朝からカレーは体によい?豊富なスパイスで代謝を上げる!

ダイエットの方法は本当に千差万別です。カロリー制限や運動、糖質制限やデトックス法など様々な方法で頑張っておられる方が多いと思います。

他にも様々なダイエット方法があると思いますが、実は、カレーを朝食に食べる事で痩せる効果があるという事をご存じでしょうか。

朝からカレーを食べて、痩せられるとか…そんなうまい話がある訳ないじゃないかと思っている方がおられると思うのですが、実はそんなことないんです。

事実、カレーを味方に付けて、ダイエットに成功した人が結構いるんです。こうなってくると凄く気になりますよね。

ダイエットカレーについて、色々と調べてありますので興味がある方は参考にして欲しいと思います。

カレーはスパイスの宝庫!代謝が上がるスパイス豊富!

昔からカレーは太るものという認識がある方が多いと思うのですが、実はそんなことないんです。カレーには痩身効果の高いスパイスがふんだんに入っていて、上手に食べることによって、痩せ体質を手に入れることが出来たりするんです。

カレーの中にはたくさんのスパイスが入っていて、本格カレーになると100種類ものスパイスが入っている場合もあります。

一つ一つに体に良い効果があり、中でも辛み成分に該当するスパイスは新陳代謝を上げるため、痩身効果が期待出来るんですよ。

特にカレーは辛み成分に関するスパイスがとても多いですので、それらの力が合わさって、痩せ体質を作ることが可能なんです。

ですので、朝からカレーを食べることによって、代謝アップ効果を得ることが出来るんです。

ただ、朝からカレーを食べるのはちょっとヘビーだと感じる方もおられるかもしれませんし、香辛料がたっぷり入ったものを食べるのはさすがに胃の調子が悪くなりそう…と感じる方もおられると思います。

確かに香辛料が多めになりますので、朝はどうしても胃の調子がイマイチな方は控えるようにした方がよいかもしれません。

反対に朝からカレーでも全然問題無いという方で、ダイエットを目指している方は取り入れてみても良いかもしれませんね。

朝カレーはルーを使わずカレー粉で!

カレーはどうしても高カロリーでとてもじゃないけれども、ダイエットには向かないという方もおられるのですが、実は市販で売られているカレールーを使うと確かにカロリーが高くなってしまうのは否めないんです。

実は市販ルーにはスパイスの他に脂質、砂糖、小麦粉その他、様々な材料や添加物が含まれています。そうなってくるとどうしてもカロリーがアップしてしまうんですよね。

しかしそれを回避する方法があるんです。

それはカレー粉を利用すること!

カレー粉を利用してカレーを作ると市販のカレールーを使うより圧倒的にカロリーが少なくなるんです。

また風味もとても良く、本来のカレーの香りがします。

朝カレーに挑戦したいと思っている方は是非、本格的なカレー粉を購入して作ってみて欲しいと思います。

完全オリジナルのダイエットカレーを完成させちゃいましょう!

ついついご飯を食べ過ぎてしまう人は麦ご飯から始めよう

カレーが大好物という方もたくさんいて、カレーでダイエットが出来るならばうれしいと思う人も多いと思います。

しかし、カレーになるとどうしてもご飯を食べ過ぎてしまいませんか。

カレー好きならば大盛りのご飯を二杯ぐらい、ペロリと食べる人もいるかもしれません。

香辛料の効果で、どうしても食欲が増進してしまう場合があるんですよね。

どうしてもご飯を食べ過ぎてしまうという方は、いつもの白米を麦ご飯にしてしまいましょう。

麦ご飯ならば白米よりもヘルシーですよ。ただ、麦ご飯だからといって何杯もおかわりをしていたら痩せることは出来ません。

その辺りに関してはきちんとセーブする必要がありますね。

麦ご飯を炊くときに麦の割合を多くするのも良いでしょう。そうするともっとカロリーを抑えることが可能です。

また麦が苦手であっても、カレーをかけますので、さほど味が気になることは無いと思います。

栄養価も高く、体にもよく、カロリーを抑えられる麦ご飯とカレーのコラボで痩せ体質を手に入れることが出来る可能性がありますよ。

おからとご飯を混ぜるのもOK!

