ナッツはダイエットや美容に効果的!適量と食べ過ぎを防ぐ方法

ナッツはお酒のつまみなどで食べられることが多いです。そのナッツが実はダイエットに効果的という事を知っているでしょうか。つまみとして何気なく食べている人も、知らずのうちにダイエット効果が現れている可能性も考えられます。

今回はナッツを使ったダイエット方法やどんな効果があるのか?ナッツならどれでも痩せることができるのか?食べ過ぎてしまうとどうなるのか?ナッツダイエットで知っておきたいことを紹介していきます。

食べても太らない?ナッツにはダイエット・美容・健康効果がある!

ナッツはダイエットに向いていない食べ物のイメージがありますが、ダイエット効果を始め美容効果や健康効果に期待することができます。

ダイエットと同時に美容や健康効果に期待できるため、女性がダイエットをする時におすすめの食べ物と言えます。「ナッツ」というと何を思い浮かべるでしょうか。

ナッツの種類は豊富にあるため、すべてを紹介できませんが、いくつか紹介していきます。話題になるナッツもあるため、一度は聞いたことがあるものもあるのではないでしょうか。

  • マカダミアナッツ
  • アーモンド
  • カシューナッツ
  • ピスタチオ
  • クルミ

アーモンドやクルミといったナッツは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これらを食べてダイエットをする訳ですが、ダイエットに向いているナッツとそうではないナッツがあります。

ナッツなら何でもいいという訳ではないため、ダイエットをする時に不適切な物を選ばないよう注意してください。

なんでもいいわけではない!ダイエットに向いているナッツを選ぼう

ナッツでダイエットをするのであれば、ダイエットに効果的なナッツを選ぶようにしましょう。

ダイエットに向いているナッツは以下の通りです。

  • アーモンド
  • クルミ
  • ピスタチオ

アーモンドには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘を解消する効果に期待することができます。便秘で悩んでいる女性の人にもおすすめであるため、ダイエットだけではなく便秘解消として食べても良いでしょう。

アーモンドには他にも脂肪の燃焼効果や代謝アップといったダイエットに欠かせない効果もあります。栄養のバランスもよくビタミンとミネラルが含まれているためダイエットにはおすすめのナッツです。

クルミは体重減少効果にも期待できるためダイエットに向いています。よくパンに入っていることもあるため食べる機会も比較的多いのではないでしょうか。他にも血管の詰まりを予防してくれるため、健康にもいいナッツです。

最後にピスタチオですが、アーモンドほどではありませんが食物繊維が豊富に含まれています。便秘解消になるため便秘解消ならばピスタチオでも解消することができます。ピスタチオはミネラルが豊富に含まれているためむくみの解消効果にも期待できます。

女性の人はむくみで悩んでいる人も多いため、むくみ解消に食べるのも良いでしょう。ナッツでダイエットをするのであれば「アーモンド」「クルミ」「ピスタチオ」が効果的です。ナッツでダイエットをするのであれば3つの中からいずれかを選んで実践してみてはどうでしょうか。

ナッツは食べるだけでダイエットの手助けをしてくれる!

ナッツダイエットのやり方ですが、これはとても簡単です。

ダイエット方法はナッツを食べるだけで良いためナッツを用意すればすぐに行うことができます。

ただし、食べ過ぎや食べるタイミングによっては太ってしまう原因にもなるため注意が必要です。1日に食べる量の目安としては25gです。

  • アーモンド:25粒
  • クルミ:8粒
  • ピスタチオ:45粒

ダイエットに向いているナッツを使うのであれば上記が目安となります。1種類だけで25g食べてもいいですが、他のナッツと合わせて25g食べても問題ありません。1種類だけだと飽きてしまう可能性もあるため、それを防ぐためにいくつか種類を合わせて食べてみるとダイエットを飽きずに続けられます。

次にナッツを食べるタイミングですが、これは食前がおすすめです。これにも理由があり、食前に食べることで食事の量を減らすことができ摂取するカロリーを抑えることができます。
必ず食前に食べる必要はありませんが、ダイエットには効果的なタイミングなため、効率よくダイエットをするのであれば覚えておくと良いでしょう。

ピーナッツはナッツではないことを知っていましたか?

ナッツというと「ピーナッツ」をイメージする人も多いのではないでしょうか。ナッツの一種と思っている人もいますが、実はピーナッツはナッツではありません。ピーナッツは豆に分類される食べ物なため、勘違いをしてピーナッツを使ってダイエットを行わないようにしてください。

ピーナッツはとてもカロリーが多く、ダイエットには向いていない食べ物です。動脈硬化の予防や心臓病の予防といった健康効果は高いため、健康目的で食べる時にはおすすめと言えます。ナッツでダイエットをするのであれば、ピーナッツはナッツではないという事を覚えておきましょう。

ナッツがダイエットに向いていることには理由がある!

