今日から始められる!激変するほどダイエット効果があるもの特集

ユニークなダイエットとして、今では話題になっている激変する人が多いダイエットのみクローズアップしていきます。

ダイエット効果だけでなく、どのような人であれば相性が良いのか、ダイエット上の注意点は無いのか、そのようなところもピックアップしていますので、ダイエットについて詳しくなりたい、もしくは、短期間で激変してみたいという人は、良ければ記事を参考にしてダイエットを始めてみてください。

激変する人が多い!?8時間3食のダイエット

1日に8時間のみ食事を行っても良いというダイエット方法です。こちらは多くの女性が経験されているため、激変しやすいダイエットとしても人気となっています。

8時間ダイエットの基本ですが、過度な食事制限ダイエットを強いるというものではありません。なので、以下のような内容で8時間ダイエットをしないことも重要です。

  • 栄養バランスを無視する
  • 食事の回数が3回未満

8時間ダイエットのルールですが、24時間の中で8時間だけは食べても良いというルールになっています。

簡単なダイエットと思ってしまう人もいますが、8時間ダイエットは激変されている人もいるほど、ダイエット効果が高いのです。つまりノーリスクハイリターンという仕組みにはなっていません。

人によっては、開始して1ヶ月以内で辛くなったので、8時間ダイエットをやめたという人もいるほどです。また、制限がかけられているものは食事なので、水分ではありません。

水分をこまめに行なっていないと、ドロドロ血液になってしまうので美容にも良くありません。このような辛いだけのダイエットを避けるようにして、続けていける範囲でダイエット効果を得るようにしてください。

8時間ダイエットの効果!内臓を休めると痩せやすくなる?

8時間ダイエットの補足となりますが、以下のような効果を得られるので、8時間ダイエットで痩せられるのです。

  • 内臓をゆっくりと休めることができる
  • 代謝機能が正常化しやすくなる

8時間ダイエットの前では、ファスティングダイエットも激変する人が多いダイエットとして有名でした。ですが、ファスティングダイエットの場合は、過度な食事制限を行う人がいるため、8時間ダイエットのほうが健康に良いという意見が多いのです。

8時間ダイエットで痩せられるメカニズムについてですが、それは疲れている内臓をゆっくりと休めることができるからです。内臓のダメージについてですが、痛みなどが発生するとは限らず、いきなり内臓の動きが悪化することもありますので、8時間ダイエットが人気となったのでしょう。

現代人は暴飲暴食、不眠症、肥満症のいずれかの悩みを抱えていることが多く、そのため太りやすい体質の人が多いとされています。これは胃腸に多くの食べ物が残っている場合、特に問題が発生しやすくなると言われているのです。

このような問題を改善する方法は、食事量を減らす、もしくはまったく食事を取らないようにして、休肝日に近い状況を作り出すことです。

8時間ダイエットの場合は、ただ内臓の動きが改善されるだけでなく、実は、体内に溜まっているエネルギーが効率良く使用されるというメリットもあります。すると、無駄に脂肪が溜まっている状態を緩和できるので、ダイエット効果も得られるようになります。

8時間ダイエットは食事制限を促すものではありません。これも内臓を気遣っている一面として評価されています。

糖質制限ダイエット!激変する人が多い代わりにリスクがある

現代において激変しやすいダイエットとして、人気のダイエット方法は以下の3種です。どれも激変しやすいと言われているだけでなく、実践者が多いという共通点もあります。
  • ファスティングダイエット
  • 食事制限ダイエット
  • 糖質制限ダイエット

この中で人気が上がっているダイエット方法は、糖質制限ダイエットです。

糖質制限ダイエットというと、コーヒーの中に入れる砂糖の量を減らすといった、簡素な対処が多いと思われがちですが、実際はご飯を食べる量を減らすという大掛かりなものとなっています。糖質の摂取量を減らすと、以下のようなダイエット効果を得られるため、特に若い女性から支持されるようになりました。

  • 内臓脂肪の量が減る
  • 代謝機能の改善

内臓脂肪が蓄積する背景には、過度な糖質の摂取によって、糖質がエネルギーとして使用されないという背景があります。

糖質というのはエネルギーとして使用されやすいという特性があり、その代わり、まったく運動しない人の場合は、無駄に蓄積されているエネルギーとして脂肪に変換されるのです。このような脂肪は、内臓脂肪として蓄積されることが多く、特に中高年の方はこのような脂肪で太り続けているケースが目立ちます。

