生活リズムの乱れがダイエットに悪影響!不規則な生活はどう改める?

日頃からダイエットに取り組んでいるものの、あまり効果が出ないと嘆いている人、多いですよね。頑張っている割にはなかなか反映されなくて、途中でダイエット放棄なんて事もよくあることです。

ダイエットを頑張っているのにも関わらず、なかなか反映されない方、もしかしたら生活リズムが狂っていませんか。

実は生活リズムを整えるだけで、ダイエット効果がグンと高まるという話があるんです。

一体その真相はどういうものなのか…調べてあります。長い間、ダイエットをしているのにも関わらず、なかなか結果が出ない方、最後まで読んで是非、ダイエット成功に導くためにも参考にしてほしいと思います。

生活リズムは大切!規則正しくすることでドカ食いが減らせる!

ダイエットをするにあたっての食事、これは痩せたい人にとっては永遠のテーマです。

大好きなものや、おいしいものに関してはドカ食いをしてしまう人も多いのではないかと思います。

しかしドカ食いをするのも、一つは生活リズムが乱れているからと考えられているんです。

例えば生活リズムが整い、生活改善し、規則正しい生活をするようになると、食事する時間がある程度決まってくるようになります。

そうなると、体とは不思議なもので、この時間に食べる量は大体これだけ…と認識するようになってくるんです。

脳は「このときの食事はこれぐらいのものなんだ」ときちんと把握するようになれば、いつもよりもたくさん食べようとしても、それ以上は受け付けなくなることが多いんですよね。

ところが、食事の時間が不規則だと、胃の容量の認識が脳内でなされず、少なく食べることも出来ますし、多く食べ過ぎる事も容易なんです。

規則正しい生活を繰り返すことで、脳は食べる適量容量をしっかりと認識しやすく、その結果、ダイエットに繋がりやすい…ということになります。

腹八分程度で食べて、生活リズムと整えると、それが当たり前になり、思っているよりも簡単に、苦にならずダイエットが出来ると言われています。

間食したい感覚が不思議と減る!

甘いものの誘惑…おいしいですけど、ダイエット中にはつらい誘惑ですよね…。

ただ、生活リズムを整えると、不思議と間食をしたくなくなるんです。

食事の後の間食、つまりデザートなども、食べない習慣をつけることで脳はそれを把握しますので、さほど食べたくなくなるんです。

しかし生活リズムが崩れると、食べる時間も食べる容量も認識が出来づらくなりますので、甘いものもどんどん食べることが出来るようになるんです。

生活リズムを整えて、間食は予定に入っていないという認識が出来るようになると、間食したいという欲求も自然と薄らいでいきます。

生活リズムを整えるということは、それだけ食生活に影響を及ぼすと言うことになりますね。

因みに間食の癖がある方、間食を辞めるだけでも相当なダイエット効果があるといわれていますよ。普段の食事を減らさなくても、間食分のカロリーを減らすことが出来ますので、それだけでもびっくりするぐらいのダイエット効果がある方もいます。

ぽっこり解消!生活リズムが整うと腸の動きが正しくなりやすい!

生活改善し、リズムが整うと、体の中の臓器もすべてリズムを取り戻しますので、整腸作用が高まり、便秘などの悩みも解消されやすくなります。

便秘で悩んでいる方は、お腹がぽっこりとでていませんか。

洋服が入りにくいと嘆いている方も多いと思いますが、腸内リズムが整うと、当然、便秘からも解消されやすくなりますので、下腹がぽっこりと出るという悩みからも解放されます。

生活リズムがきちんと整うと、体の中の臓器もきちんとそれに応えてくれるようになるのは嬉しいですね。毎日、便秘で悩んでいる方は腸内環境を整えるためにも是非、理想的な生活リズムを取り戻すようにしてみましょう。

仕事がある方は、なかなか生活リズムをきちんと整えることは難しいかもしれませんが、余裕があるときは、暴飲暴食を避け、早寝早起きなどを実践するように心がけてください。

それだけでもかなり体は変わってくるはずですよ。

成長ホルモンがカギ!夜10時から深夜2時には熟睡しよう!

人間には成長ホルモンの分泌というものがあります。この成長ホルモンは体に蓄積された脂肪に作用し、痩せやすい体をつくるといわれています。

ただ、残念なことに、この成長ホルモン、一番活発に分泌されるのが、夜の10時から深夜の2時までと言われているんです。

睡眠時間のゴールデンタイムで、この時間にしっかりと熟睡できていれば、かなり痩せやすい体を作ることが出来ると言われています。

大人になるにつれて、どうしても夜更かしをしてしまう傾向がありますので、正直、夜の10時には眠るという事は相当難しいと思います。

ましてや、働いている人にとっては残業や人とのつき合いなどもありますので、この時間に眠るのは不可能に近いですよね。

しかし10時に就寝するようにするだけで、成長ホルモンの分泌は盛んとなり、体質を大きく変えるきっかけになる可能性が高いんです。

夜の10時に眠るのは生活リズムを整えるための基本となりますが、その時間がどうしても難しい方は、遅くとも11時までには就寝するように頑張ってみましょう。

ダイエットにはポジティブさが大切!自律神経が整いやすく前向きに!

そしてダイエットをするのに大切なものは、前向きな感情です。

ダイエットすることにネガティブになると、どうしても挫折をしてしまったり、長続きしなくなります。

痩せた自分を想像することが出来たり、痩せるときっと楽しいことが待っているという前向きな気持ちを持ち続けるには、しっかりと自律神経を整え、交感神経も副交感神経もしっかりと働いてくれる環境を整えなくてはなりません。

自律神経が乱れ、交感神経や副交感神経が乱れると、どうしても精神的にも負担が大きくなるようになり、何事についても前向きに考えられなくなります。

しかし生活リズムを整えて生活改善すると、自律神経がきちんと立て直り、精神的にも落ち着いてくるようになります。

そうなると、ダイエットに対しても気持ちが前向きになり、成功しやすくなるんですよね。

自分の精神的な部分にも生活リズムは非常に影響を及ぼすということになりますので、最近、ダイエットについて前向きでなくなったという方は、是非、前向きになるように生活を改善して、精神的に落ち着いた自分を取り戻すようにしてみましょう。

体のだるさが取れ、アクティブに動きやすくなり運動効果がアップ!

生活リズムを整えると、自律神経等も整いやすいという話をしましたが、それらの作用もあり、体のだるさが取れるようになります。

精神的にしっかりと安定すると、しんどさをあまり感じなくなりますので、体を動かしやすくなり、それがまたダイエットに繋がりやすくなるんです。

生活リズムが整うだけで精神的に安定するようになり、それらが運動能力も高める…からだはすべて繋がっていますので、これらは当たり前に起こる反応なんです。

生活リズムを整えるだけで、体はこれだけ大きく変わってくるということですね。

まとめ!体内時計が正しくなると体のすべての不調が同時改善!

結局、生活リズムを整えるということは、肥満だけではなく、精神的な不調や体の不調をすべて取り除く作用があるということになり、不定愁訴などが一度に解消される期待がかなり高いということになります。

ダイエットをしてもなかなか効果がない、体調不良で、ダイエットをしたいという前向きな気持ちにならないなど、体のありとあらゆる不調などがある方は、是非、生活リズムを整える
ようにしてみましょう。

今までの不調が嘘みたい、今までの肥満が嘘みたいに劇的に変われる可能性がありますよ。

生活リズムを整えることで、悪い要素は一つもありません。

最近不調が続く、ダイエットをしても長続きしないなど自分の体についての悩みがある方は是非、生活を見直してみてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.