ダイエット中にハーゲンダッツの誘惑…食べたら痩せると意外な声も

ハーゲンダッツを食べることでダイエットができると聞いたことがありませんか?食べるだけでダイエットできると聞くと、痩せたい女性の人はうれしいのではないでしょうか。

今回はハーゲンダッツを食べるだけで本当に痩せることができるのか?なぜ痩せるのか?アイスやお菓子を使ったダイエットについて紹介していきます。ダイエットをしたいけど甘いものが好きでつい食べ過ぎてしまう…。という人は参考にしてみてください。

本当に太らない?ハーゲンダッツを使ったダイエットの真意

ハーゲンダッツのようなお菓子は食べると太るイメージがないでしょうか。ハーゲンダッツを食べると本当に太ってしまうのか、もしくは痩せることはできるのか知りたいと思いませんか?

結論を言うとハーゲンダッツを食べることで痩せることもできるし、太ってしまう原因になることもあります。食べる人や、その人の生活習慣によって太るか、痩せるか変わるため一概に太ってしまうとは言えません。

太ってしまうこともありますが、食べ方によってはハーゲンダッツなどのアイスクリームでダイエットすることは可能です。

太らない食べ方というのがあるため、アイスクリームが好きな人やハーゲンダッツをよく食べる人は参考にしてみてください。まず、ハーゲンダッツを食べて太ってしまうのはカロリーが関わってきます。

ハーゲンダッツを食べても太らない食べ方!カロリーに注意しよう

ハーゲンダッツでダイエットは可能ですが、人によっては逆に太ってしまう場合もあります。

太ってしまうことの原因はカロリーで消費カロリーよりも摂取カロリーが高くなってしまうと太ってしまいます。

つまりハーゲンダッツでダイエットをしたい人は、ハーゲンダッツで摂取するカロリーを1日で消費しないと太ってしまうことになります。例えばハーゲンダッツを食べて1日動かずにいるとカロリーを消費することができず、太ってしまうため注意が必要です。

ハーゲンダッツでダイエットをするのであれば、きちんとカロリーを消費できるように体を動かすようにしましょう。

腹持ちがいいハーゲンダッツはダイエットにおすすめの食べ物!

ハーゲンダッツはダイエットをする時の食べ物としておすすめです。食べると太りそうなハーゲンダッツがなぜダイエットにおすすめの食べ物なのか?と言いますと、その腹持ちの良さがダイエットに効果的です。

腹持ちが良いということは、ハーゲンダッツを食べておけばしばらく空腹を感じにくく、他の間食や食事の量を減らすことができるからです。よく間食をする人や食事を多めに食べる人は太りやすいため、食べ過ぎの予防のためにハーゲンダッツを食べてみてはどうでしょうか。

アイスクリームにもダイエットに向いていないものもある

アイスクリームといってもいくつか種類があります。種類によってはダイエットに向き、不向きがあるためアイスクリームでダイエットをする人は種類にも注目してみましょう。

  • 氷菓
  • ラクトアイス
  • アイスミルク
  • アイスクリーム

アイスクリームにはこのような4種類があります。アイスを食べる場合、高級なハーゲンダッツではなく手ごろに買える低価格のアイスを選ぶ人も多いのではないでしょうか。手ごろに買えるアイスはラクトアイスやアイスミルク、氷菓といったものが多く、この3つは糖質がとても高いです。

ハーゲンダッツよりも太りやすくなってしまうため、氷菓やラクトアイス、アイスミルクを買う時にはカロリーや糖質を調べるようにしましょう。

不思議に思わない?ハーゲンダッツは食べるとなぜ痩せるのか

アイスクリームは食べると太ってしまうイメージが強いです。ですが、ハーゲンダッツを使ったダイエットがあるため、食べると太ってしまう食べ物でなぜ痩せるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

ハーゲンダッツを食べることで、痩せる理由はあるため紹介していきます。ハーゲンダッツを食べると痩せる理由は主に以下のようなことが挙げられます。

  • 乳糖と乳脂肪
  • バニリン
  • 体温を上げる

ハーゲンダッツに含まれている乳糖と乳脂肪が痩せる理由

これはハーゲンダッツだけではありませんが、アイスクリームには「乳糖」と「乳脂肪」が含まれています。まず乳糖ですが、体脂肪の増加や皮下脂肪の増加を抑制してくれる効果があります。

