食物繊維豊富なライ麦パン!ダイエットに良い健康効果とは

ライ麦パンはダイエット向きと言われていますが、栄養が豊富なだけでなく、あごを丈夫にしてくれる作用もあるため、女性のダイエッターから人気の食材になりました。

また、どうしてあごを丈夫にする必要があるのか、栄養にこだわる必要があるのかについても、記事内に詳しくまとめてあります。ダイエットに関する知識が気になる方は、このようなところも学ばれてから、ライ麦パンによるダイエットを始めてみると良いでしょう。

少しだけ硬い!ライ麦パンにはあごを丈夫にしてくれる作用がある

近年では、ステーキダイエットというダイエット方法が存在するほど、食材を通じてダイエットするテクニックが開発されています。また、このようなダイエット方法の良いところは、男性だけでなく、女性にも有効なダイエット方法であるところです。
  • 弾力があるのであごを丈夫にする
  • 唾液の分泌量が多くなる

実際に、ステーキダイエットによってダイエットに成功する女性もいますが、今では、ステーキダイエットと同じ原理で痩せられる、ライ麦パンダイエットの人気が高まってきました。

ライ麦パンには以下の要素が含まれるため、ステーキダイエット並みのダイエット効果を発揮するのです。

  • 食パンより少しだけ硬い
  • 自分で味を調整できる
・ライ麦パン

食パンとは違い、ライ麦パンは小麦粉が使われていないという特徴があります。

そのため、焼き上がり後にある程度の硬さを有するため、噛んでいる内に味が出てくる、あごが適度に疲れるという利点があるのです。

これは、ステーキダイエットの原理と同じで、あごを良く動かすようになると体に対して適度な負荷がかかるようになるため、あまり使用しない筋肉を鍛えることができるのです。筋肉の使用量が上がっていくと、それに連れて、燃えにくい脂肪が燃やされやすくなるという効果も発生するため、食材の良さを活かしたダイエット方法として、今ではブームになりました。

また、ライ麦パンにはイースト菌ではなく、サワードワー(天然酵母)が使われていますので、硬さもあれば、適度な柔らかさを内包しているため、ジャムなどで味わいを調節すると、自分好みの美味しいパンになるのです。

ダイエットを助けてくれる栄養効果!ビタミン群も豊富なライ麦パン

ライ麦パンには、ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミン群が豊富に含まれています。

  • ビタミンB1:疲労物質を分解する
  • ビタミンB2:脳神経を働かせる

ビタミン群を正しく摂取していると、上記のような効果を得られるようになりますので、近年では、健康重視のダイエット方法として、ライ麦パンが良く評価されるようになりました。

また、ビタミン群には皮膚、粘膜の働きを改善する効果、そして、糖質、たんぱく質に対する代謝をアップする効果があります。今では、糖質に対する代謝をアップする効果が特に評価されていて、ダイエットで中々成功しない人ほど、ライ麦パンで痩せることに成功したという人が多いです。

代謝というのは、脂肪燃焼と同じでエネルギーを生産する際に、特定の栄養を使用しているかどうかという意味です。

正しくエネルギーを生産している場合は、無駄に栄養が体内に溜まらないため、太ってしまう可能性を限りなく小さくすることが可能なのです。ですが、加齢とともに代謝機能が下がっていきますので、ライ麦パンを食べるなど、どこかでダイエットに良い努力をしないといけません。

そのため、食事のみで栄養摂取、ダイエット効果を得られるライ麦パンが、今では良く注目されるようになったのです。

その他の効果では、ライ麦パンの肉体疲労を減少させる効果が素晴らしいです。それほど、ライ麦パンから多くのビタミン群を摂取できるのですが、ビタミン群を継続して摂取するように努めていると、以下のような健康効果も得られるようになります。

  • 高血圧の改善
  • むくみが弱まる

これはビタミン群だけの効果ではなく、ライ麦パンに含まれているカリウムの作用によるところが強いです。

カリウムは、トマトといった限られた野菜から多く摂取できるのですが、大量に摂取するのが難しい栄養成分の一種です。そのため、ライ麦パンは健康にも良い食材として注目されています。

低カロリーなライ麦パン!食欲を満たすこともできるパンとして人気

ライ麦パンが女性から支持されている理由の中には、低カロリーだからというシンプルな理由もあります。ですが、パンもご飯と同じで炭水化物、カロリー量が多い食材の1つなので、このようなことに着目して食べることも大事でしょう。
  • ご飯一杯:約220kcal
  • 食パン:約270kcal
  • ライ麦パン:約190kcal

パンは食パンの影響もあり、高カロリーなのではないかと思われていることが多いです。

ですが、食パン以外のパンであるライ麦パン、全粒粉パンは低カロリーに該当する食材で、しかも血流改善効果が認められている栄養も含んでいます。血糖値を上げ過ぎる心配もないので、健康的な食事を心がけている場合も、安心して食べられるという魅力があるのです。

ただ、上記のとおりで食パンはカロリー量が多いため、ご飯と一緒で、食べ過ぎないように調整しないと、ダイエットに失敗するリスクが高くなってしまうでしょう。

補足となりますが、ライ麦パンにも100%ライ麦、100%ライ麦ではないライ麦パンがあるので注意してください。低カロリーで健康に良いのは、100%ライ麦パンのほうなので、誤って100%ライ麦ではないほうを購入しないように注意しましょう。

