ごぼう茶はダイエット中に最適!お通じが良くなる簡単ごぼう茶の作り方

一生懸命ダイエットをしても結果がついてこず、苦労している方ってたくさんおられると思います。

食べ物に気を使っているのにも関わらず、なかなか成果が出ないと嘆いている人は多いのではないでしょうか。

ダイエットの成果が出にくい…そう悩んでいる方は一度、ごぼう茶を試してみませんか。

ごぼう茶を飲むことで、体質改善される可能性があります。

飲んだことがないし、どんな味なのかわからないから不安だという方も多いでしょう。

確かに好き嫌いはあるようですが、家庭で簡単に作ることができますので試してみても良いのではないかと思います。

ごぼう茶にどんな作用があるのか色々とまとめてありますので是非、参考にしてくださいね。

家で作ろう!意外と簡単なごぼう茶!

今、ごぼう茶が大変ブームになっています。

スーパーなどでもごぼう茶は売っていますが、自分で作ると自分好みのごぼう茶を作ることができますので、より美味しく飲めると思います。

ごぼう茶はたくさんの栄養素が含まれていて、特にダイエットをする人には大変向いているお茶だと言われています。

また、ごぼう茶を飲む習慣を身に付けることで免疫力が上がり、病気に強くなるという噂もあるぐらいなんですよ。

ごぼう茶の威力については後ほどゆっくり解説するとして、まずはごぼう茶自体の作り方を説明したいと思います。

意外に簡単に作ることができますので興味がある方は是非、作ってみてください。

1・まず、ごぼうについた土をしっかりと落としましょう。そしてごぼう茶に大事なのは皮なんです!このごぼうに皮にはサポニンが非常に豊富に含まれているので、皮は削いでしまわないように注意してください。

2・ごぼうをピーラーで薄くスライスしてください。もちろん、皮も一緒にスライスします。この時に水にさらしたくなるのですが、してはいけません。

水にさらすと、ごぼう特有の有効な栄養成分が水に溶けていってしまうので、水にさらすのはNGです。

3・次はスライスしたごぼうを天日干しにします。

薄茶色になるまで、しっかりと乾燥させるのことがとても大切ですよ。天気の良い日ならば六時間前後でいけるでしょう。

4・天日干ししたごぼうをフライパンでフライパンで乾煎りしてください。

目安はこんがりときつね色になったらOK!あんまり長く乾煎りすると焦げますので注意です。

5・乾煎りしたゴボウを適量、急須に入れて沸騰したお湯を注いでください。成分が出るまで数分置いて出来上がりです。

いかがですか。

意外に簡単に作れるのでびっくりしたのではないでしょうか。

少し工程がありますが、特に難しい工程ではありませんので誰でもできると思います。

まずは手作りのごぼう茶を作ってみてくださいね。

下腹が出てるのは恥ずかしい…ごぼう茶は便秘解消効果大!

さて、ごぼう茶は非常に栄養成分が豊富だという話をしましたが、具体的にどのような成分があり、どのように体に効果を発揮するのでしょうか。

まず、便秘に悩んでいる人にはごぼう茶を強くお勧めいたします。

便秘に悩んでいる方、下腹がぽっこり出ていて恥ずかしい思いをしたことがありませんか。特にスカートなどが入らなくなり、焦ったことがある方も多いと思います。

便秘を放置しているとお腹が張ってきて、少し前にせり出すような形になってしまうんですよね。こうなると太って見えてしまいますし、現にそのせいでスカートやズボンが入らないと言ったアクシデントに見舞われることになります。

毎日きちんとお通じがあることが、とても大切なんですよね。

ごぼう茶は毎日快適にお通じがあるよう、手助けしてくれるお茶になるんですよ。

ごぼうと言えば豊富な食物繊維があり、便秘解消効果が期待できる食材として有名ですよね。

便秘気味の時は積極的にごぼうを摂ることをおすすめしたいと思います。しかし、わざわざごぼうを調理するのは面倒くさかったりしますよね。

そんな時、ごぼう茶を作っておけば簡単にごぼうの成分を摂取することができます。

ちなみにゴボウに含まれているたくさんの食物繊維は、ごぼう茶になってもしっかりと存在していますのでご安心下さい。

ごぼう茶ならば熱湯を注いだり、煮出したりするだけで食物繊維がたっぷり取れますので、お手軽ですよ。

太って見えるのはむくみのせいもある…ごぼう茶でむくみ解消!

