一週間で脚やせしたい!効果的なマッサージと食事メニューご紹介

体重を減らせば、お腹は割とすぐにやせられるのに、脚やせって難しいと感じませんか。特に太ももが細くなる方法を知りたい人は沢山いると思います。脚が少し細くなるだけで、全体の印象は変ってきますから、是非脚やせを目指しましょう。ここでは、女性の脚ってどうなっているのかを考えながら、一週間で脚やせが実現する方法をご紹介します。

女性の下半身は太りやすく、痩せにくい!

女性の身体の仕組みは、下半身は太りやすく痩せにくくなっています。上半身に比べて下半身の脂肪を蓄える細胞の数はなんと6倍です。そして、脂肪の体積は筋肉の3倍あります。そのことからも、やせにくいことが分かりますね。

あまり知られていませんが、下半身の血流やリンパの流れをスムーズに送っているのは、ふくらはぎの筋肉なのです。歩いたり、走ったり、飛び上がったりするとふくらはぎは、良く動きますよね。この動きで、血流や老廃物の排出を促しているのです。

デスクワークなどで、長時間同じ姿勢で足を動かしていないと、ふくらはぎがむくんで硬くなっていませんか。そんな時は、座ったままの姿勢でOKですので、つま先立ちするようにかかとを上げ下げしてみて下さい。これだけで、脚のむくみが和らぎます。

脚やせを目指すなら、むくみやコリを溜め続け無いようにしましょう。

仕事中でも適度に、脚を動かすことに意識を向けることが脚やせの成功の秘結です。

脚やせ運動には、まずは水分補給から!

脚やせだけに限りませんが、ストレッチや運動を行う場合は、事前にコップ1杯程度のお水をのむことをお勧めします。

体内の水分が不足すると、血液の水分濃度も濃くなり、血液がドロドロになります。この状態は、高血圧や動脈硬化を招き、脳卒中などの重大な病気を発症することがあります。健康の為にはストレッチや運動が欠かせないものですが、事前の水分補給についても、とても大切ですので覚えておいてください。

脚やせしたいなら、むくみ解消が大切

脚が太いと感じている人の多い意見に、「むくみ」があります。

脚は体の中でも一番低い位置にありますから、血液の流れが滞りやすくなります。

心臓より低い位置は、血流不良になりやすく、脚や手先の冷えなどの原因にもなります。脚のむくみの原因は人によって様々ですが、以下の様なことが考えられます。

  • 脚の冷え
  • 骨盤のゆがみ
  • 加齢による筋肉減少
  • 塩分の取り過ぎ

日常生活の姿勢の良し悪しは、骨盤をゆがませたり、筋肉を減少させることがあります。足を組んだりせず、正しい姿勢を心がけましょう。まずは、むくみを無くすことに注意を払いましょう。

むくみは、デコボコのセルライトを生み出すから怖い!

そのままむくみを放置しておくと、脚がデコボコになります。自分の脚にもありませんか。あのデコボコを「セルライト」と言います。「セルライト」は、皮下にある脂肪細胞同士が付着したものや、脂肪細胞に老廃物が付着し固まったものです。その塊が大きくなると、皮膚表面がデコボコしてきます。
脚や、お尻、お腹に表われやすく、血行不良になりやすいので、むくみや冷えもひどくなります。

また、この「セルライト」は減量や、運動では取れにくいやっかいなものなのです。

一週間で脚やせを感じる!効果的な食事の取り方

脚やせ美人を目指すなら、ストレッチや運動、マッサージを積極的に行う事と並行して、食事にも気を遣ってみることが、脚やせの近道になります。

「カリウム」たっぷりの食材をサラダで食べると効果があります。

「カリウム」は、むくみを取り除いてくれる成分です。

筋肉や心臓の動きを正常に保つ、血圧低下、排便の促進、老廃物の排泄の役割もしています。

カリウムを多く含む食品はコレ!

