ランニングダイエットで大事なシューズ!選ぶ時に気をつけたいこと

ランニングでダイエットというと、やれるのであればダイエットに効果ありそうだなって思います。運動好きな方は比較的やりやすいダイエットかもしれませんね。
ただ走ったりするのそんなの好きじゃない人にとってはなかなかハードルが高いですし、もしやり始めても継続が難しいですよね。

運動好きでランニングダイエットに興味を持った方も、運動は好きじゃないけど、スポーツミックス系のファッションは流行っているみたいだし、それに身を包んでランニングでもしてみようかなって方も、
ランニングダイエットをやり始める際に大事なシューズのことを書かせてもらいました。ぜひ見てみてください。

ランニングダイエットはダイエットの王道

ランニングはダイエットに効果があるといわれる有酸素運動の一つです。ダイエットに人気があります。

ダイエットには向いているのでしょうが、継続が難しそうですね。少しランニングダイエットについてごく簡単に説明してみます。

ランニングは、ただ走ればいいというものではないようです。有酸素運動というだけあって、早く走りすぎて呼吸もできないぐらいになってしまうと、それは無酸素運動になってしまい脂肪燃焼効果が落ちてしまいます。

ランニングはスピードは大事でなく、呼吸ができるくらいで速さでやることが大事です。

スロージョッギングなども話題になってますね。

次にランニングはどれぐらいの頻度でやるとよいかについてですが、効率を考えると筋肉を休めたりすることを考えたりすると、1日おきぐらいがいいようですが、

習慣化という点からいうと、ランニングが習慣になってしまう前くらいは、毎日やって習慣にしてしまうことが、継続して続けるコツのようです。

ですから最初のうちは休まず、1ヶ月ぐらい継続してランニングを続けることをお薦めします。そこで走ることが定着してから筋肉を休める時間を作ったりしていくといいでしょう。

次にランニングダイエットの続かない原因になるのは痛みや、怪我などもあるのではないでしょうか。ランニングは日頃運動をしていない人にとってはハードなものになります。

足を痛めてしまったり、膝を故障してしまうケースがあり、ランニングダイエットをあきらめざる得ないことになりかねません、どうしたら怪我を防ぐことができるか考えてみましょう。

まず入念な準備運動、そして今回のテーマであるきちんとしたランニングシューズ選びです。シューズもなんでもいいというわけではないのです。では足の計測の仕方からみていきましょう。

足のサイズを測ろう

ランニングシューズを選ぶ際、普段はいている靴のサイズそのままを選んでないでしょうか。足に合ってないシューズを選んでしまうと、せっかくダイエットととしてランニングを始めても足が痛い、

シューズのクッション性が悪く膝を痛めてしまうなど、ダイエットをあきらめないといけないことになりかねません。やるからにはできるだけ挫折する要因を少なくしておくことが大切です。

足のサイズは足の長さ、足の周囲を測ります。

脚長は足の指の一番長いところからかかとまでの距離のことです。

一番長い指は、親指が長い方もいれば、人差し指が長い方もいらっしゃいます。自分がどの指が長いか確認してから測ってください。

足の周囲は、親指の付け根と小指の付け根の部分を足床から足の甲を1周した長さのことです。

また、正確に測るためにはたった上体で計測するのが良いので、自分で測るのはむずかしいでしょう。機会があれば専門の方に計測してもらうのもいいかもしれません。

あと、大切なのは実際にランニングする時に履く靴下をはいて測ることです。普段の靴下で計測しがちだと思いますが、忘れずに走るときと同じ状態で計測するのが正しいようです。

ランニングシューズのサイズの選び方

脚長はご自分の実寸サイズが分かったら、それより1センチ余裕のあるシューズを選びましょう。足の周囲はEは標準、2E,3E,4Eと数字が大きくなるほど広くなっていきます。

