筋トレにささみは最強の友!引き締まったボディーを実現すために!

筋トレをしている方々、毎日タンパク質が多い食事を積極的に食べていますか。

恐らくその中でも、特にささみを食べている人がかなり多いと思います。

ささみは筋トレやダイエットをしている人達にとって非常に最適な食材なんです。

ただ、筋トレする人たちももしかしたらささみの食べ方を間違って理解しているかもしれません。

ささみの効果的な食べ方やコツはあるのか、どうしてそんなにささみは人気なのかその辺りについて調べてみました。

筋トレに励んでいる方、これからダイエットをして痩せようと思っている方は是非とも参考にしてほしいと思います。

ささみをうまく利用することで大幅減量が可能になるかもしれませんよ。必見です!

筋トレ中の食事の定番!ささみを多いに利用しよう!

さて、ささみといえばカロリーが低く糖質が低く、筋力をアップするのに欠かせない食材と言われていますよね。

体を鍛えている人たちは、食生活に気を使っている人がとても多いです。

ダイエットをしている人も体を鍛えている人も大事なのが筋肉!

筋肉がきちんと働いていると、新陳代謝が活発になりますので体の中の老廃物や脂肪を排除し、痩せやすくなります。

ささみは筋肉に作用しますので、筋肉質な体を作るにはもってこいの食材なんです。

痩せたいと思ったり、筋トレをして筋肉をがっつりと付けて体を鍛えたいと思う方は積極的にささみを取るようにしてみてください。

筋肉を鍛えている人はおやつにもささみを食べるぐらいです。

焼いたり茹でたりして、好きな調味料を付けて食べている人が多いようですよ。

スーパーに行くとすぐに手に入るのも嬉しいですよね。調理方法も簡単で、非常に扱いやすい食材なんです。

ささみならば、少々食べ過ぎても全く問題ありません。

糖質も少ないですし、糖尿病を患っている患者さんにも非常に向いている食材だと言えると思います。

インターネットなどを見てみるとたくさんの調理方法が紹介されていますので、自分に合った調理方法を探してささみ料理を楽しんで欲しいと思います。

ただ、満腹感を感じにくいというデメリットあり!

ささみをダイエットに取り入れている人はとてもたくさんいるのですが、ちょっとしたデメリットもあります。

実はささみは脂質や糖質が少ないですので、食べたその時はよくてもお腹に貯まった感じはあまり無く、満腹感をあまり感じませんのですぐにお腹が空いてしまうという現象が起こりやすいんです。

再び、お腹が空いたらささみを食べれば良いのですが、比較的たくさん食べても胃には溜まっているものの、満腹中枢は刺激されず、ひもじい思いをする人も結構いるんですよね。

結局そのひもじい感覚に耐えられず、ダイエットをしているのに結局はおにぎりを食べたりサンドイッチを食べたりして空腹感を紛らわすことにつながってしまうんです。

ささみはとてもダイエットには良いのですが、あまりにもストイックなダイエット方法を続けていると、そのうち糖分をやたらと欲してしまうような衝動が出てきてしまう可能性があります。

ささみは非常に優れている食材ではあるものの、そればかり食べていると結局はそれはそれで結局は長続きしませんので、ある程度緩急をつけることが大切になってくると思います。

大切なことは、あまりにも極端な糖質絶ちや脂質絶ちをしないように気をつけることです。

その辺りに関しても、少しずつ摂取しながらささみを上手に利用するようにしてください。

下手に摂りすぎないで!適量を知りましょう

さて、ささみにたくさん含まれているタンパク質筋力アップやダイエットにはとても必要なのですが、ここで意外や意外、タンパク質は取れば取るほど良いというものではないのです。

特に体を鍛えている方はこの辺りについて知っておく方が良いでしょう。

取りすぎたタンパク質はなんと体に吸収されず、体外に排出されてしまうということをご存知でしょうか。

ですので上手なタンパク質の取り方をしないと、無駄になってしまうということになります。

因みにタンパク質を1日に摂取できる限界量というものがあり、それは体重×2gと言われているんです。

例えば体重70kgの人ならば、70×2g=140gとなりますよね。

つまり、一日に140gのタンパク質を摂取するように調節してみてくださいね。

また、取り方のコツとしては1回に140gのタンパク質を一度に取るのではなく、ある程度小分けにして取る方が体に吸収されやすいと言われています。

せっかく取ったタンパク質を無駄にしないように、上記を参考にしながら効率よく体を鍛えて行って欲しいと思います。

意味がない?!案外運動直後のささみ料理は筋肉にならない現実

さて、ささみは筋トレをする人にとってとても理にかなった食材ではあるものの、いつぐらいに食べたら効果を発揮するのか気になるところです。

恐らく、筋力トレーニングをした後にささみを食べている人も多いのではないでしょうか。しかし実はそこには大きな落とし穴があるんです。

実はささみは、胃の中に入って消化されるまでかなりの時間がかかる性質があるんです。

つまり、消化された栄養が体の筋肉に作用するのに時間がかかってしまうということになるわけです。

筋トレをした後の30分以内はゴールデンタイムと呼ばれていて、一番筋肉が色々な栄養を吸収しやすい時だと言われています。

しかしささみは消化に時間がかかってしまうのであれば、それが栄養となって筋肉に行き渡るのに時間がかかり、30分以内のゴールデンタイムには間に合わないという計算になります。

そうなるとせっかく頑張ってトレーニングしたのに、タンパク質を十分に補給することができなくて、トレーニングの成果を発揮できないことにつながってしまうのです。

従ってささみは筋力を上げるため、ダイエットのための普段の食事としての利用は素晴らしいのですが、筋トレ後のゴールデンタイムのために食べるにはタイミングがズレますので難有りと言えるでしょう。

やはり筋トレをした後に筋肉をしっかりと発達させようと思えば、敢えてささみを食べず、専門のプロテインドリンクを飲む方が吸収がとても早く、効果的なんだそうです。

ささみは普段の食生活で利用するようにして、筋トレの後はやはり専門のコラーゲンドリンクを飲むようにしてくださいね。

味が淡泊で癖がない分、アレンジが出来る!

さてダイエットや筋力アップに大いに貢献してくれるささみ、毎日の料理に利用したい食材のひとつなのですが、ささみの良い点は味が非常に淡白なため、自分流にあれこれとアレンジできることだと言えるでしょう。

ささみ自体カロリーがとても低いですので、若干濃いめの味付けをしてもカロリーオーバーを心配する必要はないかもしれません。

梅肉などと和えても、美味しいですし唐揚げ粉を付けてフライにするのも良いでしょう。

少々味付けや衣に糖質や脂質が使われていたとしても気にすることは無いと思います。むしろその分、腹持ちも良くなりますし、ダイエットには向いていると言えると思います。

結論!下処理や癖も無い!ダイエットや筋トレに貢献する最強食材!

また下処理などがほとんどいらず非常に短時間で一品を作ることができますので、時短料理には最適です。

また生臭さや癖のある匂いも一切ありませんので、匂いが強いものが苦手な人にとってもとても優秀な食材だと言えます。

自分好みの味付けに色々とアレンジすることができるのも、ダイエットを飽きさせないひとつの大きなポイントとなりますので、ささみを大いに利用して大幅ウエイトダウンを目指していきましょう。

値段もあまり高くありませんので、毎日利用しても経済的に圧迫することもほとんどないと思います。

非常に優秀ですので、あまり今までささみ料理を作ったことがない方もダイエットを目指している場合は是非、積極的に取り入れてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.