さて、最近、人からちょっと太ったんじゃないと言われる方、もしかしてそれはむくみが原因ではありませんか。

体がむくむとどうしても太って見えたりするものです。プラス、むくんでいる分、水分の代謝が悪いわけですから現に4キロ程度、体重が増えている場合も多いです。

しかしそんな場合もごぼう茶を飲めば解決することが多いですよ。

ごぼうにはイヌリンという成分が含まれています。

実はこのイヌリンという成分の中には、老廃物を体外へと排出する働きがあります。そして、カリウムもたくさん含まれていますので、利尿作用が高く、むくみが改善すると言われているんです。

ごぼう茶を飲むことでそれらの成分はしっかりと体の中で効果を発揮しますので、むくみ解消につながるというわけです。

足のむくみに悩んでいる、体がだるい…そのような症状がある方は是非、ごぼう茶を試してみてください。

飲むことによって代謝がしっかりと改善され、むくみも解消し、体重が数キロ減る可能性が高いですよ。

冷えは代謝量を落とす!冷え性改善にもごぼう茶は威力発揮!

さて、痩せやすい体を作るのに冷えは大敵です。

最近体重が増えて困っているという方、冷え性に悩まされてはいませんか。

体が冷えるということは代謝が落ちている証拠になります。新陳代謝が活発になると体がぽかぽかとして、ちょっと動いただけでも汗をかくようになります。

そのような体に体質改善すると痩せやすくなりますので、少しダイエットをするだけでも比較的早く効果が反映されるようになります。

しかし冷え性に陥ってしまうと、なかなか代謝が上がりませんので痩せ体質を作るのは難しかったりするんです。

しかし、そんな時もごぼう茶が非常に役に立つんですよ。

ごぼうにはサポニンという成分が含まれています。

比較的有名な成分ですので聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

このサポニン、しっかり摂取することで体が非常に健康になるんですよ。サポニンには血行促進作用があり、摂取すると血液の巡りがよくなると言われています。

血液循環が良くなると当然、冷えが改善されますので新陳代謝が上がり、脂肪燃焼に繋がりやすく痩せやすい体になります。

痩せたいと思ったら体を冷やすなというお医者さんもおられるぐらい、体の冷えはダイエットに大敵です。

痩せようと思ったら体を温めることが非常に大切になってくるので、落ちている代謝量を上げたい、体の冷えを改善したいという方は手作りこぼう茶を飲んで体を温め、基礎代謝の改善を図りましょう。

まずは朝一杯!ごぼう茶成分を存分に吸収させよう!

基本的にごぼう茶はいつ飲んでも有効とされています。ただ、特におすすめなのが朝の一杯と言われています。

空っぽの胃の中にごぼう茶の成分を流し込むことで有効成分が体内の隅々まで行き渡り、効果を発揮しやすいと言われています。

ごぼう茶を愛飲している方は1日2回飲む人が多いようですね。

飲み方は特に大きな決まりはないようですが、ただ、最低でも1日に2回は飲むようにしたいところです。

デメリットも!成分が比較的強く胃腸が弱い方は難しいかも…

ダイエットにメリットの多いごぼう茶なのですが、ただ、デメリットも考えておかなくてはなりません。

ごぼう茶自体、有効成分が多い分、胃腸に負担がかかりやすいと報告されているようです。

ごぼう茶に限らず、有効成分が強いものは、ある程度胃腸に負担がかかることがありますので注意が必要なんです。

ごぼう茶も身体に良いものがたくさん入っているのですが、その反面、負担がかかりやすく、飲んだ後に気持ちが悪くなったり、吐き気を催したりする人もいますので、日頃から胃腸があまり丈夫ではない方は向いていない可能性があります。

様子を見て少しずつ増やしていくのも良いですし、少しお水などで割って飲むのも良いかもしれません。

いずれにしても胃腸の調子がおかしい時や、飲んで気持ちが悪くなった時は無理に続行しないようにしてくださいね。

まとめ!ごぼう茶はダイエットの名アシスタント

むくみ改善や冷え性改善、新陳代謝を上げ、老廃物を外に出しやすいごぼう茶はダイエットにおける名アシスタントと言えるでしょう。

意外に簡単に作ることができますし、ごぼう茶を飲む癖をつけていたら痩せやすい体に体質改善することができるかもしれません。

何を飲んでも効果がなかったという方は、手作りのごぼう茶を試してみてください。

意外に自分の体質に合い、良い効果が期待できるかもしれませんよ。是非とも、試してみてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.