オレンジのダイエット効果、食べ方には工夫が必要!

オレンジは果物の中でもダイエット向きの食べ物だといわれています。ただ、太る要素もあり食べ方を工夫しなくてはいけないです。

ダイエット中に甘いものが欲しくなった場合、ケーキなどを我慢する代わりに、オレンジを食べ過ぎない程度に摂ることがおすすめです。

胃腸が弱っている場合などには、様子を見ながらとることで消化不良などを防げます。

オレンジを食べ過ぎてしますうことで、体を冷やし、内臓も冷えて、働きが鈍くなります。その結果として代謝を落とし、太りやすい体を作ってしまう原因になります。

ダイエットでオレンジのカロリーは低い、でも太るといわれています


オレンジを使ったダイエット方法がありますが、オレンジをダイエットで使う場合には、注意点があります。

ダイエット方法を間違ってしまうと反対に太る原因となってしまいます。

オレンジを食べることで、ダイエットに効果がある人がいると思えば、反対にオレンジの低カロリーのせいで、反対に太ってしまったという人もいます。

それは、オレンジは食物繊維も多く腹持ちがよいという人もいれば、反対に低カロリーなもので食事を続けたせいで、ストレスが発生してリバウンドしたという人もいるからです。


オレンジで太ったという人は、甘いケーキ類やチョコの代わりにオレンジを食べていた人たちです。

ダイエットでも腹持ちということや満足感を感じ得ないことで、つい、つまみ食いをしたかったり、ストレスを感じる人もいます。

ただ、そんな人の特別なダイエット法としては、オレンジとチョコレートというスイーツをいっしょに食べてる、少し変わったダイエット法もあります。

食べ物の腹持ちが悪いということから失敗したダイエット法を、今度はオレンジと相性のよいチョコレートで甘さを調整してみます。

言い換えると、このダイエットは甘いお菓子を食べているけれど、気持ちの満足度の点でストレスを少なくして食べすぎを防いでくれる方法だといってよいでしょう。


通常はオレンジを摂ることで、脂肪燃焼に必要な代謝機能を高め、食物繊維で腸内環境を整えて便秘解消に役立ちます。

オレンジダイエットを失敗した人は、その低カロリーからストレスを感じたといえますが、オレンジは食べ過ぎても胃に負担のかかる食べ物です。

胃腸の調子がよくないときにはあまりおすすめできるダイエット法ではありません。食後に食べたり、チョコレートといっしょに食べるようにすればストレスも少なくなります。

ダイエットには、イノシトールが含まれたオレンジが効果的でおすすめ


オレンジジュースで肝脂肪を落とし、肝脂肪を予防することができます。それは、オレンジに含まれるイノシトールが脂肪によく働いてくれるからです。

このイノシトールという成分は、水溶性のビタミンでビタミンB群の仲間です。抗脂肪肝ビタミンと呼ばれています。


さらにこのイノシトールは、副作用がないのに注目された成分なのです。脂肪肝の治療では体内の脂肪の流れをスムーズにしてくれる成分です。

そのため、体内には余分な脂肪が付きにくく蓄積しにくくなります。内臓脂肪を落とすことで、肝脂肪を改善する働きがあります。

このオレンジに含まれるイノシトールという成分、実は末梢神経にも効果のある働きがあります。ほかにも血液中のコレステロール値を正常化したり、体にはとても期待できる成分が含まれています。


では、オレンジをどれくらい摂取すれば、肝脂肪対策に効果的なのかというと、それは1日に2個くらいは摂ることがおすすめです。

なぜなら、オレンジに含まれるイノシトールの量に関係し、肝脂肪対策に必要なイノシトールの量が1日500から2000㎎ということで、オレンジで摂るなら2個程度摂ればいいという計算です。

オレンジに含まれるイノシトールの量は約250㎎で、簡単にオレンジから摂るとなるとオレンジジュースにして2個分、コップ1杯で大丈夫ということです!

