ランニングするならダイエットにベストな時間帯を選ぼう!

ランニングを同じやるなら、効果的な時間とかがあるのなら、時間が許す限り、その時間にやって運動効果を上げたいですよね。
会社に行っている方などは、一般的な定時に働いている場合、出勤前の朝や退社後の夜ランニングをおこなう事が多いでしょう。また昼間、ランニングできる時間を持てるよという方も中にはいらっしゃるでしょう。

朝、昼、夜、いったいいつランニングするといいのでしょうか?いい時間帯とかあれば知りたくないですか!調べてみました。御覧ください。

朝のランニングの効能

朝の時間帯にランニングをおこなうことは、ダイエット、脂肪燃焼をさせたい方にとっては絶好のタイミングです。

というのも朝は体内にエネルギーが少なくなっています。

そこでランニングをすることで代謝も上がり、カロリーも消費しやすくなるという仕組みです。

ただ、朝のランニングには危険性もあります。体がまだ十分に目覚めていないため、怪我などをしやすい状態ともいえるのです。

そうならないためには準備運動をきっちりやり、体を目覚めさせてからランニングしましょう。

また冬場のランニングは、部屋と外との気温差が激しいです。そのためヒートショックを起こしてしまうことも考えられます。

いきなり暖かい部屋から飛び出しランニングするようなことも厳禁です。

準備運動をしっかり行い、体を充分温めてから、運動を開始してください。

また、朝は時間に余裕が無いことから、朝食を抜いてランニングをしてしまったりするのも良くないです。

エネルギー源を確保してから走り出してください。かといって、食事をたっぷりとってからも、運動には不向きです。

適度に野菜ジュースや、バナナなどを軽く補給するようにしましょう。

昼のランニングの効能

昼間、ランニングの時間を持てる人は少ないかもしれませんが、注意しないといけない点やいいところを紹介したいと思います。

注意しないといけない点で、真っ先に思い浮かぶのは、気温が高い場合のランニングです。走ることが習慣になってしまっている人は、真夏の暑いときでも走らないと気がすまない様になってくるようです。

熱中症などの危険もありますので、水分補給、帽子、通気性の良いランニンウェア等、対策を施して走らないといけません。場合によっては休むことも考えないといけません。

良い点として挙げられるのは、気候の良いシーズンなど、起きてから時間が経っているぶん体も目覚めており、快適なランニングを楽しめることなどでしょうか。

あとは、人通りが昼間はあるので、女性の方などは安心してランニングすることができること。治安面の良さを挙げることができます。

体が目覚めてから、運動することは怪我のリスクが少ないこともあるかもしれませんね。

夜のランニングの効能

夜、走ることでいいとされるのは、リラックス効果やストレス発散、気持ちのリフレッシュ効果等が考えられます。

一日の終りに適度な運動をし、いい汗を書いて終われるというのは、幸福感を感じることができるのではないでしょうか。

良い疲れを感じることができれば、睡眠にもいい影響を与えてくれます。ただし、寝る2時間前くらいにはランニングを終えること前提です。

寝る直前に走ったり、運動をすると脳が覚醒して寝れないなんてことになってしまいますので注意してください。

夜の時間帯は、暗くなるので交通事故などにも会いやすくなることはデメリットとしてあげられます。

反射板の付いたウェアや、明るい色めのウェアを着ることでだいぶリスクを減らすことができます。その辺のウェア選びも大切なことです。

あと、夜ランニングのいいところは、真夏でも昼間に比べると走りやすいこと。冬場は寒いですが…

そして朝、昼のランニングは、まだこれからしないといけないことがある方多いでしょうから、余力を残さないといけないと思いながら、ランニングするのは苦手だ。という考え方もあります。

その点夜のランニングは、もう一日の最後ということで、何も気にせず走ることができるからやりやすい。って思う方が多いのかもしれません。

どの時間帯にランニングするのがいいのか?

これまでランニングをする時間帯、朝、昼、夜の効能について説明してきましたが、ランニングをする目的によってどの時間帯がいいか決まってくるようです。

ダイエットに向いているのは、燃焼効果が得られる朝の時間帯ということになりますし、夜の時間帯は気分リフレッシュ、ストレス発散などにいい効果が得られそうです。昼の時間帯は治安面などはいいということでした。

個人的な見解ですが、夜の時間帯のランニングのほうが継続しやすいかなあと思っております。

朝のダイエット効果はすごく魅力的ですが、朝は時間的に余裕がなく、挫折しやすそうです。同じく昼間は時間が取りにくいことから、できそうにない。そうなると、夜の時間帯ということになります。

でも、

時間帯を調整できる方は、その目的に合わせて選ぶといいですが、どうしても無理な方の場合は、とにかく走る時間を作り出すことがいちばん大切なことだと思います。頑張って運動習慣を身につけましょう。
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.