肉好きに嬉しいステーキダイエットとは?成功の秘訣と失敗例

今、糖質制限ダイエットがとても流行っていますよね。

コンビニなどに行っても糖質を制限した食品がたくさん売られていて、関心の高さが手に取るようにわかります。

糖質制限ダイエットを行っている人たちが推奨するダイエット方法の中に、ステーキダイエットというものがあります。

糖質を食べずにステーキを食べるこの方法が非常に痩身に向いているというのですが…果たして本当なのでしょうか。

昔はお肉をがっつり食べるのはダイエットに向かないと言われていることが多かったですよね。

ステーキを食べる事が本当にダイエットにつながるのか…その辺りについて色々と調べてあります。

気になる方は是非、最後まで読んでみてくださいね。

ステーキは太りやすいは否!実は糖質が無く急速ダイエットが可能!

油の摂りすぎはダイエットに大敵!唐揚げとかステーキとか食べるなんてもっての他!そんなのばかり食べてたら痩せられない!…昔はこういう風に言う人がとても多かったですよね。

体に一番優しく、そして健康を保つためには和食を食べるのが一番!と昔から言われてきました。

確かに和食は非常に理にかなった食事方法で、今でも和食に敵うものがないのかもしれません。

ただ今は和食洋食というよりも、糖質をたくさん摂取すると太りやすいと言う認識が広まりつつあり、和食を食べるにしても洋食を食べるにしても、糖質を減らすダイエットを推奨する人がとても多くなりました。

お医者さんの見解でもとにかく糖質を減らしなさい、糖質を減らすことで簡単にダイエットできますよとアドバイスをされる方が増えているんです。

糖質は基本エネルギーとして必要なもので、体を動かすために不可欠なんです。

そのエネルギーになるのが主食である白米やパンうどんやそばなど、炭水化物を主成分とするものになります。

しかしこのエネルギーになる炭水化物も食べ過ぎてしまうと、体の中に余分な脂肪として蓄積していくという特性があります。

要するに、炭水化物を過剰に摂ることで太るというメカニズムになるんですね。

炭水化物は糖質に分類されますので食べ過ぎることによって糖質の分解がどんどんできなくなり、最終的には糖尿病に移行していってしまうという悲しい現実があります。

ご飯は非常に美味しくて、大好きな人がとても多いと思いますが、結局、食べ過ぎることで糖尿病を引き起こす大きなきっかけとなりますので、できるだけ控えた方が良いんです。

ステーキなら満足するまで食べてOK!?

そんな情報が当たり前に知れ渡るようになっている今、注目されているのがステーキダイエットなんです。

ステーキはお肉になりますので、糖質が一切含まれていません。

糖質が入っていない分、ステーキならば満足するまで食べることができると言われています。これは多くのお医者さんも言われていることで、最近では良く特集も組まれることが多くなりました。

ダイエットするにあたって、お腹いっぱい食べられるということは非常に嬉しいことですよね。

このような背景もあり、今はステーキダイエットがとてもブームになっています。

肉はタンパク質が多し!筋肉に作用し、基礎代謝が上がる!

ダイエットをするには、基礎代謝を上げるのが手っ取り早いという話を聞いたことがありませんか。

肉をたくさん摂取すると筋肉に作用し、基礎代謝が上がりやすくなるんです。

肉はたんぱく質ですので、筋肉を構成するために不可欠な栄養素となります。

筋肉量が上がることで基礎代謝量も同時にアップして、普通に生活していても脂肪を燃焼しやすい体に変化しやすくなります。

普通に生活をしていても自然と脂肪燃焼される体を作りたい!…そう思う方は糖質を控えて、積極的にお肉を食べるようにしてみてください。

それも脂部分が少ない赤身のお肉がより効果的と言われています。

主食の量を控えて、お肉をたくさん食べるだけでも代謝量が増える分、体重に大きな変化があると思いますよ。

ステーキはまさにうってつけと言えるでしょう。

ソースやタレに気を付けて!糖分が多いと効果半減…

ステーキが非常にダイエットに有効ということがおわかりいただけたと思うのですが、ステーキを食べる時に気を付けたいのが味付けです。

基本的にステーキソースを付けて食べる人が圧倒的に多いと思いますが、ステーキソースの中にはたっぷりの糖分が含まれている場合が多いですので、できればステーキソースを付けないで食べた方がより効果が高くなります。

気を付けて!塩分の摂り過ぎ注意!

