いわしがダイエットに良い理由!痩せ体質に近づけるその根拠

ダイエットをしている人はとても多く、老若男女、たくさんの人が努力していると思います。

ダイエットをするにあたって、食べ物に気を付ける…これって基本なんですけど、なかなか理想通りの食べ物を摂取していない人が多いのではないでしょうか。

そんな中、今、ダイエットにはいわしを食べると非常に効果的であるということがわかってきました。

いわしというと、青魚の代表ですよね。ちょっと苦手という方もおられるかもしれません。

ただ、いわしの成分がダイエットに良いとなると気になりますよね。

いわしがどうしてダイエットによいのか、どんな働きをするのかその辺りについて、調べてあります。

気になる方はどうぞ、参考にしてください。

いわしのEPAに注目!痩せホルモン、GLP-1の分泌を活発にしよう!

体重を減らしたいと思うときは、できるだけ効率よくするのが一番良いですよね。

遠回りをするよりも、できるだけ近道で体重を落とす方がモチベーションも継続しやすいですし、結果が比較的早く出るのは励みになります。

ダイエットを効率よく行うのに大事なのはやっぱり食事でしょう。

食事を徹底的に抜いたらあっという間に痩せるかもしれませんが、そんなことはまず難しいですし、そんなことをしたらお腹が空いて、何も手に付かなくなります。

断食等をすると確かに結果は早いかもしれませんが、そこまでしなくても普段の食事に気を付けるだけで、ダイエット効果は高まるんです。

例えば、いわし。

実はいわしはダイエットにとても向いている食材だと言われているのですが、どうしてダイエットに向いているのでしょうか。

それはいわしが持っているEPAに答えがあります。

実はEPAにはGLP-1を分泌させる力があります。

GLP-1とは痩せホルモンと言われているのですが、実はこのGLP-1ホルモンには満腹中枢を刺激する働きがあるので、少しの食べ物でもお腹いっぱいと感じることが出来るんです。

良質のEPAを沢山持っているのが青魚です。

いわしは青魚の代表格で、たくさんのEPAを持っています。

つまりいわしを積極的に食べると、効率よくEPAを摂取することができ、その結果、痩せホルモンを分泌することが可能になり、自然と痩せ体質になる…ということになります。

EPA自体はとても有名で、青魚の油に含有されている成分になります。

青魚の油は冷えた場所に置いていても、決して固まりませんので、それを積極的に摂ることで、ダイエット効果だけでなく、血管を丈夫にし、心臓病や脳出血等、循環器の病気を未然に防ぐ効果があると言われています。

ダイエットにも体にも最高に効果的なEPA、積極的に摂取することををおすすめしたいと思います。

血流の流れを活発に!冷え性を緩和し体温もアップ!

いわしに含まれているEPAは、血管を非常に丈夫にする作用があります。

しなやかな血管を作るということは、血流の流れがスムーズとなります。そして活発に血流が流れることで体温がアップするんです。

体温が上がると当然、冷え性を改善する事ができ、その結果、ダイエットに非常に効果があるんです。

体が冷えるとどれだけダイエットを頑張っても、なかなか成果が出ません。体が温まってこそ、体に付いている脂肪分も柔らかくなり、剥がれやすくなるんです。

また、体が冷えることによって、代謝も悪くなりますので、ますます痩せにくくなるんです。

最近、冷え性で辛いという方は積極的にいわしを食べてみてください。EPAの力で血流を改善しますので、辛い冷え性から開放される可能性が高いですよ。

血流改善で代謝量アップ!痩せ体質に!

EPAを摂取すると血流が改善され、それによって冷え性も改善されるという話をしました。

そして冷え性が改善されると同時にもう一つダイエット効果があるんです。

それは代謝量がアップするということなんです。

冷え性が改善されることと少し似ているのですが、血流がきちんと流れることで体温が高くなり、それと同時に体が温まることによって代謝量が増えるという現象が起こります。

即ち、じっとしていてもカロリーを消費する体質になるということになります。

あの人はすごくよく食べるのに全然太らない…そんな体質の方、結構周りにいると思います。結局そういう方たちは、新陳代謝量が活発なんですね。

つまり、いくらたくさん食べても太りにくい体質の持ち主ということになります。

結局はどの人もその様な体質を目指してはいるものの…なかなか思うようにならないんです。

しかし、いわしなどを食べ、EPAを積極的に摂取することによって、新陳代謝量が上がりやすい体になりますので、痩せ体質に変化していくんです。

昔に比べて基礎代謝量が落ちていると感じる方は、是非いわしなどを積極的に食べて、EPAをきちんと体の中に摂取するようにしてください。

体の脂肪を落とせ!燃焼力アップ!

そしてEPAのダイエット効果はまだまだあります。

実はEPAには脂肪を燃焼させる力があると言われます。

お腹周りや背中、太ももなどにたっぷりと脂肪がついている方、落としたいと思いますよね。

EPAを積極的に摂取すると、その願いも叶うかもしれません。

もちろん食品となりますので、即効性はないかもしれません。

しかし連続して毎日続けることによって数ヶ月後にはかなり変わっている可能性がありますよ。

筋肉が強くなる?!脂肪燃焼に効果大!

またイワシなどのEPAを積極的に食べることにより、筋肉が増強しやすくなるという結果も出ています。

そのような言い方をすると、ムキムキになるのではないかという心配をされる方もいるかもしれませんが、そうではなく、適度に筋肉が引き締まった感じだと想像していただければ良いでしょう。

ある程度、筋肉が増強すればダイエット効果が出やすいと言われています。

つまり筋肉がしっかりとついた体は新陳代謝が上がりやすく、脂肪が燃焼されやすいということになるんです。

まさしく、引き締まったボディを目指すのにEPAはとても最適だということになりますね。

タンパク質は筋肉を作りやすいと言われていますので、運動した前後にプロテインなどをよく飲んでいる人がいますが、普段の食生活はそれにプラスしてEPAをしっかり摂取することにより、引き締まった筋肉を作りやすいということになります。

代謝量をしっかりと上げるためにもそして見た目を美しいボディに変化させるためにも、適度に筋肉をつけることをおすすめしたいと思います。

まとめ!いわしを積極的に摂取して痩せ体質を作るべし!

いかがでしたか。

いわしを積極的に摂ることはEPAをきちんと摂取できますので、身体に良い影響を与え、無駄な脂肪が体につきにくい体質に変化しやすくなります。

最近は魚を食べる人たちが少なくなっていると言われていて、EPAの摂取量が足らないと言われています。

厚生労働省が策定した日本人の食事摂取基準の中でもEPAは一日に成人男性の場合で2.0g~2.4g、そして成人女性で1.6g~2.0gの摂取が推奨されているんです。

ですので積極的に摂取していきたいですよね。

ちなみにEPAに関しては非常にたくさんサプリメントが発売されています。

食卓で青魚などを食べるのが理想なのですが、毎日は難しいという方は足りない分をサプリメントで補うようにすると良いでしょう。

ただしEPAのサプリメントも色々ありますので、できるだけ純度の高いものを購入するようにしてください。

どんなEPAのサプリメントを購入したら良いのか分からない方は、インターネットの口コミなどを参照の上、評判の良いものを購入するようにしましょう。

身体に良い影響を与え、ダイエット効果も非常に高いEPA、最近ほとんど青魚を食べていないという方はぜひこの機会に、食生活を見直されてはいかがでしょうか。

即効性はなくても、3ヶ月後、半年後に効果が現れることが多いですよ。体に必要なものですので毎日摂るように心がけてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.