レコーディングダイエットで痩せた人続出!一週間から始めてみよう!

レコーディングダイエットは、太る要因を減らすことで、ダイエットに成功できる方法として有名です。

今では、レコーディングダイエットだけの書籍も多く、実践者の数も増加傾向にある状況となっています。なぜ、今でも人気が高いのか、また、どうしてレコーディングダイエットであれば痩せられるのか、そのことが気になっている人に向けて、レコーディングダイエットの詳細を案内させていただこうと思います。

管理された生活!レコーディングは精神的な問題にも良い?

レコーディングダイエットとは、記録を行うことで痩せやすい状況を作り出すダイエット法です。従来のダイエット法とは違い、長い期間をかけてダイエットを成功に導きます。

そのため、レコーディングダイエットには、以下のような長所があると言われています。

  • 情報の記録
  • 情報の精査
  • 精神の安定

レコーディングダイエット中に体重が1kg増えたとします。ですが、その時はレコーディングを確認するだけで問題なく、最近になって何をしたために太ったのか、そのことを良く精査できるようになっているのです。

例えば、急に外食が増えたのであれば、外食が太る要因として絞り込まれますし、外食を行わないように配慮してから痩せた場合、具体的にどの程度の効果を得られたのかがわかるのです。

逆に、ハードトレーニング、過度な食事制限でダイエットを行っている場合、すぐに痩せられるものと決めつけて、効果が出なかった際は精神が不安定になることもあります。これでは、精神病にかかってしまう恐れもあるので、レコーディングダイエットが奨励されるようになりました。

また、レコーディングダイエットは男性より、女性と相性が良いと言われています。その理由ですが、女性は日記などを付ける頻度が高い、そして、自分で決めたルールをしっかりと守る人が多いからです。

精神的にダイエットを続けるのが困難だった、もしくは、ダイエットで高い成果を得たことがないという人は、レコーディングダイエットを始めることによって、具体的な問題点を探ってみるのも良いでしょう。レコーディングはお金、時間をほとんど使いませんので、この辺りも高く評価できるポイントです。

カロリー計算が得意になる!女性から評価されているダイエット法

レコーディングダイエットの実践者は、主に女性とされています。

その理由ですが、レコーディングを行うことによって、摂取している栄養を正確に割り出すことができるからです。

女性の場合、外食を利用する頻度が高まるにつれて、太りやすい体質になることが多いです。ファーストフード店、もしくは、ボリューム満点の料理を提供しているお店は多く、現代では、女性の利用者が増えているため、激太りを体験している女性が増えてきました。

しかし、レコーディングダイエットを行っている場合、1日に摂取して良いカロリー量が決まっていますし、食材ごとのカロリー量の計算も行えます。

カロリー量の計算は、以下の方法で処理できますので、食材ごとのカロリー量を、すべて記憶していないといけないわけではありません。

  • カロリー計算が行えるサイトの利用
  • カロリー計算が行えるアプリの利用

また、栄養摂取量についても、サプリメントを利用することで栄養バランスの調整を、簡単に行うことができます。サプリメントでは、以下のものがレコーディングダイエットと相性が良いため、事前に揃えておくと良いかもしれません。

  • マルチミネラル
  • マルチビタミン
  • Lカルニチン
  • ナットウキナーゼ
  • カプサイシン

サプリメントは、上記のものをすべて揃えないといけないわけではありません。脂肪燃焼効果を得たい場合は、Lカルニチン、ナットウキナーゼ、カプサイシンを購入すると良いでしょう。

栄養バランスが悪い生活を続けている場合は、栄養バランスの改善に良いマルチミネラル、マルチビタミンを購入すると良いです。補足となりますが、今ではマルチミネラルビタミンというサプリメントもあるので、栄養摂取量にこだわりたい場合は、こちらを購入したほうが無駄な出費を減らすことができます。

食生活が変わる!レコーディングダイエットで成功する人が多い理由

レコーディングダイエットが人気の理由に、リバウンドの可能性が低いからという理由があります。レコーディングを行っているだけなのに、なぜリバウンドの可能性が低くなるのかというと、以下のような対応が可能になるからです。
  • リバウンドのタイミングを理解できる
  • 体重減少のメカニズムを理解できる
・リバウンドのタイミングとは

リバウンドは過食などの問題で発生するケースと、食事制限による反発で発生するケースがあります。

過食の場合、過食後すぐにリバウンドが見られることもあります。ですが、食事制限の場合は、ダイエットを開始してから2週間、もしくは3週間目にリバウンドが発生しやすくなるのです。