ナッツがダイエット・健康・美容に向いていることにはちゃんとした理由があります。主に5つあるのでダイエットをするのであれば覚えておくと良いでしょう。

  • 腹持ちが良い
  • コレステロールを下げる
  • 糖質が少ない
  • ビタミンが豊富
  • ミネラルが豊富

ナッツの主成分はたんぱく質や食物繊維で、血糖値も上がりにくく、吸収もゆっくり行われます。なかなか吸収されることがないためお腹に溜まりやすく、お腹が空きづらくなります。

お腹が空きづらくなると間食を防ぐこともできますし、食事前に食べておけば食事制限をすることもできます。余計なカロリーを摂取しなくてもいいため、カロリー制限で痩せることもできますし、太ることを予防することもできます。

ナッツにはコレステロールの低下効果もある!油物が好きな人に効果的

ナッツにはファイトケミカルというものも含まれており、これがコレステロールを低下させてくれます。コレステロールは数値が高いと動脈硬化や生活習慣病、メタボ、高血圧になってしまうこともあります。

そのまま放っておくと心筋梗塞や脳梗塞といった病気になってしまう可能性もあるため、コレステロールの数値は高すぎてもよくありません。ナッツを食べることで数値を下げる効果があるため、自分で数値が高いと理解している人はコレステロールの数値を下げるために食べてみてはどうでしょうか。

  • バター
  • ラード
  • カップ麺
  • スナック菓子

コレステロールは上記のようなものに多く含まれています。油物が好きでよく食べる人はコレステロールの数値が高い可能性もあるため注意してください。

ナッツが太りづらいのは糖質が少ないから!どれくらい含まれている?

ナッツが間食やダイエットに向いている理由としてはその糖質の少なさも理由となります。具体的にどれくらい少ないのか?スナック100gと比較して簡単に説明していきます。スナック菓子は菓子によっても左右されますが、100gあたり糖質は50gほど含まれています。

対してナッツは同じ100gあたりでも少ないものだと4.2g、多いものでも25g含まれています。食べる物にも左右されますが、基本的にはナッツの方が糖質は少ないため、スナック菓子よりも太りづらいと言えます。

  • くるみ:4.2g
  • アーモンド:9.3g
  • ピスタチオ:11.7g

ダイエットに適している3種類の100gあたりの糖質は上記にようになっています。ピスタチオは3種類の中では糖質が高い方ですが、スナック菓子よりも低いです。ナッツを一度に100g食べることは少ないですが、ダイエットをするのであれば知っておくと良いでしょう。

ナッツはビタミンEが豊富!シミやしわなど肌トラブルに効果的

ナッツが美容に良い理由としては、ビタミンが豊富に含まれていることも理由の一つです。特にビタミンEは豊富に含まれているため、肌トラブルの解消効果に期待することができます。

主に肌のシミやしわ、たるみといった肌トラブルに効果的です。女性の人にはうれしい効果なのではないでしょうか。痩せると同時に肌の悩みも解消できるため、女性の人にナッツはおすすめです。

ビタミンEには他にもホルモンバランスを整えてくれる効果もあります。ダイエットをしていると食事制限でホルモンバランスが崩れることも多いため、ナッツでそれを補うことができます。

ビタミンEはナッツの種類の中だとアーモンドに特に多く含まれています。アーモンドを20g食べれば1日に必要なビタミン量の70%を摂取することができます。ダイエットと同時に肌トラブルを解消したい人はアーモンドを中心に食べてみてはどうでしょうか。

ミネラルはダイエットに効果的!ナッツには豊富に含まれている

ナッツにはミネラルが豊富に含まれており、このミネラルがダイエットに欠かせません。主にカリウムや亜鉛、カルシウム、リン、鉄などさまざまなミネラルが含まれています。効果としては脂質の効果を助けてくれる効果、糖分を熱に変える働きをしてくれるため、代謝の向上につながります。

代謝が上がると痩せやすくなりますし、太りにくくなるためダイエットには欠かせません。ミネラルが不足してしまうとダイエットをしても痩せにくくなってしまうため、ナッツで補給しましょう。

冷え性や便秘解消などナッツの効果もダイエットに向いている理由!