ライ麦パンは女性の味方?女性の悩みを解消してくれる食物繊維

ライ麦パンの影響で有名になった栄養成分に、食物繊維という栄養成分があります。

食物繊維には、不溶性食物繊維、水溶性食物繊維の2種類がありますが、以下のように、同じ食物繊維のように思えても、実は、健康効果が違うという特徴があるのです。

  • 不溶性食物繊維:悪玉菌の数を減らす
  • 水溶性食物繊維:お通じ改善効果が高い

ライ麦パンは、食パンと比較して不溶性食物繊維が2倍、水溶性食物繊維が5倍も含まれています。

なので、胃腸の調子を悪くしてしまう悪玉菌を減らしたい、便秘に悩まされることが多いので、お通じを改善したいという場合は、パンをライ麦パンに変えてみると良いでしょう。ただし、食物繊維の効果はそれほど素早く出ないので、そのことも理解して栄養を摂取したほうが良いです。

人にもよりますが、効果がすぐに出る人でも1週間ほどかかることが多いので、毎日ライ麦パンを食べるよう努力していないと、肝心の食物繊維の効果を引き出すことが難しくなります。

注目の成分を摂取できる!ダイエットに最適なライ麦パンの魅力

ライ麦パンに含まれている食物繊維は、下の表のとおりです。

パンの種類(100g) 不溶性食物繊維 水溶性食物繊維
食パン 1.9g 0.4g
ライ麦パン 3.6g 2.0g

食パンと比較してみましたが、想像以上に食物繊維の量が違うため、驚かれる人もおられるかと存じます。

また、食物繊維の摂取で注目したいことは、不溶性食物繊維を2、水溶性食物繊維を1の割合で摂取することです。こちらについても、食パンは条件を満たしておらず、ライ麦パンは満たしているという結果になりました。

なぜ、バランス良く食物繊維を摂取しないといけないのかというと、それは、以下のような食物繊維の効果を得るためです。

  • ダイエット効果を高める
  • 栄養の消化吸収率を上げる

ダイエットをスムーズに進めるためには、ストレスを溜め込まないようにして、ダイエットを継続することが重要です。女性の場合、慣れないダイエットをスタートさせてしまい、その影響でかえって痩せにくい体質になる人もいるのですが、その原因のほとんどは、食生活の変化により体にかかる負担が上がっているためです。

女性の場合、過度な食事制限ダイエットを行うことが多く、その影響でストレスを溜め込み、さらに栄養摂取量が減ってしまった影響で、立ちくらみ、目まい、便秘、下痢などを引き起こしてしまうことがあるのです。

食事制限ダイエットで痩せることは可能ですが、体内に適度な栄養が蓄積されていない場合、内臓の動きが悪くなってしまうこともあり、このような方法はダイエット、健康を悪循環させることが多いのです。また、しっかりとした食生活を行っていないと、食事による栄養吸収が穏やかではなくなり、栄養を溜め込むことが多い体質になるのです。

これを太りやすい体質と言うのですが、ライ麦パンなど、簡単に栄養を摂取する努力をされていないと、かえってリバウンドする頻度が高くなり、ダイエットを継続する気力を保つことも難しくなります。

低GI値のライ麦パン!ダイエット向きであることが証明されている

ダイエッターの中には、GI値を気にしてダイエットに取り組んでいる人もいます。

・GI値

GI(グリセミックインデックス)値が高い場合、糖質の吸収が穏やかではない状況となります。

糖質の吸収が穏やかではない場合、その影響により血流が悪化する、血管に負担がかかることが多くなり、栄養の吸収を安定して行えなくなります。

ですが、ライ麦パンは下の表のとおりで低GI値のため、ダイエットを助けてくれる食材として、他とは違った評価を受けることが多いのです。

パンの種類(100g) GI値
ライ麦パン 55
ベーグル 75
食パン 95

比較してみると良くわかるのですが、ライ麦パンのGI値は他のパンより圧倒的に低いです。

逆に、朝食として食べる機会が多い食パンは、ご飯とほぼ同じGI値となっているので、食べ過ぎると血糖値が上がり過ぎてしまうリスクがあります。

このように長所を多く持つライ麦パンですが、ライ麦パンも全能ではないので注意してください。具体的には、以下のような短所もあるので、過剰な期待を寄せないようにして食べたほうが賢明です。

  • バター、ジャムの使い過ぎに注意しないといけない
  • 硬すぎるライ麦パンもある

バターは脂質、ジャムには多くの糖質が含まれているので、ライ麦パンに使用する際は、使い過ぎないように注意しないといけません。ここで注意したいことは、ジャムの使い過ぎに注意するということです。

ジャムに含まれている糖質は、素早く消化吸収できるものではありませんので、良く噛むようにして消化吸収しやすい状況を作り出しましょう。

そして、ライ麦パンの中には硬すぎるものもあるので、購入前に硬さをチェックしたほうが良いです。パンの耳部分をグッと握った際に、あまり弾力を感じないものはダイエット向きではありません。

このようなライ麦パンを無理に食べようとすると、食事をスムーズに行うことが難しくなり、パンを食べる食生活を維持することが困難になります。バターなどを塗っても上手く浸透しないため、バターの使用量が上がってしまうこともあるので、自身のあごの丈夫さも考慮して、ダイエット向きのライ麦パンを選んだほうが賢明です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.