そして、オレンジジュースのつくり方についてですが、オレンジの袋と筋は食物繊維の宝庫です。ミキサーにいっしょに入れてジュースにします。


オレンジでダイエットする際には、ジュースは絞りたての方がおすすめです。ダイエットとしてのオレンジジュースは一日に2リットルくらい飲むようにしましょう。

ただ、ダイエットはオレンジだけでは不十分な点があります。生の果物や野菜を摂ることや豆類を摂る、デザート類など甘いものは避けてコーヒーやアルコールなどの飲料は摂らないようにします。

ダイエットについては、運動も欠かせません。ウォーキングなど週に2~3回、30分程度は必要です。

また、健康的な習慣を身に付けるようにすることも大切で、睡眠時間は8時間程度しっかりとるようにし、禁煙、ストレス解消のために何でもよいので趣味などを持つことはとてもおすすめです。

オレンジには便秘解消効果あり!腸内に蓄積された毒素を取り除く


体に溜まる毒素といっても、慢性的な便秘が続くことで、腸内にはどんどんと老廃物や毒素が蓄積されていきます。

腸内の毒素を取り除くのが、デトックスです。デトックスでは腸内洗浄などの方法で腸をきれいにしていきます。

オレンジを使ったデトックスウォーターであれば、もっと簡単に腸内のデトックスができますので、これから暑くなる夏にはオレンジを使ったデトックスウォーターなどがとてもおすすめです!

オレンジのデトックスウォーターは、疲労回復効果もあり、夏にはぴったりの飲み物ではないでしょうか?

デトックスウォーターはミネラルウォーターや水に野菜や果物、ハーブなどのエキスを混ぜたものです。これは最近、とても注目されてきているデトックス方法です。


美容、健康、ダイエットなどにさまざまな効果の見込めるデトックスウォーター。

なんといっても、ミキサーもなく手軽がるに作れてしまうのでとてもおすすめのデトックスだといえます。

デトックスウォーターの特徴は、まずはじめに水分をたくさん補給できるのがひとつのポイントです。

そして、デトックスでは体内の余分なものや毒素を排出してくれます!そのため、体がスッキリとして夏にはとてもおすすめの飲みものです!


デトックスウォーターの中では人気のものが、オレンジで作ったデトックスウォーターです。水分補給で便通改善効果や、美肌を整えるためのビタミンがとても豊富なところが嬉しいです。


フラボノイドが含まれているので、免疫力増強効果やコレステロールを下げる効果などがあり、体にはとてもいい効果ばかりなのです。

オレンジばかりではなく、オレンジとほかの果物を組み合わせてみても美味しいデトックスウォーターができます。

オレンジとイチゴやリンゴ、ブルーベリー、レモン、シナモンなどでもとても人気のデトックスウォーターができます。

イチゴやブルーベリーなどのフルーツには、抗酸化作用がりアンチエイジング効果がありますし、レモンを使うとクエン酸によるデトックス効果が期待できます。


また、オレンジとシナモン組み合わせてみると、代謝を高めて、食欲を抑えることで血糖値を安定させる効果があります。デトックスウォーターの中でもこれはとても人気の組み合わせとなっています。


デトックスウォーターのつくり方はとても簡単で、農薬を前もって除去するために、重曹を入れたボールでオレンジやフルーツをかきまわすようによく洗います。

オレンジやフルーツを輪切りにしたものをボトルに入れ、ミネラルウォーターを注いだら、蓋をして冷蔵庫などで3時間以上冷やしておきます。

オレンジは果物の中でいちばんダイエット向き、低カロリーでおすすめ


オレンジは、ビタミンが豊富な果物の中で、とても低カロリーでダイエット向きな果物だといわれています。

ダイエットしている人の中では、そのカロリーや糖質などが気になる人も多いかもしれません。


ただ、オレンジは食べ方次第では逆効果になる場合があり、注意が必要な場合もあります。

オレンジとは、果物の柑橘類のひとつでオレンジと分類されているものには、ネーブルやバレンシア、福原オレンジなどがオレンジカテゴリーに分類されています。
カロリーについては、