レコーディングダイエットの場合、リバウンドが発生しやすい2週間以降の体重に対して、控えめの評価を行えるようになります。例えば、2週間目、3週間目に痩せられないのは、リバウンドしやすい状態だからというふうに、妥協も含めてダイエットを継続できるのです。

レコーディングダイエット以外のダイエットは、この時に無理をして痩せようとします。ですが、リバウンドの影響もあり太りやすい体質に戻り、その影響で強いストレスを抱えることもあるのです。

また、人はストレスが発生しやすい状態ほど、糖質、脂質を求める体になってしまいます。これらの栄養はすべてリバウンドのエサでしかありません。

糖質は、エネルギーとして使用されない場合に脂質になり、脂質は、内臓脂肪として蓄えられることが多いです。内臓脂肪は燃えにくい脂肪のため、ちょっと運動した程度では燃焼することができません。

これがリバウンドのメカニズムなので、リズム良くダイエットする計画を立てないと、ここぞという時に大きなミスをしてしまうのです。また、リバウンドは一定の間隔で発生する問題のため、長くレコーディングを行っていないと、リバウンドの周期を理解できなくなります。

このような問題の改善にも効果的なので、レコーディングダイエットは、今のような評価を得られるようになったのです。

リバウンドの可能性が小さい!レコーディングならではの長所

レコーディングダイエットの長所の1つに、体型維持に向いているという長所があります。

体型維持は以下の要素に対して、適切な対処を取っているかが重要です。

  • 摂取している栄養量の把握
  • 不足している栄養量の把握
  • 年齢に合ったカロリー量の把握

摂取している栄養量というのは、例えば、ミネラル、たんぱく質、ビタミンが該当します。レコーディングを行っていない場合、これらの栄養は不足していないと考えてしまうことが多くなります。

ですが、ビタミンB群、鉄分、カルシウム、カリウム、必須アミノ酸が不足している人は多く、栄養バランスについて、正確な知識を持っていない人は多くいるのです。緑黄色野菜は肉類の倍以上の摂取が必要、鉄分は野菜から多く摂取できる、カルシウム、カリウムはミネラルウォーターから摂取できるといった、このような知識を持っているかどうかも重要です。

必須アミノ酸は、肉類の中ではレバー(豚肉、鶏肉のレバーなど)、魚肉の中では青魚(アジ、サバなど)に多く含まれているため、どの肉を食べても同程度の摂取量というわけでもありません。

これらの栄養が不足していると、脂肪燃焼量が減ってしまうだけでなく、蓄積している疲労を減少させることが難しくなり、気が滅入ることが多くなってしまいます。

レコーディングダイエットは、体力の増強、そして、必須とされている栄養の種類、栄養量に詳しくなれるので、長くダイエットを続けていく際に、必要となる知識を学べるダイエットとしても支持されています。また、これほどの努力をしないと、体型維持が難しい現実を理解できるため、無駄な食事を行ってしまう問題を、未然に防ぐことも可能となるのです。

レコーディングの方法!シンプルなのに効果的なダイエット法

レコーディングダイエットの基本となりますが、カロリー摂取量を意識して、ダイエットを継続する必要があります。

  • 男性の基礎代謝量は1500kcal
  • 女性の基礎代謝量は1200kcal

上記は、成人以上の男女の基礎代謝量です。また、どうして基礎代謝量を意識してダイエットを行うのかというと、基礎代謝量を無視してダイエットを行うと、体調不良に見舞われやすくなるからです。

人間の体は、不要なエネルギーを再利用することが少なく、内臓脂肪として蓄える性質があります。

そのため、摂取カロリー量が増える生活をされている場合、不要と判断される脂肪が増えていくのですが、これは、内臓に蓄積される脂肪が増えるだけではありません。このような問題以外にも、以下のような問題まで起きてしまうのです。

  • 血流が悪くなる
  • リンパの流れが悪くなる
  • 睡眠時無呼吸症候群が重症化する
・睡眠時無呼吸症候群とは

体内の脂肪量が増えるにつれて、口腔内に入り込む酸素量が減るという問題です。

体全体が脂肪により圧迫されやすくなると、体は口を大きく開けるなどして、呼吸による酸素供給量を増やさないといけません。ですが、増やせる酸素供給量には限度があり、酷いケースでは、上手く呼吸ができなくなることもあります。

