ダイエット中の夜におすすめな飲み物と絶対タブーな飲み物はコレ!

ダイエット中の場合、夜の飲み物は体に大きな影響を与えます。

なので、今回はどのような作用により痩せるのか、太るのかを案内していきますので、これから夜も含めてダイエットをしたい、そのような考えを持っておられる方は、記事を参考にして、痩せるための努力を続けてみてください。

また、案内の中ではなぜ夜のダイエットが人気になっているのか、そのことについても触れておりますので、良ければこちらも参考にしてください。

脂肪燃焼に効果的?夜の飲み物として最適な飲み物は?

脂肪燃焼と聞くと、脂肪燃焼効果の高い飲み物を思い浮かべるかもしれません。ですが、今では水、お茶などのダイエットのために飲む人が増えています。
飲み物 効果
・低カロリー
・副作用がない
お茶 ・低カロリー
・味わい深い
・心が安らぐ
緑茶 ・低カロリー
・心が安らぐ
・カテキンの効果を得られる

緑茶の場合、カテキンを多く摂取できるので、以下のような効果も得られるようになっています。

  • 脂肪燃焼を促進する効果
  • 殺菌作用
  • 抗酸化作用
・抗酸化作用とは

細胞1つ1つは、時とともに酸化してしまう問題を抱えています。

細胞が酸化してしまうと動きが鈍くなるため、抗酸化作用により錆びにくい細胞が増えると、体力増強、免疫力強化を図ることができるのです。

水は、水道水を利用した場合の出費はほぼ0円です。ですが、お茶、緑茶は1パック約500円となっているので、1杯あたりの料金は10~20円ほどかかることを理解して、夜の飲み物として役立てたほうが良いでしょう。

また、食後に水、お茶などを飲むこともダイエットにつながります。脂肪燃焼を促進する効果がありますので、食後にコップ1杯分(約200ml)をゆっくりと飲むようにして、血流が安定する生活、ダイエットが促進されやすい生活を維持するようにしましょう。

夜だからこその注意点!体に強く作用する飲み物は体に悪い?

夜の飲み物というと、人によっては健康のためにブラックコーヒーを飲む習慣がある人もいます。

また、コーヒーなど体に強く作用する飲み物には、以下のような作用があることでも有名です。

ブラックコーヒー。コーヒーに含まれるクロロゲン酸とカフェインが脂肪燃焼を促進する効果があります。

飲み物 効果
ブラックコーヒー ・カフェインの脂肪燃焼効果
・カフェインの覚醒作用
・胃もたれ
・下痢
カフェオレ ・カフェインの脂肪燃焼効果
・カフェインの覚醒作用
・吐き気
・下痢
コンビニのコーヒー ・カフェインの脂肪燃焼効果
・カフェインの覚醒作用
・甘味による胸焼け
・吐き気
・下痢
・糖質の過剰摂取

カフェインは、カプサイシンという成分と同じで、脂肪燃焼を促進する効果があります。そのため、ダイエットのためにブラックコーヒーを飲む人が増えてきました。

ですが、コーヒーに含まれるミネラルの作用で、吐き気、胸焼け、胃もたれ、下痢の問題も起きやすくなります。このような問題は、続けてコーヒーを飲んでいると起きますし、カフェオレであっても、同じような問題が起きやすいので注意してください。

また、自動販売機に置かれているコーヒーは、糖質の量が、自宅で作るコーヒーの倍以上もあります。そのため、このような飲み物を飲んでいると、糖質の過剰摂取につながる恐れもありますので、この問題点もしっかりと覚えておいたほうが良いでしょう。

コンビニで売られている飲み物は?夜の飲み物として最適?

