悪玉コレステロールを減らしてくれる!?効果的なダイエットサプリ

LDLに効くコレステロールサプリは、ダイエットサプリでもあります。

コレステロールサプリの素晴らしいところは、悪玉菌を減らしてくれる効果でしょう。日常的に気を配っていないと、悪玉菌の問題を抱える体となってしまいます。

このような問題を放置されていると、お通じが悪くなるなどして、肉体、精神の悩みを抱えるリスクまで上がってしまうのです。

悪玉菌の問題点!なぜ、今ではLDLを減らすサプリが人気?

コレステロールサプリのパッケージを確認すると、LDL(悪玉菌)に効果的という案内が書かれています。このような案内を行っている理由は、悪玉菌が生活だけでなく、健康被害をもたらす可能性もあるからです。

今までは、悪玉菌が多い生活を行っている人であっても、脂質異常症などの疑いがかけられるだけで、その後は、病院で治療を受けるなど、適切な対応で元の状態に戻ると言われていました。

ですが、実際はそれほど簡単な問題ではなく、LDLの問題を抱えている人ほど、メタボリックシンドロームに悩まされるリスクが高く、しかも、痩せにくい体質のまま生活を行っていることもわかってきたのです。つまり、LDLに効くとされるコレステロールサプリが売れているのは、ダイエット、健康改善の目的が存在するためです。

また、LDLの問題を放置するのは危険とされていますが、放置されていると、心筋梗塞、脳梗塞、心臓病、狭心症といった内臓に大きな負担のかかる病気にかかります。さらに、悪玉菌は血管にも影響を与えるようになり、血管が正常ではなくなってしまう恐れも出て来るのです。

例えば、動脈硬化、高脂血症が該当します。コレステロールサプリは、このような問題を抱えている人にも効果がありますし、効果が出やすい人であれば、1週間ほどで生活の変化を感じ取れるようになります。

悪玉菌が減るとどうなる?コレステロールサプリで何が変わる?

コレステロールサプリは、血液の問題にも効果的とされているため、今ではヒット商品の1つとして有名になりました。

血液の問題とは、血栓ができてしまう問題、血の巡りが悪くなってしまう問題の2種類です。これらの問題は、加齢とともに目立つようになっていくため、コレステロールサプリを購入される人の割合も、40代以降に集中していることが多いです。

その他の問題では、意識障害、メタボリックシンドロームがあります。血の巡りが悪くなってくると、思考力が低下するだけでなく、急に体調が悪くなることもあるのです。

また、気力の減退にもつながるので、物事に対する集中力、持続力に強い影響を及ぼすとされています。このような問題を抱えていると、途中でダイエットが嫌になったり、人付き合いなど、社会生活が嫌になってしまうこともあります。

重症化すると、心筋梗塞の原因になることもありますし、近年では、死因の1つとして数え上げられることが増えてきました。LDLに効くコレステロールサプリは、こんな血栓、血液の流れにも良い影響を与えるのです。

生活改善では良くならない?なぜサプリに頼る人が多いのか?

コレステロールサプリの長所は、血液の流れをサラサラにしてくれるところです。そのため、以下のような問題が起きにくい体となるため、ハツラツとした毎日を過ごせるようになります。
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 甲状腺機能低下症

その他の問題では、自律神経の乱れに対しても、コレステロールサプリは良いという考えが存在します。自律神経が乱れやすい生活を送っている人の中には、ドロドロ血液に困っている人もいます。

このような人は、食生活そのものが乱れているため、食事とは別の方法で対応したほうが良いケースが多く、そのため、コレステロールサプリの人気が高まっているのです。また、生活習慣の乱れと聞くと、若者を連想される人もおられるかと存じます。

ですが、このような問題は30代、40代の男女に多く、今では50代の男女でも見られることが増えてきました。というのも、今では夜遅くまで起きていられるほど、時間を有効活用できる時代となっているからです。

例えば、ネット、ゲーム、アウトドアではカラオケなど、夜遅くまで起きているのは難しくありません。ですが、このような生活を繰り返していると、意識的に健康に良い生活習慣を獲得するのが難しくなります。

そのため、コレステロールサプリを用いて健康状態を改善させ、次いで、生活習慣そのものを改善される人もおられるのです。自律神経の乱れを放置されていると、興奮しやすくなる、不眠症にかかるリスクが高くなるため、こちらが原因となって痩せにくい体質になる人もいます。

加齢と悪玉菌!年をとるほど悪玉菌の影響を受けやすい

生活習慣の補足となりますが、50代以降でも以下の問題を抱えている人が大勢いる状況です。

  • 飲酒、喫煙の問題
  • 高血圧
  • 胃腸の問題

上記の問題をどれか1つでも抱えていると、健康な人と比較して病気にかかりやすく、その原因がLDLにあることが多いです。また、LDLが多いと判断される数値は120~139mgとなっています。

