間食をやめると痩せる!空腹時間を増やして代謝を高めよう

食事は人間が生活していくうえでは必要なもので、食べていくことで体への変化を感じるようになります。

特に食事に気を使わないと、体型が変化して太ってしまい、ダイエットの必要性が出てくるようになってしまいます。

やせるためには食事の見直しが重要なものになり、どのあたりを変えていけばいいのか、悩むところです。

日ごろの食生活でおやつなどの間食をしている人にとっては、間食をやめることで効果的に痩せることができます。

間食やめると?食生活を変えると得られる効果

間食をやめることで体に得られる効果としては、やっぱり体重が減少することにあり、食生活の見直しが効果を発揮すると考えられます。

間食をやめることで無駄なカロリーを摂取することがなくなり、確実に体重を落としやすくなります。

1日に3食の食生活を行っていて、間食をしているときとしていないときでは摂取カロリーに差があるので、毎日間食を食べ続けると無駄なカロリーを摂取していることになります。

間食でそんなに食べていないという人でも、少ない量であっても摂取カロリー量が多い食べ物もあるので注意が必要です。

ケーキを間食として食べたとしても、1個当たりのカロリーは約500~700kcalといわれているので、相当摂取しています。

ポテトチップスなどのスナック菓子でも、少ない量でもかなりの油を使用していて、間食で食べると無駄なカロリーの摂取だけでなく、血液がドロドロになります。

間食は場合によって体重の増加だけでなく健康への影響もあり、脂質を多くとると肌にも影響し、ニキビなどができやすい肌になります。

そのため、体重を落とすだけでなく体を内面から変えていくためには、間食をやめることで改善されるのです。

簡単にできる!間食やめるダイエットの方法

このダイエットの方法は簡単で、「1日に3食は必ず食べて、間食は食べない」という方法を毎日行うのです。

1日3食は必ず食べなければならず、ダイエットだからといって炭水化物を抜くことはやめたほうがいいでしょう。

炭水化物は腹持ちがよくエネルギー源となるので、抜いてしまうとエネルギー源がなくなるので、体調不良を引き起こしやすくなります。

栄養バランスをしっかりと取るようにし、炭水化物を摂取するのはもちろん、主菜・副菜・汁物をバランスよく食べます。

食事では副菜を2品食べるようにし、そうすることで栄養バランスを整えられ、腹持ちがよくなるので空腹を感じません。

炭水化物を減らすことを考えたなら、最初は食事内容を体に覚えさせて、徐々に炭水化物の量を減らしていくのがいいでしょう。

ダイエット中に空腹を感じるようになったら、ホットミルクやカフェオレなどを飲むようにし、体が温まって空腹を紛らわすことができます。

また、空腹時に豆腐を食べるのもおすすめで、豆腐は冷奴や湯豆腐にして食べることで、豆腐のカロリーのみで済ませられます。

間食を防ぐために!ダイエットでやるべき行動

間食抜きダイエットでは、1日に3食は必ず食べるようにして、間食は食べないようにすることが大事です。

そのことを意識するだけでなく、間食の原因となるものをなくすようにして、絶対に間食をとらないようにしていきます。

  • お菓子の買い置きはしない
  • 昼食のウェイトを増やす
  • 毎食後に歯を磨く
  • 夜は早めに寝る

間食をやめるためには、お菓子などの高カロリーの食品を購入しないようにして、家で間食できないようにします。

昼食の量を多くすることで、活発に動くことが多い昼のエネルギーをとることができ、間食しないようになります。

何か食べた後に歯を磨くことで、口の中がさわやかな状態になり、あまり何かを食べたいという気分になりにくくなります。

夜中まで起きるとどうしても空腹になるので、夜はできるだけ早く就寝するようにして、夜に間食しないようにします。

間食をとらないことで体重を落とすことができ、そのためには間食をとらないように心がけることが大事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.