ダイエットによる薄毛に注意!毛が抜けるのは栄養不足が原因?

ダイエットを頑張っているものの、もう疲れた…やりたくないと思う時があると思います。

おそらくその時はダイエットに対してのモチベーションが下がり始めているのかもしれません。

もしもモチベーションが下がった気持ちが続いてしまうと、遅かれ早かれダイエットをやめてしまう可能性が高いです。

やはり何とかしてモチベーションを継続させたいと思いますよね。ダイエットに対しての情熱を取り戻す方法を色々と紹介したいと思います。

モチベーションが下がってしまってなかなかやる気が出ない、ダイエットの効果が出なくて先が思いやられるなど気持ちが下がってしまっている時に是非、最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

ここで決まると言っても過言ではない!気持ちの切り替えが重要!

ダイエットをやっていると、早く結果につなげたいと思いますよね。

大好きな食べ物もあんまり食べることができませんし、ストレスが溜まって当然なんです。

食べることは人間の本能ですし、美味しいものを食べると幸せホルモンが脳内にたくさん分泌されていますので、幸福感を感じることができるんです。

ダイエットはその部分が削がれているわけですから、ダイエットをしていない時に比べて幸せホルモン量も通常より少なくなっている可能性が高いです。

それにプラスして、胃が空っぽに近いとイライラはMAXになって当たり前なんですよね。

ただ、そんな状況でも比較的簡単にダイエットを成功させる人がいます。

そんな人達でもダイエット中は必ず気持ちにムラがあるはずです。それでもダイエットに成功しているのは、気持ちの切り替え方が上手いんだと言えるでしょう。

食べられないことをいつまでもウジウジと考えず、気持ちを切り替えることができる、つまり食に関してのことばかり考えないように、他に気をそらせることができるんだと思います。

ダイエット中はどうしても食べ物のことばかり考えてしまう傾向にあるのですが、それを考えることができない時間を自分に設けると、うまくいく可能性が高いです。

没頭できる趣味に打ち込む!これでかなりダイエット効果アップ!

ダイエットに疲れた感覚を抱く人は、おそらく常にダイエットのことばかり考えすぎなのではないかと思います。

ダイエットのことばかり考えるということは、食について考えていることと同じなんです。

ダイエットを成功させるコツは、ダイエットしていることを敢えて意識しすぎないことです。

すなわち、ダイエットに対する感情をしまい込むことが大切なんです。つまり、ダイエットしていることを忘れるぐらい集中出来る趣味を持ち、それに没頭することをお勧めします。

例えば、仕事をしている人は仕事から帰ると夕飯を食べると思いますが、それがダイエットに大敵だと思うのならば、仕事終わりにスポーツクラブに通ってみるのはいかがでしょうか。

スポーツクラブがどうして良いのかと言うと、お金がかかるからなんです。

お金を払っているので通わないと損になりますよね。

これが無料ならば、行かなくても損にはなりませんが、お金を払っているのですから意地でも通うはずなんです。

スポーツクラブに通うと、当然、運動することになりますので筋肉が鍛えられ、ダイエット効果も上がります。

また、一生懸命運動した後は胃が持ち上がるような感覚があり、食欲が減退する人も多いんです。ですのであまり夕飯を食べられなくなり、さらにダイエット効果が上がるんです。

食について考えない!暇な時間を短くする!

スポーツクラブに通うと運動に没頭してお風呂に入って帰る…かなりの時間を要します。
もしも自分に向いているトレーニングを見つけることができれば、体を鍛えることが面白くなり、さらに没頭するようになるでしょう。

その頃には筋トレに夢中になり、あまり食事のことばかり考えなくなっていると思います。

また、スポーツクラブじゃなくても、会社帰りに何か習い事をするのも良いでしょう。

油絵や水彩画などを没頭できる要素の高いものが良いですね。

それらを繰り返していると、そのうちに食に関してばかり考える時間がかなり減ると思います。

お腹が減ったという意識をすることが少なくなりますので、いつのまにか体重も減っているのではないでしょうか。

つまり…何が言いたいかと言うと、要するに暇な時間が多いとダイエットのことばかりや食事のことばかり考えてしまうわけです。

その時間を有効活用することにより、いつの間にか自然とダイエットできている可能性が高いんですよ。

ダイエットに疲れたという方はダイエット中だということを常に認識しないように、何かに没頭するようにしてみてください。

目標のハードルを下げよう!高くしすぎると疲れる元!

ダイエットを始めるとできるだけ早くに痩せたい!という気持ちが起こります。

綺麗に痩せた自分をみんなに見せたい!見返してやりたい!という気持ちになるので、モチベーションが高い最初のうちは3ヶ月で10kg減など、ハードルを上げ気味になります。

しかしハードルを上げすぎると、残念ながら失敗することが多くなるんです。

ダイエットしようという意気込みは最初は強いのですが、そのモチベーションも長くは続きません。

どうしても途中でモチベーションが下がってしまうのは、普通の事なんですよね。

その点、ハードルを下げると短期間で達成できる可能性が高くなるだけでなく、減らす体重が小さいので、これぐらいならば頑張ることができると思えるようになるんです。

10kg減のところを3kg減に変えるだけで、これぐらいならばできそう!という気持ちになりませんか。そうすることでダイエットのモチベーションを保ちやすくなります。

クリアしやすい目標を設定して、それを達成できたら自信につながり、次のダイエットへの大きな励みになります。

3kg痩せることができれば、おそらく、後もう1kgだけ頑張ろうという欲も出てくるでしょう。

体重は少しずつ減らして、成功させることがモチベーション持続のコツだと言えるでしょう。

3kg程度ならば痩せたってわからないよなんて言う外野がいるかもしれませんが、そんな戯れ言は一切気にしなくてもOK!

現に3kg痩せたわけですので目標は達成できているのですから、胸を張って大丈夫です。

大切なことは目標を一度でも達成させること!

目標を達成することができると、次のダイエットもうまくいきやすくなりますよ。

結論!ダイエットに疲れた感覚を持つほど自分を追い込まないで

ダイエットは自分を追い込みすぎると、失敗に終わるケースが非常に多いです。

もちろんその人の性格にもよりますので、一概には言えないのですが、目標を達成しやすい設定にする方がダイエット疲れに繋がりにくくなります。

また1度ダイエットの目標達成を経験すると、ダイエットすることが楽しく感じるようになります。

○○しなければならない!という強い縛りを設けると必ず精神的に疲れてしまい、ダイエットへの情熱は冷めてしまいます。そして一度情熱が冷めると再びダイエットをしようという気持ちになるまで時間がかかってしまう事もあります。

ダイエット成功は自分の性格も考えて、やれることをやるようにしてください。

あまり欲張らず、焦らず、ゆっくりと、でもサボらない適度な抜け感を保ちながら挑むことです。

集中できる趣味を持ち、ダイエットから気をそらすことも大切です。

楽しく、そして忙しい時間を設けてください。

そうすることで楽にダイエットすることができますよ。気楽な気持ちで頑張りましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.