これらの数字を目安にして、シューズを選ぶと良いでしょう。でも全く履かないで決めるのはやめましょう。

基本はお店で、フィッティングしてしっくりいくものを選ばないといけません。その際には紐もきっちり通し、しっかりと締め、かかとをシューズの後ろに合わせた状態で、つま先に若干余裕のあるものがベストです。

自分にあったランニングシューズがわかったら、それをネットで買うこともできると思うのですが、それも意外とむずかしいものです。そのシューズごとに若干誤差があり、しっくりこないこともありますから注意しましょう。

ランニングシューズにもイロイロある

陸上競技をやっている方などは当たり前なのかもしれませんが、ランニングシューズにもイロイロあることは一般の人はあまり知られていないかもしれません。

ランニングシューズの特徴は、軽い、柔らかい、襲撃に強い、通気性が良いなどがあげられます。

また、同じランニングシューズの中でも、初心者用、中級者用、アスリート用などと分類できます。 ではどのようにしてランニングシューズを選べばいいのでしょうか。

初心者用、中級者用、上級者用があるといいましたが、何が違うのでしょうか。

特徴は初心者用ほどクッション性が高く、上級者用になればクッション性が低くなるというところです。またそれに伴いシューズの軽量性も変わってきます。

初心者用のものは重くなりますし、上級者用に近づけば、軽量化が図られます。

自分のレベルに合ったものを選ぶようにしましょう。ダイエットのためにラン二ングを始めようとするのであれば、初心者用のシューズを選びましょう。

足が鍛えられていないのに、上級者を選んでしまうとクッション性がなく、膝や足首などを痛めてしまう恐れがあります。

ランニングシューズのメーカーはどこがいい?

個人的にはデザインの良いシューズを履くと、俄然やる気が出るタイプな方なので、ここは機能性のことも考えたほうがいいですよ。と自戒も込めて書かせて頂きます。

かっこいいなあって思ってしまうのはナイキ、アディダス、ニューバランスなど海外メーカーのものだったりしますよね。でも実際に履くといいという評価を得ているのが、国内メーカーのもの、例えばアシックスやミズノのものです。

普段のスニーカーを選ぶときでも感じたことはあるのではないでしょうか。海外メーカーのものは幅が狭い感があります。

そのため実際の脚長の長さより大きなものを選び、足の周囲に合わせて買うため、シューズの紐をかなり締め付けないと履けないってかんじです。

普段歩きでも、気をつけないといけないことが、ましてランニングになると選び方も慎重にしなくてはなりません。

自分の足とメーカーの特徴も考慮してランニングシューズを選ぶようにすると、足にはいいのでしょうね。

ランニングダイエットを始め、継続させる意外なポイント

これまでランニングにはシューズ選びが重要ということを書かせて頂きましたが、シューズ選びも機能性ばかり優先してしまって、なんか気乗りしないというのもいけないと思います。

ランニングシューズを選ぶ際、ご自分の好きなブランド、デザインだけを重視していたのをこの記事をきっかけに、「ちょっと足の合ったものにしてみようかなあ」と思っていただいたら幸いです。

ランニングダイエットをはじめる時に、自分の足に合ったシューズを手に入れ、気分も軽やかになっていたらやる気も湧きますし、長く継続することにもプラスに働くのではないでしょうか。

ぜひ、シューズ選びを軽んじないで、じっくり選んでみてください。シューズもいろいろあって楽しくなりますよ。気に入ったシューズを選んだら、今度はランニングのファッションにも気をつけたくなるかもしれません。

そうなったら、そのウェアに身を包んだ姿を見せたくなりませんか?そんな動機でもいいと思うのです。ただやみくもに汗をかくためのダサいサウナスーツを着て走るより、みんなにお気に入りのシューズ、ウェアをみてもらうためにランニングする。

それで、痩せたら最高じゃないですか。ちょっとランニングする動機が不純なような気もするかもしれませんが、続けたもの勝ちです。

足に合った、自分をハッピーにするシューズ選びをして、ダイエットに励みましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.