間食におにぎりは太る!?炭水化物にとりすぎに注意!

昔からダイエットは永遠のテーマなのですが、昔に比べて色々なダイエット方法がありますよね。今は糖質制限ダイエットというものが流行っていて、一生懸命試している人も多いと思います。

糖質制限ダイエット中は糖質をとってはNGというダイエット方法になりますので主食を食べては原則、いけないことになっています。

しかし主食を食べないと、お腹が空いてしまって、全く持たないという方もたくさんいると思います。

それでは間食におにぎりを食べるのはどうなのでしょうか。

間食ですので量はさほど多くないはずです。それでも食べてはいけないのでしょうか。

その辺りについて調べてありますので、是非、最後まで読んでみてほしいと思います。

おにぎりはぶっちゃけ太るの?ダイエット中の炭水化物ついて

ダイエットの方法はいろいろあるのですが、日本人にとって主食を抜く方法というのは結構辛いものがあります。

最近では糖質制限ダイエットが流行っていて、主食を抜く代わりにお肉などを沢山食べてもいいと言うルールの元、頑張っている人がたくさんいます。

しかし本当に炭水化物はダイエットの敵なのでしょうか。

確かに糖質制限ダイエットは非常に効果的で、ダイエットの効果も早く現れ、急いで痩せたい人にとっては非常に良いダイエット方法だと思います。

しかしあまりにも徹底した糖質制限を行うと、反動が来てしまい、失敗に終わるケースが非常に多いんです。

また炭水化物はある程度取らないと力が湧いて来ず、エネルギーとなりません。

エネルギーが湧いてこないと活動能力も下がってしまうので、動くことが億劫となり、毎日生気のない表情になったりすることも結構あるんです。

主食を食べられない代わりに、たくさんお肉を食べても良いということなのですが、毎日毎日そんな食生活も続けてはいられません。

必ず飽きが来ますし、ご飯が食べたいなという気持ちが日に日に大きくなると思います。

結局、フラストレーションが溜まりに溜まったダイエット方法となりますので、糖質制限をするのは良いのですが、あまりにもストイックな方法はお勧めしません。

どうしてもおにぎりが食べたければ、少量のおにぎりならば許容範囲だと思います。

ストレスが溜まったダイエット方法は結局、長続きしませんので、どうしても間食におにぎりが食べたくなったら食べても良いと思います。

ただし、美味しさのあまり食べ過ぎないようにだけは気をつけてください。

糖質制限に拘らないダイエット方法ならば、特に問題無し!

糖質制限ダイエットにこだわらなければ、感情でおにぎりを食べることは悪いことではありません。

何も糖質制限だけがダイエット方法ではありません。運動をして、筋肉を鍛えるダイエット法を取り入れている人もいるでしょう。

少量のおにぎりならば、むしろお腹が空きにくくなりますので、食事から食事の空腹感が間持ちするようになります。

これはダイエットを継続していく上で非常に大切なことで、あまりにも空腹感が続いた状態でダイエットを続けていても、必ず躓く時がやってきます。

間食に小さいおにぎりを二つ三つ食べるのは、何ら問題が無いと思って構いません。

確かに食べ過ぎてしまうと、余分な糖質は脂肪になってしまいますので考えものなのですが、ご飯とご飯の間の間食に少量のおにぎりを食べたからといって、それがすぐに体重に反映するとは考えにくいです。

食べても良いけど、食べ過ぎない!ここが大切

要は何でも食べ過ぎるからいけないんです。

少量ならば何も問題がないのに、糖質制限を行っている方はたった一つのおにぎりに対して、神経質になりすぎる傾向があります。

確かにそのたった一つのおにぎりに含まれる糖質の量まできちんと計算して糖質制限を行っているからこそ、結果が早く出るのだと思いますが、そうなるとスリムな体を維持するのに、一生続けていかなくてはならないダイエット方法と言うことになります。

正直、考えるだけでも息が詰まる人が多いんではないでしょうか。

糖質制限ダイエットを行うとそれに対してモチベーションが高い時は良いのですが、一度気が緩み、何かのきっかけで糖質を口にするとあまりの美味しさに、そこから転がるように脱落していく人が多いんです。

ダイエットとして糖質制限はとても優秀だとは思いますが、やりすぎると後々辛い思いをすることになります。

過ぎたるは及ばざるが如しという諺があるように、あまりにもストイックになりすぎないようにしたほうが、何事においても成功しやすいと言えるのではないかと思います。

玄米おにぎりやヘルシーな具だくさんおにぎり推奨!

