体脂肪を下げる方法とは?生活習慣の落とし穴

スタイルを良くしたい、筋肉を強調したい。ダイエットを始める方は、様々な目標をもって取り組んでいるのではないでしょうか。

しかし、スタイルを良くするためには、体重を落とすだけではいけません。

美しい肉体を手に入れるためには、体脂肪を落とすことが重要になります。また、体脂肪を落とすことで、生活習慣病にもなりにくくなり、健康面での恩恵を受けることも可能なのです。

そこで今回は、体脂肪を落とす効果的な方法をご紹介します!

これまで体重を落としても納得できなかった方は、是非参考にしてみてください。

体内に潜む体脂肪とは?

まずは、体脂肪とはいったいどんなものなのかを理解する必要があります。

体の内側に蓄積する体脂肪は、単純に体重を落とすだけでは落ちにくく、肥満でない方でも蓄積されていることがあるので、注意が必要です。

体脂肪は、体に蓄えられた脂肪のことを指しますが、主に2種類存在します。

皮下脂肪

皮膚組織の内部に存在する脂肪のことで、お腹やお尻、ふとももなど、気になる部分に付きやすい脂肪です。

普通にダイエットをしてもなかなか落とすことが困難で、部分的に刺激しなければ落とすことが難しい脂肪となります。

そのため単純に体重が落ちても、気になる部分にお肉が残った状態になりがちです。

多くの方が悩みを悩ませる非常に厄介な存在と言えます。

内臓脂肪

腹筋の内側に付きやすい脂肪のことで、付いていることが気づきにくい脂肪と言えます。

比較的短期間で蓄積しやすいのですが、反面落ちやすいという特徴もあるため、過剰に蓄積している方は少ない傾向にあります。

しかし、あまりに蓄積すると、健康被害を及ぼす恐れがあるため、放置してはいけません。

筋肉を付けるのも効果的!

体内に蓄積し、厄介な部位に付きやすい体脂肪ですが、いったいどのような方法で落とすのが効果的か、気になることと思います。

ここからは、体脂肪を落とす方法について解説していきますので、ご自分の体に何が足りないのかをしっかり見極めて、効果的に体脂肪を落としましょう。

そうすれば、理想とする体系に近づけるはずです。

一つの手段として効果的なのが、筋肉を付けることです。

体の筋肉が少ないと、脂肪が燃えにくくなり体脂肪を減らしにくい体になりやすいです。

しかし筋肉量が多いことで、一日に消費するエネルギーが増加し体脂肪を減らすことにつながります。

体重が多いわけではないけど体脂肪が多い方は、筋肉量が少ないことが原因である恐れがあるため、しっかり適切な筋肉を付けることを心がけましょう。

体脂肪は有酸素運動で減らせる!

ダイエットの方法として定番である有酸素運動も、体脂肪を減らすために効果的です。

エネルギーを消費し、体脂肪を燃やすためには、ある程度長時間の運動が必要になります。また、すぐに落とせるわけではないので、多少根気が必要とも言えます。

代表的なトレーニングとして挙げられるのは、ランニングです。

長時間走れば、脂肪を十分燃やすことができるので効果的な方法と言えます。

しかし、いきなり長距離走ることで体に負担をかけてしまうこともあります。そのため、最初は自分のできる範囲で行い、徐々に慣らしていくのがいいでしょう。

また、筋トレと組み合わせて、ランニングの効果を向上させることも効果的です。

食事は重要!体脂肪を燃やせるものとは?

運動をすること以外に体脂肪を減らす方法として考えられるのは、食事です。

糖質や脂質などは、体に脂肪を溜めやすい天敵と言われています。そのため、過剰に摂取すると体脂肪が蓄積してしまう恐れがあるため、注意しましょう。

とくに炭水化物には糖質が多く含まれているため、摂取する機会をなるべく抑えるなど、計算して食生活を送るのがいいでしょう。

また、体脂肪を減らす効果のある緑茶などを毎日飲むことも大切です。

飲むだけですぐに効果がでるとは限りませんが、有酸素運動と併用すれば、効果的に体脂肪を減らせるはずです。

睡眠と体脂肪の意外な関係!

睡眠時間を十分にとることも、効果的に体脂肪を減らすことにつながります。

普段から睡眠が不十分だと、ホルモンの効率が低下し、エネルギーが不足になりやすくなる恐れがあります。

そのため、糖質を摂取したいという欲求が生まれやすくなり、食事を過剰に摂取してしまうことにもつながります。

体脂肪を減らす際は、体に十分なエネルギーを運ぶため、なるべく夜更かしは控え十分な睡眠をとるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.