ダイエット中脂質、炭水化物の制限は栄養バランスを崩さない程度に!

脂質、炭水化物を抜いてダイエットを行うことは、ダイエット初心者であっても簡単に行なえます。

ですが、このようなダイエットを繰り返していると、ダイエットの落とし穴に落ちることもあるので、過度に取り組まないようにしましょう。また、ダイエットと上手に付き合うことも大事なので、今回はそんな付き合い方についても案内しています。

流行りの炭水化物抜きダイエット!体に良くないダイエット方法?

脂質、もしくは炭水化物を抜いてダイエットされている女性は、現代では昔に比べて増えている状況です。というのも、以下のようなダイエットの恩恵を受けられるということで、人気のダイエット方法になっているからです。
  • 脂肪が付きにくくなる
  • 素早く痩せることができる

これらの恩恵を受けられるのであれば、脂質、炭水化物を抜くダイエットは、体に良いのではないかと思ってしまいますが、このようなダイエットを繰り返していると、かえって体調を崩す恐れがあるので、最近ではリスクについても語られることが増えてきました。

具体的には、以下のようなダイエット上の失敗が懸念されるため、それほど体に良いダイエットでは無いのです。

  • リバウンドしやすい
  • リバウンド後、痩せにくい体質になる

人間の体は、糖質、脂質、炭水化物をエネルギーに変換する形で、内臓の動きが安定するようになっています。そのため、エネルギーの量が減っている体では、内臓の動きが悪くなり、熱の生産性に優れない体になってしまうのです。

この状態が痩せにくい体質のことで、兆候としてリバウンドが目立つようになります。つまり、脂質、炭水化物を抜いてダイエットを行っていても、一時的にダイエットの結果が出るだけとなり、よほど上手にダイエットと付き合っていけないと、長くダイエット効果を維持することができないのです。

栄養成分としては、脂質よりも炭水化物のほうが重要とされています。

その理由ですが、炭水化物抜きダイエットで体調不良を引き起こしている人がいるからです。炭水化物を抜いて生活していると、前述の通り、熱の生産性に優れない体になってしまうのですが、これは血中のアミノ酸が減ってしまうことで起きています。

この時に体重減少となるのですが、これは体を維持するために必要な筋肉を分解して、無理なエネルギー生産を行っているだけです。筋肉量が減少すると、基礎代謝が下がってしまいますので、カロリー消費量が下がってしまうのは自然なことです。

このように、一見すると体に良いダイエット方法の中にも、実は、健康を損ねてしまう恐ろしい結果が出るダイエット方法も存在します。

代謝機能が落ちる!?過度なダイエットはどうして体に悪い?

一気に痩せることに成功されている女性ほど、その後、想像以上のリバウンドを果たしてしまうことが多いです。

これは、以下のような理由も含めて、ダイエット失敗の要因が増えやすい状況にあるためです。

  • ホルモン分泌が不安定になる
  • ストレスが溜まりやすくなる

上記のホルモンとは、副腎皮質ホルモン、女性ホルモンであるエストロゲン、テストステロンが該当します。ホルモンは男性らしさ、女性らしさだけでなく、健康維持で必要なものという解釈が、現代では良く知られるようになってきました。

ホルモン分泌が不安定になると、糖質、脂質の代謝を損ねてしまうことがあるのです。今までは、糖質、脂質は運動によって使用される栄養成分と思われてきましたが、近年の研究では、代謝機能に関わっている事実も発見されています。

例えば、糖質、脂質はビタミン群との結びつきによって、代謝されやすい性質があり、ホルモン分泌が安定している人ほど、内臓の動きが活性化しやすいというデータがあるからです。

過度なダイエットを行っていると、ストレスが溜まりやすくなるだけでなく、ストレスの影響もありホルモン分泌が盛んではなくなります。すると、肌が乾燥しやすくなる、体が冷えやすくなる、太りやすくなるといった、様々な問題が起きるようになるのです。

体に良い栄養成分!脂質、炭水化物と相性が良い栄養成分は?

脂質、炭水化物を上手に抜く形でダイエットを行いたい場合は、以下のことを正しく理解しておく必要があります。また、ダイエット中でも食べたほうが良い食材の中には、以下のような日常的に良く食べるものも含まれるので、好き嫌いしない食生活もダイエットでは重要です。
  • 肉類:豚肉、牛肉、鶏肉、魚肉
  • 野菜:きのこ類、海藻類、季節の野菜
  • その他:豆類

肉類というと、食べると脂質を多く摂取してしまうので、できる限り食べないほうが良いと思われている人もいますが、実は、ダイエットにおいて不可欠な栄養成分なのです。というのも、肉類には多くのたんぱく質が含まれています。

たんぱく質は、プロテインなどからも摂取できるのですが、良く運動された後に肉類を食べていると、たんぱく質の影響で疲労回復効果、骨、筋肉などがより丈夫な状態になります。女性の場合、筋肉質な体では美容に良くないので、あえてたんぱく質を摂取しない人もいますが、これではダイエット、美容改善で良い結果を得られないかもしれません。

人間の体は、男女に関係なく加齢によって体力が衰えていきます。その際に筋力低下が目覚ましいものとなるため、筋肉量を維持しない限り、ダイエット、美容を損ねやすい状況になってしまうのです。

