ダイエットにマーガリンは良くないの?バターと比較した良い点悪い点

マーガリンは体に良いのか悪いのかだけでなく、なぜ日本ではなく、アメリカでは良くマーガリンについて報道されているのか、そのようなことも含めて、ダイエットとの関連性をまとめています。

どのような栄養成分が含まれているのかも案内しているので、マーガリンの危険性について学びたい人は、良ければこのような記事も閲覧していってください。

植物性脂肪だから痩せる?バター、マーガリンの大きな違いは?

バターは動物性脂肪、マーガリンは植物性脂肪として有名です。日常的に使用することが多いので、バター、マーガリンについて良く知らず、習慣で使用してしまう人が多くいます。

また、簡単にバターとマーガリンを比較しても、以下のようなことしかわからないので、それほど危険性は無いと判断してしまうことが多いです。

  • 1gに対して約9kcal
  • 両方ともコレステロールの上昇で影響を与える
  • 過剰に摂取していると肥満症、お通じの問題を引き起こす

バターはマーガリンよりカロリー量が多いので、ダイエットのためにマーガリンを食べたほうが良い、もしくは、こちらとは正反対の案内をネット上で見かけることがあります。

ですが、どちらにも言えることとして、バター、マーガリンともに摂取量を抑えることが、そのまま安全なダイエットにつながっているのです。というのも、バター、マーガリンともに消化吸収に時間がかかります。

胃腸にとっては負担以外の何物でもないので、どちらかのほうがダイエット向きと案内すること自体が間違っています。ただ、胸焼けなどの問題を考慮すると、体内で溶けて使用されやすいバターを使用したほうが、健康的なダイエットを行えるでしょう。

補足となりますが、動物性脂肪の割合はマーガリンが20%、そしてバターは62%となっています。バターのほうが、動物性脂肪が多く含まれているのです。

ですが、そもそも大量に使用するケースが稀なので、このような情報はとりあえず覚えておく程度に留め、むしろ、体に長く残存して悪影響を及ぼすのはどちらなのか、こちらを意識して使用したほうが賢明でしょう。

ダイエットの新発見!ダイエットでバターが選ばれている理由

日本国内では、意識的にバターを選択して使用する人が多いです。

その理由ですが、ダイエット関連の情報を集めていくと、以下のような情報を入手できることが多いからです。

  • バターコーヒーで痩せられる
  • バターは風味が良く満足感が高い
  • マーガリンはトランス脂肪酸を多く含む

注意となりますが、ダイエットに良いとされるバターコーヒーは、正確には、グラスフェッドバターが使用されているコーヒーです。どのようなバターでも良いわけではなく、脂肪の種類を探っていくと、体にとって良いもの悪いものがありますので、コンビニで販売されているグラスフェッドバター入りを、選んだほうが良いでしょう。

一般的なバターは消化吸収率に難がある、風味が強すぎる、コーヒーに入れても上手く溶けないので、コーヒーのえぐ味が強調されてしまうといった、むしろ、ダイエットと相性が悪いコーヒーになりやすいです。もし、一般的なバターを上手く活用したい場合は、パンなど、塗り広げて使用できる食材を選択して、味わいを良くする、風味を付ける目的で使用したほうが良いでしょう。

ここまでバターに関するダイエット情報をまとめてきましたが、マーガリンは、バターとは似ているだけで別物だと解釈したほうが良いです。

というのも、トランス脂肪酸の問題を引き起こしやすい要素が多く、過剰に摂取していると、肥満症などの問題が引き起こされるからです。マーガリンは、バターに比べてまろやかで味わいがしっかりしている、このような評価を得ることが良くあります。

そのため、スーパー、コンビニで販売されているパンのほとんどに対して、マーガリンが使用されている状況です。しかし、トランス脂肪酸には悪玉コレステロールを増やす効果、心臓、動脈などに負担を与える効果があるので、マーガリンはダイエット向きの食材ではありません。

近年では、アメリカだけでなくヨーロッパ内でも、マーガリンの性質、危険性について指導を行うケースが増えてきました。マーガリンは、トランス脂肪酸の影響により糖尿病発症のリスクを高めるからです。

糖尿病は、ダイエットに対しても悪影響を及ぼすため、トランス脂肪酸を多く摂取する生活を続けていると、ダイエットのための運動を行っている場合でも、痩せられない体質になることがあります。ただ、このようなデータが存在する一方で、日本など先進国の一部では、それほど厳しい指導、規制を設けていない国も存在します。

バターの危険性!いつの間にか摂取していることが多い?

