バレーボールで痩せる体質をつくろう!仲間と励まし合って楽しく運動

部活動でもプロであっても、バレーボールというのはハードなスポーツの印象があるのではないでしょうか。ハードな練習をするイメージがあるために、痩せるのではないかと思われがちなものです。

しかし果たしてそれは本当なのでしょうか。そこで今回は、バレーボールのダイエット効果について探ってみたいと思います。ぜひダイエッターの方は参考にしてみてください。

知ってる?バレーボールではどんな効果が得られるのか

ダイエットをするのなら、その効果について気になるのではないでしょうか。まずはバレーボールダイエットでの効果について探ってみましょう。

脚の筋肉を鍛えたりできるのがポイント!

例えば、バレーボールでレシーブを受けると脚の筋肉が鍛えられます。

レシーブを受ける際には、脚をしっかりと踏ん張りボールを受けます。その際に脚の太ももやふくらはぎなどといった、大きな筋肉に刺激が与えられます。大きな筋肉が刺激を受けると、身体の代謝が良くなるため、それによってダイエットの効果が見込めます。

また、ボールをアタックする際には腕が鍛えられます。腕を大きく伸ばす必要があるためであり、その時には腕の筋肉が動かされるからです。意識的に腕の筋肉を動かすというのが、普段の生活ではないためにダイエット効果が見込めるということになります。

全身が使えるし気分が爽やかになる効果がある!

さらに、バレーボールは全身を使うものなので、ダイエット面でも適しています。

ランニングなどは、効果的に全身の筋肉を動かせないのですが、バレーボールなら力強く全身が動かせます。

よって、楽しみつついつの間にか全身が動かせてダイエットも叶っているのです。また、バレーボールをすればアタックしたりするので、気分が爽やかになることが期待できます。大人数で行いますし、それだけ達成感および連帯感も得られるので、気分にも良い影響を与えてくれます。

バレーボールでは太りにくい体質になることが可能

バレーボールというのは、実はさほどカロリーを消費しないという見方もあります。何度も繰り返して行わなければ、ダイエットは見込めないということです。バレーボールをやったとしても、効果がとても感じられるというわけではありません。

とは言え、太りにくい体質にすることが可能ですし、健康のために継続するというのも1つの方法です。

太ってしまうのは、8割以上の割合で食べ過ぎが原因とされています。そうした点を注意しながらバレーボールをすれば、ダイエットも叶えられる可能性があるのです。

なぜバレーボールでダイエットがかなうの?その理由について

バレーボールでダイエットができると言われていますが、それはなぜかという点について迫ってみたいと思います。

基礎代謝のアップや心拍数の上昇が期待できる!

走り込みなどといったバレーボールの練習は、ダイエットに向いています。バレーボールの運動というのは、様々な方向から足の筋肉を刺激できるため、基礎代謝をアップさせたり心拍数を上げるといったことが期待でき、効果的なダイエットができるでしょう。

飛ばしたボールを上手に拾うために、使うことができる筋肉をきっちりと用いるのが大事になってきます。もしも、バレーボールを使いダイエットをしたいなら、なるべくしっかりと走るようにしてボールを捉えられるようにするのもポイントです。

そうすると、ふくらはぎの筋肉や太ももの筋肉をきちんと鍛えられます。人の体内の消費カロリーは、下半身の筋肉が大方となっています。

多く使っている脚の筋肉をしっかり使ってダイエットしよう

通常なら、普段から脚の筋肉を用いて人は歩いているものです。

要するに、頻繁に使う脚の筋肉をしっかりと使っていくのが、ダイエットでは理想的になります。

マラソンも脚を使うスポーツではあるものの、マラソンがかなり好きという方などでなければ、ダイエットとしてマラソンを選んで行うことは不可能です。とは言え、バレーボールであれば週に1回程度ならどなたでも始められると考えられます。

バレーボールを一緒に行う相手がいることが前提になりますが、週に一度のみであっても、バレーボールで脚の筋肉を鍛えダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

どんな方法がある?バレーボールダイエットの仕方について

ここでは、バレーボールでのダイエット方法についてご紹介します。ダイエットをしたい方はぜひご参考になさってください。

頭を使ってカロリー消費量をアップさせるのがポイント

バレーボールは行う人数が多いスポーツなので、連携やチームワークが大事になってきます。要するに頭を使わなければいけませんし、それだけ脳に必要となるブドウ糖をとても消費し、カロリーの消費量をも上げることが可能になります。

ダイエットを必要とする人というのは、炭水化物を摂取し過ぎていることで起こるブドウ糖の過多というのが大方の原因です。

頻繁に頭を使うスポーツをしていれば、その運動で摂取したカロリー以上の脂肪が消費できます。

ダイエットでバレーボールをするなら食事量もセーブしよう

バレーボールダイエットで効果を出すためのコツを考えてみましょう。もし夏場の暑い体育館の中で水分を摂らずに行ったなら、脱水症状を引き起こしかねません。なので、その点においては水分補給が大事です。

水を飲まなければ、汗を掻き水分が体内から抜けた分は痩せられるでしょう。それでも水を飲めば元に戻ってしまいます。なので、バレーボールでダイエットをするなら食事の量を増やさないというのがカギになるのです。

バレーボールをすると運動になるため、カロリーは消費されます。

ただ、その後で運動をしたからと言って沢山食べてしまえば、反対に太ってしまいかねないのは明白なのです。

それに、相当の厳しい練習でもしなければカロリー消費量はさほど多くありません。それでも太りにくい体質を作るという効果はありますし、食べ過ぎないようにバレーボールをしていけばカロリーを消費した分痩せられると考えられます。

バレーボールで身体を動かして気分も爽やかにダイエットしよう

バレーボールでは脚の筋肉が鍛えられたり、全身が動かせるという効果が見込めます。また、太りにくい体質にもなれるでしょう。バレーボールでダイエットができるとされているのは、基礎代謝のアップが期待できるといった要素があるからです。

さらにバレーボールでダイエットするなら、頭を使いブドウ糖を消費することや、食事量はセーブするのも大事になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.