コンビニには、様々な飲み物が陳列されています。また、糖質制限向きの飲み物も陳列されているのですが、100%安全な飲み物ではないので注意してください。

人によっては、夜の飲み物としてコンビニのソフトドリンクを選ぶ人もいるでしょう。ダイエット中は甘いものが欲しくなるので、このような考えは、それほど問題ではないと捉えても良いです。

ですが、以下のソフトドリンクには多くの問題点が含まれているので、定期的に飲む程度に留めて、頻繁に飲んでしまわないように注意してください。

飲み物 特徴
低カロリードリンク ・カロリーオフ
・味わいが良くない
・糖質が多く含まれる
エネルギードリンク ・カロリー量が多い
・副作用がある
・糖質が多く含まれる
フルーツジュース ・カロリー量が多い
・糖質が多く含まれる
・消化されにくい

低カロリードリンクとは、スポーツドリンクとして販売されているものが該当します。スポーツドリンクは、パッケージそのものが脂肪燃焼のイメージに該当するため、スポーツドリンクを飲んでいると、痩せやすい体質になるのではと勘違いしてしまいます。

ですが、スポーツで失われたナトリウム、ミネラル、糖質を補給すると謳っている商品が多いので、低カロリーなのは確かでも、ナトリウム、糖質が少ない保証はどこにもありません。なので、低カロリードリンクは運動後に飲むようにしましょう。

エネルギードリンク、フルーツジュースは糖質が多いです。飲んでみると味わいが爽やかなので、それほど糖質が多くないのではないかと勘違いしてしまいますが、糖質が多い、使用されている添加物も多いという問題を抱えており、そのため、消化に悪い飲み物まで存在します。

なので、エネルギードリンク、フルーツジュースも夜の飲み物には適しません。

炭酸飲料は飲んでも良い?炭酸飲料のダイエット効果は?

もし、夜の飲み物としてリスクが小さいものを選択したい場合は、炭酸飲料を選択すると良いでしょう。

炭酸飲料には以下の長所があり、意外と夜の飲み物として相応しい飲料水なのです。

  • フレーバーが配合されている
  • クエン酸が配合されている
  • 低糖質、低カロリーのものが増えてきた

フレーバーというのは、匂い、味わいに作用する物質のことです。フレーバーは消化に悪くないものが配合されているため、安心して飲むことができますし、匂いが鮮烈なので気分をリフレッシュできる長所も存在します。

また、フレーバーの味わいも日々進化しています。そのため、メロンフレーバーの場合は、炭酸飲料のメロンジュースを飲んでいる気持ちになれますし、お腹にジュースを流し込んでいる雰囲気を味わえるため、他のソフトドリンクに手を出してしまう問題も解決できます。

さらに、炭酸飲料には炭酸効果があります。

・炭酸効果とは

お腹の中のガスが増える効果を、主に炭酸効果と言うことが多いです。

お腹が一時的とは言え膨張するため、これにより、お腹が満たされたような感覚が発生し、無駄に飲食を行わないで済むのです。

炭酸飲料には、体に溜まっている疲れを癒やしてくれるクエン酸も配合されています。そのため、体力の回復、ストレス発散の効果も得られるため、夜の飲み物として相応しいと評価されることが多いのです。

子どもの体は大人と違う!?夜に飲み物を与える際の注意点!

大人の体は、子どもの体と比較して、あらゆる面で丈夫であることを忘れてはいけません。

そのため、夜に飲み物を与える際も、以下の注意点を良く理解して、飲み物を与えるようにしたほうが安全です。

  • 子どもの胃はミネラルが消化が苦手
  • 子どもは加減を知らない
  • 子どもは刺激に弱い

ミネラルというのは、主にミネラルウォーターに多く含まれている成分です。代謝機能の向上で必要なため、体に良いものと思われることが多い成分でもあります。

ですが、子どもの胃は素早くミネラルを消化、吸収できません。そのため、吐き気を感じるようになったり、下痢、便秘に悩まされるリスクが上がってしまうのです。

このような問題を抱えている子どももいますので、飲み物を与える際も、大量に飲ませないように注意して、しっかりと飲む量を調節して渡したほうが安全です。

子どもは加減を知らないだけでなく、刺激に弱い性質がありますので、美味しいものをもっと味わいたい、それにより胃腸を刺激しすぎても問題ないと判断することが多いです。これにより、フルーツジュースなどを過剰摂取することもありますので、大人が見守っている状態で、飲み物を飲ませるようにすることも大事です。

補足となりますが、豆乳飲料は、糖質、塩分の含有量が少ないわけではありません。たんぱく質が豊富で、子どもの成長をサポートしてくれる飲み物と言われていますが、こちらも100%安全な飲み物ではないので、必ず糖質、塩分、余裕があれば脂質、ミネラルも問題ないか確認しましょう。

絶対に飲んではいけない!?アルコールはダイエットの敵になる?