また内臓脂肪は、中高年特有の問題だと勘違いされることが多いです。しかし、運動をしない、食事量が多い、夜更かしが多い現代人の場合、年齢にして20代であっても同様の問題に苦しめられている人が増えています。

そのため、糖質制限ダイエットは現代人の生活に合ったダイエット方法でもあるのです。

ダイエットの注意点!体重が激変してしまうこともある

糖質制限ダイエットの注意点となりますが、過度に糖質制限を行うのは良くありません。

というのも、糖質制限が酷い場合はブドウ糖の量も減ってしまうからです。ブドウ糖の量が減ると以下のような問題が発生しやすくなるため、過度な糖質制限ダイエットは避けたほうが良いでしょう。

  • 集中力、記憶力が低下する
  • イライラすることが多くなる

人間の脳は、1日120gのブドウ糖を必要としていますので、ブドウ糖が不足している場合は脳が疲れやすくなるのです。すると、1つの作業を集中してこなすことが難しくなり、イライラが募りやすい状態へと変化してしまいます。

実際に、糖質制限ダイエットをされている人の中には、イライラしやすい状態を改善できずに、ドカ食いが目立つようになる人もいるのです。これではダイエットを行っている意味が無いので、過度な糖質制限ダイエットは行わないほうが良いでしょう。

もし安全に糖質制限ダイエットを行いたい場合は、お菓子などを通じて糖質を摂取するようにすると良いです。近年のお菓子では、甘い物が減ってきていますし、白砂糖ではなく、他の甘味料で味わいを追求しているものが増えています。

今では定番!激変する人が多い食事制限ダイエット

激変しやすいダイエット方法の中で、今でも上位の人気を誇っているものが食事制限ダイエットです。

食事制限ダイエットには以下のような良い作用があるので、ダイエット効果が高いダイエット方法と言われています。

  • 炭水化物の摂取量を減らすことが可能
  • すぐに痩せることができる

確かなダイエット効果があるので、食事制限ダイエットについては全否定することが難しいです。ですが、単純に食事制限ダイエットを行うのは良くありません。

というのも、糖質制限ダイエットと同じで栄養摂取量を減らしているからです。なので、適切な食事制限ダイエットを行う場合は、以下のような工夫も含めて行ったほうが良いでしょう。

  • 炭水化物(ご飯、麺類など)の摂取量を減らす
  • 白米を雑穀米に変えてビタミンを摂取する

食事制限ダイエットの定番は炭水化物抜きとされています。ですがブドウ糖の問題もあるので、単純にご飯を食べないほうが良いというのは、今では推奨されることが減ってきました。

人間は糖質、脂質、炭水化物といった三大栄養素の摂取が重要なので、炭水化物を極端に減らすのではなく、三大栄養素の代謝を底上げしてくれるミネラル、ビタミンの摂取も心がけましょう。代謝機能が上がると、栄養を正しく使用するようになり、脂肪として蓄積される量が減っていくのです。

また、夜間より日中のほうが栄養の消化吸収率が高いため、夜間の食事量を減らすようにして、日中はしっかりと食べるというのも、上手な食事制限ダイエットになります。

話題の炭水化物抜きダイエット!実はダイエットに良くない?

色々と非難されることが増えてきた炭水化物抜きダイエットですが、以下のような問題もあるため、安易に炭水化物抜きダイエットをするのは良くありません。

  • 内臓が弱くなる
  • 免疫力が下がってしまう
  • ホルモンバランスが乱れる

炭水化物抜きの生活をしていると、糖質の摂取量が減ってしまうため、イライラを抑えることが難しい状態になります。また、イライラしやすい生活を繰り返していると、内臓が上手く機能しなくなることもあります。

有名なものに便秘がありますので、これでは太りやすい体質になってしまうでしょう。なので、安易に炭水化物を完全に抜いてしまうのは良くありません。

このような生活を繰り返していると、免疫力が下がってしまうこともあります。免疫力が下がっている状態では体調不良が目立つようになるため、軽運動などを行うことも難しくなるでしょう。

