食べるなら夜がいい?アイスを食べてダイエット

ダイエットの方法には様々なものがあり、何かを食べて痩せるといった方法もあり、多くの人が実践しています。

ある食べ物を食べて痩せる方法は、その食べ物がもたらす体への効果によって、ダイエットに効果的だとされています。

そんなダイエット方法ですが、アイスを食べて痩せるといった方法もあり、実際にその方法をやって効果が出たという人もいます。

アイスを食べることでどのような効果があるのでしょうか、またアイスは夜に食べたほうがいいともされており、体にどう働きかけるのでしょうか。

食べるとどうなる?アイスダイエットの効果

アイスは甘い食べ物のため、食べると体が太ってしまうと思われがちですが、食べ方によって痩せられるものでもあります。

たしかにアイスはカロリーが高めになっていて、脂肪分が多い食べ物ではありますが、体に様々な効果を与えます。

まずは、アイスを食べるとストレスの発散につながるといわれ、ストレスを感じているときに適量のアイスを食べると和らいでいきます。

ストレスを発散しながらアイスを食べるので、長く続けられやすく、ダイエットが楽しいと感じるようになります。

アイスは食べると体が冷えるので、そのたびに一時的に体の代謝が上がり、脂肪の燃焼を活発にします。

脂肪を燃焼させて体を温めようとしているため、アイスはある程度脂肪の燃焼に効果的だと考えられます。

どうやって食べる?アイスダイエットの方法

アイスダイエットは、食事をアイスに置き換えて食べていけば続けやすく、アイスを食べるならその分のご飯の量は控えめにするといった方法がおすすめです。

アイスのカロリーの高さやストレス発散の効果を考えると、食事の食べすぎを予防することにもつながります。

アイスを食べるタイミングは、まずは夜にすると効果的だといわれ、ストレスがたまりやすい夜に食べるといいとされています。

夜にご飯を食べるのを控えるか、量を調整するか対応することで、夜の摂取カロリーがコントロールできます。

夜に食べるのもいいですが、朝に食べるのも効果があるといわれ、消化に良いアイスを食べることで便通がよくなります。

便秘になると太りやすくなるので、便通がよくなることで体がやせられるようになるので、朝にもアイスは向いています。

これがおすすめ!ダイエットに向いているアイスの種類

アイスダイエットには、バニラ味のアイスを食べるのが良いとされ、バニラの性質がダイエットに効果があるとされています。

含まれているバニラエッセンスに食欲を抑える効果があり、バニラアイスを食べることで食欲が抑えられるといわれています。

ダイエットで食べるアイスの種類としては、まずはジェラートがおすすめで、ジェラートはカロリーが低めで、健康志向なものが多いので甘さは控えめです。

ジェラートは、フレーバーにもよりますが120mlあたりで100kcalを下回るものもあるので、食べるのにはちょうど良いでしょう。

アイスといっても様々な種類の商品があり、その中でも「アイスクリーム」を食べるようにすることがおすすめです。

アイスクリームは「乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上」と定義されていますが、砂糖や香料などが少なめです。

アイスクリーム1つで200~300kcalするので、1食分の置き換えダイエットで考えると結構なカロリーの量だと考えられます。

食べるときに注意!アイスダイエットで気を付けること

アイスダイエットは簡単にできますが、食べ方に気を付けないと逆に太ってしまうことがあるので、注意が必要です。

アイスダイエットをするときは栄養バランスに注意することが大事で、アイスを食べない日には偏った栄養素を食事で補うようにします。

アイスのみを食べると十分な栄養素が摂取できないため、普段の食事では栄養バランスをよく考えなければなりません。

アイスを食べるダイエットなので、アイスの食べすぎはよくなく、食べ過ぎるとアイスのカロリーの高さにより太ってしまいます。

2個以上食べないようにし、多く食べるとカロリーの過剰摂取につながり、脂肪分が体内にたまっていきます。

頻繁にアイスダイエットをすることは体によくなく、甘いものは癖になってしまうため、アイスを食べるときは注意して食べるようにします。

これらのことに注意して、アイスを夜などの最適な時間に食べることで、ストレスを解消しながらやっていけるようになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.