麦ご飯にしてもまだカロリーがどうしても気になる方は、麦ご飯とおからを足して食べると、もっとカロリー制限する事が出来ますよ。

麦ご飯を半分にして、もう半分はおからを足すことでカロリーはうんと減らすことが可能です。

なんといってもおからは豊富な食物繊維があります。

この食物繊維、ダイエットには最適で、デトックス効果が高く、便秘を防ぐ事が可能です。

また、血糖値を急激に上昇するのを防ぎ、糖尿病にも一役買ってくれる優秀な食材なんです。

それを麦ご飯に混ぜてカレーを食べることで量的にも満足出来ますし、体に良いものをたくさん取り入れる事が出来ますので、まさに一石二鳥、三鳥の効果が期待できます。

カレーを食べると太りやすいという方は、恐らく下記が原因ではないでしょうか。

  • 1・美味しさ故に食べ過ぎてしまう
  • 2・市販のカレールーを使っている
  • 3・太りやすい食材をたくさん入れている

これらに該当した食べ方をするとどうしても体重は減りません。特に3番についてはちょっと注意が必要となりますので、説明したいと思います。

糖質の多い具材は避けて、赤身肉のカレーにしてみよう!

上記の3番に関しては基本的に太りやすいと言われている具材を無くすことで、太りにくいカレールーを作ることができます。

例えば、カレーの具材には糖質の多い材料が使われることが非常に多いですよね。

例えば野菜の中でもにんじんやじゃがいも、これらの類を入れないことで糖質の少ないルーができます。

その代わりに糖質の少ない野菜をチョイスして入れたり、お肉をふんだんに入れることでタンパク質が多めで糖質の少ないカレーに仕上げることができるんです。

これならば、相当ダイエットに向いているカレーが仕上がることは間違いないでしょう。

この作り方ならば気にせず食べることができると思いますよ。

少し工夫するだけでカレーの美味しさはそのままで糖質をぐっと抑えるカレーを作ることができますので、気持ちもそしてお腹も、非常に満足することは間違いありません。

また、お肉多めのタンパク質が豊富なカレーを食べることで筋肉をしっかりと動かすことができますので、新陳代謝が上がり、痩せ体質の体を作ることができます。

ぜひ使ってみてほしいと思います。

一工夫!脂肪燃焼作用の高いスパイスを多め入れてみる!

カレーは皆それぞれ好みの味があると思いますが、より一層脂肪燃焼を目指したいと思う場合は、作ったカレーにさらに一工夫する事でもっと効果的になりますよ。

例えば、脂肪燃焼効果の非常に高いスパイスを多めに加えてみると、ダイエットの効果はますます高まります。

ちなみにカレーの中に含まれている脂肪燃焼効果のあるスパイスは本当にたくさんの種類のありますので、自分の好みでチョイスすると良いと思います。

非常に辛く感じるものから、比較的マイルドなものまで、また香りの良いものから強い香りのものまで色々ありますので、自分の好みに合ったスパイスをどんどん入れてみるのも良いでしょう。

色々自分好みに変えて、痩せやすいカレーを作ることができるなら非常に嬉しいですよね。

自分に合ったスパイスを色々とを購入し、集めるのもとても楽しいですよ。

まとめ!ダイエット要素の詰まった手作りカレーなら期待大!

いかがでしたか。

痩せる要素がふんだんに含まれたカレーを作ることは結構簡単ですし、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

これを朝、食べることで痩せやすい効果は十分期待できるのではないでしょうか。

毎日朝からカレーを食べるのは、さすがに飽きてくる…と思う方もたくさんおられると思うので、そういう時は1日置き、またはウエスト周りがきつくなってきたなと感じる時のみでも構いません。

糖質が低く、食物繊維が多くて便秘解消にもつながり、タンパク質が豊富で脂肪燃焼効果の高いカレーを作ることでダイエットに希望が持てますよ。

たくさん作って冷凍しておくと朝の忙しい時間でもあっという間に用意することができます。

是非、たくさん作って食べてみてくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.