飲み物だけダイエットは有効か?痩せるメカニズムと注意点

飲み物だけダイエットとは、その名の通り、飲み物以外を口にしないという、かなりシンプルなダイエット法です。

ですが、断食ダイエットではないため、若い女性を中心に人気が集まっているダイエット法でもあります。今回は、そんな飲み物だけダイエットが人気の理由、痩せられる理由を説明しています。

また、飲み物だけダイエットと相性が良い人、悪い人の解説も行っているので、興味がある方は、このような解説も参考にして、ダイエットをスタートさせるようにしてください。

海外で流行中!日本でも流行になった飲み物だけダイエット

飲み物だけダイエットは、日本だけで流行になったわけではありません。すでに海外で多くの人が支持しているダイエットで、その理由は以下のとおりとなっています。
  • すぐに始められる
  • 痩せを実感できる
  • 雑念が消えていく

飲み物だけダイエットは、人間の太ってしまうメカニズムと相反しています。例えば、食事量を減らしてダイエットするのは大変なため、食事量をただ減らすだけではストレスが溜まる一方なのです。

しかし、飲み物だけダイエットはすぐに痩せを実感できますし、辛いと感じるようであれば、すぐにやめても問題ありません。つまり、他のダイエットと比較して加減しやすい利点が存在します。

さらに、飲み物だけダイエットを続けていると、良い感じで雑念が消えていくのを実感できるのです。こちらの長所は、雑念が消えていくことでダイエットに対して、ストレスを抱え込むトラブルが減っていくことでしょう。

ダイエットが辛いと感じている人ほど、激しい運動、断食のような体に良くない方法で、体を酷使するケースが増えていきます。すると、今度は痩せられないことにイライラするようになり、ストレスが溜まりすぎると、ドカ食いと言われる食事量が多くなりすぎる問題を抱えてしまうのです。

このような方法でダイエットを継続していると、内臓そのものにダメージを与える頻度が高まり、うつ病など、精神病を誘発する危険性も高まります。そのため、今では飲み物だけダイエットのように、好きなタイミングで始められる、やめられるものほど人気が高いのです。

飲み物だけダイエットの方法!シンプルなので誰でも始めやすい

どのようにしてダイエット効果を得るのかというと、それは、飲み物を飲むだけの対処法で、胃袋を小さくするだけです。

胃袋というのは、大量の食事を行っている人ほど、段々と拡張されやすくなる問題を抱えています。また、胃に存在する胃酸は、食事量に比例する形で増えやすく、そのため、食事量が多い人は胃粘膜が荒れやすく、胸焼けなどの問題が起きやすいのです。

その他の飲み物だけダイエットのポイントは、以下のようになっています。

  • しっかりコップ1杯分を飲み干す
  • ゆっくりと飲むようにする
  • 冷やしすぎているものを飲まない

このような対応で、どうして食事を我慢できるのか、胃袋を小さくできるのかというと、食生活の習慣性で胃袋が小さくなると、食事量が減ってもストレスが溜まりにくくなるからです。人というのは、食事を得ることでストレス発散を行っているため、人によっては、食事のみで多くのストレス発散を行っている人もいます。

ですが、このような習慣は良い習慣ではなく、むしろ、食事量を増やさないとストレス発散が難しくなる体を作っているだけなのです。そのため、飲み物だけダイエットを始めると、胃袋が小さくなる現実に気づき、今までの食生活がどれほど荒れていたのかを再認識できるようになります。

また、飲み物だけダイエットを行う際は、少量の飲み物を飲むような、曖昧な対応をしないようにしましょう。量が少ないと、さらにコップに飲み物を注ぐようになり、その影響で、水分の摂取量が多くなり、内臓を冷やしてしまうことがあります。

そして、飲むスピードは遅いと感じる程度がちょうど良いです。速いと飲み物の冷たさにより刺激を受けやすくなり、その影響で、下痢になってしまうこともあるので注意してください。

また、かなり冷やされている飲み物は、胃腸の動きを悪くしてしまいます。そのため、このような飲み物でダイエットを行ってしまいそうな場合は、冷蔵庫から出して、少しだけ温度を高めてから飲むようにしましょう。

なぜ痩せられる?飲み物だけダイエットで痩せられる理由は?

