痩せるおかずの作り置き方法。毎日の栄養バランスを考える

おかずを一気に何品も作って保存しておくと便利なものではないでしょうか。そこでダイエッターの方が痩せるおかずを作り置きするとしたらどういった方法が適しているのかなどを、見てみましょう。

ダイエットをされている方は、日ごろの料理の参考にぜひなさってください。

ここが大事!痩せるおかずを作り置きする際のルールについて

まずは、痩せるおかずを作り置きするとしたら、どういったルールがあるのでしょうか。その点について知っておきましょう。

基本はこれ!痩せるおかずを作り置きする際のルールについて

おかずを作り置きする際のルールは難しくなく、1週間分のおかずを14品1日で一気に作るというのがポイントです。

その作ったおかずは、1品ずつタッパーなどに入れて冷蔵庫で保管するようにします。1日3食の中で、冷蔵庫に作り置きしたおかずを自由に組み合わせて食べていくというルールになっています。1回に食べる食品の数は2~4品ほどが目安です。

中には日中はお仕事があり作り置きした食品が昼食で食べられないという方もいるかもしれません。

それなら、自宅で食べようとしなくても、作り置きしたおかずを弁当に入れて持っていくという方法もあります。

14品作っておくと、多くの組み合わせができますし、飽きることなく栄養バランスを整えながら健康的にダイエットができるのです。

これも大事!炭水化物は量を減らそう

上記のルールでも減量ができると考えられますが、自身のなりやい体型を目指していくなら、上記以外にもルールを設けるのがポイントです。

まず、炭水化物は控えめにするというのがその他のルールです。

ご飯や麺類、パンなどの炭水化物というのは血糖値を急上昇させてしまいます。糖質を多く摂取すると血液の中で血糖値が上昇しやすくなってしまい、脳が異常事態であると認識するのです。

そうなると、その状態を元に戻そうとして脳がすい臓からインスリンと呼ばれる物質を分泌させますが、このインスリンはダイエットにとって敵となります。なぜかというと、インスリンは血糖値を下げるので、糖質を体脂肪に変換させ体内に溜め込むというのが理由です。

溜まった脂肪は燃焼されにくく、どんどんと脂肪が溜まるとやはり肥満になってしまいます。なので、なるべく普段に比べてご飯の量を減らすなど、炭水化物を控えるのがカギとなるのです。

忘れないで!野菜はきっちりと食べるようにしよう

炭水化物は控え目にするのが大事ですが、それだけ野菜はきちんと食べるようにします。

野菜は豊富なビタミンが含まれていて、ダイエットをしているときになりがちである、肌が老化するという現象も抑えてくれます。それ以外にもダイエット中は便秘に悩まされる方もいますが、食物繊維が腸内環境を整える役目をはたしてくれて、便通をよくしてくれるのです。

排泄されれば隊内に老廃物を溜め込むことがないので、新陳代謝も活発になる可能性があります。

飲酒はNGなの?そして入れるべき14品目の内容とは

ここで、ダイエットで痩せるおかずを作り置きした場合に、飲酒をしてはいけないのか、14品目にはどういった内容の食品を入れるのが適しているのかを探ってみます。

お酒を飲むなら先に野菜などを食べておくのがポイント

お付き合いもあるでしょうし、飲酒をする機会もあるかと思います。

ダイエットをしていたとしても、お酒を飲んでも問題はありません。

とはいえ、お酒にはカロリーがあるので飲む量を控えめにして、ビールなどのように糖質が少なくて血糖値を急に上げさせるような種類ではなく、ワインもしくは焼酎を選択するのがベストです。

お酒を飲むときにも、野菜や汁物を先に食べておくことにより、血糖値の上昇が抑えられますので、ダイエッターの方は覚えておきましょう。

意識するのはヘルシーさ!自分が苦痛にならないおかずを作っていこう

作り置きするおかずに関しては、その内容に決まりはありません。ヘルシーさを念頭に置いて作るという点だけ意識するだけなのです。参考にするなら、実際に痩せるおかずを作り置きしてダイエットをされた方が書かれたブログや書物などを見てみるのもうってつけとなっています。

自身が行っていて苦痛に感じずに、楽しく実践していけるようなおかずを作っていくのが特に大事なのです。

本当に痩せるの?おかず作り置きダイエットの効果を知っておこう

作り置きのおかずでダイエットをするとしても、本当に痩せるのだろうかと心配になる方もいるかもしれません。それでは、効果についてみてみたいと思います。

作り置きのおかずでダイエットに成功している方がいる!

ある女性の方は、身長が168センチであり体重は65.5キロでした。作り置きのおかずでダイエットをしたところ、1週間では体重の変化はありませんでしたが、4週間後には62.6キロになり、106日が経過したころには55.7キロにまで落とすことに成功しています。

体重は9.8キロのマイナス、ウエストも13.9センチのサイズダウン、体脂肪はマイナス8.7%となっているのです。このように、おかずを作り置きしてダイエットをするというのは可能であるのがわかります。

痩せるおかずでも食べ過ぎないようにしよう!

痩せるおかずを作り置きする方法は効果が見込めますが、中にはおかずを食べ過ぎてしまい体重が減らなかったという方や、間食をストップできずに体重が減らなかったという方もいます。

痩せるおかずを作り置きするというダイエット法は、糖質を制限するというのが基本となるため、炭水化物を減らすというのが必要になってくるということです。それに、どれだけ痩せるおかずだといっても、たくさん食べすぎでしまえば痩せることはできません。

ダイエットを本気でしたいなら、間食などを控えるようにしましょう。

おかずを上手に作り置きするとダイエットにつなげられる!

痩せるおかずを作り置きする際のルールは、1週間分のおかずを14品一気に作り置きするというものです。また、血糖値を上昇させてしまうので炭水化物は控えめにするのも大事になってきます。

その代わりに野菜をしっかりと食べるようにしましょう。飲酒をするなら野菜や汁物などを食べてからにするのもポイントです。さらに、ヘルシーを目指したおかずを作り置きするのが大きなカギとなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.