このような数値が出てしまうと、医師から生活習慣の改善方法をアドバイスされることが多くなり、定期的に血液検査を受けるよう促されることが多くなります。元々、LDLはメタボリックシンドロームの解明のため、参考にされていた数値の1種でしかありません。

ですが、LDLだけでなく、菌にはHDL(善玉菌)、日和見菌(ひよりみきん)も存在することが明らかになり、これは健康改善で重要な要因であり、且つ、ダイエットでも重要な情報だと扱われるようになったのです。

中高年の方は、度重なる飲酒、喫煙によりLDLが増えやすい状況にあります。そのため、40代を超えると急に太りやすくなる、喉元などが腫れやすくなる、お通じが悪くなるといった問題を抱えやすいのです。

そんな人にも、コレステロールサプリはオススメとされています。そのため、最近になって体調が悪い日が良く続くという場合は、コレステロールサプリに頼ってみるのも良いでしょう。

どんなサプリが効果的?コレステロールサプリの選び方は?

DHA、EPAが豊富なサプリメントほど、コレステロールサプリとして良質とされています。

DHA、EPAともに脂肪燃焼効果を得られる成分の1つです。DHA、EPAはアジ、サバといった青魚に多く含まれているのですが、調理が面倒、臭いが嫌ということで、無味無臭のサプリメントが人気になりました。

その他の成分では、抗酸化作用を得られる成分が脂肪、血管に良い効果をもたらします。

抗酸化作用とは

細胞が酸化するのを防ぐ性質を、抗酸化作用と言います。

生物を支える細胞は、時間とともに酸化していくのですが、活き活きとした新しい細胞を作る力があると、酸化する問題を防ぎやすくなるのです。これにより、疲れにくい体、美肌などが成立するようになるため、今では抗酸化作用を取り入れているサプリメントが増えてきました。

また、抗酸化作用を配合しているサプリメントも存在しますが、抗酸化食品というものも存在します。

そば、大豆、ウコン、緑茶などが該当し、これらの食材が嫌いでない場合は、キレイな体を得るために良く食べるようにしましょう。そもそも、コレステロールサプリに含まれている抗酸化作用は、それほど強いわけではありません。

あくまでも、LDLに効くサプリメントとして開発されているだけで、抗酸化作用も含まれていると判断したほうが良いです。

飲む際の注意点!コレステロールサプリの効果を高める方法

コレステロールサプリは、以下のような食生活を繰り返していると、効果が弱まってしまうこともあります。

まず、糖質、脂質を多く摂取する食生活を改善しないと、肝心のLDLが減りづらい状況になります。糖質は脂肪に変換されやすく、脂質は胃腸に負担をかけることが多いので注意してください。

それと、アルコール、炭酸飲料、カフェインを含む飲み物(コーヒーなど)にも注意が必要です。アルコールは糖質を多く含むだけでなく、血の巡りを悪化させる効果が懸念されています。

そして、炭酸飲料には角砂糖5~10個ほど使用されている飲み物が多く、清涼飲料水として販売されているものも、糖質が少ないわけではありません。なので、コレステロールサプリを使用する際は、このような飲み物を飲まないよう工夫することも大事です。

カフェインを含む飲み物にも同じことが言えます。近年では、胃腸を活性化してくれると言われることも増えてきましたが、カフェインを多く摂取している人の中には、自律神経の乱れを訴える人が少なからずいます。

カフェインには覚醒作用があり、飲み過ぎると興奮しやすくなる、興奮後に脱力感を得ることもあるため、コーヒーは1日に1、2杯程度を飲むように調整したほうが良いです。また、胃腸に良い効果があると謳われていますが、飲み過ぎると下痢の原因になり、お通じが悪化することもあります。

その他の注意点として、コーヒー、緑茶でコレステロールサプリを飲まないようにしてください。

理由は、コーヒーに含まれるカフェイン、緑茶に含まれているカテキンは、サプリメントと相性が悪いからです。病院で薬を処方してもらう際も、コーヒー、緑茶と一緒に飲まないようにしてくださいと、伝えられることが多いです。

カフェイン、カテキンには栄養の吸収を阻害する効果があり、サプリメントの効果そのものを弱めてしまうことが多いのです。それと、他のサプリメントと同じで、適量を飲むことに集中したほうが良いでしょう。

2倍の量を飲んだとしても効果は高まりません。かえって、効果を弱める、胃腸を傷めてしまうことが多くなり、サプリメントを飲むことそのものが辛くなることもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.