麗になりたいという見た目を気にしてのダイエット、そしてもう一つは成人病を気にしてのダイエット、つまりメタボリック症候群を撃退するためのダイエットです。

通称メタボと言われる肥満は非常に厄介なんです。

皮下脂肪ならばまだしも、メタボの場合は内臓に中性脂肪が溜まってしまっている状態になっていますので、早期になんとかしないと心臓病になったり、脳梗塞などを引き起こす恐れが高くなります。

また糖尿病などのリスクも高くなりますので、できるだけ早くダイエットをすることが大切になります。

しかし、そんな時も青魚を食べると非常に効果的なんです。

青魚のEPAは中性脂肪を減らす働きがあります。

高脂血症などで病院にかかった場合、医療用のEPAを処方される場合が結構あります。

それを飲むことで高脂血症を改善する場合が多いんです。その服用と同時にダイエットをするとEPAの力も借りることができ、思っているよりもスムーズに体重減少につながることが多いんです。

ただ、医療用のEPAに関しては、お医者さんの判断で出してもらえるものですのて、自らが希望しても絶対に出してもらえる薬とは言い切れません。

そうなった場合はやはり、自らEPAを積極的に取らなくてはなりません。

最近お腹が出てきた、以前よりも息切れがひどく、体が重いなど、明らかな体重増加や疲労感を感じる方は中性脂肪が溜まっている可能性が高くなりますので、肉食をやめて、青魚を取るように心がけましょう。

それをしばらく続けるだけで、次の血液検査の時は数値がかなり改善されている可能性が高くなります。

今話題の痩せホルモンのGLP-1に注目!自然に体重減!

さて、青魚に含まれるEPAがダイエットにとても効果的だということがわかりました。

そして、このEPA、まだまだ魅力があるんです。実はEPAの摂取によって痩せホルモンと呼ばれるGLP-1の分泌が促進されるんです。このホルモンは糖尿病の専門医も注目しているホルモンになります。

GLP-1が分泌される事により、少ない食事量でもお腹がいっぱいになり、精神的にも満たされるようになります。

また、GLP-1が分泌されると、消化のスピードが非常に遅くなり、満腹感が持続しやすいというメリットがあるんです。

そうなると当然、自然と体重が減っていくようになります。健康的に痩せるためには、青魚の影響がとても大切という事になります。

ダイエット目的などでEPAを摂取する場合、早くに結果が出ないと投げ出してしまう人がたくさんいますが、食品から摂取できるものですので、ある程度個人差があり、すぐに効果は出ないかもしれませんが、諦めずにEPAを取り続ける事が大切です。

体に非常に大切で効果もしっかりと証明されている成分ですので、積極的に摂取することを続けていきましょう。

驚愕!青魚のEPAが筋力アップに繋がる!

そしてEPAには筋力がアップすると言う効果もあるんですよ。

筋力のアップはタンパク質が多い赤身肉に見られる特徴だと思っている方も多いと思いますが、EPAにもその力があるんです。

現にEPAの摂取によって、運動時の疲れやしんどさ等の自覚症状が軽減される事が報告されています。これはEPAを摂取して筋力がアップするために疲れを感じない時間が長くなったからだと言えます。

EPAは血液をスムーズに流す効果に優れていて、血液がサラサラになると体の中は酸素で満たされやすくなり、少々の運動では息切れしなくなったり、疲れにくくなります。

体が疲れにくくなると、運動能力が伸びますのでそれだけ筋力アップにつなげることが可能となります。

体のために運動しようと頑張っているもののいつも途中でバテてしまう方、そのせいでなかなか体重が減らない方、EPAを摂取することで運動能力が伸び、筋力が発達し、よりダイエット成功に近づける可能性がありますよ。

結論!青魚のEPAを摂取すると痩せやすく良い事づくめ!

いかがでしたか。EPAを積極的に摂るということは、これだけのメリットがあるということが分かっていただけたと思います。

ダイエットには最適ですし、運動しても疲れない体を作ることができる…本当に魅力的な成分だと思います。

体に悪い影響を与えることが全くない成分ですので、どんどん取り入れて行くと良いでしょう。

ただ、青魚を毎日食べるのは正直難しいという方もたくさんおられると思います。そんな時は青魚から抽出したEPAのサプリメントを摂取することをお勧めしたいと思います。

値段もいろいろで、正直どれが良いのか分からない方もたくさんおられると思いますので、口コミの評判の良いものを購入するようにして試してみてください。

そして、魚を食べる機会があった場合はできるだけ積極的に摂取するように心がけてください。

人間の体は食べ物で左右されます。

EPAを積極的に摂取する事で、必ず体は変わってくると思いますので、是非、継続することをおすすめしたいと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.