ダイエット中でも太らない昼食。コンビニ、外食のベストチョイス

昼食は毎日忙しく働いている人のささやかな楽しみです。ダイエット中でも昼間だからということで、つい高カロリーなものを選んでしまいがちですが、3食きちんと栄養のバランスをとらないと挫折してしまう可能性もあります。

また、昼食を抜いてカロリーを減らす方法を実行している人もいるようですが、それでは逆に太ってしまうことも。

ダイエットに失敗しない昼食のメニュー選びをしっかりマスターして、理想の体型を手に入れましょう!

栄養が偏ってしまうコンビニ。ダイエット中は何をチョイスるべき?

手軽ですぐ食べれてコスパもいいので、昼食を、ついついコンビニで買ったものですませてしまうことも多いのではないでしょうか。最近のコンビニはおにぎりやお惣菜、サンドイッチなど、メニューが本当に充実しています。

しかし、気がつくと、おにぎりばかり食べてしまったり、肉まんやから揚げなど脂っこくてカロリーの高いものが多いわりに、野菜がほとんどとれていない…。など栄養が偏りがちになってしまいます。

炭水化物ばかり食べていると、血糖値が上がって肥満の原因になりますし、揚げ物の食べすぎは、高血圧などの原因になる悪玉コレステロールを増やすことになります。コンビニはスナック菓子やカップラーメンも置いてあります。ダイエット中でも、誘惑に負けて手を出してしまうことも…!でも、ダイエット中はグッと我慢して、野菜サラダを選ぶようにしましょう。

野菜の食物繊維は糖の吸収を穏やかにしてくれるので、血糖値の上がり方がゆるやかになり、太りにくくなりますし、ビタミンを補うこともできます。

野菜ジュースやスムージーも売っていますが、本物の野菜の代用にはなりません。食物繊維が大幅に減っていますし、糖分も多すぎます。毎日飲むのはやめましょう。

サラダなら野菜を切ってタッパーに詰めるだけですから、手作りしてもいいでしょう。

市販のドレッシングは油や糖分が多く、濃い味付けになっていることも多いので、こちらも手作りが理想です。

一品加えるだけでも栄養バランスの偏りが、かなり解消できますよ!

高カロリーになりがちな外食。避けたほうがいいものはある?

外食する場合のメニューは、できるだけ和食の定食を注文するようにしましょう。

ダイエット中であれば、お刺身や焼き魚などの魚メインのおかずが理想です。定食なら、味噌汁やサラダもつくので、栄養のバランスがとりやすくなります。

お肉であれば、しょうが焼きや鳥のムネ肉など少しでも健康的なメニューを積極的に選ぶようにしましょう。

外食で一番悩ましいのは、総カロリーが高くなることです。定食でも、ご飯がどんぶりで出るようなところは避けましょう。ご飯を少なめにしてもらえないか、頼んでみるのもいいでしょう。牛丼や親子丼などはご飯の量も多く、野菜が摂れないのでダイエットにはむきません。

定食中心にメニューを選ぶとしても、カロリーオーバーになりがちな外食を毎日続けるのはやめましょう。

ダイエット中であっても昼食抜きは危険!その理由とは

最近は昼食を抜いて、1日2食ですませる人も多いようです。『できるビジネスマンは小食!』といった本も出版されていますし、1日2食を公言している芸能人もいます。ダイエットにもなるし、昼の仕事中眠くならないし、一石二鳥!という意見もあります。

しかし、こういった食生活は気をつけないとダイエットには逆効果になる可能性があります。

1日2食を実行するなら、栄養のバランスに細心の注意をはらうわなければ、体調を崩してしまいます。朝食をゼリーやビスケットのような栄養補助食品ですませているようであれば、栄養失調になる可能性があります。栄養補助食品は、バランスのいい食事がしにくいときに、一時的な補助としてとるものです。主食にするべきではありません。

また、昼から夜まで空腹の時間が極端に長くなると、つい食べる量が多くなる上に体が飢餓状態になり、栄養を脂肪に変えて、できるだけ多く溜め込もうとするため太りやすくなります。空腹を我慢するとストレスもたまるため、精神的なダメージを受けることにもなります。

ダイエットする上で規則正しい、栄養のバランスのとれた食事は欠かせません。食事を抜くよりは、余計なものを食べず、空腹の時間を長くしないということを心がけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.