麺やご飯は太るはウソ!?糖質制限ダイエットに隠れた落とし穴

今日から本気でダイエット!大好物のラーメンも当分おあずけ。ご飯も控えめに。こんなふうに、糖質制限している人、いませんか?でも、そのやり方、ひょっとしたら間違いかも?

麺やご飯などの炭水化物を極端に減らすことでダイエットに失敗してしまう人が意外と多いことはあまり知られていません。あなたは今やっている糖質制限が正しいとはっきり言える自信がありますか?

糖質制限しているのにダイエットできないのはなぜなのか?その原因を探ってみましょう。

麺、ご飯が急激に悪者になってしまった原因とは?

炭水化物が肥満の原因になるということは、すっかり常識となっていますが、なぜ炭水化物が肥満の原因になってしまうのか、きちんと知っていますか?

炭水化物は、体内で消化吸収されると糖質と食物繊維に分解されます。糖質はさらに単糖類、少糖類、多等類に分かれます。ブドウ糖は単糖類です。ブドウ糖や少糖類は血液を通して細胞に運ばれます。

ブドウ糖や少糖類は分解までの時間が短いのでエネルギーになりやすく、急激に血糖値を上げるため、インスリンを大量に分泌します。インスリンは糖を脂肪に変えて蓄える性質があるので、肥満につながりやすいのです。

このことから、糖質=太るというイメージができあがったのです。

同じ糖類でも吸収されやすいものとされにくいものがある!

糖質には単糖類、少糖類のほかに多糖類もあります。多糖類には穀類、いも類、豆類に含まれるデンプン、動物の肝臓や筋肉に含まれるグリコーゲン、デンプンを加水分解したデキストリンがあります。

多糖類は分解に時間がかかるため、ブドウ糖や少糖類のように急激に吸収されることはありません。よって、インスリンもゆるやかに放出されます。デンプンは食物繊維が豊富な上に、小腸で吸収されません。さらに、デンプンは食物繊維とよく似た働きをするレジスタントスターチも多く含んでいます。
レジスタントスターチは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維両方の特徴をあわせもっています。腸内の最近で分解されると腸内環境を良好に保つ役割をはたします。また、インスリン抵抗性を改善する作用もあるといわれています。

多糖類であるレジスタントスターチは吸収がゆっくりなので、腹持ちがよく、食事量を抑えられる効果も期待できるのです。

正しい知識がなければ炭水化物を極端に減らしてもやせられない!

つまり、ダイエットしたいからといって、やみくもに炭水化物を取り除いてしまうと逆に太ってしまう可能性もあるのです。

主食であるご飯を抜いてしまうと、お腹がすきやすくなるばかりか、甘いものが我慢できなくなったり、脂っこい料理を食べたりしてしまうため、逆に太りやすくなってしまうのです。

糖質制限ダイエットを実行しているのに、全然痩せない!という人は主食のお米を抜いてしまっているぶん、脂肪分の多いものや甘いものをおやつに食べてしまったりしていませんか?

そんな食生活をするくらいなら、主食であるご飯をしっかり食べて、おやつをひかえるほうがダイエットの効果が上がります。

デンプンは小麦にも含まれていますから、パンや麺類でもいいのですが、パンや面類のほとんどは脂質や砂糖や塩分などを含んでいます。やはりデンプンではご飯が一番優秀だといえます。甘いおやつが欲しくなったら、デンプンと食物繊維の豊富なサツマイモをふかして食べると腹持ちがいいので食欲を上手に抑えることができます。

炭水化物を制限をするなら短期集中で!食事はバランスを考えて

糖尿病など、やむをえない事情で糖質制限をするなら、期間をきちんと決めて実行しましょう。医師や栄養士などのアドバイスももらったほうがいいでしょう。また、制限をしているあいだでも、最低限の糖質はとりましょう。

1日30g~60gは必要です。

減らしていいのは、あくまで糖質です。

早く結果を出したいからといって、タンパク質や脂質なども制限してしまうと、体を壊してしまいます。

タンパク質も動物性と植物性をバランスよくとる必要があります。脂は魚やオリーブオイルなど良質なものをとるように心がけましょう。バターやマーガリンなどはさけたほうがいいでしょう。

急激な糖質制限はリバウンドの原因にもなります。無理のない範囲で健康的なダイエットを実行してくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.