女性から支持されているダイエット法!緑茶カテキンで上手に痩せる

カテキンを用いたダイエット方法を案内しています。

カテキンというと、緑茶に多く含まれている栄養成分のため、今までは精神に作用するものだと思われていました。ですが、今では病気の治療でも役立つ栄養成分、そして、ダイエットにも役立つ栄養成分として評価されることが増えてきたのです。

そんなカテキンのダイエット効果ですが、実は、ただ飲むだけよりも工夫して飲まれたほうが、ダイエット効果をさらに高くすることができます。

痩せる効果あり?緑茶カテキンでダイエット効果が発生する理由

ダイエットに良いとされるカテキンは、緑茶に多く含まれている栄養成分の1種です。また、正確にはポリフェノールの1種のため、ダイエット効果があることも有名になってきました。

具体的なカテキンの健康効果については、以下を参考にしてください。

  • 脂肪燃焼効果
  • 殺菌効果

お寿司屋では、渋みを感じる緑茶を出すことが多いのですが、これはカテキンの殺菌効果が、他の茶葉より高いことを知っているため、あえて緑茶カテキンによる殺菌を行っているのです。

殺菌効果は、腸炎ビブリオ菌、黄色ブドウ球菌などに対して有効です。殺菌効果により胃腸の清潔さが保たれていると、これにより内臓の働きが活性化しやすく、栄養の消化吸収効率が上がっていくのです。

また、栄養が無駄なくエネルギーとして使われている状態こそ、ダイエットに良いとされている脂肪燃焼となります。

本来であれば、脂肪燃焼のために必要な発熱、発汗を運動で発生させないといけません。ですが、緑茶カテキンによるダイエットを行っていると、このような状態に近い内臓状態を、意図的に生み出すことが可能となるのです。

ただ、運動と比較するとそれほど脂肪燃焼スピードであり、ダイエット効果が出るわけではありません。これからワンサイズ小さめの衣服を着用したい、そのような目的でダイエットされる場合は、運動と一緒に、緑茶カテキンによるダイエットを進めると良いでしょう。

インスリン分泌の基礎知識!食事によって分泌量が増えてしまう

GI値でもそうですが、近年では、インスリン分泌に関する研究、発表が盛んに行われています。

・GI値

食事による血糖値の上昇を指し示す数値のことです。

GI値は低いほど健康に良く、ブドウ糖を元にした100に近づくほど、血糖値が上がりやすいという判定になります。

また、このインスリン分泌とカテキンには因果関係があり、カテキンの摂取量が多い人ほど、インスリン分泌を抑えることができるとされています。インスリン分泌が盛んな場合、先ほどのGI値であり、血糖値が上がりやすくなるので注意してください。

次にカテキンの案内となりますが、カテキンは、無駄なく体内の栄養が消化吸収されるようにサポートしてくれます。そのため、エネルギー効率が高い体を維持したい場合、なるべくカテキンを摂取したほうが良いのです。

また、血糖値がカテキンの力で緩やかにしか上昇しない場合、以下のような健康効果を得られるようになります。

  • 痩せやすい体質になる
  • 血栓などの問題が減る

インスリンは膵臓から分泌されるのですが、インスリンが多く分泌されるほどに、脂肪を蓄積する効率が高まってしまうのです。脂肪はエネルギーとして蓄えられるのですが、本来であれば体の中で燃焼されるエネルギーです。

これが、俗に言う太りやすい体質というものです。運動をしているのに痩せない、摂取カロリー量が少ないのに痩せられないという人は、もしかすると、インスリン分泌の時点で大きな問題を抱えているのかもしれません。

また、カテキンのみでインスリンの分泌量を完全に抑えられるわけではありません。少しだけ抑制できるだけなので、重要となるのは食事量です。

ダイエットのために、緑茶カテキンを導入するのは良いことなのですが、だからといって、カテキンのみで高いダイエット効果を得られるとは思わないほうが良いでしょう。

緑茶カテキンダイエットの基本!食前にカテキンを摂取したほうが良い

食事に関するダイエットのほとんどは、食前、食後に対して行うというセオリーがあります。カテキンダイエットも同じで、食前にカテキンを摂取していると、ダイエット効果が高まりやすいとされています。
  • 食欲中枢に影響を与える
  • 食事量が減っていく

