マンゴーでダイエッする方法。工夫次第でより効果的に!

モデルなど、美容、ダイエットを気にしている職業の人も、マンゴーを食べてキレイに痩せている、このような情報を見かけることが多くなってきました。

マンゴーは低カロリーなだけでなく、実は栄養成分が多く含まれている果物です。そんな魅力的なマンゴーが、どうして今になって有名になってきたのか、どのような成分がダイエットでは有用なのかを、詳細も含めて案内させていただきます。

美容にも良いマンゴー!マンゴーは低カロリーでヘルシー

マンゴーなど、果物は糖質、カロリーともに高いと思われがちです。しかし、限られた果物のカロリーは低く、且つ、栄養価が高いのです。

マンゴーについても以下のような特徴があるので、今では、多くのダイエッターから支持されるようになりました。

  • 100gあたりのカロリー量は64kcal
  • 果物の甘味はストレスを緩和させる
  • 美容に良い成分を多く含む
  • 手頃な価格で手に入るようになった
  • ミネラル、ビタミン、食物繊維を含む

果物のカロリーは高いと言われることもありますが、ご飯や肉類と比較した場合、同容量であれば半分程度のカロリー量しか存在しません。そのため、マンゴーを食べていることが原因となって、ダイエットで失敗するリスクは小さいと言えるでしょう。

ミネラル、ビタミン、食物繊維は代謝機能改善で重要な栄養成分です。そのため、代謝機能を改善したい場合は、あえてマンゴーなどの果物を食べたほうが良いでしょう。

ミネラルは新陳代謝、基礎代謝の改善に貢献してくれます。新陳代謝は細胞の活性化で必要な栄養成分でもあるため、昔に比べて肌が荒れやすくなった、疲れを感じやすくなった場合も、マンゴーが役に立ってくれます。

マンゴーは体に良い?カロリー以外の長所をピックアップ

マンゴーには、以下のような長所もあるので、ダイエットでオススメできる果物です。

  • ビタミンCが多く含まれている
  • βカロテン、葉酸、リンが多く含まれている

ビタミンCは肌のバリア機能を維持する際に必要で、ビタミンCが不足している体では、免疫力を維持することが困難になります。ビタミンCが充足している体は、肌そのもののツヤが良くなりますし、肌荒れ、炎症などの予防にもつながります。

βカロテン、葉酸、リンはミネラルと同じで、代謝機能改善で必要となる栄養成分です。不足していると代謝機能の低下を招きますので、基礎代謝量の低下につながってしまうこともあります。

・基礎代謝

生命を維持する上で機能する代謝のことを、基礎代謝と言います。

基礎代謝が向上するに連れて、1日に消費されるカロリー量が上がっていくようになるのです。消費カロリー量が上がると、食事で得るカロリーのほとんどを消費できるようになり、痩せやすく太りにくい体質になります。

マンゴーには、代謝機能改善で高い効果を発揮するビタミンB1、B2、B6も含まれていますし、ナイアシン、ビタミンE、カリウム、アミノ酸のリジンなども含まれています。

太りやすい体質を改善!マンゴーに多く含まれているビタミン

近年では、生活習慣病の予防を目的として、βカロテンをマンゴーから摂取する人もいます。βカロテンは、活性酸素を除去する作用だけでなく、血管の老化を防ぐ、高血圧などの症状を改善する力があります。

これらの問題は、糖尿病などダイエットを行う上で良くない問題にも効果的なので、マンゴーの人気が上がっているのです。糖尿病には以下のようなリスクが存在するので、ダイエットを健康的に続けていきたい場合は、意識的にβカロテンを摂取したほうが良いでしょう。

  • ストレスが溜まりやすくなる
  • ストレスの影響で食事量が多くなる
  • 不眠症などの影響で生活リズムが狂ってしまう

人間の体は、健康的な生活を続けていない限り、糖尿病、高血圧、メタボリックシンドロームといった、ダイエットにおける問題の発症率が高まります。

また、過度な運動、辛い食事制限ダイエットを行っても、これらの問題が速やかに解決するわけではありません。そのため、近年では食事によるダイエット方法が有名になってきました。

