あの有名人も痩せたオチョダイエット、正しいやり方で効果を実感!

引き締め効果が高いと噂のオチョダイエット。
フォーリンラブで有名なバービーさんが試して成功したということで一躍有名になったダイエットです。

オチョダイエットと言う聞き慣れない言葉で人々の耳に印象に残ったものの、なかなか詳しい内容までは広まらず、結局正しい方法で行なっている人は少ないようです。

けれど、正しい方法で行えれば、食事制限などとは違い、運動により体を引き締め、健康的に痩せることができるし、何よりお手軽で楽しみながらできるお勧めのダイエット法。

これを機会にぜひ、オチョダイエットを学んで美しくきれいに痩せましょう!

そもそもオチョダイエットって何なの?

オチョダイエットとは独特の動きによる、インナーマッスルの強化で引き締めていく、いわゆる運動系ダイエットです。

運動系ダイエットというと【キツイんじゃないか】とか【どうせ続かない】【メンドクサイ】と敬遠する人も多いもの。

でも、オチョダイエットは気軽に始めることができ、軽いストレッチしかしないので、今まで運動系を諦めていた人でも続けやすいと思いますよ!

ダンスのステップで体を動かすエクササイズ

オチョダイエットの発案者はダンサーの方で、オチョダイエットもアルゼンチンタンゴのステップをもとにして作られたそうです。

過去にもバレエやベリーダンスなど、踊ることで痩せよう!という運動系ダイエットはありましたよね?そしてその多くは効果が高く、女性的な美しいボディラインを作るのにふさわしいダイエットでした。

同じように、オチョダイエットもインナーマッスルを鍛えてくれ、女性らしいボディラインをメイクすることから美しさを求める女性達にぴったりなダイエットと言えるでしょう。

1日5分でOK!?高い効果と即効性が好評

オチョダイエットの何がお勧めかというと、その高い効果と即効性でしょう。一日たった5分行うだけでどんどん痩せていくというのですから、忙しい人や運動が嫌いな人でも、なんとなく続けていくことができます。

また、即効性が高く、中にはたった一回のエクササイズでサイズダウンしたという人もいるくらい、効果が出るのが早いのも特徴。

飽きっぽい人も、実際に効果を目の当たりにすればやる気アップして続けやすくなるのではないでしょうか?また、海や旅行に行くために「一か月で効果を出さないと!」などの短期決戦ダイエットにも向いてるかもしれませんね。

こんなに便利なオチョダイエット

オチョダイエットには先ほどお伝えしたような即効性の高さ以外にもたくさんの利点があります。でも、このダイエットほうがお勧めなのはそれだけじゃありません。

ダンスをもとに発案されたという割には、激しい動きはなく、また、場所もあまり取らないので部屋が広くなくても大丈夫。マンションやアパートなどの集合住宅でも行えるので自宅で気軽に取り組みやすいのもメリットの一つでしょう。

朝起きた時に5分だけ、入浴後に5分だけ、などライフサイクルに合わせていつでも好きな時に行えるのでジムに通ったりする必要もなく、忙しい人でも無理せず続けることができるでしょう。

また、正しい方法で行えば内臓周りの脂肪も燃焼され、お通じも良くなり、結果肌荒れなどの美容トラブルも軽減できますし、何より現代人に多い成人病の予防にもつながります。

手軽にできるのに、健康にも良い影響を与えてくれるでんですから、試しにやってみる価値はありそうですよ!

  • 即効性がある
  • スペースを取る必要がない
  • 激しい動きは必要ない
  • 健康に良い

いよいよ実践!正しい方法で確実に痩せる!

