まずは股関節を柔らかく。下半身が痩せる正しいストレッチ法

下半身がなかなか痩せなくて悩んでいる方も多いかもしれません。もし下半身を痩せたいなら、股関節を柔らかくする必要があるのをご存知でしょうか。そこで今回は、股関節の柔軟性が高められるストレッチについてご紹介したいと思います。

下半身にスポットを当てていますので、ダイエッターの方は、ぜひ参考になさってください。

股関節のストレッチとは何?そして痩せられる理由についても

まずは、痩せるために股関節をストレッチするとはどういったことなのか、痩せられる理由はどこにあるのかについて探っていきます。

継続していくと血行が促進され下半身のむくみも取れる!

股関節ストレッチをしてダイエットするということは、より股関節が柔軟になるようにストレッチをすることによって、血液もしくはリンパ液の流れを促進して、老廃物が溜まっていくのを改善できます。

食事制限をしたりハードな運動をするといった、厳しいダイエットというわけではありませんので、短期間のうちに傍目から見ても痩せられるということではないでしょう。しかし、ずっと継続していくと血行が促されるので、下半身のむくみも取れていきます。

血液やリンパ液の流れが改善できるのがポイント

人の体は、酸素や栄養が含まれている血液が心臓から動脈を通って送られることで、生きています。そして、身体全体に行きわたった血液というのは、老廃物や不要となった細胞などを受け取って、静脈でまた心臓へと戻っていくのです。

その際に、静脈により持ち帰ってこられなかった老廃物というのは、静脈に沿い流れているリンパ管を通り流れ、心臓の周辺で静脈と交わっています。しかし、静脈やリンパ管は筋肉の動きでポンプの働きをして心臓にまで流れているため、筋肉がしっかりと動いていないと上手く流れられずに、溜まりやすくなると考えられるのです。

中でも下半身は、位置が心臓から遠いために老廃物が溜まりやすく、下半身太りをしやすいです。

よって、股関節のストレッチやエクササイズをして下半身から上半身に流れる血液もしくはリンパ液の流れを改善して、下半身痩せをすることが大事になってきます。

ストレッチをする効果や利点はどんなことが挙げられる?

ここで、ストレッチをするとどういった効果が見込めてどの様な利点があるのかについてご紹介していきましょう。

新陳代謝が活発に行われて脂肪も燃焼できる!

股関節ストレッチをするとダイエット効果が期待できますが、先述の通りに一週間で5キロ痩せられるだとか一か月で10キロ減少できるといった、急速な効果が得られるものではないという点は、承知しておく必要があります。

股関節を柔らかくすると、血行が促進されて活発な新陳代謝が行われます。

それから脂肪が燃焼されるという過程を経るために、短期間で成果が出るというダイエットではないのです。

老廃物の排出でむくみや便秘などが解消される!

股関節ストレッチにはまだ他にも効果があります。

下半身に溜まった老廃物が排出されると、むくみや冷え、便秘などといった症状が解消されるのです。

それに、歪んでいた股関節が改善されればそれと同時に骨盤も元の位置に戻ってくれます。そうすると骨盤内の血流が良くなり、生理痛も軽減されるでしょう。また、股関節の動かせる範囲が広くなるためにO脚やX脚なども改善できます。

やってみよう!実際の股関節ストレッチの方法を伝授

ダイエットをするなら、やり方を知る必要があります。ここでは股関節ストレッチの実際の方法を見ていきたいと思います。

寝ながらでもOK!股間ストレッチについて

寝ながらできるストレッチをご紹介します。まず仰向けに寝て片膝を立てましょう。伸ばした状態の足のつま先を反らせて、足を伸ばすのです。続いて、つま先を反らせた足を段々と捻っていき、骨盤を浮かせます。

それから、この状態を5秒保ち首を膝を立てた足の方向に向けるのです。同じく、反対側の足も行います。

あぐらをかいて行う方法などもあるからチェック!

続いてあぐらを椅子の上でかくストレッチ方法をご紹介します。最初に椅子に座った状態で、片足を折り曲げ座面に乗せてから、曲げたほうの足に肘を乗せ、上半身を足の反対側へと捻りましょう。この姿勢を20秒ほどキープして、左右の足を2セットずつ行うのです。

また、1分半ほどで股関節を柔らかくできる方法を見ていきます。床に仰向けの状態で寝そべって、右膝を立て左足は折り曲げておくのです。右足に力を入れて持ちこたえ、腰を浮かせます。

そのままの状態でしばらくの間キープしたら、力を抜いて元に戻すのです。

同様に反対の足も行いますが、交互に3回ずつ行うというのがポイントになります。

体が硬くても平気!開脚ができるようになる方法とは

両足を開いて、左右のつま先を外に向けます。それから肘をきちんと伸ばしたままで太ももに置いて足を押すのです。

左右に体を揺らし、股関節をなるべく十分に伸ばすのがカギになります。

次にこの体勢のままで、片足を曲げて反対の方の片足は伸ばすのです。両手を体の前の床に置いて、伸ばしている方の足のつま先を天井に向けます。よりハードな股関節ストレッチをしたいのであれば、曲げている足を体に対し平行に揃えるのです。

そして反対の足も同様にストレッチします。続いて両足を開き床に座って、両手を体の前に付きましょう。その状態を20秒から30秒ほど維持します。それから、両手の位置を前に移していくのです。

この際には肘を付けても大丈夫になっています。

正しく股関節をストレッチして柔軟にして下半身痩せを目指そう!

股関節ストレッチは、継続していくと血行が促進されて下半身のむくみを取ることが期待できます。それに、血液やリンパの流れも改善できるでしょう。また、新陳代謝が活発に行われて脂肪が燃焼できますし、老廃物が排出されて便秘の改善にも繫がると考えられます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.