このように、生活そのものの質に関わってくる問題なので、基礎代謝量を守って、脂肪をあまり増やさない生活を続けたほうが良いのです。血流、リンパの流れが悪くなると、栄養の消化、吸収にかかる時間が長くなり、その影響で、糖質などのエネルギーが低効率で使われるようになります。

そして、糖質が脂肪に変換されやすくなるのです。レコーディングダイエットを正しく続けていると、このような悪循環を改善できるようになります。

そのため、一般的なダイエットでは高いダイエット効果が出なかったのに、レコーディングダイエットでは、気持ち良いほど痩せる人もいるのです。

どの記録方法が望ましい?痩せるための記録方法と効果の違い

レコーディングのタイプですが、有名な方法は以下の3つとなっています。

  • 手帳、ノートなど
  • エクセル
  • アプリ

手帳とは、ノートのような大きさのものであれば、どれを選んでも問題ありません。ただし、小さすぎるものやカラフルなため、テキストなどを確認することが困難なものは避けたほうが良いでしょう。

手帳は、1日の終わりに記録を残すことが用意です。持ち運びも楽ですし、今では、100円ショップで簡単に入手できるため、レコーディングダイエット初心者に最適なアイテムでしょう。

また、レコーディングダイエットを行っている方々から選ばれているのは、ポケットサイズの手帳です。ポケットに収納しやすく、紛失してしまうリスクが小さいだけでなく、小型ペンを挟んでおけるため、レコーディングダイエットに最適であると評価されています。

エクセルは、多くの情報をまとめて記録できるため、レコーディングにおいて利便性が高いと言われています。ただし、エクセルで使用する関数、もしくはフィルタの知識がないと、有効活用できない可能性があります。

長くレコーディングを行う予定がなく、且つ、エクセルの使用経験が無い場合は、手帳、アプリを選択したほうが無難でしょう。

アプリは、若い女性から支持されている、スマートフォン専用のアプリのことです。スマートフォンは、ポケットサイズの手帳並みの大きさなので、持ち運びが楽という長所があります。

また、レコーディングダイエット用アプリのほとんどは、毎日の記録、記録された情報の精査、アドバイスを自動で行ってくれるので、ほぼアプリに任せる形で、ダイエットを進めたい人向けの機能を多く備えています。ただし、マニュアルに載っている使用方法を熟知していないと、上手に利用できないこともあるので注意してください。

それと、アプリにはSNS機能も搭載されています。SNS機能をONにしていると、SNSサイトで有名なtwitter、facebookに対して、レコーディングダイエットの記録を投稿できます。

優秀な機能なのですが、自身の情報をネットにアップロードする行為なので、慣れるまではOFFにしておいたほうが、安全にレコーディングダイエットを進められるでしょう。

ブログ、SNSの効果!レコーディングと実は相性が良いって本当?

今では、自身のダイエット記録を、あえてブログ、SNSで公開する女性が増えてきました。

過去であれば、若い女性ばかりが利用していたのですが、今では、中高年の方もスマートフォンの所有率が高まっているため、抵抗なく利用される人が増えています。

なぜ、ダイエット記録を公開する人が増えているのかというと、それは、以下のような効果を得られるからです。

  • ネット上で人とのつながりを得られる
  • 達成感、優越感を得られる
  • 精神的な甘さを克服できる

ブログ、SNSにはコメント投稿機能が搭載されています。つまり、ブログ、SNSを良く見てもらえるようになると、サイトを訪れた人たちから、コメントをもらえるようになっているのです。

コメントをもらうことで、ダイエットで苦しい思いをしているのは、私だけではないことを理解できますし、人との間に絆を感じるようになると、さらに頑張って、褒めてもらえる頻度を高めたいと思うことが多くなります。

ダイエットは、リバウンドの期間が存在するため、頑張っても簡単には報われません。そこで、みんなで励まし合うことの大切さを学ぶ人もいますし、他の人よりスムーズに痩せられていることに対して、達成感、優越感を感じる人もいるのです。

また、このような努力は辛いと感じるより、楽しいと感じることが多いため、1人でダイエットを頑張っていると、ついついダイエットをやめたくなってしまう、そんな精神的な甘さも克服できるようになります。

補足となりますが、ブログ、SNSともに無料でアカウント登録が行えるようになっています。有料会員登録を行わない限りは、料金が一切発生しないため、お金のことを気にしないで続けられるのも魅力的でしょう。

デメリットは、定期的にコメントの確認、返信を行わないといけないところです。このような努力を怠っていると、アクセス数が伸び悩み、サイトを維持する気力を保つのが困難になってしまうでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.