朝からステーキはダイエット効果あり!糖質制限と代謝アップに期待

ダイエットをしてスリムな体になりたいと思っている人は、とてもたくさんいると思います。

そんな中、今注目されているのが朝からステーキという方法なんです。

朝からステーキを食べるなんてとんでもない!と思う人もたくさんいると思いますが、なんと朝からお肉を食べても肥満には繋がらないと言われるようになってきました。

日本の朝食はご飯にお味噌汁、納豆とお魚というイメージがありましたが、朝からステーキをがっつり食べる方がむしろダイエットに向いていると言われているんです。

真相は一体どうなのでしょうか、気になりますよね。

朝からステーキを食べて本当に痩せることができるのか…調べてありますので参考にしてください。

朝からステーキで朝から代謝アップ!ダイエットに最適!

朝からガッツリとステーキを食べる…一昔前では考えられないことですよね。

しかも朝からお肉をしっかり食べることでダイエット効果が発揮されるというのですから、驚きです。

ただ、これには少しからくりがあって朝からがっつり食べても良いのはお肉のみであり、糖質はほとんど取らないというやり方でダイエットに繋げるわけです。

いわゆる今、流行りの糖質制限ダイエットということになります。

肥満の原因はほとんどの場合、脂質ではなく糖質の摂りすぎだと言われています。

とりすぎた糖質は最終的には体に取り込めず、脂肪となって蓄積するようになるんです。

そうなることによってどんどん体重が増加し、肥満になり、糖尿病も発症しやすくなると言われています。

糖質とはいったいどのようなものなのか…気になる方も多いと思いますが、私たちの身近では主食になるもの例えば白米、うどん、そば、パン、小麦粉などで普通の食生活では当たり前に出てくる切っても切れないものばかりなんです。

主食大好きという方は正直、糖質制限ダイエットはきついと思います。ただ主食が大好きで、尚且つ、肥満傾向があると自分で感じるている方は糖質過多に陥っている可能性が大きいです。

その糖質を少し減らすだけでも、かなりダイエット効果が期待できるのではないかと思います。

糖質を減らす代わりに、ステーキならば朝からがっつり食べても全く問題ないと言われています。

そのからくりはタンパク質にあります。

タンパク質は人間の筋肉にとても重要な働きをする栄養素で、摂取により筋肉が発達し、結果、新陳代謝量が上がり、普通に生活しているだけでも汗をかきやすくなり痩せやすくなるんです。

朝からステーキを食べる方法は朝一番にタンパク質をたっぷりと取り、筋肉を活性化させ、代謝量をあげるためにはもってこいの方法だと言えるでしょう。

朝から油の多い牛肉は苦手…ならば鳥胸肉のステーキでもOK!

朝からステーキを食べることがダイエットにつながりやすいということはよく理解できていたとしても、正直、脂分の多いステーキを朝から食べるのはきついという方もたくさんおられると思います。

いくらダイエットに効果的だといっても、体調を崩すような状態になるのは本末転倒です。

ただタンパク質をしっかりと取って筋肉を刺激し、新陳代謝をあげるという理屈は分かりますので、やってみたいと思う方は牛肉のステーキではなく、鳥の胸肉のステーキを食べるのも良いかと思います。

鳥の胸肉のステーキならばさほど油が多いわけではありません。よくボディビルダーや体を常に鍛えている人は鳥胸肉のステーキを食べています。

ただ脂分が少なく、比較的パサついた感じのお肉になりますので、それなりに胃の負担はやっぱりあるかもしれません。

柔らかくて吸収が良く、胃の負担になりにくい食品とは言えない部分が多いですので、朝からステーキという方法は糖質制限ダイエットには良いかもしれませんが、食欲不振に陥る可能性も十分にあることを覚えておきましょう。

油過多で胃がもたれ、体が余計に疲れる人も…

上記でも少し触れましたが、糖質を制限して朝からステーキを食べてダイエットをするのは良いのですが…非常に油過多で胃がもたれてしまい、体がだるくなる人も結構いますのでその辺りに関しては注意をしなくてはなりません。

