いっぱい食べるダイエットのコツとは?食事をする時のバランスこそ鍵

食べることが好きな人は日ごろから食事などでよく食べる人も多いでしょう。食事をいっぱい食べると太ってしまうイメージがありますが、実は食べることでダイエットすることができます。

ここではいっぱい食べるダイエットについて紹介していきます。本当に食べるだけで痩せる事ができるのか?疑問に感じた人は参考にしてみてください。

簡単すぎない?いっぱい食べるダイエットは本当にできるのか

ダイエットで痩せる場合は食事で食べる量を減らして行うことが多いですが、逆にいっぱい食べてダイエットすることもできます。

方法としてはお腹いっぱい食べるだけなのでとても簡単なダイエット方法です。

いっぱい食べるダイエットで痩せる事はもちろん可能ですが、食事で食べる量や普段の生活などから太ってしまうこともあります。いっぱい食べるダイエットをするのであれば、間違った方法を行わないように正しいダイエット方法を学ぶ必要があります。

食事のバランスに注意!お腹いっぱい食べるダイエットをする方法

お腹いっぱい食べてダイエットをする場合は食事に注意しなくてはいけません。

いっぱい食べて痩せるためには栄養バランスを考えた食事をしないといけません。

このダイエットを成功させるのであれば、炭水化物を控えめにしてタンパク質を中心に食事をしてみましょう。

ダイエットでよく特定のものを食べない方法がありますが、そういったダイエットでは体に必要な栄養が不足してしまうことが多いです。栄養が不足してしまうと体調不良になりダイエットを途中で中断しなくてはいけないこともありますし、逆に太りやすくなってしまうこともあります。

いっぱい食べてダイエットをする場合も、特定の物ばかり食べていると栄養が偏ってしまい痩せることができないこともあります。お腹いっぱい食べるダイエットをするのであれば、栄養バランスを考えたバランスの良い食事を食べるようにしましょう。

いっぱい食べるダイエットの成功のコツは体質にある!

いっぱい食べるダイエットで痩せるために重要なことは体質です。

体質は人それぞれで少量しか食事をしないのみ太りやすい人やいっぱい食べる人でも人らない人もいます。では太らない体質にするにはどうすればいいか知っているでしょうか。

いっぱい食べる人で太らない人の特徴は代謝が高い人です。代謝が高いと体を動かさなくてもエネルギーが消費されやすく、消費するカロリーも多くなるため太りにくくなります。代謝が高い体質はダイエットで痩せやすくなるし、ダイエット後に太りにくくなりまさに理想的な体質言えます。

代謝というと普段からあまり意識しない人も多いため、ダイエットをする人はまず体質を改善してみてはどうでしょうか。

いっぱい食べて痩せたいなら筋肉を付けて代謝を上げよう!

代謝を上げる方法の一つは「筋肉を付ける」ことが挙げられます。社会人になると運動をする機会も減るため筋肉が衰えてしまう人も多いです。筋肉が不足すると代謝が低下するだけではなく、脂肪も付きにくくなり太りやすくなってしまうため筋肉を付けましょう。

筋肉を付ける方法としてはやはり筋トレがオススメです。腹筋や背筋、スクワットといった屋内でできる筋トレでも効果があるため代謝向上の為に日常に取り入れてみてはどうでしょうか。

毎日する必要はなく、例えば1日おきや2日おきでも問題ありません。無理をしてしまうと体へ負担がかかり体を壊してしまうこともあるため無茶な筋トレはしないようにしましょう。

筋トレはダイエットにも良い影響を与えてくれます。食事だけのダイエットをすると、痩せることができても筋肉が不足してしまい見た目が良くないということもあります。体重が減っても腕や足がたるんでしまい太く見えることもあり、筋トレをすることで皮膚のたるみを予防することができます。

また運動前に筋トレをすることで効率良く脂肪を燃焼してくれるため、より効率の良いダイエットをすることができます。美しく効率よく痩せる時に筋トレは欠かせないため、いっぱい食べるダイエットに筋トレも取り入れてみてはどうでしょうか。

