チコリコーヒーのダイエット効果は如何に!?成分を検証してみよう

ダイエットに良いとされるチコリコーヒーを案内しています。

チコリは、コーヒー以外の健康食品にも含まれているので、なぜ、チコリを取り入れている食品が多いのか、その謎にも迫っていこうと思います。また、チコリと相性が良い人も案内しているので、これからチコリをダイエットに役立てたい人は、このような情報もお役立てください。

キク科のチコリ!サラダなどで良く見かける健康に良い食べ物

チコリは、チコリコーヒーが人気のため、コーヒーに含まれることの多いものと思われることが多いです。ですが、チコリはヨーロッパ原産の野菜で、別名では菊苦菜(きくにがな)としてサラダに含まれることの多い、キク科の野菜である事実が存在します。

また、サラダに含まれることの多い野菜、もしくはコーヒーに取り入れていることが多い理由は以下のとおりです。

  • 栄養価が高い
  • コストが安い
  • 焙煎すると風味が増す

チコリコーヒーの補足となりますが、チコリがコーヒーにブレンドされることが多いというわけではありません。

チコリは、根を焙煎する形でコーヒーと良く似た味となり、そのため、チコリコーヒーという飲み物が存在するだけです。健康のために、コーヒーなどにブレンドされているものもありますが、健康を重視してチコリを食したい場合は、チコリコーヒーと呼ばれているものを飲んだほうが良いでしょう。

ちなみに、あまり知られていませんが、お茶にもチコリが含まれていることがあります。例えば、爽健美茶(そうけんびちゃ)にもチコリが含まれているのですが、それだけチコリの健康、美容に与える影響が、他の食材より強いという評価を得ている証拠です。

また、チコリはコストパフォーマンスも悪くありません。そのため、コーヒーだけでなく、サラダなどにも良く含まれる野菜として、今では多くの人が食するものの1つとなりました。

チコリコーヒーの健康効果!チコリは腸内環境改善で期待されている

チコリがダイエットに良い理由ですが、チコリコーヒーの効果を知ることで良く理解できるようになります。

  • 腸内環境改善
  • 悪玉菌の増殖を抑える

近年のダイエットでは、腸内環境の正常化を目指すものが増えてきました。というのも、腸内環境が正常化されると悪玉菌の数が減るからです。

・悪玉菌とは

腸が弱っている、もしくは暴飲暴食が目立つ人の場合、腸内の菌バランスが偏りやすく、その影響で善玉菌より悪玉菌の数が多い状態になりやすいです。

悪玉菌は、有毒物質を発生させる力があり、腸そのものの動きを悪化させることが懸念されています。

また、どのようなメカニズムで腸内環境改善が成立しているのかというと、それは、イヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維の力により成立しています。

食物繊維には以下の作用がありますので、今では、ダイエットのために野菜を多く食べる人も増えてきました。

  • 不溶性食物繊維:腸内の食べかすをまとめる力がある
  • 水溶性食物繊維:食べかすを水で柔らかくする力がある

日本人は、チコリのような野菜を多く食べているようで、実は食べていないことが明らかになっています。その影響もあり、腸内が不清潔になりやすく、悪玉菌の数が増えやすいことが多いのです。

また、不溶性食物繊維の摂取量が少ないのではなく、イヌリンのような水溶性食物繊維の摂取量が少ない状況です。水溶性食物繊維が不足しがちな生活を続けていると、排泄そのものが上手くいかなかったり、便意を催す回数が減ってしまい、結果的にダイエットに失敗することもあります。

チコリコーヒーは、腸内環境改善だけでなく、ダイエットにとって必要な影響を多く与えてくれるため、今のような評価を得ているというわけです。

腸内環境を改善!改善に成功するとダイエット効果を得られる?

