ガセリ菌がダイエットをサポート!コレステロールを下げる効果も

ガセリ菌ダイエットの素晴らしいところは、無理をせずにダイエット効果を得られるところです。

ガセリ菌など、人間にとって良いとされる菌には、体内の毒素を減らしてくれる効果があります。また、整腸作用と言われている腸内フローラを改善する効果もあるのです。

整腸作用には、お通じ改善の効果も含まれているため、近年では、菌を用いてダイエットする人が増えてきました。

ガセリ菌の存在意義!どのようなダイエット効果がある?

ガセリ菌ダイエットのガセリとは、ラクトバチルス・ガセリのことです。ラクトバチルス・ガセリは、乳酸菌の一種として現在も研究が続けられている菌の一種です。

ガセリ菌ダイエットは、ガセリ菌の以下の効果を得るダイエットのことで、今では男女ともに、高い整腸作用の効果を得ている人が増えてきました。

  • 腸内フローラが改善されやすくなる
  • 意図的に善玉菌を増やすことが可能
  • お通じ、むくみを改善できる
・整腸作用とは

整腸効果のあるものを摂取し、その影響で、荒れている(不健康になっている)腸内環境を改善することです。

腸内環境が荒れたままでは、腸のぜんどうが悪化し、その影響でお通じなどが安定しなくなるのです。

補足となりますが、腸内フローラは善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスです。このバランスが崩れてしまうと、悪玉菌が増えやすくなってしまい、人によってはお通じだけでなく、血流まで悪化することがあるため、今では健康維持、ダイエットのために必要な改善と言われるようになりました。

今までは、体に良いとされているものを食べていると、腸内フローラが自然と改善されるものと思われてきたのですが、実際は、乳酸菌など善玉菌を増やす努力をしないと、悪玉菌の問題を解決することができない、そのようなことも菌の研究により明らかになっています。

そのため、健康に良いガセリ菌を用いて、まずは腸内から健康になろうと考える人が増えてきたのです。

また、善玉菌が増えやすい体は以下のような健康効果が出やすくなります。

  • 悪玉菌が増えにくくなる
  • 腸内フローラの改善が行いやすくなる
  • 長く便がたまる問題が起きにくくなる

老化などにより、腸内に便がたまりやすくなる人もいますが、このような人ほど、ガセリ菌を用いたダイエットと相性が良いです。このような問題は、悪玉菌の放置によって腸が荒れているため、ぜんどうがスムーズに進まず、部分的に便がたまりやすくなっているだけなのです。

近年では、このようなこともわかってきたため、お通じ改善の目的で、ガセリ菌を摂取する人も増えてきました。

なぜダイエットできる?ガセリ菌に含まれる健康効果、作用は?

メガセリ菌の健康効果ですが、主な効果には以下のような効果があります。

  • 栄養の消化、吸収効率を高める
  • 便意の安定化
  • 便量の安定化

栄養をしっかりと摂取しているはずなのに、他の人に比べて、栄養の消化、吸収効率が高くない人もいます。そのような人ほど、胃腸が正常に動作していないため、このような問題を抱えているのです。

また、腸というのは刺激が発生するかどうかで、ぜんどうと言われている腸の動きに違いが生じます。ガセリ菌を摂取した場合、善玉菌が増えやすい状況となり、その際には刺激が発生するようにもなるのです。

すると、今までと比べて腸の動きが活性化するようになり、自然な排泄も含めて高い健康効果を得られるようになるのです。近年では、ガセリ菌に高血圧改善の効果があることもわかってきました。

というのも、悪玉菌が増えにくい腸内環境を整えてくれるからです。悪玉菌は、活性化するほどに有毒物質を生み出すようになり、有毒物質は血管に含まれる形で体全体に流れ込む仕組みになっています。

これにより血流が不安定になったり、場合によっては冷え性、むくみなどが発生することもあるのです。血流が不安定な状態のままでは、急に血圧が上昇してしまい、体質的には太りやすくなってしまう、そして、高血圧に悩まされるリスクの高い体になってしまいます。

ガセリ菌には、便量の安定化という効果も含まれているのですが、便量が安定するようになると、その際に、体内に溜まっている有毒物質も排泄時に出やすくなり、体全体に流れ込んでしまう有毒物質の量が減っていくのです。ちなみに、有毒物質が多く発生している体では、冷え性だけでなく、肌荒れなども顕著となってしまうため、美容にも悪影響を及ぼすことが多くなります。

健康効果で高い期待!今も研究されているガセリ菌

ガセリ菌には、以下のような意外な効果も含まれています。そのため、数多くの健康問題に対処するため、あえてガセリ菌を摂取する人が増えてきました。
  • 大腸ガンを予防する効果
  • 免疫力を高める効果
  • コレステロール低下の効果
  • ストレスを減らす効果
  • 自律神経を整える効果

