よく噛む事はダイエットに効果的?噛むことに様々な効果が!

ダイエットをするために色々な努力をしている人はとてもたくさんいると思いますが、食事の際によく噛むことで、ダイエット効果が上がるという話を聞いたことはありませんか。

本当によく噛むだけでダイエット効果が上がるのかどうかは、正直、半信半疑でやったことがないという方も多いと思います。

食事制限や運動制限などではダイエットができるのはわかっていても、どうしてよく噛むことでダイエットができるのか正直、謎ですよね。

しかし実際によく噛むことで、ダイエットに成功した人が結構いるんです。

そのからくりについて調べてありますので、興味がある方は是非、最後まで読んでみてくださいね。

良く噛むと疲れる…?でもそれによってのメリットが!

例えば固いお肉など、なかなか噛みちぎって飲み込むことができない食べ物を口にした時、たくさん咀嚼をするのでその分、顎周りの筋肉などが疲れてきて、その後の食事が喉を通らなくなったなんていう経験はありませんか。

人間はたくさん咀嚼をすると、顎の筋肉をたくさん動かしますので、だんだん噛むことに疲れてくるんですよね。

噛むことに疲れてきてしまったら食べたくても正直、食べることができなくなります。

思い切り運動をして体が疲れてしまったら、その日一日は体がだるいのと同じで、たくさん咀嚼をすると顎周りの筋肉が疲労し、だるくなり食べることに疲れてしまうのです。

しかしそれがある意味、痩せたい人とってはメリットで、食べることに疲れてしまったら当然、食欲が落ちるわけですから、その分カロリーダウンをすることができます。

カロリーダウンをすることができれば、ダイエット効果はグンと高まりますので、痩せることができます。

つまり、たくさん噛むことによって顔周りの筋肉を疲れさせて、食欲が自然と減退してしまう…このような効果によりダイエットに繋がりやすいといった部分がよく噛むダイエットの一つのポイントとなります。

満腹中枢を刺激!?良く噛むと早くおなかいっぱいになる!

知っていましたか?実はよく噛むと唾液の分泌が良くなるんです。

そうなることで咀嚼された食べ物は、早く糖へと分解されるんです。

分解された糖は血液に吸収されます。そうなると、血糖値を上げるためにいつもより早く満腹中枢が刺激され、おなか一杯という現象が早く現れるんです。

つまり、良く噛むことで早く満腹中枢が刺激されるので、満腹感が現れるのが早く、その分、ダイエットに繋がるということになります。

このように医学的な部分から見ても良く噛むと言うことは、とても大切な事ということになります。

食べても食べてもなかなかお腹がいっぱいにならないという方のほとんどは、早食いの人が多いんですよね。

お腹いっぱいにならずに、早食いをしてしまうと、それだけものをたくさん食べないと満足しないということになりますので、結果、カロリー過多となり、太りやすくなるのは当然なんです。

ですので、最近、過食気味である、たくさん食べてもなかなかお腹がいっぱいにならないと悩んでいる方は是非、多く噛むことを心がけてみてください。

かなりの効果が期待できるかもしれませんよ。

目安は一口30回!脳の活性化にも繋がる!

よく噛むことがダイエットにはとても大切で、効果的であるということがお分かりいただけたのではないかと思います。

ただ、具体的によく噛めと言われても一体、どれぐらい咀嚼をすれば良いのか分からないですよね。

実は、最低でも一口に対して30回は噛まなければならないと言われています。

正直、一口を30回噛むと口の中で食べ物が小さくなりすぎてしまって、30回も持たない場合が多いと思います。

小さくなりすぎてしまい喉の方に流れていったとしても、咀嚼は30回続けることによって満腹中枢が発揮されますので、口の中にほとんどものがなくなったとしても、30回は続けて噛むように頑張ってみてください。

そのうち30回を40回に40回を50回にするともっと満腹中枢が刺激され、効果的なんだそうです。

またよく噛むと脳の活性化が行われ、物事の判断力などが早くなると言われています。

脳が活性化すると仕事の効率も上がりますし、記憶力の向上にも役立つと言われているんです。

噛む事というのは脳の活性化や満腹中枢刺激など、脳に良い影響を与える事が多いという事がわかります。

良く噛む事で小顔効果抜群!小顔に憧れている人は必見!

またよく噛むことの効果といえばやはり小顔効果です。

小顔に憧れている人がとても多いと思いますが、よく噛むことで顎周りの筋肉を使いますので、筋肉が鍛えられ、無駄な贅肉が付きにくく、顔が小さくなると言われています。

今、小顔にするためのダイエットグッズがいろいろと売られていますが、そういうものを使うよりも、咀嚼をきちんと行う方が効果的だという体験談などがインターネット上では見られたりします。

ただ、気をつけなくてはならないのがどうしても、咀嚼をするとき、右側の奥歯で噛んだり左側の奥歯で噛んだり、どちらか一方に偏っている人がとても多いと思います。

そうなってしまうと片方だけ筋肉が発達して、脂肪が付きにくく、微妙にアンバランスな輪郭になる可能性があります。

ですので、きちんと左右綺麗な輪郭を得たいと思う方は、右と左の奥歯を上手に同じように使うことが大切だと言われています。

どうしても噛みやすい方の奥歯ばかりを使ってしまいがちになるのですが、意識的に反対側の奥歯でもしっかりと噛んで、左右同じように顎の筋肉を使うように努めて下さい。

ただ、よく噛むだけでのダイエットは劇的変化は難しいかも…

よく噛むことでダイエット効果が上がるということはとてもよくわかりました。ただ、残念なことによく噛むだけのダイエットだけをやっていたとしても、正直、劇的に痩せられるかと言うと…やはりそうではありません。

その点に関してはやはりシビアなんですよね…。よく噛むことにプラスしてある程度のカロリー制限や、運動なども取り入れないと劇的に痩せることはまず難しいと思っていた方が良いでしょう。

よく噛むことで満腹中枢が刺激され、食事量が減ったりまた、胃などへの負担もとても減りますので非常に理にかなった方法ではあるのですが、劇的にボディラインの変化を求める方はやはりそれにプラスしてある程度の節制が必要となります。

急激に食事制限をしたり、運動をすることを長続きしなくなりますので、よく噛むことにプラスしてほんのちょっとで構いませんので、カロリーを制限してみましょう。

体が慣れてきたら、徐々にレベルアップしていくと良いでしょう。

結論!良く噛む事はダイエットにつながりやすく体に優しい

結論として、よく噛むことはダイエットに繋がりやすく、健康にも繋がりやすく非常に大切なことということがわかりました。

満腹中枢が刺激されるのはダイエットを目指している人にとっては、とても大切なことなんです。

よく噛むことで刺激されるのであれば、これを利用しない手はありません。

最近太り気味で過食気味であると自覚がある方は、食べる時によく噛むことを意識してみませんか。

それだけでかなり変わってくる可能性があります。

早食い、ドカ食いは胃腸にも負担をかけますし、胃もたれや胸焼けが発生しやすくなります。

そういうことを防ぐためにもよく噛むことを習慣化してみましょう。

ダイエットができて、胃腸にも良いとなればやらないのは非常にもったいないです。

是非、習慣化するようにしていきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.