オチョと言う聞き慣れない言葉もスペイン語の8と言う数字からつけられている言葉です。オチョって何だろう?と不思議に思った人もいるでしょうが、外国の言葉なら納得ですね。

数字の「8」が名前になっているってことはダイエットに関係があるんだろうなあ、と思った人は正解。体を使って「8」の字を描くのがオチョダイエットなのです。

実際にやってみよう

ウエスト周りの肉を落としたい場合は、腰で8の字を描きます。方法は、足を肩幅に開いて腰だけを前後に動かすこと。

このときの注意点は、決して上半身を動かさないこと!正しく行えていれば、腹筋に力が入っていることが体感できるはずです。

まず、右の骨盤を前に出し、ゆっくりと右側に突き出していくように動かします。それだけでも腹筋に力が入り、燃焼してるぞ!という気持ちになれるはず。限界まで右にずらしたら、今度は骨盤を後ろに向けていきます。

水平に円を描くようなイメージで腰を動かしていきましょう。右の動きが出来たら次は左。慣れたら本当に8の字を描いているような感覚になれますよ。

ウエストだけじゃない!下半身太りにもオチョダイエット

オチョダイエットというとウエスト減の話ばかりで、他の部位に効果があるという話はあまり聞きません。けれど、実は二の腕や下半身を対象としたダイエット方法もあるのです。

まず、下半身のオチョダイエットですが、こちらはお尻を使って8の字を描きます。イメージとしては、寝かした8の字?∞のマークと言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。

足を大きめに広げ、ヒップを意識しながら右上に背伸びをし、ゆっくりとかかとをおろしていきます。ポイントはヒップをおろす時は、ふくらはぎを意識すること。そして時間をかけながら降ろしていくことです。

反対側も同じように行うと、∞マークのような動きになるはず。これでヒップアップと脚痩せが同時にできますね♪

痩せにくい二の腕もオチョで引き締め!

たるんだ二の腕はとっても醜い!でも、なかなか鍛えにくいのがこの場所なんですよね…。暖かい季節は二の腕が恥ずかしくって仕方ない!という人は、一度オチョダイエットで二の腕を引き締めてみませんか?

キュッとしまった二の腕は女性の美しさを際立たせてくれるでしょう。とはいえ、やはり痩せにくい場所であることに変わりはありませんので、ちょっと他の部位よりきついかも。それでもOKという人はレッツトライ!

まずは腕を水平に伸ばし、手の甲を正面にむけます。この時点で「二の腕が痛い!」「筋肉が伸びてる!」と感じる人もいると思いますが、まだまだ序の口頑張りましょう。

その伸ばした腕をグーッと後ろに押し込みます。肩甲骨を閉じるイメージで後ろに引き延ばしたら「痛い痛い!」という声が聞こえてきそうですね。そういう人は無理をせず、ある程度の所で止めておきましょう。

慣れればそこまで痛さはなくなってきます。続けることが肝要なので、深追いはしなくて大丈夫ですよ。

後ろまで行ったら今度は手のひらを前に向け、腕をグーッと前に伸ばしてきます。バランスボールを抱きしめるようなイメージで肩甲骨を広げ、いったん止めます。

また、手のひらを後ろに向け、グーッと後ろに、そして手のひらを前に向け、グーッと前に…を続けましょう。これで二の腕と背中のラインがすっきりします。

インナーマッスルが必要な理由

痩せているのにくびれがない、ハリがない、たるんでいるという人は、ただ単に痩せただけで筋肉がないため、女性的な美しさを維持できていないのが原因です。

その点、オチョダイエットは美しいボディラインをメイクするのに必要なインナーマッスルを鍛えるため、メリハリのある、健康的な美しさを演出することができるようになるでしょう。

インナーマッスルは体の器官を支える重要な役目も担っていますので、下っ腹だけ出てるなどといった悩みも解消されるかもしれませんね。

また、暴飲暴食をしない限り、特別な食事制限を必要としないのも利点です。インナーマッスルを鍛えると、基礎代謝が上がりますので、痩せやすく太りにくい体質に変化していきます。

ですので、あれを食べちゃダメだ、これを食べちゃダメだ!という制限はありません。もちろん、ドカ食いや偏食はいけませんが、普通の食事を食べたり、おやつをつまんでも大きな影響はないでしょう。
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.