大腸ガンの予防というと、医療行為を受けないと難しいと考えられていた時代もありました。

ですが、今では野菜、もしくは健康食品を食べることで、大腸ガンを予防できることが段々とわかってきたのです。そのため、ガセリ菌を食べる人も増えてきたのですが、栄養が豊富なだけでなく、他の食品と比較しても、コストパフォーマンスに優れる食品として愛されています。

また、大腸ガンを予防する効果は、有害なガスの発生率をガセリ菌が下げてくれるため、今では良く研究されるようになってきました。そのため、ガセリ菌以外の菌でも、同等の効果を得られないかといった研究も盛んに行われています。

さらに、ガセリ菌には、免疫力強化、コレステロール低下の効果も含まれています。こちらは、実験用のマウスに投与してわかったことなのですが、ガセリ菌を摂取させたマウスは、NK(ナチュラルキラー)細胞と言われている細胞が活性化し、その影響で、ウィルスに感染した場合の生存率も高かったのです。

このように、ガセリ菌はダイエットのみに効果があるわけではありません。コレステロール低下により、内臓の健康度が上がることもあれば、血流改善効果によりストレス、自律神経の問題を解消できることもあるのです。

なにより、腸内の問題に対して直接的な作用が発生します。そのため、最近になって胃腸の調子がおかしくなった、体調不良に悩まされることが増えたという人はガセリ菌と相性が良い人かもしれません。

誰でも始められる!ガセリ菌を美味しく上手にいただく方法

ガセリ菌を用いたダイエットですが、以下の注意点に気を配るだけで、誰でもすぐに始められるという利点もあります。

  • ガセリ菌が多いものを選ぶ
  • 毎食後にガセリ菌を摂取する
  • そのままいただくようにする

ガセリ菌ダイエットの注意点ですが、夜食をガセリ菌入りのヨーグルトに置き換えても、それほど食欲を抑えられるわけではありません。あくまでも、ガセリ菌は、体調を改善する、もしくは腸内環境を整える目的で食べるものです。

極端なダイエット効果が出るものでもありませんので、短期間の食事制限ダイエットに対して、ガセリ菌は有効というわけでもないのです。

それと、ガセリ菌の量は食品によって違いが生じます。さらに、ガセリ菌など菌が多く含まれているヨーグルトを購入する際は、毎食後に食べられる量を選択したほうが良いです。

今では、3ピース1パック、5ピース1パックのヨーグルトが、スーパーで良く売られているので、購入する際は、このようなパックをまとめて購入したほうが良いでしょう。ヨーグルトの効果は、1日に2パック以上食べてようやく効果を得られる程度です。

それと、常温で美味しくいただけるようになっているので、無理にホットヨーグルトにする必要はありません。菌は熱に弱いという性質があるので、とりあえず温めたほうが体に良いというわけでもないのです。

このようなことを知らずに、ガセリ菌ダイエットを行ってしまうと、中々効果が出ない影響で、かえってダイエットを辛く感じることが増えてしまいます。

ガセリ菌の意外な効果!ファスティングダイエットにも効果がある

高いダイエット効果を期待してガセリ菌ダイエットを行う場合、ファスティングを意識したほうが良いでしょう。

・ファスティングとは

主に断食のことを、ファスティングと言います。

ファスティングダイエットの場合、軽度な食事制限を行うことで、痩せやすい体質を得ることを目的にして、定まった期間でダイエットを終えることを言います。

ガセリ菌がファスティングと相性が良いのは、以下のような効果を得られるからです。

  • 腸内環境に大きな影響を与える
  • 不足しがちな栄養補給を行える
  • 空腹をまぎらわすことができる

ファスティングダイエットで行ってはいけないことは、断食に等しい食事制限を行ってしまうことです。昔から、モデルといった美容面を追求しないといけない職業の人は、厳しいダイエットに取り組むことがあります。

しかし、過度なダイエットは肉体だけでなく、精神にも強い悪影響を及ぼすためオススメできません。

ちなみに、ガセリ菌だけでなく、以下の栄養も意識して摂取したほうが良いです。

  • 脂質
  • 塩分
  • 炭水化物

ガセリ菌にはミネラル、ビタミンも含まれています。ですが、ダイエットに最適な食品のため、カロリーなどを多く含んでいるわけではありません。

なので、脂質、塩分、炭水化物も摂取して、内臓の動きを悪化させないように注意したほうが良いでしょう。脂質は栄養として貯蔵される性質があり、塩分は体液に一定量含まれていないと、血流に悪影響を及ぼすことがあります。