朝はまだ胃腸がしっかりと起動していない人が多く、しっかりと朝食を食べることができないという人が多いと思います。

そのような状態にいきなり胃の中に油分の強いお肉を入れると強度な負担がかかり、体調を崩すことも十分に考えられます。

胃もたれを起こすと当然、仕事にも差し支えが出ますし、集中力が切れ、一日中不快な思いをして過ごさなくてはなりません。

牛肉の脂は非常に濃厚で、胃腸が弱い人は正直続けることはできないかもしれません。

胃が丈夫でないと、朝からステーキは正直きついダイエット方法だと言えるでしょう。

ただ、慣れというのもありますので、どうしてもこの方法を取り入れたいという方は少量のステーキ量から始めて行くと良いかもしれません。

いずれにしても体に不調を感じたら、向いていない可能性がありますので無理せず中断するようにしましょう。

どうしてもご飯が欲しい…お茶碗に半分ならばOK!

糖質制限ダイエット…この方法はダイエットするのにとても効果が早く出る方法だと思うのですが、日本人は白米が大好き!という人がとてもたくさんいます。

お米は日本の文化であり、その美味しさを知って育ってきている人にとっては、毎日の食事から絶つことができない食品となることは間違いないですよね。

糖質制限中、どうしても白米を食べないと満足しない、落ち着かないという方はお茶碗に半分ぐらいの白米であれば、食べても問題はないと言われています。

正直、いきなり主食断ちをするのは非常に難しいと思いますので、徐々にご飯の量を減らしていくのがストレスのない糖質制限ダイエット方法でしょう。

朝からステーキを食べる時も、ご飯があったら胃もたれしないかも…という人もおられます。

そういう場合もお茶碗に半分程度のご飯を少しずつ食べるようにしてください。

お茶碗半分の量から少しずつ減らしていって、最終的にはステーキだけで満足できるようになれば良いでしょう。

いきなり糖質を制限するのはストレスが過剰にかかってしまい、絶対にやり遂げることはできません。

ストレスを感じてしまったら頓挫することが多いですので、なるべくそれらを感じないよううまく主食を減らしていくように工夫する必要があります。

時間がかかっても構いませんので、少しずつ糖質を減らして体を慣らしていくようにしてください。

朝からステーキ、糖質オフにはなるけど、塩分過多に注意!

朝からがっつりステーキを食べて糖質オフ、このやり方でダイエットに成功した人はたくさんいるのですが、食生活を完全肉食に変えてしまった時に気になるのが塩分なんです。

意外と思われる方も多いと思いますが、ステーキに付けるタレに関しては、糖分が含まれていることが多いので、それを止めてお塩だけで食べる人が多いんです。

そうなるとどうなるか…糖分を制限する代わりに塩をたくさん使うことで、血圧が高くなる人が結構多いんです。

糖質制限ダイエットをするために食生活を肉中心に替え、塩だけで食べていた人が病院に行って血圧を測ったところ、以前よりかなり数値が高くなっていて医者に注意を受けたと言う話も結構あります。

このような落とし穴がある場合も多いですので、肉中心に食生活を変更人は塩分の摂りすぎに注意をしなくてはなりません。

血圧計などを常備し、最近、塩分を取りすぎているなあと思った方はこまめに血圧を測ることをおすすめしたいと思います。

血圧も上昇したままで放置すると非常に危ないですので、まめに血圧を測って健康状態を把握しておくようにしましょう。

体はどんどん絞られていくのに、血圧がどんどん上昇していくのはまた別な問題が出てきて非常に厄介です。

そうなる前にしっかりと自分の血圧の数値を知っておく必要があります。

塩分がカットされた塩なども販売されていますので、そういうものを利用しながら糖質制限を続けていくようにしてください。

まとめ!カロリーは気にしない!朝からステーキはメリット大!

さて最後になりますが、気になるカロリーですが、糖質制限ダイエットをする場合はカロリーはあまり気にしなくて構わないんです。

朝からお肉を食べるということはその時点で既に相当なカロリー数になると思いますが、糖質制限ダイエットに関してはカロリーよりも、糖質を制限することに重点を置きます。

昔からダイエットにはカロリー計算が必要であるとされていましたが、その辺りに関しては無視で構いません。

できるだけ糖質を取らないようにして毎日を過ごす…これだけで体はかなり痩せて、糖尿病などの心配からも逃れることができます。

「カロリーを気にせず糖質を気にする」この部分をしっかりと覚えておいて、チャレンジしてほしいと思います。
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.