体には痩せる順番がある!部分痩せを目指すなら知っておきたいこと

みなさん、ダイエットを始めるにはポッコリお腹をなんとかしたい、くびれを作りたいなど、どこを痩せたいとか目的があると思います。

でも専門家でもない私たちはだいたいいつ頃効果がでるかさえ、わからずにダイエットをしなくてはなりませんでした。
でも今回ご紹介する、「痩せる順番」がわかっていれば、だいたいの目安がわかりダイエットがしやすくなります。参考にして見てください。

痩せる順番って本当にあるの?

みなさんも「痩せる順番」が、どういう順番かまでは知らなくても、なんとなくダイエットをやったことのある人なら感じたことはあるのではないでしょうか。

自分はお尻を中心とした下半身が痩せたいのに、胸などの上半身が痩せてしまったりという経験があると思います。

ご自身が痩せたいと思っているパーツじゃないところから、痩せてしまう。これは痩せる順番に大きく関係しています。ここでは「痩せる順番」を理解し、よりダイエットをしやすくなれる手助けになればと思っています。

身体は先の方から痩せるようになっている

個人差は当然ありますが、一般的に体の先の方から痩せて行くといわれています。具体的に、部位で表すと次のようになります。

 1,手首、足首
 2,腕
 3,ふくらはぎ
 4,肩
 5,上腕
 6,太もも
 7,胸、顔
 8,お腹
 9,腰
10,お尻

この痩せる順番を知っているだけでも、自分がお尻が痩せたいと思っている場合でしたら、肩が少し痩せてきたような気がするなら、もう半分ぐらいダイエットは成功しているのだともいえますし

はたまた、人によってはまだ半分もきていない、もっと頑張らなくては…ととる方もいらしゃるかもしれませんが、自分の痩せたい部位にはあとどれぐらいの段階が必要かの判断材料にすることができます。

ただいつになったら痩せるのだろうと不安に思いながらダイエットをやらなくてすむようになりますよ。

脂肪の種類別やせる順番

さきほどは部位別痩せる順番をみてきました。今度は脂肪の種類によって、痩せる順番があるのでそれをみてみましょう。

脂肪には、肝臓脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪があります。

  • 肝臓脂肪は肝脂肪とも呼ばれ、中性脂肪が肝臓に溜まった症状で、「第三も脂肪」と呼ばれている。
  • 内臓脂肪は臓器の周囲に溜まる脂肪
  • 皮下脂肪はお腹などの皮膚の下に溜まってくる脂肪

痩せる順番は、肝臓脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪の順に減っていきます。

見た目にはわからないところから、減っていくということになります。ボディメイキングを目的としたダイエットとして考えたら、一番最後に皮下脂肪が取れることになるので厳しい結果と思いますが

健康が第一ですので、肝臓脂肪や内臓脂肪をある程度減らしておくことは良いことですよね。

では、この脂肪にも関係する男女別の痩せる順番をみていきましょう。

痩せる順番に男女差がある?

痩せる順番に男女差はほとんどないようです。

基本は同じです。前にも書きましたが、体の先から痩せていくということは変わりません。ただ痩せ方が、違うようです。

男性は、皮下脂肪より、内臓脂肪を貯めやすい傾向があります。そのため男性の方がお腹に溜め込んだ内臓脂肪は、皮下脂肪よりも燃えやすいためお腹周りも痩せやすい傾向があるようです。

一方、女性はもともと脂肪が多めになっていますし、皮下脂肪も蓄えるようになっているため、男性と比べると痩せにくいといわれています。

太る順番はどうなんだろう

ダイエットをしたら、そのリバウンドも気にしないといけません。リバウンドしないためにも太る順番も覚えておいてください。

まず女性の方からみていきましょう。女性の場合お腹の下の部分を中心に脂肪を溜め込んでいくことが多いようです。腰まわりのあたりから太ってくるということがわかったので

パンツやスカートがきつくなり始めたら、リバウンドの警告だと思い注意しましょう。

次にお尻が太りはじめます。お尻は脂肪を溜め込みやすいので要注意です。そして太もも、二の腕、最後に顔というふうに太るといわれています。

中には、顔から太っていく方がいたりしますが、一般的にはウェスト、腰まわり→お尻→太もも→二の腕→顔の順です。

次に男性の太り方についてみていきましょう。

男性の一番に太る場所はお腹まわりです。女性に比べるとちょっと位置が高いところが太りはじめます。皮下脂肪より内臓脂肪が溜まるようで、あっという間に中年体型ということもあり得ます。

怖いですね。

部分痩せはできないのか?

痩せる順番があるということは、その順番通りにしか痩せることができないということなのでしょうか。

食事制限など、筋トレや、ダイエットに効果があるといわれている有酸素運動などを取り入れないでダイエットをすると、痩せる順番どおりの痩せ方になってしまうことが多いようです。

自分の痩せたいところを、引き締める部分痩せは基本的に難しいことだと思います。

でも筋トレやストレッチを取り入れることで、部分痩せはある程度可能だと思います。

運動系ダイエットを取り入れないとメリハリボディーになれない

食事を気をつけることで、体重を落とすことはできます。ただ痩せる順番どおりに痩せていくことが多いです。今までの体型のまま痩せていくことになります。

それでは理想の体型は手に入りません。むしろダイエットをして「痩せて、胸が落ちてしまった」だとか痩せたかった下半身が痩せず、上半身だけ痩せてしまうことになりかねません。

メリハリのある体型を手に入れたいなら、筋力トレーニングを取り入れて、痩せる順番とトレーニングが合致したときに、今までになかったダイエット効果を生み出すことも期待できます。

ぜひ、痩せる順番に運動系ダイエット(部分痩せ)をうまく取り入れ、自分の理想の体を手に入れましょう。

痩せる順番をダイエットに取り入れる

痩せる順番があるということは、太る順番もあるということです。その太る順番で最初に現れる兆候がお腹まわりということですから、ちょっとお腹周りが気になりはじめたら食事制限するなり

運動をするなどしてそれ以上太らないようにしないといけません。

太る順番の最初の兆候で手を打つことで、「太ってしまうことを防ぐ」これもダイエットの一つになるのではないでしょうか。

太ってしまってからのダイエットはキツイですし、なかなか効果も上がらないことが多いです。それなら体型を維持することを大事にしましょう。

ダイエットを繰り返すことは、体型を悪くする原因になるとも言われていますし、健康面からも内臓脂肪を溜め込み良くないことがわかってきています。

太る順番を頭に置いておき、そのサインを見逃さないようにしてください。

どうしても太ってしまった方は、ダイエットしなくてはなりませんが、その際に今までのようにただひたすら腹筋をしてみるだとか、食事を一食ぬいてしまうだとかのダイエットは卒業して自分はどこを痩せたいのか

どういう体型を理想とするのかをよく考え、それにあったダイエット方法を見付け出すことが大切だと思います。

その際に

痩せる順番を取り入れ、今自分はどの段階にあるからもう少しダイエットを継続しようとか、この部位を引き締める時期を決める際に瘦せる順番利用していくことが、効率のいいダイエットにつながってくると思います。

同じダイエットをやるなら、考えて効果が出やすいメニューを考えていきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.