炭水化物は素早くエネルギーに変わる性質があり、炭水化物が不足しがちな生活を続けていると、思考力、集中力が悪化するといった、大きな問題が発生することもあります。また、疲れを感じることが多くなり、ダイエットそのものを継続することが困難になることもあるので、重要な栄養は正しく摂取したほうが良いのです。

賢いガセリ菌ダイエット!使用するものは相性を意識して選択する

これからダイエットを始める場合は、メグミルクナチュレ恵がオススメです。

以下のように優れた性質を含んでいるため、メグミルクナチュレ恵は、多くの人と相性が良い食品なのです。

  • ガセリ菌SP株を配合
  • ビフィズス菌SP株を配合
  • 特定保健用食品認定のヨーグルト
  • 適度な甘みが含まれている

ダイエット中は、ほんの僅かでも良いので塩分、糖分を感じる食事を取ったほうが良いです。我慢しすぎるとストレスがたまっていき、その影響でドカ食いを行ってしまうリスクが高まってしまいます。

もしくは、メグミルクナチュレ恵を食べるようにして、食事量を減らしても、それほどストレスがたまらないダイエットになるよう工夫しましょう。メグミルクナチュレ恵は、お腹がそれほど膨らむわけではありませんが、適度な甘みが含まれているため、ストレスを低減する効果があります。

また、多くの菌が含まれているため、腸内環境を整える食品としても期待できます。

もし、ダイエットを素早く終えたい場合は、恵ガセリ菌SP株ヨーグルトがオススメです。

恵ガセリ菌SP株ヨーグルトには、以下のような性質がありますので、ダイエット中の人に最適な効果を得られるヨーグルトとなっています。

  • 脂肪ゼロ
  • 糖質ゼロ
  • ガセリ菌SP株を配合

メグミルクナチュレ恵、恵ガセリ菌SP株ヨーグルトの違いは、脂肪、糖質に対する配慮です。そのため、少しでも早くダイエット効果を得たい場合は、恵ガセリ菌SP株ヨーグルトを選択すると良いです。

また、脂肪ゼロ、砂糖ゼロとなっていますので、おやつを恵ガセリ菌SP株ヨーグルトに変えるのも効果的です。実際に食べてみると、それほど味わいがサッパリしているわけではなく、一般的なプレーンヨーグルトに似たような味わいとなっています。

そのため、サラダに恵ガセリ菌SP株ヨーグルトをかけて、オリーブオイルをかけて食べるというのも良いでしょう。オリーブオイルには脂肪燃焼効果があるため、胸、お腹、太ももの脂肪が気になる人は、このような方法でダイエット効果の底上げを図ってみてください。

ガセリ菌で痩せない!ダイエットが上手くいかない時に注意すること

人によっては、普通の人よりダイエットの努力を盛んに行っているのに、なぜか痩せられないという人もいます。

ですが、そのような時ほど現状を理解することが大切です。例えば、以下のような体重の変化、性質も理解して、本当に痩せにくい体質のままなのかをチェックしましょう。

  • 痩せたり、太ったりを繰り返している
  • 最初だけ大きく減量できた
  • 食事量を減らしても効果が変わらない

体重変化の基本となりますが、体重はそこまで極端に減りません。

これはガセリ菌ダイエットを行った場合も同じです。最初だけ大きく減量できることもありますが、これは体内に存在する不要な水分が、ダイエットの影響、食事の影響で出やすくなっているだけです。

そのため、最初のダイエット効果はあまり信用する意味がありません。次に、食事量を減らしてもダイエットの状況が変化しない場合、お通じが安定しているかを確認したほうが良いです。

あくまでも、ガセリ菌ダイエットはお通じ改善、整腸作用を得ることが目的なので、お通じが安定していないようであれば、ダイエットそのものに失敗していると判断して問題ありません。もしかすると、ヨーグルトの摂取量が少ない、もしくはリバウンド期に突入している可能性があります。

ちなみに、体重変化はダイエット開始から2週間までは大きい、その後は緩やかになることが多いです。そのため、大きな体重変化を期待しても意味がありませんし、ガセリ菌ダイエットのみで、それほど極端な変化が起きるわけでもありません。

もし、ガセリ菌ダイエットで成功したとしても、1ヶ月間ごとの平均では1kg前後でしょう。運動を行わない食事だけのダイエットでは、この程度のダイエット効果しか得られませんので、もっと早く痩せたい場合は、ランニング、ウォーキングも踏まえて基礎代謝を上げたほうが良いです。

それと、小まめに水分を摂取するようにしましょう。水分を摂取することで、胃腸が刺激されるようになり、腸のぜんどうがスムーズになります。

これにより排泄量が多くなり、体内の毒素の量も減っていくようになります。すると、良く汗をかけるようになり、ストレスの少ない体になることが多く、その影響で痩せやすい体質になることもあるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.