飲み物だけダイエットは、プチ断食に等しい食生活を生み出します。断食というと、ダイエットに対して悪いイメージが多いため、ダイエットに良い影響を与えないのではないかと思われることが多いです。

ですが、プチ断食のようなダイエット法であれば、以下のような健康効果を得られるので、それほど、デメリットばかりが発生するわけではありません。

  • 脂肪燃焼効果を得られる
  • デトックス効果を得られる
  • 腸内細菌のバランスが改善される

多くの栄養を得る形の食事を行っていないのに、なぜ脂肪燃焼効果を得られるのかというと、それは、プチ断食状態であることを脳が理解するからです。

人間の脳は、エネルギーが不足している場合、エネルギーを得ないといけないという信号を出す、もしくは、不足している状態を理解して、エネルギーをより効率良く燃焼させるようになります。このような状態を誘引できるのが、飲み物だけダイエットの優れているところでしょう。

脂肪は、体にとって必要なエネルギーでもあるのですが、人によっては、脂肪燃焼の影響を受けても、内臓脂肪などが、燃焼されずに残ってしまうこともあります。これが肥満の状態を生み出すため、あえてプチ断食状態を生み出す必要があるのです。

また、胃腸に多くの食べ物が残っていない場合、排泄そのものがスムーズに行えるようになります。排泄物は毒素そのものなので、毒素を上手に排出できる状態は、デトックス効果を得ている状態と変わりません。

・デトックスとは

人間の体に溜まっている毒素は、体内に溜まっている老廃物のことです。

老廃物に分類されるものは汗、もしくは体内に溜まっている食べ物が該当します。また、汗や食べ物が長く残っていると、体内でガスが発生しやすくなり、この状態を放置していると、老廃物が排出されにくい状態になるのです。

そのため、運動などで汗をかく、もしくは食事バランスを改善して、排泄物が溜まりにくい状況を生み出すことも、デトックス効果を高める際に必要とされています。

また、飲み物だけダイエットは腸内細菌にも良いです。胃腸に無駄に栄養が溜まっていると、その影響で悪玉菌の増殖が盛んになり、悪玉菌は多くの毒素を発生させるようになります。

人によっては、このような問題を抱えている体のため、体調不良を良く訴える人もいるのですが、肝心の栄養があまり送られてこなくなると、その影響で、悪玉菌の数がリセットされるようになり、その影響で健康的な体を得られることもあるのです。

他のダイエットとの相違点!ファスティングダイエットとの違いは?

飲み物だけダイエットは、ファスティングダイエットではありません。

以下の違いがありますので、あくまでもファスティングダイエットに近いダイエットなのです。

  • 短期間で効果を得られる
  • 食事を行わない
  • 人によって方法が若干違う
・ファスティングダイエットとは

長く断食に近い生活を続けることで、体内に溜まっている栄養を、体のすみずみに回すダイエット法のことです。

これにより、デトックス効果、脂肪燃焼が盛んになるため、飲み物だけダイエットは、ファスティングダイエットと似ていると言われることが良くあります。

ファスティングダイエットの場合、食事量を減らしていく期間、まったく食事を行わない期間、食事量を元の状態に戻す期間の3つの期間が存在します。

このような配分があるだけでなく、ファスティングダイエットの場合は、1ヶ月間以上の月日をかけて、ダイエットを成功に導くプロセスもあるので、似ているようでかなり似ていない特徴まで存在します。

固形物は食べても良い?飲み物だけダイエットの注意点

飲み物だけダイエットは、食事を一切行ってはいけないダイエットの1種です。

その理由ですが、固形物などを食べてしまうと、以下のようなダイエット上の問題が起きてしまうからです。

  • 食欲が元に戻ってしまう
  • 胃腸の荒れを生んでしまう
  • 精神的な問題を抱える

飲み物だけダイエットの長所は、早い段階で胃のサイズが小さくなることです。ですが、固形物などを食べてしまうと、せっかく胃のサイズを小さくしたのに、元の状態に戻ってしまうので、固形物などを食べるのは良くないと言われています。

また、食事量が元に戻ってしまうと、ドカ食いに近い食事量になることもありますが、これにより胃酸の量が増えすぎてしまい、胃痛を感じる頻度が上がってしまいます。すると、拒食症に近い症状が出たり、胸焼けなどで苦しい思いをすることもあるため、食事量の調整が必要なのです。

しかも、このようなミスは自分の意思で引き起こせてしまいます。そのため、何度もダイエットミスが続く場合は、自分はこんな簡単なダイエットにも耐えられなかったということで、ダイエットのそのものに対して、まったく自信を持てなくなってしまうこともあるのです。

もし、固形物を食べたい衝動にかられるようであれば、合間を設ける形で固形物を食べるようにしましょう。このような形でダイエットの継続が難しい場合、1週間以上かけてダイエットを成功させるより、気長に飲み物だけダイエットを続けたほうが、健康にも良いと判断したほうが良いです。

後、味わいの濃い固形物は食べないほうが良いです。焼き肉、カツ丼などボリューム、味ともに良いものを食べてしまうと、ダイエットが辛くなるたびに、これらの食べ物を良く食べるようになります。