マーガリンだけでなく、バターも体に良い成分で構成されているとは言えません。そのため、以下のような形で摂取量が増えてしまわないよう、上手に摂取する工夫をしたほうが安全です。
  • カットされているバターを使用する
  • 油分をお湯で洗い流すようにする

バターもマーガリンと同じで、過剰摂取しているとドロドロ血液の問題を引き起こすようになります。このような問題が起きてしまう理由は、血中コレステロール値の急上昇が考えられます。

マーガリンでも同様の問題が起きるのですが、血流は滞ってしまうと、段々と血流が改善しづらい状況になってしまうのです。そのため、適量のバター、マーガリンを使用し続ける努力こそが、ダイエットを続けていく上でも大事になります。

また、カットされているバターを使用するなど、使用量を定めるように工夫するのも効果的です。

バターなどの油分を良く摂取する人は、冷えた飲み物を飲むのではなく、胃腸が活性化しやすい温かい飲み物を飲むようにしましょう。胃腸が活性化している場合、糖質、脂質に対する代謝機能が良くなりますので、エネルギーの使用効率についても改善されやすいのです。

すると、体内に蓄積していく脂肪量も減っていきますので、ダイエット効果が出やすい体質になります。

善玉と悪玉!コレステロールに対してどのような影響がある?

善玉コレステロール、悪玉コレステロールの特徴は以下のとおりです。

  • 善玉:コレステロールを回収する
  • 善玉:肝臓に血液中のコレステロールを運ぶ
  • 悪玉:コレステロールを運搬する
  • 悪玉:余分なコレステロールを放置する

上記のとおり、コレステロールそのものは体内で活かされるものでしかありません。ですが、悪玉コレステロールが高まりやすい食生活では、無駄に余ってしまうコレステロールが多くなり、その結果、脂肪が蓄積しやすい体になってしまうのです。

そのため、悪玉コレステロールに影響を及ぼすバター、マーガリンは、過剰摂取しないほうが良いと言われています。

日本では規制されていない?アメリカでは規制されているマーガリン

アメリカ、もしくはヨーロッパでは、マーガリンに対して規制を行っています。

その理由ですが、以下のようなマーガリンのリスクに困っている人が、現在では増加傾向にあるからです。

  • 心疾患
  • 肥満症

心疾患は、アルコールの摂取量が多い場合も起きますが、マーガリンでも同様の問題が起きてしまうのです。

このような事実を知っていると、なぜ日本ではマーガリンの規制を行わないのか、そのことが気になってしまいます。ですが、日本国内ではマーガリンの使用量が多いわけではなく、欧米人と比較した場合、使用量が8分の1程度となっています。

今では、食の欧米化によってステーキ、ハンバーガー、フライドポテトを食べる機会が増えているため、バター、マーガリンの使用率も上がっていると思われがちです。

しかし、日本国内ではこれらの料理を食べる機会が少なく、和食、欧米食、他国の料理などを色々と食べているため、バター、マーガリンの問題が表に出ることもありません。ただ、あくまでも現状における問題が小さいだけです。

現代人の食生活は日々変わってきていますし、簡単に食事を済ませてしまう目的で、コンビニ食、インスタント食品に頼る人が増えてきました。そのため、和食以外を口にする人も増えてきたため、バター、マーガリンの影響で太ってしまう、健康を損ねてしまう人の数は、緩やかではありますが増え続けている状況なのです。

良く摂取するマーガリン!色々なものにマーガリンが使われている

マーガリンの摂取量を減らしたい場合、以下のような食品の表示にも注意したほうが良いです。

  • 一部水素化された植物油
  • 植物ショートニング油

上記は、トランス脂肪酸が含まれているという共通点があります。そのため、マーガリンを避ける食生活をされていても、良く知らない成分名、もしくは食べ物に配合されているものを通じて、トランス脂肪酸の問題を抱えてしまうこともあるのです。

具体的な問題では、サンドイッチなどの食べ物にもトランス脂肪酸が含まれています。

これは、サンドイッチが水っぽくならないようにするための処置で、マーガリンがパンを保護する目的で使用されているからです。マーガリンの代わりにバターを使用した場合、バターが溶け出してしまう、バターの臭いが強まってしまう問題もあり、現在でもサンドイッチにマーガリンが使用されています。

また、お店によってはマーガリンの使用頻度が下がるわけでもありません。外食、コンビニ食の場合は、何かしらの食べ物からマーガリンを摂取してしまい、ダイエットに悪影響を及ぼす可能性があると思っておいたほうが無難でしょう。

外食の場合、以下のような料理に対してマーガリン、もしくはトランス脂肪酸を多く含む食材が使用されています。

  • 煮物(スープなど)
  • 炒め物(肉類、魚介類)
  • 焼き物(グラタンなど)
  • 菓子類(チーズケーキなど)

なぜ、これほどマーガリンの使用率が高いのかというと、それはバターと比較して、マーガリンのほうが安いからです。マーガリンは風味が豊かなだけでなく、中々味わいが変質しないという、食材を保護する性質が強いので、外食のみの食事を繰り返していると、いつの間にかマーガリンを過剰摂取してしまうこともあります。

これは洋菓子店のケーキ類、パン料理(フレンチトーストなど)、クッキーにも同じことが言えます。なので、菓子など甘い食べ物を良く食べている人は、ダイエットで失敗することが多いのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.