ナッツがダイエットに向いている理由は、ナッツの効果も関わっています。ナッツによって効果は変わりますが、どんな効果があるのか紹介していきます。

  • 便秘解消
  • 代謝促進
  • 冷え性改善

女性が悩むことも多い便秘の解消効果にも期待することができます。どのナッツでも基本的には含まれているため、便秘を解消したい女性の人におすすめです。便秘の解消は、体から余計な物を排出して最終的にはダイエット効果に期待できるため、便秘気味なら解消しておくようにしましょう。

代謝を促進することで、脂肪も燃焼しやすくなります。ダイエットも効果的に行えるようになるため、痩せたいのであれば代謝を上げましょう。

女性の人は冷え性で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ナッツには血行促進してくれる成分も含まれているため、血行を促進して冷え性の改善効果にも期待できます。冷え性をそのままにしておくとむくみや脂肪が増えてしまう原因となります。

冷え性からくる脂肪の増加を防げることもナッツがダイエットに向いている理由の一つとなります。このようにナッツの種類にもよりますが、太る原因を解消することができるためナッツはダイエットに向いている食べ物となります。食べるだけで良いため、食べたことが無かった人もこの機会に食べてみてはどうでしょうか。

ナッツの食べ過ぎに注意!肥満や体調不良の原因に

ナッツを食べてダイエットをする場合は食べ過ぎには注意しないといけません。

ダイエットの効果があるものは多量に食べればより効果が高いと勘違いしがちです。ダイエット効果があるといっても食べ過ぎてしまえば毒にもなってしまうため食べ過ぎないようにしましょう。

具体的にナッツを食べ過ぎてしまうとどのような症状が出るのか気になりませんか?ナッツの食べ過ぎで起こる症状を紹介していきます。

  • 肌トラブル
  • 下痢や便秘
  • 鼻血
  • 肥満

主にこのような症状が出てしまう可能性があります。便秘や肌トラブルは女性にとって大きなデメリットになってしまう可能性もあるためあまり女性の人は注意してください。すでに紹介していますが、ナッツを食べるなら1日25gが目安となります。

ナッツによって何粒食べればいいのか?左右されるため、何粒食べれば25g内に収まるのかよく計算してから食べるようにしましょう。

ナッツは便秘を解消効果があるけど悪化させることもある

ナッツには食物繊維が豊富に含まれているため便秘の解消効果に期待することができます。これはメリットですが、デメリットともなりえます。食物繊維は消化されるまでに時間がかかるため、摂取しすぎてしまうと下痢を引き起こしてしまう可能性もあります。

酷い場合だと1日に何回もトイレに行かないといけなくなってしまうためとても苦労することになります。お腹の体調がおかしいと感じたのであればナッツが原因になっている可能性もあるため、一度食べるのをやめてみるのも1つの手段です。

普段からトイレを我慢している人はナッツを食べることでさらに便が詰まってしまう可能性もあります。そうなると便秘が悪化してしまうため、普段から便を我慢している人はナッツの摂取には気を付けましょう。

女性に人はナッツの食べ過ぎに注意!肌トラブルになることも

ナッツは食べ過ぎてしまうと肌トラブルにつながってしまうこともあります。例えば肌が荒れてしまったり、ニキビができてしまったり女性の人にはうれしくない症状を引き起こしてしまいます。

なぜナッツの食べ過ぎで肌トラブルになってしまうのか、というとナッツに含まれている「不飽和脂肪酸」という脂質が原因になってしまいます。この脂質を摂り過ぎてしまうと胃腸に不調をきたしてしまい、肌トラブルの原因に繋がります。

不飽和脂肪酸はダイエット効果を高めてくれる脂質ですが、摂り過ぎはよくありません。もしナッツを食べて肌が荒れてきた利、ニキビが良くできたりする場合はナッツが原因を感が魔将。

ナッツを食べていると鼻血が出ることもある!食べ過ぎに注意

ナッツは食べ過ぎてしまうと鼻血が出てしまう可能性もあります。必ず出るという訳ではないため、鼻血が出ることもあるという事を覚えておきましょう。

なぜナッツを食べると鼻血が出てしまうのか?というと、それはナッツの硬さにあります。硬いものを食べていると鼻にある特定部位が刺激されて、それが血管の刺激にもつながってしまい鼻血が出てしまうことがあります。

人によって鼻血が出やすい人と出にくい人がいますが、鼻血が出やすい人はナッツを食べていると鼻血が出てしまうこともあるため注意してください。ナッツを食べて鼻血が出てしまう人は他の食材と一緒に食べることで改善させるため、他の食材と一緒に食べてみてはどうでしょうか。

ナッツの食べ過ぎには理由がある!?食べ過ぎの予防方法

ナッツでダイエットをする場合、食べ過ぎてしまうという可能性も高いです。なぜ食べ過ぎてしまうのか?それは、ナッツがおいしいことが理由です。ダイエットをしていないけどナッツをよく食べるという人も多いのではないでしょうか。