アーモンド、ピーナッツ、干しブドウ、パセリ、ほうれん草、じゃがいも、バナナ、スイカ、りんご、昆布、わかめ、緑黄色野菜、等

カリウムは水に溶けやすく、熱に弱いので、サラダで食べると効率よくカリウムを摂取する事ができます。スープなどで食べたい場合は、水洗いはさっと済ませて、煮込む時間を短く調理すれば、十分にカリウムを摂取できます。

カリウムは沢山食べても、尿と一緒に排出されますから、過剰摂取を意識する必要はありません。ただし、腎臓が悪い人やカリウムの摂取を制限されている人は、医師などの指示に従ってください。

一週間もすると、脚のむくみが解消され、便通も良くなり、身体全体が軽く感じるはずです。

水分の取り方で、むくみは起こる

水分は一日2リットルぐらい摂取するのが良いと言われます。

それでも、水を飲むとむくんでしまうのではないかと、飲水を控える人がいます。ところが、水分不足の方がむくみを起こしやすい体を造るのです。

水分は体内の老廃物を汗や尿と一緒に排出してくれます。しかし、水分が不足すると発汗や尿意が減少する為、体内に老廃物が溜まった状態になるのです。溜まった状態が長く続くことで、脂肪などに変化して蓄積していくのです。

水分は、水やお茶などのカロリーの無いものを飲みましょう。通常の生活で、一日2リットルぐらいが目安です。積極的に運動を行っている人は、2リットルを超えることもあると思いますが、例えば一日4リットル飲むなどというのは、取り過ぎになります。水毒症などを発症することもありますから、取り過ぎも厳禁です。

塩分、糖分の過剰摂取でも、むくみは起こる

塩分の過剰摂取によっても、むくみは発生します。濃い味付けの食べ物は血液中の塩分濃度を上げます。身体はそれを薄めようと体に水分を溜める働きをします。それがむくみになります。

糖分の取り過ぎは、体内の水分を吸収しますから、血液がドロドロに血流が滞ります。毛細血管の末端細胞も壊してしまうので、血行も悪くなり、むくみがおこります。

むくまない身体にする為には、水分、塩分、糖分の摂取バランスで大切です。難しく考える必要はありませんが、水は積極的に飲み、塩分糖分はやや控えめにすることを心がけましょう。

自分でできる!セルライトを潰すマッサージで、脚やせ効果あり!!

下半身太りから卒業するには、霜降り状態になった自分の脚から「セルライト」を除去する方法しかありません。見た目のデコボコが無い人でも、少しひねってみると、デコボコが表れると思います。

「セルライト」は、減量や運動ではほとんど解消されませんので、マッサージで解消するしかありません。セルライト解消のエステを受けたことがある人は分かると思いますが、かなり痛く、時間のかかるマッサージです。エステでは料金もかなりかかりますから、自分でできるマッサージをご紹介します。

1.手を握ってグーの形にします。中指、人差し指、薬指の第2関節を使ってマッサージします。
2.足首から膝に向かって、脚に押し付けるように、スライドさせながらマッサージします。足の表側も裏側も全体を行います。
3.膝から太ももの付け根に向かって、脚に押し付けるようにスライドさせながらマッサージします。ここも足の表側、裏側、全体に行います。

手に少し力を入れてマッサージしましょう。ゴリゴリと感じる部分があれば、そこにセルライトがあります。毎日続ければ、一週間後には凝り固まったセルライトが減って、スッキリ、ほっそりした感じを得る事ができると思います。

セルライトが減れば、代謝もアップする!

セルライトが減ると、筋肉の状態も良くなりますから、代謝もアップして、脂肪燃焼効果が高まり、血流も改善されます。

どんどんやせやすい体になっていきます。近頃では、セルライト除去のマッサージグッズも1,000円~2,000円程度で豊富にありますから、ハンドマッサージに疲れたら、気分転換に利用してみるのも良いと思います。

セルライトは毎日のマッサージの積み重ねが大切ですが、時には手を抜いたりしてもOKです。少しずつでも毎日やろうという気持ちが長続きのコツですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.