アイスクリームから乳糖を摂取しておくことで、脂肪を抑制してくれるためダイエットにはうれしい成分です。ハーゲンダッツにも含まれているため、食べておくことで体脂肪を付きにくくすることでダイエットに貢献してくれます。

次に乳脂肪ですが、摂取することでエネルギーに変わります。アイスクリームに乳脂肪はエネルギーにも変わりやすいため、摂取してもすぐにエネルギーに変えてくれます。つまり乳脂肪は摂取したとしても太りにくいため、ハーゲンダッツで乳脂肪を摂っても太りにくくなるということです。

太りにくいというだけで食べ過ぎてしまったり、カロリーを消費できなかったりすると太ってしまうこともありますが、ダイエット中にはうれしい成分なのではないでしょうか。太りにくいためダイエット中でも太りにくいアイスを食べることで、甘いものでストレスをやわらげることもできます。

アイスクリームに含まれているバニリンはダイエットに効果的

アイスクリームには「バニリン」という香りの成分が含まれています。この成分もハーゲンダッツがダイエットに向いている理由なため、ダイエット中にはうれしい成分です。

バニリンの効果としては、摂取することで満腹中枢を刺激してくれます。満腹中枢が刺激されると満腹感を感じることができ、食べ過ぎを防ぐことができます。またセロトニンと呼ばれる、食欲をコントロールしてくれる成分の分泌も促してくれます。

食欲のコントロールもしやすいですし、空腹を感じにくくなるため、ハーゲンダッツを食べるだけで食べ過ぎや、食べ過ぎからの肥満を防ぐことができます。

ハーゲンダッツを食べて体温を上げるだけでダイエット効果がある?

これはハーゲンダッツだけではありませんが、アイスクリームを食べると一時的に体の体温が下がってしまいます。そうすると体は体温を上げようとして、その時に体のカロリーを使って体温を上げようとします。

カロリーを消費してくれるため、結果的にダイエット効果も得られることになります。ならばアイスを沢山食べて、常に体温を上げてカロリーを消費しよう考える人もいますがそれはよくありません。食べ過ぎればお腹を壊してしまうリスクもあるため、食べ過ぎないようにしましょう。

どうやって痩せるの?ハーゲンダッツでダイエットをする方法!

ハーゲンダッツでダイエットをする方法を知らない人もいるのではないでしょうか。知らずにハーゲンダッツを使ってダイエットをすると、逆に太ってしまう可能性もあるためダイエット方法を知ってから行うようにしましょう。

ハーゲンダッツを使ってのダイエット方法ですが、食べる量と食べる時間帯が重要になってきます。

食べ過ぎてしまうと太ってしまうため、食べ過ぎには注意しましょう。時間帯は、夜の大体22時以降に食べてしまうと太ってしまうことになります。

まずアイスを食べる量ですが、毎日食べるのであれば40gから60gが目安です。ハーゲンダッツを使ったダイエットは毎日アイスを食べなくても可能で、2日に1回でもダイエット効果に期待できます。その場合、食べる量は80gから120gが目安となります。

食べる時間帯としては午後の方が効果的です。理由は、午後の方が体温は高く体の代謝が良いからです。特に15時頃が代謝もよく、アイスを食べる時間帯としては丁度いいです。

どうしても時間が取れずに15時にとれないという人もいるのではないでしょうか。そういった人は18時までなら食べても問題ないため、食べられるタイミングで食べると良いでしょう。

ハーゲンダッツは数種類!カロリーが高いアイスもあるため注意

ハーゲンダッツにはいくつか種類があることを知っているでしょうか。単純なバニラアイスからチョコレート味、ストロベリー味、中にはクリスピーサンドといった種類もあります。

バニラ以外に味が付いていると当然、カロリーも変わってきます。バニラよりもカロリーが低いアイスもあれば、高いアイスもあります。アイスによって太ってしまうこともあるため、ハーゲンダッツでダイエットをする場合の味選びには注意しないといけません。