マンゴーの場合、糖尿病、高血圧に有効とされる栄養成分が多く含まれているので、気楽に続けているだけでも、マンゴーを通して健康的な生活を送れるようになります。なによりミネラル、ビタミンが豊富なので、年齢肌など年齢上のトラブルもまとめて改善できる、このような要素も含まれているため、老若男女を問わずで高い人気を誇っているのです。

話題の栄養成分!ダイエットに効果的なカルニチン

マンゴーには、ダイエットで欠かせないカルニチンという栄養成分が含まれています。

カルニチンには以下のダイエット効果があるため、今では、ダイエットのお供として重用されることが多くなってきました。

  • 脂肪燃焼効果
  • 代謝機能改善

脂肪というと、運動を行っているだけで自然と脂肪燃焼につながると、そのように思われていることが多いです。ですが、カルニチンなど脂肪燃焼につながる栄養成分が少ない体の場合、健康的な人と比べて脂肪燃焼が上手くいきません。

体内には、燃えやすい脂肪、燃えにくい脂肪があり、カルニチンは、アミノ酸のリジンと結びつくことで、脂肪燃焼効率が高まっていくという性質があるのです。そのため、リジン、カルニチンをまとめて摂取することができるマンゴーは、ダイエットにピッタリの果物なのです。

マンゴーで便秘改善!日本人は食物繊維をあまり摂取しない?

昔の日本人と比べて、今の日本人は食物繊維の摂取量が減ってきています。

その理由ですが、以下のような食生活が今では当たり前になっているからです。

  • 食の欧米化
  • 外食、コンビニ食が中心の食生活

食物繊維が不足している生活を続けていると、腸内のサイクルが改善しづらくなります。

腸内のサイクルは、体に入ってきた食べ物を上手く消化するために必要で、サイクルが乱れている人ほど、便秘に悩まされることが多くなる、食事量が不安定になり、その影響でダイエットに失敗することが多くなるのです。

食物繊維は、腸内に棲息している悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。このような効果は、他の栄養成分ではあまり見られない効果のため、近年では注目されることが多くなってきました。

悪玉菌の増殖が顕著になると、悪玉菌が発生させる有害物質の影響で、ストレスが溜まりやすくなる、お通じが上手くいかないなど、血流、もしくは腸内の問題を抱えることが多くなるのです。また、血流が悪い状態のままでは、食事により得た栄養を上手く吸収することができません。

すると、体調が悪化する、食事量が多くなったり減ったりするため、普通の人に比べて痩せにくく太りやすい体質になるのです。

むくみの解消にも効果的!バランス良く栄養摂取できるマンゴー

マンゴーにはカリウムが含まれているため、冷え性、むくみに悩まされている人にも最適と言われています。

カリウムには以下の健康効果があり、その影響でダイエットにも良い影響を与えると言われているのです。

  • 体内の余分な水分を排出する
  • 体内の余分な塩分を排出する

余分な水分、塩分が溜まっている体の場合、冷え性、むくみの症状が出やすくなるとされています。

というのも、余分な水分、塩分を処理しているのは内臓だからです。これらの余分なものは、体内に長く溜まっていると老廃物のように、体にとって有害な物質になります。

つまり、余分に水分、塩分を得ている生活を繰り返していると、内臓が疲れやすい生活につながってしまい、その影響で代謝、免疫力が低下しやすくなるのです。

ダイエットを行っている人の中には、不調が影響してダイエットをやめるというケースもあります。マンゴーを食べていると、このような問題もまとめて対処できるようになるので、健康、美容、ダイエットを兼ね備えた食材を探している場合は、マンゴーを選ぶようにすると良いでしょう。

それと、ミネラル、ビタミンは朝食時に摂取したほうが良いです。就寝中にミネラル、ビタミンが代謝機能の維持で使用されているため、朝食時にマンゴーなどを食べたほうが良いとされているのですが、肝心となるのは、とりあえずマンゴーを食べることではありません。

可能な限り、ヨーグルトなど味わいが変化するものと一緒に食べましょう。マンゴーは甘味がハッキリとしていて、食べ始めは美味しくいただけるという利点があります。

ですが、味わいがハッキリとしすぎているため、飽きやすい味わいでもあるので、ヨーグルトと合わせる、他の果物と一緒にスムージーにするなどして、美味しくいただける工夫も知っておいたほうが良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.