腸内環境改善は、ただ腸内の清潔を保てるようになるだけではありません。以下のような体質を改善してくれる効果もありますので、チコリコーヒーは何度も再評価されているのです。
  • 脂肪燃焼効果
  • 肥満防止の効果

チコリコーヒーからイヌリンを摂取していると、イヌリンの力により悪玉菌の数が減っていくのですが、実は、フラクトオリゴ糖の摂取も兼ねているので、善玉菌が増えやすくなるのです。

善玉菌はオリゴ糖など、腸に届きやすい栄養によってその数を増やしていきます。ですが、世の中に存在する食材のほとんどは、腸内に安定して届くわけではなく、フラクトオリゴ糖のように、限られた栄養以外は善玉菌のエサになりづらい性質を兼ねているのです。

善玉菌の数が増えやすい腸内環境になると、善玉菌の力により食べかすが良くエネルギーとして分解されるようになります。すると、体内で使用されるエネルギー量が多くなり、この作用によって脂肪燃焼効果が高まるのです。

また、無駄にエネルギーが溜まっている状態を回避できるため、肥満防止の効果もあるとして、チコリコーヒーは高く評価されることが多いです。このような作用は、男性よりも女性に対して強く働きます。

というのも、女性の場合は老化現象などによって、脂肪の蓄積が顕著になる、排泄物が上手く出ないために、段々と腸内が張ってしまう、腸内にものが蓄積している感覚に襲われやすくなるからです。

これがストレスに変換されることもあり、より悪循環が進むこともあります。男性の場合は、女性よりも筋肉量が多いため腸に対して圧力が発生しやすく、そのため、便が押し出される形で排泄されやすくなりますので、女性に比べて、便に関する問題をため込まないで済むのです。

しかも、チコリコーヒーは味わいも悪くありません。そのため、長く生活を支えてくれる飲み物として活躍してくれるため、自然な形でダイエットを継続することも可能となります。

チコリコーヒーの意外な効果!チコリには血糖値を抑える働きがある

近年の研究成果により、チコリを摂取していると、血糖値を抑えることも可能なことがわかってきました。

・血糖値とは

血液内に含まれる糖質の値のことを、血糖値と言います。

糖質には、血管を傷つけてしまう作用もあるため、血糖値の急上昇、血糖値が高い状態が続くことは体に良くないと言われているのです。

ですが、チコリコーヒーにはイヌリンが含まれています。

イヌリンは、水溶性食物繊維として腸に作用するだけでなく、ブドウ糖の生成を抑制する力まで併せ持っているのです。従来の食事では、食べ物に含まれる糖質を用いて、ブドウ糖が生成されるようになっています。

そのため、糖質そのものを完全にコントロールすることは難しく、糖質の摂取により血糖値が急上昇することもあるのです。ですが、イヌリンの糖質は人の体内に存在する酵素で消化できません。

すると、糖質として使用されるリスクが低減されるため、血糖値が上がってしまうリスクも発生しづらくなるのです。さらに、スムーズな排泄を促す作用により、腸内の清潔を保ちやすくなるため、内臓の働きが改善されるというメリットも発生します。

イヌリンの作用による影響では、膵臓(すいぞう)の負担が下がることも今ではわかっているのですが、膵臓の負担が軽減されるようになると、インスリン分泌が盛んに行われなくなるため、ダイエットにも良い作用が発生するとされています。

また、インスリン分泌が盛んな場合は、以下のような体に良くない影響が出てしまうこともあるので、糖質の摂取量が増えることは体にとって良くありません。

  • 血栓ができやすくなる
  • 血流が悪化する
  • 脳梗塞、心筋梗塞の原因が増える
  • 脂肪の蓄積量が増えやすくなる

どんな人と相性が良い?チコリに含まれる効果と相性が良い人を検証

チコリコーヒーのダイエット効果は、以下のような問題を抱えている人と相性が良いです。

  • 便秘に悩まされている
  • 内臓脂肪型肥満が目立つ
  • 冷え性、むくみの問題が目立つ
  • 血糖値を正常な状態に戻せない
  • 昔に比べて肌質が安定しない

上記の問題は、内臓の働きが弱まっているため起きやすくなっていると推察できます。

また、上記の問題は運動を長く続けることによっても解決できますが、ただ運動されるより、チコリコーヒーを飲む習慣も含めて、運動を継続したほうがより良い効果が出るでしょう。

チコリコーヒーは、ミネラル、ビタミンといった栄養成分を多く含んでいます。これらの栄養成分には代謝機能の向上に良い作用も含んでいるため、ただ運動をされるより、チコリコーヒーも取り入れたほうがダイエットに良いのです。

補足となりますが、チコリコーヒーを飲むようになってから、かえってぽっこりお腹が目立つようになる人もいます。ですが、これは体質によるものなので、それほど大きな問題ではありません。

