口寂しさを乗り越えればダイエットは成功できる!とっておきの方法

こんどこそは痩せる!そう決心したのに、どうしても口寂しくなって食べてしまう…。罪悪感でストレスがたまって、イライラ、また甘いものを口にしてしまう…。

ダイエット中、こんな経験をした人は多いのではないでしょうか?そもそも、口寂しいという状態がどこから来るのか考えたことはありますか?ダイエットでお腹がすくから?それもありますが、日常生活の意外なところに落とし穴があるかもしれませんよ。

まずは、口さみしくなる原因と、上手な対処法を探してみましょう。

ダイエット中、口寂しくなるのはなぜ?その心理とは

ダイエットしていると、無性に口寂しくなることがある、という人は多いようです。

これは、食べること=ストレス解消の手段という思い込みからくるといわれています。

とくにお腹がすいていないのに、なぜか口寂しいという人はストレスがたまっている可能性があります。

ストレスの緩和には脳内に存在するセロトニンが欠かせません。セロトニンは精神を安定させるのに必要な物質ですが、常にストレスがたまっているとセロトニンが不足してイライラしたり、すぐ悲観的になったりするなど、精神が不安定になり、うつ病の引き金になることもあります。

食べるという行為は簡単にセロトニンを出すことができます。特に糖分は効果が高いといわれています。女性がストレスがたまると甘いものを食べて解消しようとするのは、これが原因していると思われます。

しかし、ストレスがたまるたびに甘いものを食べていては、当然ながら肥満の原因になります。体重が増えれば新たなストレスの種が増え、イライラしてまた甘いものに手が伸びて…の悪循環になってしまう可能性があります。

我慢しすぎは禁物!ダイエット中の口さみしさ解消法

間食はダイエットの敵とみなされることが多いようですが、空腹をあまり我慢しすぎると、やはりストレスがたまります。

また、過度の空腹のときにいきなり食べ物を放り込むと、ドカ食いの原因にもなりますし、余計なカロリーをためこみやすくなり逆に太る原因になるともいわれています。

食べ物の質・量をきちんと管理できれば間食はむしろ積極的にとりいれたほうがいいのです。ダイエット中の間食に向いている食べ物とはどんなものでしょうか?

  • ナッツ類

カロリーが高めで油分も多めなので、ダイエットには不向きと思われているナッツですが、ナッツに含まれる油は、オレイン酸、リノール脂肪酸など不飽和脂肪酸とよばれるものです。不飽和脂肪酸には、脂肪燃焼を高める、脂肪の蓄積を防ぐなどの効果があり、ダイエット中はむしろ積極的にとったほうがいいのです。

また、美容効果の高いビタミン類なども豊富に含み、腹持ちもいいので口さみしくなったら少量を食べるといいでしょう。

  • チョコレート

脂肪も糖分もカロリーも高いチョコレートをダイエット中の間食にするのは意外かもしれませんが、カカオ豆には血液中の脂肪を分解してくれるポリフェノール、食物繊維が豊富です。カカオバターに含まれる脂肪は、不飽和脂肪酸のオレイン酸、抗酸化作用のあるステアリン酸、パルチミン酸が含まれています。

もちろん食べすぎはよくありませんが、1~2かけくらい、80calくらいの量であれば心配ありません。一気にバリバリ噛み砕くのではなく、舌の上でゆっくり溶かすように食べるのがおススメです。ミルクチョコレートよりはカカオ成分70%以上の高カカオチョコレートを選ぶようにしましょう。

間食しないで口寂しさを乗り切る方法も知っておこう!

ちょっと食べ過ぎてしまった日や、夜中のおやつは罪悪感があります。

また、間食の許容量を守れるか不安な人は、食べたものを記録しておく『レコーディングダイエット』もおススメです。

一日の終わりに何を食べたかをチェックすれば、食べすぎに気付いたり、意外と偏った食生活に驚くことも多く、自然と食べる量がセーブされていきます。

空腹を常に感じている場合は偏食によって必要な栄養分が不足しており、それを補うために、大量に食べてしまうこともあるようです。

ためしに一週間くらい記録をつけてみてはどうでしょうか。

歯を磨くのもおススメの方法です。歯を磨くと口の中がスッキリしてしばらくは食べ物を口に入れたいとは思わなくなります。

その結果、無駄に間食をせずにすむというメリットがあります。

そのほかにも、気を許せる人とのおしゃべりやスポーツもセロトニンを増やし、ストレスを解消できます。深呼吸も精神が安定する効果があります。要は、食べ物に意識を向けない方法を考えればいいのです。

人工甘味料は逆に太る!?ゼロカロリー、カロリーオフ食品の落とし穴

口寂しくなったら、ゼリーや大豆をメインにした低カロリーのお菓子を食べるという方法もありますが、こういった食品には人工甘味料が含まれているものが少なくありません。

人工甘味料は少量で甘味を感じられるので、すぐに満足感を得られるメリットもありますが、血糖値が上がりやすい上にインスリンが大量に分泌され、結果肥満につながる可能性があります。

ただ、人工甘味料で血糖値が上がることはないという学説もあり、実際のところはなんともいえません。

人工甘味料は最近になってできたものなので、研究があまり進んでいないのが実情です。しかし、カロリーオフ、ゼロという言葉に安心して食べ過ぎてしまったり、甘味に鈍感になって、満足感を得られなくなるという危険性もあるので、ほどほどにしておくのがいいでしょう。

ダイエットはコレを食べたら太る、これを摂り続けたら痩せる、ということではなくバランスのとれた食事と適切な運動、上手なストレス解消法があって初めて効果が出るものです。むりせず楽しみながらできる方法を見つけてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.