特にコーンやビスケットが使われているアイスはカロリーが高めになっているため、ダイエット中には控えたい種類のアイスです。

コーンやビスケットが使われているアイスが好きでよく食べる人もいると思いますが、食べる時には摂取カロリーには十分注意するようにしましょう。

ハーゲンダッツではなく、手作りのアイスでダイエットもできる

ハーゲンダッツは高級なお菓子なため、ダイエットの為に頻繁に買っていられないという人もいるのではないでしょうか。そんな人はハーゲンダッツよりも価格が安いアイスでも問題ありませんし、自分でアイスを作るという方法もあります。

  • 牛乳
  • 砂糖
  • バニラエッセンス

アイスを手作りする場合は、4つの材料があれば作ることができるため料理をよくする人ならば作りやすいのではないでしょうか。Webで調べることで作り方も簡単に分かるため、ハーゲンダッツを買う余裕がない人は手作りしてみてください。

手作りアイスクリームでダイエットをする場合、短期間ならば同じアイスを食べ続けるならいいですが、長期間食べ続けるとなると飽きてしまう人も多いです。そういった時の対処方法としては味をアレンジしてみてはどうでしょうか。

加える材料によってはただ味を変えるだけではなく、加えた材料が持つ効果も期待できるため効果的にダイエットを行うことができます。

アーモンド ドライフルーツ シナモンパウダー ショウガパウダー
便秘解消 便秘解消 利尿・発汗作用 脂肪燃焼
老化防止 肌乾燥防止 コレステロール値低下 殺菌作用
美肌効果 むくみ アンチエイジング 発汗作用

例えば女性の人が悩みやすい便秘の解消効果やむくみ解消といって女性にうれしい効果も得ることができます。さらに材料によっては美肌効果にも期待できるため、痩せると同時に肌を美しくすることも可能です。

ダイエットが効果的に行えますし、女性の人にもうれしい効果にも期待できるため手作りアイスでのダイエットも検討してみてはどうでしょうか。

ハーゲンダッツを使った置き換えダイエットは健康に悪い!

置き換えダイエットという言葉を聞いたことないでしょうか。置き換えダイエットというのは普段食事を3食食べる人が多いと思いますが、その内の1食をダイエット食品にするというダイエット方法になります。

ダイエット食品に変えることで摂取するカロリーを減らせるため、痩せることができるダイエット方法です。ハーゲンダッツでもその置き換えダイエットを行うことができます。1食分で摂るカロリーがアイスで摂取するカロリーのみになるため、摂取カロリーを抑えることができます。

置き換えダイエットはとても効率的な方法ですが、ハーゲンダッツで行う場合はおすすめできません。

理由としてはカロリー制限しているけど糖分は沢山摂取するという状態になってしまいます。ダイエットをしたい人にはいい状態に見えますが、体から見ればとても健康に悪い状態になっています。健康状態が悪くなり、体に悪影響が出てしまう可能性もあるためハーゲンダッツでの置き換えダイエットはおすすめできません。

行うのであれば普通の食事を取りカロリーの調整をしてアイスも食べるといったようにカロリーコントロールをしてアイスを食べていくと良いでしょう。

ハーゲンダッツで置き換えダイエットした時のデメリット

ハーゲンダッツで置き換えダイエットを行うと摂取する栄養素も激減してしまいます。糖質は制限することができますが、栄養不足で健康に悪いため注意が必要になります。

  • たんぱく質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

ハーゲンダッツで置き換えダイエットをした場合、上記の栄養が不足してしまうことになります。それにより起こりうる症状があるため具体的に挙げてきます。

  • 肌が荒れる
  • 便秘
  • 体調不良

このような症状が出てしまう可能性もあります。肌が荒れてしまうことは女性にとっては大きいデメリットなのではないでしょうか。便秘も放っておくと、ぽっこりお腹や他の健康障害につながる可能性もあるため注意する必要があります。

他にも太りやすくなってしまうというダイエットには致命的ともいえるデメリットがあります。なぜ太りやすくなってしまうのか?と言うと栄養素が不足していると体は栄養素を欲しがり、栄養の吸収率は上がります。当然ハーゲンダッツで摂取した糖分の吸収率も上がってしまうため、太る原因となってしまいます。

さらに、アイスを食べると内臓も冷えてしまい代謝が悪くなってしまうこともあります。代謝が悪くなってしまうと太りやすい体質となってしまうため、太る原因にもつながってしまいます。

このようにハーゲンダッツでの置き換えダイエットは逆に太ってしまう可能性も非常に高いため、置き換えダイエットはカロリーコントロールをして行うか控えるようにしましょう。

ついついハーゲンダッツを食べ過ぎてしまった!ダイエットは失敗!?