さて、ダイエット中の間食におにぎりを少しつまむときのポイントです。

できれば白米のおにぎりよりも、玄米や麦ご飯のおにぎりの方がダイエットには向いているでしょう。

またご飯にたくさんの具を混ぜ込んで握ったほうが、よりダイエットに向いていると思います。

例えば、食物繊維が多いひじきなどを、麦ごはんや玄米ご飯にたくさん混ぜ込んで握ったおにぎりは美味しいですし、非常にヘルシーですので、どうしても食べたいと思う方は是非、そのようなおにぎりを試してみてほしいと思います。

ヘルシーなおにぎりならば、小さいもので三つ程度食べても全然問題ないと思いますよ。

ダイエット中のおにぎりはご飯に工夫をしたり、混ぜ込んだ具などを調節することでとてもヘルシーに仕上げることができます。

体にも非常に良いですので、間食をしたくなった場合はヘルシーおにぎりを持参すると良いでしょう。

良く噛んで食べる!一個のおにぎりでも満足!

玄米おにぎりやひじきがたくさん入ったおにぎりを食べる時は、よく噛んで食べなければ飲み込めなかったりしますよね。

それが、ダイエットにとても効果的になるんです。

白米のおにぎりは、数回噛んで飲み込んでしまう人が多いと思うのですが、玄米おにぎりなど噛み応えがある食材になると咀嚼する回数が多くなり、満腹中枢が刺激されるようになります。

よく噛むことでたくさん食事をしていると脳が勘違いをして、すぐにお腹いっぱいになってしまうという現象が現れやすくなります。

ただ、白米のおにぎりを食べるときも、よく噛むことを意識してください。

そんなにたくさん噛むことができなかったとしても、意識することが大切になります。

肥満で悩んでいる方々の大半は、早食いが癖になってしまっている人が多いです。

普段の食事の時でも、おにぎりを食べる時でも、たくさん咀嚼することを意識する!…これだけでもダイエット効果はかなり変わってきますよ。

おにぎりの前に小さいサラダも食べちゃおう!

おにぎりを間食で食べたい時は、おにぎりを食べる前に小さいサラダも一緒に食べるようにしてみましょう。

サラダには食物繊維がたくさんあります。

その食物繊維が糖質をブロックしてくれる働きがありますので、急激な血糖値の上昇を抑えてくれるようになります。

また、サラダを一緒に食べることでおにぎりだけを食べるよりかは満腹感を得られることができますので、ダイエットに非常に効果的です。

そしてビタミンなども一緒に摂ることができますので、体にとても良い効果をもたらしてくれます。

おにぎりのおやつを食べる時は必ずサラダも一緒に食べる…効果的ですので是非、実践してくださいね。

まとめ!張り切りすぎず頑張りすぎないのがコツ!

いかがでしたか。

ダイエット中でも間食におにぎりを食べても問題はありません。ただし量に気をつけるのと、素材に少しだけ拘るようにしてください。

ダイエット中だからといって何もかもがんじがらめにしてしまうのは、リバウンドのもとになりますのでNGです。

早く結果を出したいのは理解できますが、結局リバウンドをして元に戻ってしまったら、ダイエットをしてきた意味が全くありません。

そうなってしまうとダイエットに対してのモチベーションは一気に下がってしまい、再びダイエットに取り組もうという気持ちにならないかもしれません。

そうならないためにもダイエット中はあまり自分自身を追い込んではいけません。

ある程度の緩急をつけることがとても大切となります。

間食におにぎりを少し食べるだけでも嬉しくなり、またダイエットを頑張ろうという気持ちになります。

前向きな気持ちを維持するためにもあまり自分を追い詰めず、適度に頑張っていくことをお勧めしたいと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.