近年では、就寝前にアルコールを少しだけ飲むことは、健康に良いと勘違いされることが良くあります。

ですが、以下のとおりでほとんど健康に良い要素はありません。なので、アルコールの摂取は体に悪いことを理解し、アルコールの摂取量を減らす努力をされたほうが良いでしょう。

種類 特徴
ビール ・飲みやすい
・プリン体含有量が多い
・カロリー量が多い
・深酔いしやすい
お酒 ・飲みやすい
・糖質が多い
・カロリー量が多い
・深酔いしにくい
ウィスキー ・飲みにくい
・糖質が多い
・カロリー量が多い
・深酔いしにくい

ビールは、500ml中のカロリー量が200kcalです。フルーツジュース並みのカロリー量となっている上に、深酔いしやすいため、ついつい大量のビールを飲んでしまうことが多いです。

しかし、お酒、ウィスキーはカロリー量が似ているだけで、深酔いしにくい性質があるため、晩酌に少しだけ飲むのは問題ありません。どうしてもビールを飲みたい時は、休日前など、翌日に悪影響を及ぼす可能性が低いタイミングで、ビールを飲むようにしましょう。

補足となりますが、カロリー、糖質ともに多いので、ダイエット中は控えたほうが良いです。アルコールを飲む際は、飲む量を決めておくことも大事ですが、このような制限を意識しながら生活することは、ストレスを溜め込む生活をされている状態と変わりありません。

なので、禁酒される際は冷蔵庫などにアルコールを置いておかない、そして、ダイエット開始前に処分しておくことで、決意をより強固なものにすることが重要になってきます。

話題の生姜ドリンク!生姜ドリンクは自作のものでも効果あり?

生姜ドリンクには以下のような健康効果があるため、ダイエットの強い味方として評価されています。

  • 脂肪燃焼によるダイエット効果
  • デトックスによる美肌効果
  • デトックスによるアンチエイジング効果
  • 冷え性改善
  • むくみ改善
  • 生理痛を緩和する効果
  • 体温を安定させる効果
  • 食欲増進の効果

また、生姜ドリンクは作り方がシンプルなため、以下の手順で作ることができます。

  • 生の生姜を水洗い
  • 皮の付いた生姜を2ミリ程度でスライス
  • お湯を沸かす
  • 沸騰したお湯を生姜スライス約5枚に注ぐ
  • 5~10分程度で蒸らす
  • 蒸らし終えてしんなりしたら完成

生姜ドリンクをいただく際は、お好みで黒糖、もしくはハチミツを混ぜ合わせても良いです。糖質の摂取量が上がってしまいますが、黒糖、ハチミツともに胃腸で消化されやすい糖質なので、それほど大きな問題にはなりません。

調理の工程を減らしたい場合は、生の生姜から調理を開始するのではなく、代わりに粉末状の蒸し生姜、乾燥生姜のパック、チューブ式の生姜を使って、調理時間を削減しても良いです。時短になるだけでなく、生姜のパワーを手短にいただけるようになりますので、このような方法で生姜ドリンクをいただくのもありでしょう。

生姜のパワー!健康に良い三大要素をピックアップ

生姜ドリンクが夜の飲み物、ダイエットに最適と言われるのには理由があります。

以下のような滋養強壮効果を秘めているため、今でも、生姜ドリンクの美味しさ、そして健康に良い効果を評価する人が多い状況です。

成分 効果
ジンゲロール ・生の生姜に多く含まれている辛味成分
・殺菌効果が強い
・食中毒、風邪の予防効果が高い
・血行促進、抗酸化作用もある
ショウガオール ・ジンゲロールの加熱、乾燥で生成できる成分
・保温性を高める効果がある
・血行を促進し発汗作用を強める
・代謝機能の向上に良い
・抗酸化作用がある
ジンゲロン ・ジンゲロールの加熱、乾燥で生成できる成分
・血行促進、発汗作用に優れる
・高い脂肪燃焼促進効果も期待されている成分の1つ
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.