水炊きダイエットのすすめ。美味しく食べて綺麗になろう!

皆さんは水炊きを食べられるでしょうか。水炊きというとカロリーも低くヘルシーなのでダイエットに向いているとされています。美味しい水炊きが食べられてダイエットまでできれば嬉しいものでしょう。

そこで今回は、水炊きでダイエットをする際のポイントや、反対に水炊きを食べて太ってしまう注意点などについてお伝えしたいと思います。ぜひダイエットをされている方はご参考になさってください。

水炊き鍋って何?注意点についても知っておこう

まずは、水炊きについてどのような鍋なのかという点や、注意点について探っていきましょう。

水炊きはとてもカロリーが低くはないけど味付けがシンプル!

水炊きは、だし汁や塩、醤油、みりん等を使い味付けをする寄せ鍋とは違いだし汁が入っていないという特徴があり、基本的には水と昆布だけが使われています。

カロリーは入れる材料によっても変わってくるのですが、1人前で300キロカロリーから500キロカロリーとされています。

通常の材料を使い作られた寄せ鍋もしくはキムチ鍋と比べて、水炊きが大幅にカロリーが低いということもないのです。それでも、市販されている鍋の素を使った寄せ鍋などは濃いめの味になっていることもあり、ご飯が食べたくなる方も多く食欲増進に繋がると考えられます。

水炊きがなぜダイエットに適していると言われるのかというと、それはシンプルな味付けに理由があります。

味付けが簡潔であるからこそ、ダイエットに向いているのです。

好きな具材を入れ過ぎてしまいがちなところが難点!

水炊きにはどんな具材を入れても問題はありません。

そのため、自身の好きな具材を色々と入れ過ぎてしまうと、カロリーの計算がしにくくなってしまうことや、カロリー過多になってしまう可能性があります。

カロリーの計算に不慣れな場合には、野菜やきのこ類、しらたきなどといったカロリーの低い食材をメインとしてお肉もプラスするといったシンプルにまとめるのが無難です。

腹持ちが良くないからストレスが溜まりやすいから気を付けて!

また、早く痩せたいからと野菜のみの水炊きにしてしまうと腹持ちがせずすぐにお腹が空いてしまいます。

初めのうちは体重も落ちるかもしれませんが、お腹が空いているのをずっと我慢しているとストレスが溜まってしまい、反対に暴飲暴食をしてリバウンドをする結果となりかねません。

なので、お肉など食べたいと思える食材も入れるのが大事になってきます。

ダイエットをしたい!水炊きで痩せるならどうするのがカギか

ここでは、ダイエットをしたい方が水炊きを食べて痩せるためのポイントについてご紹介します。

野菜だけでなくたんぱく質も3割程度取り入れるのが大事!

水炊きはヘルシーと言っても、野菜ばかりでは満足できないかもしれません。

食事の上で満足できる点に加えて、たんぱく質を摂取するためにも野菜を7割ほどにしてお肉を3割程度入れるというのが理想です。

もしたんぱく質が足りなければ、筋肉の量が少なくなったり基礎代謝も低下してしまうため、リバウンドしてしまう可能性があり気を付ける必要があります。鶏肉は水炊きとの相性も良く、豊富なたんぱく質が含まれていますし特に脂身の少ない胸肉や、ヘルシーなささみを使うとカロリーも抑えられるでしょう。

また魚を使うとすれば、適しているのはたんぱく質が沢山含まれている白身魚であるタラを選ぶのもうってつけです。

意外にカロリー高め!ゴマダレを使わない様にするのも大事

鍋にゴマダレを使う方もいるかもしれませんが、ゴマダレは大さじ1杯30キロカロリー程度と、若干高めのカロリーとなっています。

少しずつ足していったりすると、100キロカロリーを超えてしまう可能性もあるのです。それでは具材をヘルシーにしたとしても、ダイエット効果が薄れてしまいかねません。味に刺激が欲しいのであれば、ポン酢なら大さじ1杯で10キロカロリーですので、利用されるのもうってつけです。

食べ過ぎ注意!水炊きは腹八分目くらいにしておこう

水炊きでは、ヘルシーだからと言って食べ過ぎてしまうところが難点です。ダイエットをしている間の食事に関して該当することではありますが、もう少し食べたいと思うくらいの腹八分目程度にしておくのがカギとなっています。

人は、20分程度満腹感を感じるまでかかるとされています。水炊きを食べ終えたその時は足りない気がしたとしても、腹八分目の状態で少し時間が経つと満腹感が感じられるようになるのです。

よって、水炊きも満腹になるまで食べる必要はないということです。

そうなの?水炊きで太ってしまう理由などについて

水炊きで太ってしまうという事例もあるようです。では、その理由とは一体どこにあるのか探ってみましょう。

カロリーが低いものばかりなのに翌朝体重が増えるのはなぜ?

割と頻繁に水炊きをするというある方は、ダイエット中なので肉を食べないようにして白滝や長ネギ、きのこ類を満腹になるまで食べるようにしているそうです。食材自体はカロリーが少ないものなので、ヘルシーだと思っていたのです。

しかし、水炊きを食べた夜はお腹が重く感じられ、次の日は体重が増えていると話しています。そこで、なぜカロリーが低いはずの鍋を食べていて体重が増えるのか疑問にも感じているのです。

水炊きの翌日に体重が増えるのは塩分が原因の可能性あり

上記の悩みに対するアドバイスでは、白滝に含まれる水分と鍋のだし汁などに含まれる塩分などの関係で、その時だけ体重が増えるのではないかというものがあります。そのアドバイスでは、ダイエット中なら豆腐や白身魚のタラなども食べるのが適していると話しています。

また、他の方は塩分の摂り過ぎではないかとも話していますので、スープを極力飲まないようにするのも手段です。

水炊きの注意点などを把握して上手にダイエットしよう!

水炊きは、シンプルな味付けのためダイエットに効果が期待できるとされています。しかし、好きな具材をどんどんと入れてしまうとカロリーが高くなってしまうため、注意が必要です。

また、腹持ちがあまりしないという点にも気を付けなければいけません。水炊きでダイエットをするなら、野菜のみではなく3割ほどはたんぱく質を入れることや、ゴマダレを使わないこと、腹八分目程度にしておくことなどがカギとなるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.