有酸素運動の効果的な継続時間は?知ってるとあと少し頑張れる!

ダイエットをするには、運動をすることで効果的に痩せることができ、健康促進にもつながります。

運動には大きく2種類に分けられ、有酸素運動と無酸素運動があり、酸素を生かすかどうかによって運動方法が異なります。

ダイエットに効果的だといわれているのが有酸素運動で、実際に行うことでダイエットに期待できます。

ダイエットへの効果に期待するなら、有酸素運動をどれくらい時間をかけるべきなのか、今回の内容から実践してみましょう。

酸素を取り込む!有酸素運動の体への効果

有酸素運動を行うことで、体に様々な効果が得られるようになり、そのうちの1つがダイエットの効果です。

有酸素運動は無酸素運動と比べると脂肪の燃焼がしやすい運動で、エネルギーを多く使う運動によって効果が得られます。

有酸素運動では多くのエネルギーを使い、血液に含まれるエネルギーを使いますが、一定時間運動していると今度は体内に貯められたエネルギーを使います。

その体内に貯められたエネルギーが脂肪で、エネルギーを消費していくと脂肪が燃焼されるので、ダイエットにつながります。

血液のエネルギーも使用するので、有酸素運動でより多くの血液が必要になるので、血管の収縮が今までより多くなります。

有酸素運動によって血管が硬くなることを防ぎ、血液や血管の病気を予防でき、健康面でもよい効果が得られます。

どのようにすべき?有酸素運動の実施方法

運動には有酸素運動と無酸素運動があり、有酸素運動ではまずウォーキングが挙げられ、健康促進につながります。

ウォーキングはゆっくりとした動きによって酸素を多く必要としますが、筋肉に負担がからず、筋肉の使用量は少ないです。

その他には、エアロビクスや水泳なども有酸素運動に含まれ、自分に合う方法で取り組むことがおすすめです。

ウォーキングは外で行うものなので、天候によってできない日があるので、やるとしたら室内でできるものがいいでしょう。

エアロビクスやエアロバイクなら室内で有酸素運動ができ、それらより簡単にできてちょっとつらい運動としてスクワットもあります、

スクワットも有酸素運動の一種で、動きは単純ですが結構つらい運動としてダイエットに最適で、室内でもできます。

その時の状況に応じて、有酸素運動を外あるいは室内でできるように方法を変えることで、効果的に有酸素運動ができます。

脂肪を燃焼させるには?有酸素運動にかける時間

有酸素運動は長時間かけることで効果が得られる運動として知られ、ウォーキングなどがそれにあたります。

どれくらい時間をかけると効果が得られるかは、ダイエットについて考えると、20分以上運動すれば効果が得られるといわれています。

運動している時間によってどこのエネルギーを使用しているかに違いがあり、20分以内の運動だと血液のエネルギーを使用しています。

健康維持の場合はこれくらいで血管がよくなりますが、ダイエットの場合だと脂肪燃焼が必須になるので、それ以上の時間が必要になります。

20分以上有酸素運動を続けると、今度は体に蓄えられたエネルギーを使用するので、脂肪が燃焼されます。

ダイエットの場合は20分以上しなければいけませんが、できる範囲で無理しない程度に運動するようにしましょう。

効果的に痩せるために!ダイエットでの有酸素運動

ダイエットによる有酸素運動の場合は、脂肪の燃焼が主な目的になるので、心拍数が重要になります。

心拍数によって脂肪燃焼の効率に違いがあるので、心拍数を管理しながら行うことが大事になります。

心拍数が多くなると体に与えている負担が大きくなっていると判断でき、負担が大きいと長時間の運動が厳しくなり、無酸素運動に近くなります。

心拍数が激しいと血液が行き届かない状態になるので、脂肪燃焼の効率が悪くなるので、大絵夫においては最大でも最大心拍数の80%未満がいいといわれています。

ダイエットをしながら筋肉をつけていきたいなら、有酸素運動と同時に筋トレによる無酸素運動も取り入れます。

筋トレもできる有酸素運動としてスクワットがありますが、スクワットでは筋肉があまりつかないので、効率よく運動をしていくことが大事になります。

有酸素運動はダイエットに効果的なので、効率よく痩せるためには激しくない有酸素運動をすることが大事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.