代謝を上げる食べ物をいっぱい食べるダイエットに取り入れよう

代謝は食事で上げることもできるため、いっぱい食べるダイエット中の食事の食べる物に工夫してみましょう。「ビタミン」類は代謝を上げるために重要な成分なため、ビタミンを積極的に食べてみてはどうでしょうか。特にビタミンBが代謝を上げる効果に期待できるためビタミンBを多く摂るようにしましょう。

体を動かすことで代謝は上がる!運動やストレッチをしよう

体を動かすことで代謝を上げることができます。よく食べる人でも太らないという人は、無意識に体を動かす人が挙げられます。体を動かせばエネルギーやカロリー消費ができるためダイエット効果に期待できます。

普段から体を動かさないという人は意識して体を動かすようにしましょう。本格的に運動をする必要はなく、ウォーキングやジョギングでも効果的です。ただし全く負荷がかからないと意味がありません。

ウォーキングやジョギングをするのであれば多少息が切れる程度で体を動かすようにしましょう。体を動かすことで肺活量を上げることができ、肺活量が上がれば代謝の向上にも期待できます。

運動が苦手という人はストレッチでも代謝を上げることができます。ストレッチであれば辛くなく、苦も無く続けることができるため途中で挫折もしにくいです。毎日続けることで効果があるため地道ですが続けてみてください。

いっぱい食べるダイエットで痩せるための太りにくい体質を作る方法

太りにくい体質を作るために必要な物は代謝だけではありません。他にも太りにくい体質を作る方法があるため参考にしてみてはどうでしょうか。太りにくい体質を作るためには腸内の環境にも注目してみましょう。

腸内の環境が悪いといわゆる「便秘」になってしまいます。便秘になると体内の毒素を効率よく排出することができず、太りやすくなってしまうし、体調不良になってしまうこともあります。

腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌という菌が存在しています。善玉菌は腸内を整てくれる菌で太りにくい体質を作るためには大切な細菌です。この菌を増やすためにはビフィズス菌や乳酸菌を摂取する必要があります。

悪玉菌は毒素やガン物質といった体に良くない影響を与える細菌です。悪玉菌が増えてしまうと体調不良や太りやすくなってしまうため、腸内環境を整てくれるビフィズス菌などを摂り腸内の環境を整えましょう。腸内環境を整えることで便秘も解消もできますし、太りにくい体質を作ることができます。

ダイエットで痩せられない原因は睡眠時間も関係している

ダイエットと睡眠時間はあまり関係がないと考えている人もいるのではないでしょうか。実はダイエットに置いて睡眠時間はとても重要で睡眠時間により体質も変わります。

娯楽が溢れている現在日ごろから日付が変わるまで起きているという人も多いのではないでしょうか。あまり夜更かししすぎてしまうとホルモンが分泌されず、太りやすい体質となってしまいます。

太りやすい体質を作るためには7時間前後の太りにくい体質が必要になります。また寝る時間もできるだけ日付が変わる前に眠るようにしましょう。

  • 成長ホルモン
  • コルチゾール
  • レプチン
  • グレリン
  • インスリン

質の良い睡眠を取ることで上記のような物質が分泌されますし、ホルモンバランスも崩れにくいです。睡眠は太りにくい体質を作るだけではなくストレスの解消や肌トラブルの解消といった効果にも期待することができます。

睡眠不足によってダイエットが失敗してしまうということもあるため、ダイエット中は質の良い睡眠を取るよう意識してみてください。

いっぱい食べるダイエット時の食事は時間や食べる物を工夫しよう

いっぱい食べるダイエットで痩せる事はできますが、考えずに食べてしまうと太ってしまうことがあります。

食事の仕方を工夫することで太りにくくすることができるため、いっぱい食べるダイエットをする人は参考にしてみてください。食べる順番を工夫するだけでダイエットの助けになります。好きな物から食べる人やその時によって食べる順番が違うという人も多いでしょう。食事で最初に食べるものは生野菜がオススメです。

