練り物系はダイエットの味方!?話題の練り物ダイエットをご紹介

練り物を食べてダイエットというのは、今ではダイエットの新常識とされています。

ですが、どのような成分にダイエット効果があるのか、その辺りがハッキリしていないのも事実です。そのため今回の記事では、ダイエット効果とはなんなのか、どのようなタイミングでどの練り物を食すると良いのか、そのことを1つずつ明らかにしましたので、ダイエットの知識を得る上でお役立てください。

練り物が体に良い理由!はんぺんの性質を理解すると良くわかる

練り物がダイエットに良いというのは本当のことです。例えば、練り物の中で良く食べられているはんぺんの性質を知ると、なぜダイエットに良いのかを良く理解できるようになります。
  • 低カロリー
  • 消化されにくい

はんぺんは低カロリーと言われていますが、100gあたりでは94kcalなので、低カロリーというのは本当のことでしょう。炭水化物を多く含む食材(お米など)と比較すると、半分程度のカロリーで済みますし、なにより消化されにくいという特徴を有しているのです。

消化されにくい食べ物を食べていると、以下のような人体にとって良い効果を得られるようになります。

  • 血糖値の急上昇を避けられる
  • お腹が減りにくくなる

上記の2点は、どちらもダイエットに良い効果として知られています。

例えば、血糖値の急上昇を避けられるようになると、血管年齢に対してアンチエイジング効果があることで有名です。血管というのは、急に血糖値が上がる生活を繰り返していると、血管の内側から悪化しやすくなり、その影響で血流が悪化することもあるのです。

しかも、はんぺんなどの練り物は消化されにくいため、お腹が減りにくくなるのです。ダイエット中に良く登場する敵は空腹のため、このような効果を得られるのは大きいでしょう。

また、味わいが薄いと感じる場合はハム、チーズと一緒に焼くというのも良いです。両方ともたんぱく質が多く含まれているので、ダイエットをしながら筋力アップのような生活を送れるようになります。

さらに、はんぺんにはビタミンB12も含まれています。ビタミンB12には以下の健康効果があるため、今では意識的に摂取する人が増えてきました。

  • 貧血予防の効果
  • 細胞機能を維持する効果

練り物の調理法!時短にもなる料理が多いのも魅力的!

はんぺんなどの練り物は、栄養成分だけでなく、調理法もシンプルなためダイエッターの間で人気となっています。

例えば、白だしを使って煮込む、もしくは、細かく切り刻んでサラダの中に混ぜるという調理法だけで、立派な料理が完成するのです。

また、このような調理が可能な理由は以下のとおりです。

  • 加工されたものが販売されている
  • 減塩の配慮がされている

はんぺん、ちくわの中にはビタミンが豊富なものもありますが、このような練り物はダイエットだけでなく、家族の健康維持にも最適です。

  • 代謝機能が改善する
  • 脂肪燃焼効果が高まる
  • 糖質の代謝も改善される
・代謝機能とは

新陳代謝のように、健康を維持するために必要な機能のことです。

代謝機能が改善されると、寝起きが良くなったり、もしくは、疲労回復などが安定するようになるため、精神の安定を生む効果も注目されるようになりました。

本来、上記のような健康効果を得るためには、辛いトレーニングを繰り返さないといけません。

人によっては、運動などに時間を割くことが難しく、また、運動で使用するトレーニンググッズの用意が、経済的理由により困難ということもあるでしょう。ですが、練り物ダイエットは、練り物を食べるだけでダイエット効果を得られるので、今のような人気を誇っているのです。

また、練り物の脂肪燃焼効果を高めたい場合ですが、サラダに混ぜる際にオリーブオイルをかけると良いです。オリーブオイルは体の中で燃えやすい性質があり、その影響で発汗、脂肪燃焼効果を生み出すオイルとして注目されています。

ただし、調理用油のほとんどは大さじ一杯分で70~100kcalを有しているため、かけすぎるのは良くありません。

小腹が空いた!そんな時にも効果的な練り物ダイエット

練り物はおやつとしても良いので、ダイエットのために食べる人が増えてきました。また、おやつの代わりに食べた場合のダイエット効果は、以下のとおりとなっています。
  • リバウンドの抑制
  • 摂取する塩分、糖質の抑制

はんぺん、もしくはちくわの中には多くのたんぱく質が含まれています。

たんぱく質というと、良く運動している人でなければ筋肉増強の効果を得られない、というふうに勘違いしている人が多くいますが、実際はどんな人であっても良くたんぱく質を摂取したほうが良いのです。というのも、食事制限などの理由により、たんぱく質の摂取量が不安定な人が多いからです。

たんぱく質の摂取量が少ない生活を送っていると、その影響でリバウンドしやすくなるので注意してください。

  • 筋肉は日々衰えていく
  • たんぱく質は筋肉、骨、血管の維持で使われている

生物というのは、老化現象を避けることができません。遅らせることができるのですが、そのためにはたんぱく質を摂取していないといけないのです。

たんぱく質が不足しがちな人の場合、不足しているたんぱく質を筋肉が補う仕組みになっています。筋肉に蓄積されている栄養がたんぱく質の代わりとなり、体が衰えてしまうのを防いでくれるのです。

ですが、肝心の筋肉量が下がってしまうと、脂肪燃焼効果の弱い体になってしまい、俗にいう痩せにくい体質になってしまうのです。また、筋肉がしっかりと維持されている体は、発熱、発汗により塩分、糖分が使用されやすくなり、脂肪の蓄積そのものを抑制することも可能となります。