ハーゲンダッツでダイエット中でもついつい食べ過ぎてしまう可能性もあります。特にアイスが好きな人はダイエット中のストレスで食べ過ぎてしまう可能性も高いです。

食べ過ぎてしまうと、そこでダイエット失敗と勘違いしてしまう人もいますが、解決策は存在します。

失敗してしまったと感じ、ダイエットを諦めてしまうのではなくそこから再度ダイエットを考え直してみてはどうでしょうか。今までのダイエットが無駄になってしまいますしとても勿体ないため解決策を知っておきましょう。

解決方法としては主に3つあります。

  • たまにであれば問題なし
  • 食事を減らす
  • 運動をする

ダイエット中についつい食べ過ぎてしまった場合でも、たまにであれば特に問題ありません。さすがに毎日食べ過ぎでしまうと逆に太ってしまいますが、たまに食べ過ぎてしまう程度であればあまり気にする必要はありません。

次回は食べ過ぎに注意してダイエットを続けていくと良いでしょう。

ハーゲンダッツを食べ過ぎてしまったら次の食事で調整しよう

ついつい食べ過ぎてしまった場合は次の食事を減らし、カロリーをコントロールすることで手遅れになる前に対処することができます。

ダイエット中はアイス以外でも間食でお菓子などを食べてしまいがちになるため、食べ過ぎてしまうリスクも高いです。もし間食をしてしまったり、食事で食べ過ぎてしまったりと感じた場合は次回の食事での量を減らすようにしましょう。

最低でも48時間以内に食事の量を調整することで、食べ過ぎでの手遅れを防ぐことができます。食べ過ぎてしまうと、次の食事をすべて抜くことで調整を考える人もいるかもしれませんが、完全に抜いてしまうとむしろ逆効果になってしまう可能性もあります。

自分の判断だけでは難しい場合もありますが、過剰にならない範囲でカロリーのコントロールを行うようにしましょう。

ハーゲンダッツでダイエット中は運動も効果的!動いて脂肪燃焼

ダイエット中の食べ過ぎてしまった時の一番の効果的な解決方法が運動をすることです。さらに効率的な方法はプロのスポーツトレーナーに指導をしてもらいながら運動をすることです。専門の人に指導してもらえるため効率よく行うことができますが、なかなか機会がない人も多いのではないでしょうか。

そういった人は各自で運動しても特に問題ありません。日頃から自宅で行いやすい運動としてはジョギングやウォーキング、筋トレといった運動です。他にも近場への移動はなるべく徒歩で行う方法やエレベーターなどを使わずに階段での移動など普段からできる行動でカロリーを消費することもできます。

運動で脂肪を燃焼させることは食べ過ぎの解決策としてだけではなく、他にもメリットがあります。例えばダイエットをする人は身体に脂肪が付いてしまっている人がほとんどです。運動をせずに痩せてしまったり、急激に痩せてしまったりする人は、部位がたるんでしまうことも少なくありません。

痩せていても皮膚がたるんでいると太っているように見えてしまうこともあるため、解消しておいて損はありません。運動をして筋肉を付けることである程度のたるみは解消することができるため、たるみの解消のためにも運動は欠かせません。

ハーゲンダッツを食べてダイエットをする人で、運動をする余裕がある人はジョギングやウォーキング、筋トレを一緒に行ってみてはどうでしょうか。

ハーゲンダッツが好きな人におすすめ!アイスを食べて簡単ダイエット

ハーゲンダッツは食べ方を間違えなければ痩せることができるため、ダイエットをするならおすすめです。

食べるだけでダイエットをすることができるため、簡単に痩せることができます。ハーゲンダッツを食べることで食事を減らすことができ、食事で得るカロリーを減らすという方法がハーゲンダッツのダイエット方法です。

ただし痩せたいのであればカロリーやアイスを食べる時間には注意が必要です。ハーゲンダッツを食べて逆に太ってしまったという情報も多いため、具体的にいつ食べればいいのか?なぜ太ってしまうのか知っておくと良いでしょう。

ハーゲンダッツを食べるのであれば、時間帯は昼間がおすすめです。夜食べてしまうと太ってしまう可能性が高いため夜には食べないようにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.