ナッツは木のみですが甘みもあるしとても香ばしく、ついつい食べたくなってしまう木のみです。ナッツは食べ過ぎてしまうと体調不良や肥満など、体に悪い影響もあるため食べ過ぎには注意しましょう。

いくつか食べ過ぎを防ぐ方法もあるため、ついつい食べ過ぎてしまうという人は参考にしてみてください。

ナッツの購入制限をして食べ過ぎを防ぐ

ナッツを買ったことがある人は、意外に値段が高いと感じた人もいるのではないでしょうか。ナッツは1袋だけ買う場合は値段が高いですが、まとめて買うと値段が安いと感じてしまう人もいます。

そこでまとめ買いをしてしまうと、手元にいつでも食べられるナッツがあるためついつい食べてしまうということになりかねません。確かに値段は安い方が良いですが、食べ過ぎてしまうという人はまとめ買いは避けるべきです。

食べたい時に買うと食べ過ぎも防げるため、買いに行くことが面倒に感じますが、できるだけ必要な時に必要な量だけを買うようにしましょう。

食べるまでに手間がかかるナッツは食べ過ぎを防げる?

ナッツにはさまざまな種類があり、中には食べるのがちょっと面倒くさいと感じるナッツもあります。代表的な物を挙げるとするならば、「ピスタチオ」や「落花生」が該当します。

食べたことがある人ならわかると思いますが、ピスタチオや落花生は殻を剥かなければ食べることができないため、手間がかかります。手間がかかると食べるたちに殻を剥かなければいけないため、だんだん面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。

そうすると食べる量も減らすことができるため、ナッツの食べ過ぎを防ぐことができます。きっちりナッツを食べる量の制限ができる人にはあまり意味がない方法ですが、食べ過ぎてしまいがちな人には効果的な方法です。食べ過ぎてしまう人は試してみてはどうでしょうか。

ナッツを食べるだけでダイエット!女性の人にもおすすめ

ナッツは食事前に食べるだけで簡単にダイエットすることができます。

痩せるだけではなく、美容や健康にも効果的なため女性の人にもおすすめのダイエット方法です。

  • 単純にナッツが好きな人
  • 忙しく時間が無い人
  • 食欲のコントロールができない人

ナッツを使ったダイエットは上記のような人にもおすすめです。ダイエットのために嫌いなものを食べていてもつらいだけで長続きしません。それがダイエットの失敗にもつながるため食べ物の好き嫌いも重要です。

ナッツが好きな人なら、毎日食べても空きづらいため苦痛を感じずにダイエットをすることができます。ナッツが好きな人は試してみてはどうでしょうか。

ナッツは食べるだけでダイエットできるため忙しくで、食事ができない人にもおすすめです。ナッツは満腹感もありますしカロリーの少ないため、食べ過ぎや時間が適切であれば間食に食べても太りにくいです。忙しい人はナッツを手元に置いて小腹が空いたときや栄養補給として食べてみてはどうでしょうか。

ダイエットをしたい人の中には、食事のコントロールができず食べ過ぎてしまう人もいます。ナッツは満腹感があるため食前に食べることで食べる量を減らすことができます。食欲のコントロールができなくても、摂取するカロリーは減らせるため、食事のコントロールができない人にもおすすめです。

食べ過ぎには注意が必要ですが、簡単なダイエット方法なため痩せたい人や美肌にしたいという人はナッツでダイエットをしてみてはどうでしょうか。

ナッツは素焼きの物を選ぼう!素揚げは太ってしまう可能性もある

ナッツには「素揚げ」のものと「素焼き」のものがあります。ナッツはダイエットに良いためどちらを食べても痩せることができると思いがちですが、そんなことはありません。

ダイエットに向いているナッツは「素焼き」タイプのナッツです。理由としては素焼きタイプのナッツは食塩も油も使われていません。カロリーも高くないですし、ナッツ本来の成分だけを摂取することができるためダイエットに向いています。

素揚げの場合は油で調理されていることもあり、カロリーが高くなっています。塩分の摂り過ぎにもつながってしまうため素揚げはダイエットには向いていません。

ナッツは素揚げの方が味も付いているためおいしく食べることができますが、カロリーが高いため太ってしまうこともありますし、あまり美味しすぎると食べ過ぎの原因にもなってしまいます。よくナッツダイエットの失敗原因となってしまうため注意してください。

ナッツでダイエットをするのであれば、必ず素焼きの物で無塩のナッツを食べるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.