  • ネーブル~46cal
  • バレンシア~39cal
  • 福原オレンジ~39cal

以上は可食部(表面の厚い外果皮と果肉を包んでいる薄皮を除いた)100gあたりのカロリーです。

糖質でいえば、オレンジの炭水化物の量から食物繊維の総量を引いた計算から割り出されたものが糖質量になります。

ネーブルやバレンシアなど比較してみると

  • ネーブル~10.8g
  • バレンシア~9g
  • 福原オレンジ~9g

となっています。

これがカロリーや糖質がほかの果物などとどう違うのか比較してみると

  • キウイフルーツ~カロリー53cal/糖質11g
  • リンゴ(皮むき)~カロリー57cal/糖質14.1g
  • ぶどう~カロリー50cal/糖質15.2
  • バナナ~カロリー86cal/糖質21.4g

以上で、どれくらいオレンジがダイエット向きの果物であるかということがわかります。

温州ミカンと比べてみるとどうでしょうか?
温州ミカンはオレンジのネーブルやバレンシアと比べ、食べやすいところからつい食べ過ぎてしまう傾向があるみたいです。温州ミカンのカロリーは100gで45g、糖質が11.2gで糖質が高ことがわかります。

ビタミンCなどを比べてみるとネーブルは60㎎に対して温州ミカンは35㎎と少ないです。

ミカンとオレンジ、栄養やカロリーの違いを比較

オレンジでダイエットに効果があるのであれば、みかん類ではダイエットは成功しないのでしょうか?

みかんとオレンジとの違いといっても、まず原産地は同じでどちらもインドの野生のみかんでした。みかんが中国からアジアへ広がったのに比べ、オレンジはポルトガル、スペイン、地中海、アメリカなどを経由しています。

みかんはインドから中国を経て日本に入ってきたのですが、みかんの原種の「橘」を天皇の命により不老不死の果物として持ちかえったとされています。

その後はしばらくは、薬として取り扱われていたみたいでした。果物として食べられるようになったのは江戸でも後期のことのようです。

オレンジは、インドのアッサム地方で誕生したものがアメリカに伝わり、その後明治時代にアメリカから入ってきました。


一般的にオレンジといったときには、バレンシアオレンジのことをいいます。

日本ではみかんの種類はほとんどが温州ミカンですが、オレンジではネーブルオレンジやバレンシアオレンジがよく知られています。

オレンジとみかんを比較してみると、温州ミカンなどにはβ-クリプトキサンチンが含まれ、骨粗鬆症や糖尿病、美肌などに有効とされていますし、共通している部分ではビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCがあげられます。

ビタミンCはオレンジにもみかんにも含まれる栄養素です。みかん100gに対してビタミンCは32mg含まれていて、オレンジ100gにはビタミンCも40~60㎎も含まれています。


ただ、ダイエット向きということでは温州みかんにだけ含まれている成分でシネフィリンという成分で、体脂肪を分解して食欲を抑える働きもあります。

老廃物を排出するといった点では、みかんやオレンジの袋や筋に含まれるヘスペリジンという成分(ビタミンP)が毛細血管を強くしてデトックス効果を高めてくれます。

オレンジダイエットはメリットとデメリットをよく把握しておこう!

正しいオレンジダイエットは、オレンジを1食の食事として変えるのではなく、オレンジを小腹が空いた時点で1個食べるだけのものです。

オレンジのダイエット効果はオレンジの食物繊維が腹持ちをよくし、次の食事の量を減らす効果も期待できることです。

ダイエットには、新鮮なオレンジを選ぶようにすることや、無農薬でワックスなどがかけられていないものを選んでください。

オレンジダイエットではオレンジを積極的に摂取することでダイエット効果が高まっていきます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.