炭水化物抜きダイエットは、ファスティングダイエットと比べて、健康被害を拡大させる可能性があります。なので、すでに体調不良などが懸念される場合は、炭水化物抜きダイエットを始めないほうが良いです。

最後に、炭水化物抜きダイエットを繰り返していると、ホルモンバランスが乱れることもあるので注意してください。ホルモンバランスが不安定な場合、汗を上手くかくことができない、睡眠の質が下がってしまうこともありますし、女性の場合は、エストロゲン(女性ホルモン)も乱れてしまうため、乾燥肌などの悩みを抱えてしまう可能性が高くなります。

カロリー摂取量を調整!寝る寝るダイエットの方法、効果

人は笑う、寝るという行為を通して、健康になりやすくなることがわかってきました。

そのため、今では寝る寝るダイエットというダイエット方法まで存在します。寝る寝るダイエットは、以下のようなルールに沿ってダイエットを行うだけです。

  • 1日5時間以上の睡眠を心がける
  • お昼休みの時間を設ける

寝る寝るダイエットの素晴らしいところは、誰であってもすぐに始められるところです。睡眠はまとめて取らないと意味が無いと思われてきましたが、今では、こまめに睡眠を取ることにも意味があることがわかってきました。

ちなみに、睡眠時間が短い生活を送っていると、食事量が増えてしまうというデータもありますし、リバウンドを通じて激変してしまうケースもあるのです。

これではダイエットを行っていても、ダイエットで成功する可能性が小さいでしょう。寝る寝るダイエットの補足となりますが、睡眠時間が5時間を切る生活を続けていると、病気になりやすいことがすでにわかっています。

酷いケースではガンなどの発症率を上げてしまうこともあるので、人によっては寝る寝るダイエットで、生活が激変するというのも当然のことかもしれません。また、寝る寝るダイエットのメカニズムは以下のとおりとなっています。

  • レプチンという飽食シグナルを出す
  • 飽食シグナルにより食欲を抑える

寝る寝るダイエットを繰り返していると、グレリンというホルモンの分泌量が下がりやすくなり、この効果は継続しやすいことも、今ではデータ上で判明している事実です。

グレリンは食欲増進のホルモンとして知られていますので、人によっては、それほどお腹が減っていないのに、グレリンの影響で過食に陥ってしまう人もいるのです。また、しっかりとした睡眠を取っていない人は、しっかりとした睡眠を取っている人と比較して、約70%以上も太りやすくなるという驚異のデータも存在します。

睡眠の質が叫ばれるようになった現代ですが、このような背景もあるので、正しい睡眠時間、そして軽い運動などによって、自然と眠気が増すような生活を繰り返したほうが、体重が激変しやすいダイエットになるでしょう。

自己申告制のダイエット!SNSで激変した人もいる

現代人の多くは、SNSを通じてコミュニケーションを取っていることが多いです。

そんなSNSには、SNSダイエットと呼ばれるものがあり、こちらで激変するほどのダイエットに成功したという女性も増えてきました。SNSダイエットの方法ですが、以下のようなシンプルな対処のみで、SNSダイエットを始めることができます。

  • SNS上でダイエット仲間を作る
  • ダイエット仲間に対してダイエットの宣言を行う

なぜSNSダイエットで体重減少になるのかというと、それはダイエットの宣言を行っているからです。

SNS上に友達、仲間がいると、同じような悩みを共有できるという強みが発生します。すると、1人がダイエットで成功するようになると、ちょっとした体重減少であってもSNS上が盛り上がるのです。

そして、次は私が・・・という思いが強まっていくので、間接的なレコーディングダイエットのような形で、少しずつでも良いから痩せよう・・・という思いも強まっていきます。なによりSNSダイエットは無料でスタートできますし、これと言って制限が苦しいわけではありません。

ダイエットで激変したいという思いはあっても、具体的にどうしたら良いのかわからない・・・、このような悩みを抱えているのであれば、SNS上で苦しみを分かち合うと良いでしょう。友達も作れる、愚痴を聞いてもらえるなど、利点の多いダイエットのため、今では女性の間で大人気のダイエット方法となっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.