人によっては、今まで胃腸の不活性化が進んでいる人もおられるので、その影響で、チコリコーヒーの作用が強まることもあるのです。

チコリコーヒーは便秘解消にも良いので、このようなぽっこりお腹が、イヌリンの作用で少しずつ解消されていくようになります。それだけ、作用がしっかりと表れているという意味になるので、このような変化だけで、チコリコーヒーを飲むのをやめてしまうのはもったいないでしょう。

また、チコリコーヒーはダイエットだけでなく、発汗促進の効果も含んでいます。

そのため、冷え性、むくみが中々改善しないという人は、体質改善を目指してチコリコーヒーを飲むと良いでしょう。チコリコーヒーによる腸内環境改善の効果は、持続力の高さでも評価されています。

毎回の排泄量が少なくて悩んでいる、食事制限を行っているのに痩せることが難しいという人は、もしかすると、内臓の働きが弱まっているため、体質そのものが痩せにくくなっているのかもしれません。ですが、そのような人ほどチコリコーヒーの効果が出やすく、また、そのため長くチコリコーヒーを飲み続けることができるのです。

コーヒーの摂取量!知らないと体に悪影響を及ぼすことがある?

チコリコーヒーは、ダイエット以外の効果として、美容効果も認められている飲み物です。

ですが、コーヒーなどの飲み物を飲み過ぎると、かえって肌質が悪くなってしまうだけなので、以下の用法用量を理解して飲むようにしましょう。

  • コーヒーは1日2杯、飲む量は300~400mlが目安
  • 白砂糖ブロックは使用しない
  • 夕方以降に飲むのを避ける

コーヒーには中毒性があり、この中毒性は、コーヒーに含まれる覚醒物質であるカフェインによって発生します。

そのため、コーヒーにチコリをブレンドする場合も、カフェインの摂取量に注意したほうが良いでしょう。

といっても、コーヒーを1日に2杯以下で飲むようにするだけです。白砂糖ブロックには多くの糖質が含まれているので、糖質の摂取量にも注意すると、より良い効果を得られるようになるでしょう。

また、カフェインを多く摂取していると、肌質そのものが悪化することもあります。カフェインには発汗促進の効果があり、他の食材よりも発汗促進の効果が強いのです。

そのため、カフェインを過剰摂取していると乾燥肌になりやすく、肌質を良くする、もしくはチコリを使用して美容効果を得る場合に、悪影響を及ぼすことが多くなります。

コーヒーの危険性!カフェインはダイエットに悪影響を及ぼす!?

チコリをコーヒーにブレンドする場合ですが、コーヒーに含まれる覚醒物質は、交感神経優位の効果があることに注意してください。

交感神経が夕方以降に優位になってしまうと、興奮しやすく、眠気が発生しづらくなるといった問題が起きてしまいます。近年では、コーヒーの飲み過ぎで不眠症にかかっている人もいますし、不眠症はダイエットにも良くありません。

以下の悪影響により、ダイエットを阻害することも多いので、コーヒーの飲み過ぎだけでなく、飲む時間帯にも注意したほうが良いでしょう。

  • 食欲が不安定になる
  • 基礎代謝量が下がる
  • ストレスが溜まりやすい体質になる

コーヒーを飲んでいると、ついつい味わいを良くするために砂糖を多く入れてしまうこともあります。

ですが、砂糖に含まれる糖質の量は多いため、消化吸収が素早く行われる栄養成分ではありません。糖質は食欲に影響を与えることも多く、そのため、コーヒーを良く飲む生活を続けていると、食欲が不安定になることもあるのです。

さらに、食事をしっかりと取らない生活を続けていると、体が栄養を良く溜めこむようになるのです。これが原因となってリバウンドすることもあるため、コーヒー、糖質の過剰摂取には注意したほうが良いでしょう。

また、不規則な生活はストレスの原因になりやすいです。定まった時間に起きられなかった、コーヒーを飲まないと頭が冴えないなど、色々な問題の温床となりやすいので、正常な睡眠時間の確保のために、コーヒーを過信して飲むのだけは避けるようにしましょう。

コーヒーにチコリをブレンドする方法は、これらの問題があるため、チコリのみで作られたコーヒーを飲まれたほうが、健康に良いだけでなく、ダイエットを続けていく上でも良いとされているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.