そうなると恐らく、塩で食べる人が多いと思いますが、塩も摂りぎてしまうと高血圧の元になりますので、たくさん付けるのはNGとなります。

糖質制限を開始してステーキをよく食べるようになってから、同時に塩をたくさん摂るようになって血圧が高くなったという方も非常に多いですので、この辺りに関しては注意が必要です。

ダイエットをして健康になるために糖質制限を始めたのに、味付けの塩分のせいで体を壊してしまうのであれば全く意味がなくなってしまいます。

減塩タイプの塩を持ち歩いたりするなどの工夫が必要となりますね。

デメリットも有り!あまりにも食べ過ぎると脂質異常症の危険性

さて、肉を中心としたダイエット方法、糖質を取らないために劇的に痩せる人が多いのですが、ただ、肉を取りすぎてしまうとデメリットがあることも覚えておきましょう。

必要以上に肉をたくさん食べることで高脂血症になったり、悪玉コレステロールが溜まりやすくなってしまったりして動脈硬化などを引き起こす恐れがあります。

肉自体には糖質がありませんので非常にダイエットには効果的なのですが、違う病気を引き起こす可能性が高くなりますので、できれば肉をチョイスするときも脂分が少ない赤身のステーキ肉をチョイスするように心がけてください。

脂質代謝異常症など脂質に関する病気に関しては、特に肉に付いている脂分が問題となることが多いようです。

もちろんその人の体質にもよりますので一概には言えないのですが、そのような病気が発症する恐れも考えられますから、できるだけ脂の部分が少ないものを選んで焼いて食べるようにしてください。

それを心がけるだけでもっとカロリー自体を減らすことが出来ますし、高タンパクで低脂肪となり非常にダイエットの強い味方となりますよ。

どうしてもご飯が食べたい!そんな時はご飯半膳までOK!

ステーキを食べるとどうしてもご飯が食べたい…糖質制限をしているとわかっていてもご飯を抜くことは正直辛い…そう感じている人多いのではないでしょうか。

日本人とご飯は切っても切れないものがありますし、ご飯の美味しさは誰もがよく知っていることです。

ですので、糖質制限中はご飯を食べることができないというのは非常に辛いですよね…

ましてやお肉とご飯は非常に相性が良いものですので、食べられないことでフラストレーションが溜まる人も多いと思います。

ただ、どうしてもご飯がやめられない方は、お茶碗に半分程度のご飯であるならば問題はないようです。

これ以上食べると糖質制限の意味がなくなりますのでNGなのですが、お茶碗半分程度のご飯ならばステーキと一緒に食べてもダイエットに支障はありませんので、どうしても諦められない方は分量をしっかり守って食べるようにしてください。

結論!上手にステーキを食べるとダイエット非常に有効!

結論としてステーキダイエットは非常に痩身効果が高く、早く結果が出ますのでおすすめのダイエット方法です。

できるだけ赤みの肉をたくさん食べるようにして、そして、ご飯に関してもお茶碗に半分だけというのを守って食べることで、強い我慢を強いられるダイエットではありませんので、長続きするのではないかと思います。

ただ、なかなか付けダレなどを利用することができないので、途中で飽きてくる可能性も否定できません。

塩だけで食べたとしても毎日同じ味になりますので、別の意味でストレスが溜まってしまう可能性があります。

糖質制限をしている人のステーキの味付け方法については、代表的な塩以外にも少しレモンを加えてみる、醤油を使ってみるなど色々な方法がありますので、インターネットのレシピサイトなどを参考にして、自分好みのバリエーションを増やしてみるのも良いのではないでしょうか。

そうするとステーキダイエットも毎日飽きずに継続することができると思いますよ。

ステーキを使ったダイエット方法は糖尿病などが気になる方にも非常に向いている方法ですので、是非、実践してみてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.