適度に運動されている人は、食事量が増えたとしても太りにくいとされていますが、このような筋肉の性質によって、太りにくい体内環境が出来上がっているだけなのです。

なので、たんぱく質を多く含む練り物を食べていると、自然とダイエット効果を得られるのは当然のことと言えます。

人気の練り物!色々な料理に役立つ具材として人気が高い

練り物の中には、かまぼこのように細かく切って食べるだけの具材もあります。

ですが、ダイエッターの中には、はんぺん、ちくわだけでなく、かまぼこを良く食べている人もいるのです。というのも、かまぼこには以下のような栄養成分が含まれているからです。

  • ビタミンD:骨の丈夫さを保つ際に必要
  • キチんキトサン:脂肪吸収を抑制する効果

近年では、ビタミンDを多く含む食材も注目されるようになりました。その理由ですが、ビタミンDは限られた食材からしか得られないからです。

今までは、摂取量が足りていると思われていた栄養成分だったのですが、現代人の食生活はかなり変わってきているため、あえてビタミンDを摂取するために、かまぼこを食べる人も増えてきたのです。

ちなみに、男性より女性の間で人気の栄養成分でもあります。その理由は、ビタミンDをしっかり摂取していると、骨が丈夫になり姿勢が良くなるからです。

姿勢が良くなると消費カロリー量が増えることで話題になり、猫背のような姿勢になりやすい人の場合、骨が丈夫ではないため、姿勢の維持が困難という人もいます。また、猫背の場合は胸、お腹周りの筋肉量が減りやすく、その影響でプロポーションに悪影響を及ぼすこともあるのです。

また、かまぼこにはキチんキトサンが含まれています。今では、ダイエット食品に多く含まれるようになった健康成分なのですが、一部の練り物に多く含まれるという特徴があります。

それと、かまぼこは他の練り物より低カロリーではありません。1本あたり約100~200kcalのため、かまぼこを購入する際は、成分表示の欄を見てカロリー量をチェックしてから購入したほうが良いでしょう。

ダイエットの基礎知識!練り物に過剰な期待を寄せないようにする

練り物を食べると、100%ダイエットに成功するわけではありません。

以下のような形でダイエットに失敗する人もいます。

  • 揚げ物の練り物を食べている
  • ちくわぶを食べている

特に注意したほうが良いのは、揚げられている練り物なのか、それとも揚げられていない練り物なのかをチェックすることです。

例えば、磯辺揚げのように練り物を使った美味しい食べ物もありますが、こちらは油の影響で塩分、糖質ともに高い食べ物です。これらの栄養成分は体に悪いだけでなく、リバウンドのリスクを上げているだけなので避けたほうが良いでしょう。

揚げ物に使用されている油も、酸化している可能性があるため良くありません。

近年では、ダイエットを意識して脂肪酸などに着目している人も増えてきました。油というのは、調理後に素早く摂取するのは良く、長く空気に触れて酸化しているものは体に良くありません。

というのも、脂肪酸の影響により消化、吸収を悪化させることがあるからです。すると、使用されなかった栄養成分として脂肪に変換され、脂肪の付きやすい太りやすい体質になってしまうのです。

練り物ダイエットを行っているのに、なぜか満足のいく成果があがらないという場合は、このような食べ物を食べていないかチェックしてみましょう。

それと、ダイエット用の練り物製品ははんぺん、ちくわ、かまぼこなどです。ツルツルとした見た目なので判別が楽なのですが、ちくわぶは練り物ダイエット向きではないので注意してください。

  • 高カロリーな食べ物
  • 炭水化物を多く含む

ちくわぶのカロリー量は、100gあたり約170kcalなのでカロリー量が少ないわけではありません。同量では、ご飯と同程度のカロリーを摂取しているのと変わりません。

さらに、たんぱく質が含まれていないという問題を抱えているため、筋肉増強を狙ってちくわぶを食べても、筋肉増強の効果を得られないのです。分類的には炭水化物に等しいと捉えて、ダイエットのために役立てないほうが賢明でしょう。

ちょっとした工夫で減塩!練り物のダイエット効果を高める方法

練り物の上手な食べ方ですが、煮込んで食べるようにしましょう。

煮込んで食べることで、以下のような健康効果を得られるようになります。

  • ストレス発散の効果
  • 食欲を抑える効果

女性の間で人気のダイエット法に、鍋ダイエットというものがあります。こちらは野菜、肉類、練り物などを入れて、美味しく鍋料理をいただくというものなのですが、練り物ダイエットと同じようなダイエット効果を得られることで話題です。

良く煮込まれた温かい料理は、口の中に味わいが広がるため、その影響で食事を行っているという実感が強まります。また、適度な熱を有するのでお腹を温めてくれる効果があり、冷え性、むくみ、お通じの問題を解決する効果も得られるのです。

さらに、温かい食べ物を食べていると、その影響で発汗することが多くなるのですが、温かみを感じる食べ物を食べていると、それだけでストレス発散となることもあります。そのため、今では練り物ダイエット、鍋ダイエットなどが人気を博しているのです。

さらに、温かい食べ物には食欲を抑える効果もあります。

温かい食べ物を食べるだけで、大量の食事を行った時のような満腹感が発生します。このような効果が発生する理由は、食事の際に良くアゴを動かすようになるからです。

脳というのは、食べ物を良く噛んで食べている時ほど良く働き、その影響で食事量が少なくても満足することが多くなります。すると、食事後に小腹が空くといった問題が起きず、夜食などの癖を解消する際にもうってつけの対処法なのです。

なにより練り物のほとんどは保存が効くだけでなく、低カロリー、そしてお財布にも優しいという特徴があります。ちくわ1パックは100円前後、そしてはんぺんは150円前後で売られていることが多く、ちょっとした手間だけでダイエットを始めることが可能なのです。

このような良い特徴を多く有しているため、今では、練り物ダイエットが盛況となっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.