生野菜には食物繊維が含まれており脂質の吸収を助けてくれる効果に期待できます。次に肉や魚といったタンパク質が含まれている物を食べましょう。事前に野菜を食べておくことで肉などの脂質を野菜の資質が溜まらないようにしてくれます。

最後にご飯などの炭水化物を食べます。ここまで食べるとある程度お腹が満たされていることもあり、ごはんなどの炭水化物の食べすぎを防ぐことができます。炭水化物は体に必要な物ですが、食べすぎてしまうと血糖値が上がってしまい太る原因となるため食べすぎには注意しましょう。

お腹いっぱい食べるダイエットは食事の時間も重要

食事や時間によって太りやすい時間と太りにくい時間があります。太りやすい時間に食事をすると太ってしまいますし、太りにくい時間に食べると当然ですが太りにくいです。

お腹いっぱい食べるダイエットをする時には、食事をしても太りにくい時間帯に食事をするようにしましょう。食事を食べて太りやすい時間帯は15時前後と23時前後と言われています。この時間帯に食事をすると確実に太るとは言えませんが、確実に太る原因にはなるため、できるだけ15時、23時には食事をしないようにしましょう。

食事をしている時間がない人は、食事の時間が短い人もいるのではないでしょうか。食べる物や量にもよりますが、食事の時間が短い人は食べ物の咀嚼する回数が少ないことが考えられます。

咀嚼が短いと満腹感が得られずに、すぐに空腹を感じてしまう可能性があります。空腹は我慢すれば問題ありませんが、それがストレスになりダイエットに影響を与えることもありますし健康にもよくありません。

どうしても食事の時間が取れないというなら仕方ありませんが、食事をする場合はできるだけ15分もしくは20分以上かけて行うようにしましょう。咀嚼の回数の目安としては1口30回ほどの咀嚼が目安です。

時間がある時はできるだけ時間をかけて食事を食べるようにしましょう。

食事の量は朝が多く夜は少なくが理想的です!

いっぱい食べるダイエットでより痩せるのであれば一食の食べる量に注目してみましょう。朝・昼・晩と同じ量の食事をする人もいれば、朝だけ多い人や昼だけ多い、晩だけ多いと人それぞれ食べる量は違うでしょう。

食事の量ですが朝は多く食べて、夜は少なくが理想的と言えます。

理由としては朝沢山食べておけば、朝の食事で摂取したカロリーは昼間活動することでカロリーを消費することができます。逆に晩ご飯を沢山食べてしまうと、基本的には晩ご飯を食べたら寝るだけですからカロリーを消費することができません。

カロリーが消費されずに太る原因となるため、晩ご飯を食べた後に動かないのであればあまり食べない方がダイエットに効果的です。いっぱい食べるダイエットをするのであれば朝食は多くして夕食は少なくといった食事を摂ってみてはどうでしょうか。

食べることが好きならいっぱい食べるダイエットを試してみよう

いっぱい食べてダイエットをするというと痩せられないというイメージもありますが、実はそんなことはなく痩せる事ができます。いっぱい食べるダイエットは食事制限などで食べられないことからのストレスもないため、継続しやすいダイエットです。

ただしいくら痩せることができるといっても、いっぱい食べるダイエットですから太ってしまうこともあります。

例えば一日に消費するカロリー以上の食事を食べてしまうと太ってしまいますし、栄養バランスを考えずに食べてしまうと太ってしまう原因を作ってしまいます。

いっぱい食べるダイエットをするのであれば栄養のバランスをよく考えて行い、食べて太るようであれば運動やストレッチを加えてみると良いでしょう。運動ではカロリーを消費できますし、痩せやすい体質作りにも貢献してくれるためダイエットにはとてもおすすめです。

普段の食事を工夫することでより効果的にダイエットができるため、食事の食べ方も工夫していっぱい食べるダイエットをしてみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.