また、体重減少を少しでも安定させたい場合、野菜、豆類も食べるようにしましょう。

野菜には多くのビタミン群が含まれるので、たんぱく質の代謝を促進してくれる効果だけでなく、抗炎症作用なども得られるようになっています。抗炎症作用は、肌荒れなどを改善してくれますので、ダイエット中の肌荒れを少しでも抑えたい場合は、野菜も欠かさず食べるようにしましょう。

豆類は、ホルモン分泌との関わりがあり、大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンの分泌で重要とされる栄養成分です。

後は、季節の野菜を意識して食べるようにしましょう。季節の野菜は、通常の野菜の倍以上の栄養が含まれているため、ダイエットだけでなく、体そのものの健康を大きく改善してくれる力があるのです。

注目の食物繊維!海藻類は脂質に良い食物繊維として注目されている

海藻類はビタミン群が多く含まれていて、しかも水溶性食物繊維がたっぷりと含まれています。

海藻類は以下のような料理方法で食べたとしても、栄養成分を損なうことなく摂取できるので、今では人気の食材となりました。

  • 味噌汁に入れる
  • サラダに入れる
  • 酢の物に入れる

そして、海藻類に多く含まれる水溶性食物繊維には以下の作用があるため、今では、女性から良く支持されることの多い食材でもあるのです。

  • 悪玉菌の増殖を抑える
  • お通じを改善する

脂質、炭水化物を抜くダイエットを行っているのに、他の人と比較してダイエット効果が出ない場合、もしかすると、腸内環境が良くないのかもしれません。腸内環境は、悪玉菌の増殖が目立つ人ほど悪く、悪玉菌は有毒物質を生み出す菌のため、栄養成分の吸収を阻害する問題児でもあるのです。

水溶性食物繊維は、腸内に存在する消化不良の物質を柔らかくする、丸めてくれる作用があり、こちらが上手くいっている人ほど、腸内が清潔な状態になりやすいのです。腸内が清潔になると、消化不良の物質が減っていくので、悪玉菌にとっての餌が不足してしまい、その結果で悪玉菌の増殖を抑えられます。

また、不溶性食物繊維と呼ばれる食物繊維は、野菜を良く食べている人であれば不足することがありません。しかし、水溶性食物繊維は海藻類など限られた食材に含まれているため、人によってはお通じの問題を抱えていることがあるのです。

しっかりと痩せたい!脂質と上手に向き合うダイエット方法

脂質を控えた食生活を維持するコツですが、それは油の使用量を減らすことです。

具体的には、以下のような方法で油の使用量を抑えた生活を続けましょう。

  • 計量後に使用する
  • 電子レンジで調理する

油の使用量が多い場合、体内で多くの油を消化しないといけません。ですが、すぐに消化吸収できる類のものではないので、使用されないエネルギーとして脂肪に変換されるのです。

このような問題が存在するため、計量後に適量の油を使用する、もしくは、電子レンジのみで調理を終えて、油を使用しないように工夫することも大事です。

その他の工夫では、豚肉、牛肉の使用量を減らすという手も効果的です。

豚肉、牛肉には多くの脂質が含まれますし、柔らかい肉の場合、簡単に多くの肉を食べてしまえるという問題も含まれます。なので、このような問題を解決するために、あえて鶏肉を食べる生活習慣を作っていくと良いでしょう。

鶏肉は、低カロリー高たんぱく質の食材で、胸肉であれば、豚肉以下の価格で購入できるという長所があります。

ただ、調理する際に調味料を使い過ぎないように注意してください。調味料には塩分、糖質が多く含まれているため、使用する際は、薄味になることを我慢して使用したほうが良いです。

脂質はダイエットの敵かもしれませんが、糖質も隠れたダイエットの敵なので、このようなことに注意できるかどうかで、ダイエットの成功率が変わってきます。

食生活の見直しで健康的になる!ダイエットにも良い生活習慣は?

以下のような生活を心がけて、生活習慣を改めることも大事です。

  • 夜食を控える
  • 温かいお茶を良く飲む
  • 3食しっかりと食べる

食事量が少なくお腹が減るという場合は、温かいお茶を飲むようにするだけでも、食欲がかなり変わってきます。

また、お茶でないと効果が弱いというわけでもないので、白湯と呼ばれている、熱いお湯を冷まして飲むという手もありです。

そして、食欲が不安定にならないように、しっかりと3食を食べる生活習慣を継続します。食事を抜くとダイエット効果が上がりますが、これでは食欲が不安定になってしまい、少しダイエット効果が出ただけで、いきなり食事量が上がってしまうこともあるのです。

食生活を少し変えるだけでも、ダイエットの安定度はかなり良くなるので、このようなことを理解して脂質、炭水化物と向き合っているかどうかも、ダイエットの成功においては重要なことだと言えます。

その他の取り組みとしては、ウォーキング程度の運動で良いので、1週間に3回程度の運動を行うようにしましょう。

ウォーキングは、2km程度で行っても問題ありません。ウォーキングを行っていると代謝機能が改善されますし、外出してストレス発散されていると、食欲の安定感が増すようになります。

逆に、痩せるために過度な運動を行っていると、こちらがストレスになってやけ食いを引き起こすこともあります。女性の場合、このような過度な運動が原因となって、リバウンドを経験される人もいるので注意してください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.