食前にカテキンを摂取した場合、上記のようなダイエット効果が発生しやすくなります。

また、緑茶カテキンをそのまま摂取しても、ダイエット効果を発生させることは可能です。ですが、可能であれば温かいお湯に緑茶の粉を溶かすようにして、吸収率を高めたほうが良いでしょう。

胃というのは、冷たいものが入ってくると外部からの刺激に敏感になり、かえって食欲が上がってしまうこともありますし、下がってしまうことさえあるのです。なので、胃はぬるま湯、もしくは熱さを感じる食べ物、飲み物のほうが受けつけやすいという特性があります。

なので、カテキンダイエットを行う際も、冷たい飲み物をあまり飲まないように工夫したほうが良いです。

また、食欲中枢に良い影響を与えることが多くなるため、自然と満腹感を得やすくなります。緑茶カテキンによるダイエットは、なにもインスリン分泌のみでダイエット効果が発生するわけではありません。

そのため、このような食欲に作用する面も活かして、カテキンダイエットを進めるようにしましょう。

カテキンと相性が良い人!運動、食事との相性はどうなっている?

カテキンダイエットですが、痩せている人より、太っている人のほうが効果が高いとされています。

その理由ですが、以下のような健康に良い作用を受けることが多くなるためです。

  • 血流改善効果
  • 糖質、脂質の代謝アップ

カテキンダイエットを続けて脂肪を減らしていくと、その分だけ、血中コレステロール値が安定するようになります。血中コレステロール値が下がっていくと、健康な人のような血流となり、その影響で栄養が体のすみずみにまで運ばれやすくなるのです。

すると、疲れを感じにくくなったり、運動などを行う意欲が湧きやすくなります。そのため、カテキンダイエットは、太っている人のほうが効果が高いとされているのです。

痩せている人の場合、すでに体脂肪が平均よりも少ないケースもありますし、大きな効果が出ないケースのほうが多いでしょう。

このようなダイエットの話を知っていると、カロリーゼロ、糖質ゼロの飲料水を飲んだ場合も、カテキンダイエットに近い効果を得られるのではと、そう思ってしまうことがあります。ですが、カロリーゼロの場合は糖質が高く、糖質ゼロの場合はカロリーが高いこともあるので、カテキンダイエットのような健康効果を得られるわけではありません。

緑茶カテキンの強み!なぜ老若男女から支持されている?

緑茶カテキンの作用の中には、食材から得ることが難しい抗酸化作用も含まれています。

・抗酸化作用

近年では、ダイエットだけでなく、ガンの予防で有名になった作用の1つです。

抗酸化作用を得ている場合、細胞が酸化しにくくなるため、体力を維持できるようになる、肌質が衰えづらくなる、免疫力を維持できるといった作用を受けられるようになります。

ちなみに、抗酸化作用は緑茶カテキンだけでなく、ナッツ類からも得ることができるので、緑茶カテキンのみの作用ではありません。

ナッツ類の場合、ビタミンEを通じて抗酸化作用を得られるのですが、ナッツ類を食べることが困難という場合は、アーモンドで作られている飲料水を購入すると良いでしょう。補足となりますが、ビタミンAは粘膜を強化する作用があるだけです。

ビタミンEと勘違いしてしまう人もいますが、抗酸化作用はカテキン、ビタミンE以外からは摂取しづらく、限られた食材からしか得られない貴重な栄養成分でもあるのです。

このような性質を含んでいるため、カテキンを支持している老若男女が多いとされています。ちなみに、カテキンはお茶のような飲み物として、いただかないといけないという決まりはありません。

近年では、カテキンのみのサプリメントも存在しますし、カテキンが配合された健康ドリンク(スポーツドリンクのようなもの)も存在します。緑茶の臭い、味がどうしても我慢できない場合は、サプリメントなどを通じて摂取するようにしましょう。