すると、糖質、脂質の摂取量が上がってしまい、痩せやすい体質になるどころか、かえって太りやすい体質になってしまうのです。

その他の注意点!痩せるための努力で太ってしまうケース

飲み物だけダイエットで成功したい場合、段々とハードルを高くしないように努めましょう。

というのも、ハードルを高くしてしまうと、以下のような失敗につながることもあるからです。

  • 目まいで倒れてしまう
  • 不眠症などのトラブルを抱える
  • 自律神経が乱れやすくなる

食事量をいきなり減らしすぎると、栄養が体内にまったく残っていない状況になります。なので、ご飯を良く食べる食生活を送っていた場合、いきなりご飯を食べないようにするのは良くありません。

体に優しく、低カロリーのお粥だけは食べるようにして、適度な満腹感を得られる生活を続けるようにしましょう。このような生活を送っていると、ご飯の量が少なかったとしても、それほどストレスが溜まらなくなり、次第に食事量を意識して調整できるようになります。

また、食事量が少ないため寝付きが悪くなるのも良くありません。このような生活を続けていると、睡眠中に目を覚ましてしまう中途覚醒の障害が起きやすく、睡眠トラブルの影響で内臓が弱ってしまいます。

睡眠トラブルは、内臓脂肪の燃焼にも悪い影響を与え、さらに、自律神経を乱れさせてしまうことも多くなるのです。すると、私生活が荒れやすくなってしまい、また、ちょっとしたストレスで怒ってしまうことまであります。

痩せるために計画を練ることは大事です。ですが、過度なダイエットで肉体、精神を害してしまうと、それに応じたペナルティが発生しますので、ハードルをいきなり高くしてしまうのは良くありません。

運動中のダイエット!飲み物だけダイエットと運動は相性が悪い?

運動は、ダイエットの基本とされているため、絶対に行ったほうが良いと思っている人が多くいます。

ですが、飲み物だけダイエット中は体にダメージを与えるだけなので、あまり運動を行わないほうが良いでしょう。

  • 疲労でストレスが溜まる
  • 血の巡りが悪くなる
  • 筋肉、骨の痛みが強まる

人間の体は、栄養を蓄え続けることで、運動に耐えられる体を作り上げています。これを代謝機能というのですが、飲み物だけダイエット中は肝心の栄養が不足しています。

そのため、疲労が発生するようになると、体が冷えやすくなってしまったり、気持ち悪さの影響で、胃の内容物を吐き出したい衝動にかられることがあります。このような問題が起きる可能性があるので、運動とダイエットはあまり相性が良くないのです。

また、体を丈夫な状態に保つための栄養が不足しているため、血流、筋肉、骨に対して痛みを感じる頻度が高まります。落ち着いた生活を送っていると、それほど痛みを感じることはありません。

ですが、運動中は疲労物質だけでなく、筋肉、骨に対して一定の振動、衝撃が発生してしまうため、体に痛みが発生すると、その痛みが中々引かないために、ストレスまで溜まりやすくなる問題が発生するのです。

効果をあまり感じない!そんな人には酵素ドリンクがオススメ

飲み物だけダイエットで痩せられなかった場合、酵素ドリンクを飲んだほうが良いかもしれません。

というのも、体内の健康を保つために必要な酵素は、年齢によって不足しがちになる特性があるからです。また、野菜などをバランス良く食べていない人も、健康を保つために必要な酵素が不足していることもあります。

酵素ドリンクを通販サイト、ドラッグストアで購入する際ですが、ファスティングダイエット用のものを購入するようにしましょう。

その理由ですが、以下のように酵素ドリンクといっても、かなり種類が豊富になってきているからです。

  • 一般的なもの:限られた酵素のみ含まれている
  • スポーツ用:たんぱく質、豆類に含まれるアミノ酸が含まれている
  • ダイエット用:ミネラルだけでなく、数百種類以上の酵素が含まれている

他に家族用の酵素ドリンクも販売されていますが、こちらは、一般的なものと比較して価格が安い代わりに、配合されている酵素の種類が少ないです。ダイエット効果が弱いと評価されることが多く、ダイエット前提で酵素ドリンクを選ぶ場合は、その他のタイプを選択したほうが良いでしょう。

スポーツ用は筋肉を付けながら痩せたい人向けです。カロリー量が少なくないので、素早く痩せたい人に最適ではなく、むしろ、筋肉が付きやすくなった影響で、体重が増えてしまったという評価まで存在します。

ファスティングダイエット用は、糖質、たんぱく質、カロリー量に気を配られているだけでなく、味わいが濃すぎないという利点があります。また、若い人用のものもあれば、中高年の方向けの酵素ドリンクもあるので、どれを選べば良くわからない際は、店員に聞くなどして検討すると良いでしょう。

最近では、コラーゲンだけでなく、女性ホルモンに有効な成分が、多く含まれているタイプも販売されています。もし、飲み物だけダイエットによる肌荒れが気になっている人は、このような酵素ドリンクを購入し、ダイエット、美容に努めるのが最善かと存じます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.