ランニング中に聴きたいおすすめ音楽!走らせてくれる曲とは

今回は、音楽を聴きながらランニングするのは、どうかということを調べてみようと思います。いい面、悪い面あるでしょう。

なるべく両方ご紹介していこうと思っています。

それを読んだ上で自分は音楽聴きながら走ってもいいかなあという方には、音楽を聴きながらランニングする際のおすすめ音楽はどういうものか、BPM値(1分間にどれくらいのペースでビートを打っているか)を取り入れたランニングに適した音楽の探し方や

その曲をランニングにどう取り入れたらよいかなどをご紹介したいと思います。

音楽を聴きながら、ランニング本当にはいいのか?

ランニングにかかわらず、音楽を聴きながらなにかをする。そのときに集中力が増してやっていたことがはかどることってあります。

勉強でも音楽を聴きながら、やるほうがリラックス効果があったり、記憶力を高めたりする場合もあるといわれています。

しかし、どちらかというと「聴きながら勉強」は、あまり良くいわれていません。勉強に関していえば、学生さんとかは試験が本番ということになり、その場で実力が発揮できないといけないわけで、試験はシーンとして静かな環境でおこなわれます。

そのため、音楽を聴きながらという環境に慣れてしまうと、いつもと違う状況になり、実力が発揮できなくなる恐れがあるため、あまり薦められていないのでしょう。

しかしランニング、ましてダイエットを目的としたものだったら尚更、音楽を聴いて集中力が増し、リラックス効果が上がり、走りやすいということなら、「音楽を聴きながらランニング」ドンドンしてもいいんじゃないかと思います。

音楽聴きながら、ランニングの悪い点

安全面からいうと、音楽を聴きながらのランニングは危険という意見もあります。交通量の多いところなどでは確かに危ないかもしれません。

最近は自転車でも音楽聴きながらは禁止になっていますからね。

あとこれは防犯面からですが、周りの気配がわかりづらくなるのでやめておいたほうが良いという考え方もあります。

私も夜道とか、暴漢?が出てきそうなところだったら聴きながらランニングするのはやめたほうが良いと思います。

他には

ランニング上級者の意見で、走っているときの自身の状態がわからなくなるというものもありました。

走っている最中の息づかいや、足音が聞けないからという理由でした。

ここまで研ぎ澄ましてランニングをされる方には、きっと不向きなのでしょう。

だいたい、音楽を聴きながら、ランニングすることに否定的なものは、こんな感じでした。

こういうマイナス面もあると認識しても、なおテンションが上がるし、走りが快調になるって方は次のランニングにはどんな音楽がいいかについてのお話に進んでください。

ランニング中に聴く音楽はどんなものがいいか オススメの見つけ方

基本、ご自分の好きな音楽を聴いてランニングしてもらうのが一番だと思います。ただ自分が来ている音楽が、理論上向いているといわれる音楽と比較してみるのもおもしろいと思います。

理論上向いているといわれる音楽とはどんなものでしょう。これは簡単にいうと音楽のテンポみたいなものです。それを専門的にいうとBMP(Beats Per Minute )といいます。

1分間にどれぐらいのペースでビートを打っているかの値だと考えてください。

そのBPMでいうと160から180程度のテンポの曲がランニングには最適らしいです。次は少し遅めのジョギングはどうでしょうか。BPM値、140から160というところです。

ウオーキングになってくると120から140程度といわれています。

ランニング 160〜180BPM
ジョギング 140〜160BPM
ウオーキング 120〜140BPM

そんな数字いわれても、わかりづらいなあと私も思いました。なんかいい方法はないものかと調べてみましたら、こういうのがみつかりました。

「BPM Analyzer」と「Beats Per Minute」という曲のテンポを計測するツールです。

iPhoneでしたらBPMというアプリがありますし、Android用でしたら、BPM for androidがあります。

このツールを使って、ご自分が気に入ってランニングに使用されている音楽のBPM値調べてみてはどうでしょうか。

意外と合っているなら、そのままでもいいですし、もし違う結果が出たなら一度BPM値の適正な曲も試してみてください。今より走るのを後押してくれるかもしれませんよ。

ランニング中に効く音楽の具体的な曲とかは個人の趣味があると思うので、ご自身の好きな曲でランニングにあっているかの判断を、自分の感覚以外に今回ご紹介したBPM値を使ってみてはどうでしょうか?

BPM値を使った音楽をランニングに取り入れる

BPM値がよくても、ビートをしっかり刻んでくれる音楽でないと、ランニングには向きません。

ご自分でお気に入りの音楽を見つけたら、ウオーミングアップ用の曲、ジョギング用の曲、スピード早めで走る用の曲という風に3種類ぐらい用意しといて

それを聴きながら、ランニングしてみてください。音楽に引っ張られながら、走ることができるかもしれません。

音楽より遅れていると感じた時は、歩幅を縮めるといいようです。

試してみてください。

ランニングに音楽は必要か

ここまで音楽を聴きながらのランニングのプラス面、マイナス面などをご紹介してきましたが、最大限安全に配慮しながらだったら、音楽を聴きながらのランニング試してみたらいいのではと思いました。

そしてBPM値を測っていい結果が出た曲をBGMに走ってみたら、どんな走り心地になるか、普段より調子が良くなるような気してきませんか?

BPMを測るアプリは取り入れないといけないし、音楽も具体的なオススメ曲は教えてくれないし、不親切とお思いの方もいらしゃると思いますが、ご自分で面倒でしょうがランニングに適した音楽集を作り上げたら

それはきっとあなたのランニングを継続させ、楽しい気分で走らせてくれるものになると思います。やってみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.