100%安全ではない!カテキンは多飲に注意しよう

緑茶を飲む際の注意点ですが、多飲してしまわないように注意してください。

その理由ですが、緑茶にはカテキンだけでなく、カフェインも多く含まれているからです。カフェインは、以下の健康効果を含んでいるのですが、副作用もあるので注意してください。

  • 健康効果:覚醒作用
  • 健康効果:整腸作用
  • 副作用:動悸、めまい、吐き気、悪心、下痢

覚醒作用とは、体をスッキリさせる作用のことです。眠気を晴らす際に緑茶を飲むと、覚醒作用により目が覚めやすくなるため、緑茶、コーヒーを良く飲む人もおられます。

ですが、覚醒作用が強まってしまうと、交感神経優位の状態を作り出してしまうので注意してください。

・交感神経

優位になると興奮しやすくなり、集中力が上がりやすくなることもあります。

副交感神経が優位になった場合、精神的にリラックスしやすい状態となり、自然な眠気などを感じ取りやすくなります。

作業などに集中している場合、覚醒作用により良い効果を得られるようになるのですが、夜間など、眠気を感じ取る必要がある場合は、交感神経優位により眠気が晴れてしまうこともあります。すると睡眠不足の毎日を過ごすようになり、これにより、太りやすい体質になることもあるのです。

整腸作用は、お通じ改善で高い効果を上げる作用です。ただ、食物繊維豊富な野菜を食べているだけでも、整腸作用を得られることが多いので、整腸作用のために、あえて緑茶を飲む必要はありません。

また、カフェインにはカフェイン過敏症というものがあります。

動悸やめまいだけでなく、カフェイン過敏症が起きやすくなると、幻覚、幻聴などに悩まされることが多くなり、さらに精神的な不安が募りやすくなるのです。そのため、緑茶カテキンは過度に摂取しないほうが良いとされています。

また、カテキンには鉄分の吸収を阻害する作用があります。鉄分は、男性より女性のほうが不足しがちになる栄養成分のため、食事で鉄分を摂取されている場合は、無理に緑茶を飲まないほうが栄養バランス的に健康と言えるでしょう。

運動も含めて痩せたい!カテキンダイエットと相性が良い運動方法は?

カテキンダイエットと相性が良い運動方法ですが、近年では、ウォーキングと相性が良いと言われることが多いです。

というのも、ウォーキングには以下のダイエット効果があるからです。

  • 有酸素運動
  • 足腰が丈夫になる

有酸素運動は、長時間続けるほどカロリー消費量が上がっていきます。

目安ですが、ダイエットのためのウォーキングは、時間にして30分前後が好ましいでしょう。20分では脂肪燃焼が盛んになりづらく、気温によっては発汗を行えないこともあります。

大事なのは、姿勢をしっかりと正して、まっすぐに歩き続けることです。

ランニング、ジョギングではないので、筋肉を傷めさせる目的で運動しないほうが良いでしょう。最近では、あまり運動することが無くなった人の場合、ちょっとした運動でも息が上がることもあります。

また、ウォーキングを行っていると足腰が丈夫になるため、あえて坂道を歩く努力をしたほうが効果的です。足腰が丈夫になると、血流改善、そして筋肉量が上がりやすくなるため、基礎代謝アップを見込めるとして、カテキンの脂肪燃焼効果と相性が良いと言われているのです。

・基礎代謝

新陳代謝とは違い、脂肪燃焼の代謝効率に直結している代謝のことです。

基礎代謝が上がるほど、生活を続けている中でカロリー消費量が上がっていくようになり、無駄なエネルギーの蓄積が見られない体になります。

昔は、激しい運動を繰り返さないと筋肉がつかないため、ダイエットは激しい運動をとセットにしたほうが良いとされていました。

ですが、現代では脂肪燃焼の効率が良く研究されるようになったため、脂肪燃焼をサポートしてくれるカルニチン、カテキンを摂取して、適度な疲れを感じる程度でも、ダイエット効果を得られるという研究成果が増えています。

また、カロリー消費量を増やすコツとなりますが、カテキンを摂取するだけでなく、運動前にストレッチも行っておくと良いでしょう。ストレッチを行っていると、関節の柔軟性が上がり、これにより関節に付いている脂肪燃焼効率も、改善されることが多くなるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.